イタダキマン単語

イタダキマン

イタダキマンとは、タツノコプロ黒歴史タイムボカンシリーズ7作にして最終作だった作品である。

概要

本作は土曜日夕方6時30分から当時各チャンネル間での競争率がかなりしかった7時30分に移動して放送された。
西遊記モチーフにした作品であり、シリアスだった前作「逆転イッパツマン」とは打って変わって「52個あるかもしれないし26個あるかもしれないといわれるオシャカパズルを巡って世界する」というコメディ調のストーリー原点回帰している。

タイトルの「イタダキマン」は「視聴率はイタダキマン」 という意味合いが込められている。
また、当初は「チン遊記オシャカマン」というタイトルだったが縁起が悪かったため、今のタイトルめられた。 

登場人物

オチャカ学園の面々

三悪+1

メカ

  • カブトゼミ・ペリギンワンガル
    基本的にイタダキマンを乗せて登場するだけ。 一応、活躍する事はあるにはあるが・・・。
    1話がカブトゼミのピークだった。
    ワンガルーに至ってはたったの1回だけしか登場しないレアメカと化した。 

ずっと昔のことだって、きっと覚えているんだよ

本作はタイムボカンシリーズの忌み子として悪い方向で有名でもある。
その理由はこの作品が生まれた経緯にある。 

製作の際に「イッパツマン」からプロデューサーに参加した正氏により、マンネリ打破が色々と要された。
その中で代表的なのが長年シリーズ構成を努めてきた脚本家小山高生氏とシリーズ全てのOP・EDを担当してきた山本正之氏の降である。一応、二人共脚本と作曲に参加自体はしているものの、小山氏は脚本を一本書いただけに終わっている。
なお、小山氏は熱心な仏教信者でもあり、登場キャラであるオチャカ校長に「お釈迦様の霊が乗り移った」という設定に対し不謹慎だと発言しており「今までどおりシリーズ構成だったら簡単に辞められなかっただろうから結果的に外されて良かった」と発言している。

さらに放送時間帯移動。イタダキマンが放送されることとなった当時の土曜7時30は、裏番組に「クイズダービー」(TBSテレビ)、「あばれはっちゃく」シリーズ(テレビ朝日)、さらに場には頻繁に日本テレビ巨人戦中継で視聴率を稼ぐという、現在では考えられないほどの視聴率戦区であり、当時のフジテレビ7時台の番組が何をやってもすべて半年で終了するなどかなり苦戦していた。そこに土曜夕方6時30で長年放映される人気作であったボカンシリーズを移動して人気を回復させようと画策したのである。
しかし、時間帯移動は見事裏に出てしまい視聴率はこれまでの20%から均9%に急落(現在から見ればそれなりに高い方ではあるが当時と現在ではテレビ事情が大きく異なるため単純較は野暮である)。

さらに小山氏の構成降によるものか、作も従来のシリーズから変化し戸惑いを持った視聴者も少なくなかった。

結果、本放送はたったの19話で打ち切られた。最終回も典的な打ち切りオチ
後に未放送の1話がビデオソフト再放送などで日のを見た。ついでにいうと、小山氏と山本氏は打ち切り決定を聞いて共に「ざまあみろ!」と采をあげたという逸話もある。

そして、この作品の放送終了後、ボカンシリーズスポンサーを務めたタカトクイスは、イタダキマンや同時期にスポンサーについていた「超時空世紀オーガス」「銀河疾風サスライガー」の関連グッズの売上不振が引き金となってまもなく倒産した。タツノコプロの創業以来長年にわたってタツノコプロ作品を放送してきたフジテレビとの仲も悪くなってしまったのか、「スターザンS」「よろしくメカドック」「炎のアルペンローゼ」を放送したあと、なんと25年もの間タツノコプロフジテレビアニメを放送しなくなってしまった(ちなみに復帰作はノイタミナで放送された『C(アニメ)』である)。

おかげで「継子のイタダキマン」「シリーズ鬼子」と散々な評価を下されてしまっている他、知名度もあまり高くない。
挙句、OVAタイムボカン王道復古」では「シリーズ徴しておりますねぇ」と自虐ネタとして扱われていたり(さらにCDドラマ収録のソングでは「すぐに終わりそう」とまで言われている)山本氏によるボカンソングタツノコプロオールスター総出演の特番アニメでもイタダキマンだけハブられていたりゲーム「ボカンGoGoGo」でのイタダキマンEDでは「私達脇役としても出足りないもんねぇ」とまた自虐ネタが出たり、 ファンイベントにおいてイタダキマン関連の歌だけ歌われなかった上に小山カメラマンは「イタダキマンはどうでもいい」と発言した。exitネタにしすぎな上に、いつまで恨んでいるんだ・・・

以上のことから色々な意味でタツノコプロの転機となってしまった作品であると言える。

放送から30年が経過した今だからこそ再評価されてもいい気がしないでもない。 
また、山本氏は現在ではイタダキマンに対して少々わだかまりが解けたらしく、DVD-BOX化の際に購入特典として新たに「イタダキマンの歌」を書き起こした。ここでもまた一騒動あり、歌詞歌詞だけに穿った見方をする人もいるがそれはまた別の話である。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク兼参考資料

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%80%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イタダキマン

5  
2014/05/22(木) 22:52:19 ID: vFXjwkwz7T
頭が硬いとかじゃなくて単に文章がつまんねーんだよ
6 ななしのよっしん
2015/02/10(火) 16:05:03 ID: Sj6a/5pIMN
こっそりヒッサツマンと入れ替えてもよかろうなのだ
7 ななしのよっしん
2015/03/08(日) 21:48:32 ID: /A7PnywTmv
ID: O/KsKFgskE
もしかしていとでも思ってるのです?
8 ななしのよっしん
2015/03/31(火) 00:54:41 ID: NWcydkigRp
子ちゃん可愛い
9 ななしのよっしん
2016/01/23(土) 09:19:36 ID: NWC2pcr912
時間帯が変わったり、今までのタイムボカンシリーズノリが違ったりと、
当時観ていて妙な違和感を感じてたアニメだった

特に三悪の方をメインに持って来たせいで、本来なら主人公側の連中の影が
薄いなんてものじゃなかった
しかも、本当の主人公イタダキマン(に変身する少年)が三悪と一緒に
居るものだから、印さ過ぎてしょうがない
チーム名も『たてまえトリオ』という、余りにも酷い代物だったし)
三悪にしたって、主人公側がちゃんとしてるからこそキャラが引き立つのであって、
存在感い相手だと、何時もの乗りも発揮出来ていなかった

裏番組の脅威がくても、何れは打ち切られてたんじゃないかな
10 ななしのよっしん
2016/04/10(日) 09:26:19 ID: 1Arrx3f7EU
>>9
やはり小山氏を外したつけは大きかったんだろうね。
11 ななしのよっしん
2016/11/22(火) 14:17:14 ID: BdJEz3Rz5V
>>9
長期視点シリーズ自体も行き詰まりつつあったから
(半年開けて時間戻して)仮に続けていても1、2作でシリーズは終わってた可性は大きいだろうな。上手く視聴者の世代交代ができなかった。
10年以上続けるのはめて大変なんだなと感じるね。

まあ、終わるにしてももう少し両者納得した終わらせ方はできたよね。
功労者的シリーズにしては経緯といい切り方といいフジもかなり雑な扱いだったのはいかがと思う。当時のフジアニメは見切りはかった気もするが。
其の辺は数年前から内部でいろいろあったのだろうな。
やり方次第では復活ももう少しく出来たし痛かったよな。

あと、大口スポンサータカトクイスがもはや83年末には吐息で翌年倒産
(3連死なくても晩年は相当苦しい状況だった様で消滅せずとも会社更生法かライバル社に支援吸収合併はそのうちなってる可性大。)
だっただけにどのそっち方面で継続できなかった可性も高そう。
12 ななしのよっしん
2017/01/02(月) 15:31:53 ID: 6YbApoHWWS
再評価してもいいんじゃないかと記事にあるが十数年ぶりにみてやっぱり面くはなかった
13 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 17:03:38 ID: OPGH+s2pYp
最近、キッズステーション再放送で初めて見ました。
わりと面いです。

悪役・ヤンヤンが主人公に優しくてほほえましさを感じる反面、
善玉の法子ちゃんの方が本性が腹黒で笑えました。

あと、挿入歌の『らがイタダキマン』がカッコいいです。
こちらが題歌の方がよかった気がします。
14 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 15:47:18 ID: mq/jzeLm6v
>当時のフジアニメは見切りはかった気もするが
でもサザエさんは残す