イシダイ単語

イシダイ

イシダイとは、スズキイシダイ科に属する。同属にイシガキダイがおり、どちらも磯の底物釣りメインターゲットとして人気が高い。

ちなみに例によってタイ(マダイ)の仲間ではない。

分布・形態・生態

北海道以南の日本朝鮮半島南部台湾に分布。ハワイでも確認されたことがある。
50cmほどになるが、時に70cmに迫る個体も現れる。体形は一般的なタイ形にべより円盤に近いが、口が前方に突き出ており、第2背びれびれが大きな三角形をしている。体色は地に7本の太くい縞が入る特徴的なもの。イシガキダイ地に数のい斑紋が入る。

この縞模様は若いうちには明瞭だが、オスが老成すると頭側が濃い灰色になっていき、尾びれ側にうっすらと残る程度に消えてしまう。さらに口の周りがよりくなることから、オスの老成はクチグロと通称される。イシガキダイのオスも同様に模様が薄れ全体的に灰色を呈するが、口はくなるためクチジロと呼ばれる。クチグロとクチジロは底物釣り師の憧れである。
他、縞が明瞭な若をシマダイ、幼はサンバソウと通称される。サンバソウの名は能楽における三番叟が着けた帽子の柄に由来する。画像検索すると……あらソックリ!(?)

岩礁やサンゴ礁に身を潜め、甲殻類類、ウニといった贅沢三昧底生生物を食する。これらの硬い殻を噛み砕くために、イシダイは頑丈なと強を持つ。なお幼のうちはタイプールなどにも見られ、浴場で出会えることもある。

料理

旬は刺身、洗い、焼き、煮付けなどで賞味される。美味な白身魚だが、死後時間が経つと臭みが出るため注意。また、40cm程度までの中個体の方が、大物より味が良い。加えて、大個体はシガテラを持つ場合が多く、食べない方が良い。

釣り

サンバソウサビ釣りでも釣れることがあり、シマダイクラスもフカセ釣りで釣れることがある。

しかしイシダイクラスになると具立てからして違ってくる。食い込ませるための柔らかな穂先を持ちつつ、時に根から引き剥がすためのパワーを有したタックルでなければならない。底物竿と呼ばれる非常に太い頑丈な専用竿と大きな両軸受けリールを使い、糸はナイロン20号程度、ハリスは強いや岩に負けないワイヤーを用いる。頑丈なを貫くハリも頑丈でなければならない。餌はカニザリガニサザエウニなど。他に、竿掛けや設置用ハンマー、荒磯で安全に釣るための装備諸々……と、ほとんどが専用品かつ高級品で、一式えるだけでも相当な費用が掛かる。

ちなみに底物仕掛けがどれくらいのスペックかというと、釣っている動画をご覧いただければわかるがイシダイの非常に強な引きをものともせず、根に潜る隙すら与えずに一気に面まで巻き上げ、さらに50cm程度ならタモなど使わずそのままぶっこ抜ける程度の能力である。

芸達者

別な側面として、小さいイシダイはとても人懐っこく、好奇心旺盛で学習も高いため、水族館では芸を覚えるとしてショーに出たりしていることもある。その気になれば個人飼育でも芸を仕込めるほど。

渡米

東日本大震災の折、日本の漁船「斎勝丸」が津波で流されてしまった。斎勝丸は2年以上太平洋を彷徨い、後にアメリカ合衆国ワシントン州で発見されるのだが、この時船内で5匹のイシダイの幼生存しているのが発見された。

おそらく津波によって、そうでなかったとしても遅くともハワイ付近で船内に入ってしまったイシダイたちは、同じように船内に棲みついた生物たちとともに成長し、息絶えることなくアメリカ本土まで辿り着いたのである。

ただし侵入種になってしまうためそのまま放流するわけにはいかず、当局はやむを得ず4匹を殺処分し研究材料となった。だが、1匹がオレゴン州のシーサイド水族館に運ばれ、現在も元気に展示されている。

関連動画

関連商品

竿はあまり売られていない模様。興味のある方は「がま石」の公式サイトなどをご覧いただきたい。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%80%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イシダイ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • イシダイについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/06/24(月)22時更新