イタカ単語

イタカ

イタカ(Ithaqua)とは、クトゥルフ神話大系に登場する架性(旧支配者)である。
イタクァとも発音し、に乗りて歩むもの(The Thing That Walked on the Wind)」称号で呼ばれる。

概要

初出はオーガスト・ダーレス小説に乗りて歩むもの」。
ハスターの上位の属にして、大気()を徴しているとされる。

その姿は人間にも似ているが途轍もなく巨大で、鮮色に燃えるを持ち、足にはかきがあるとされる。
カナダの先住民によれば、イタカはし、に乗ってにもとまらぬ速さで顕現する。イタカが顕現する際にはが鳴って猛吹雪となり、翌日には原で巨大な足跡に遭遇する事があるという。その歩幅は800mにも及ぶ。

イタカに遭遇した人間に巻き上げられてへと飛ばされ、そのまま外宇宙かな深淵のに付き合わされる。一説にはイタカのハスターが坐す、カルコサのハリまで連れていかれるとも。
数ヶにも及ぶの後に彼らはようやく地上に戻されるが、イタカは特に気遣うでもなくか上から彼らを放り捨てる為、そのまま地表に叩きつけられて死ぬ事がほとんど。運よく死ななかった場合でも、犠牲者は高高度の冷気によって身体が凍てつき、地上の温かさに耐えられずに程なく死亡する。
すなわち、どうあがいても絶望。イタカに連れ去られる人間は後を絶たず、往々にして失踪事件として扱われている。

邪悪な小人族のチョーチョーによって礼拝される他、カナダではの怪物・ウェンディゴとして崇拝されている。
また「凍れる炎」と呼ばれる旧支配者アフーム=ザーや、毛むくじゃらの多腕の怪物、グノフ=ケーとの関連が示唆されている。

クトゥルフ神話TRPGにおいて、基本ルールブックに所収のシナリオトラトン山の火」にイタカが登場している。こちらで染みがある人もいるかも知れない。
また北の民俗や土に合致した性である為か、ケイオシアム社からイタカのアンソロジーが出るほど人気がある。
ブライアンラムレイは「タイタス・クロウサーガ」の「風神邪教」において、イタカを信奉するカルトとの熱い戦いを描いており、ホラーというよりは冒険ファンタジーとなっている。
おこれは主人公(とヒロイン)が特別だからこそ出来る事である。決して真似をしないように。


イタカは北極圏やその付近でよく遭遇されるといわれる性である。

カナダトロントでは「に乗りて歩むものの秘密教団」というものが存在し、イタカの教団である。

そのほかに崇拝している者たちはまれだといわれているが、シベリアアラスカでは自分たちの住処が襲われることのないように生贄をげるということがあるといわれている。またはるかボレアの世界では広く崇拝されている。

登場作品:『イタカ/Ithaqua』-オーガスト・ダーレス

:『に乗りて歩むもの/The Thing that Warked on the Wind』ーオーガスト・ダーレス

化身

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イタカ

1 ななしのよっしん
2017/12/09(土) 23:32:06 ID: HNoUtG1DPA
イタカに吹っ飛ばされた犠牲者の体には何かしらの文字が描かれていたり石のようなものを持っている場合がある
吹っ飛ばされた間に宇宙の様々な場所を巡ったらしい様子がある

…確かこんな設定があったような気がするのだ