イタリア軍単語

イタリアグン

イタリア軍とは、イタリアの軍隊である。
日本ドイツと違い、第二次世界大戦後に軍が解体されなかったため、イタリア統一王成立当初からの組織をそのまま引き継いだ形となっている。

概要

イタリア軍は、陸軍、軍、軍に加え、国家憲兵隊(カラビニエリ)を加えた4軍によって構成されている。
イタリア軍事費は、世界第7位であり、世界的に見ても軍事費の高い国家のひとつである。

ただ、国家憲兵隊は軍警察と言われることもあるように、戦時には歩兵憲兵として動員されることを除き、基本的にやっていることは警察組織のそれであり、その費用が軍事費として計上されるせいで高くなっているという事情もある。

イタリア軍の装備

イタリアNATOにも参加する西側諸の一員であり、装備もそれに準じている。
しかし、戦車であるアリエテ装甲車であるチェンタウロプーマ、また歩兵用のアサルトライフルであるベレッタ社のAR70/90など、特に陸軍においては独自の兵器開発も行っている。性についてはいずれも先進国標準のレベル

また、火については伝統的に質が高く、世界各地の陸軍で榴弾等が採用されている他、OTOメラーラ製の76mm、127mm艦載砲は、自衛隊護衛艦にも採用されている。

近代のイタリア軍

とはいえ、上で述べた現代イタリア軍については、よほどの軍事オタク同士の会話でもない限り、口に上ることは少ないと言ってよい。
特に昨今のインターネットにおいては、イタリア軍がられるのはほぼ第二次世界大戦終戦以前の話である。

イタリア軍最弱伝説?

イタリア立か第二次世界大戦までにかけて、イタリア軍について様々な伝説ネット上でられているが、あれらはほぼ全てネタである。ネタでない部分についても、意図的に事実をぼかしたり、誤解をするような書き方がなされているため、偽の判定をする知識がないのであれば、とりあえず全てであると考えておいたほうがよい。

以下に、有名な話のいくつかについて解説を行う。

  1. 砂漠ん中でパスタを茹でたせいでがなくなって降伏した
    もちろん。前線の兵士は飲みにすら困る有様であり、食べ物はビスケット缶詰だけであり、飢えや渇きで多くの死者を出している。
    ちなみに、戦線の後方にあり物資も豊富にあった部ではパスタを食べていた。ただしここで言う「パスタ」は、大量のお湯ではなくスープと一緒に煮る煮込みパスタなので決して無駄遣いしているわけではない。
    そもそも補給が潤沢に受けられる後方部隊が前線部隊より良い環境にあるのはや時代に関わらず当然なことで、(にも本土から料亭や芸者を呼び寄せ後方司令部で毎晩宴会を催していた司令官がいる)イタリアばかり糾弾するのはどう考えても不であろう。
  2. マスケット銃で武装したエチオピア軍に大敗し、戦車ガスを使用してやっと勝った
    この伝説にはいくつかのが重ねてある。まず、イタリアが第一次エチオピア戦争のアドワの戦いにおいて決定的敗北を喫し、併合を断念して撤退したというのは真実である。だが当時のエチオピアは、アフリカ植民地化を免れていた地域であり、またエチオピア皇帝は、イタリア植民地を得ることを快く思わないフランスと取引をし、なんとイタリア軍の装備よりもさらに最新式の機関銃ライフルで武装していた。先述のアドワの戦いにおいても、イタリア軍約1万5千に対し、エチオピア軍は約8倍の12万名を動員。しかもその内7~8万名が近代兵器で武装していたといわれており、戦差ではエチオピア軍が圧倒的に有利であった。
    ガスを使用したのは第二次エチオピア戦争ではあるが、この戦争においてガスは進軍速度めるために使ったにすぎず、奇襲やゲリラ戦でいくらかの被害は出したものの、要な戦いのほぼすべてで勝をおさめている。
    なお余談ではあるが、結局ガスはあまり有効ではなく、進軍速度にはほとんど影がなかったらしい。
  3. 勝手に北アフリカ戦争を始めてドイツに迷惑をかけた
    ヒトラーが、バトルオブブリテンに合わせての北アフリカ英軍攻撃を要したのが理由であり、イタリアドイツの要請に応えただけである。
  4. 武装した漁船と戦うも、返り討ちにあって降伏した
    降伏したというのは潜水艦ガリレオ・ガリレイ」の話であり、この一文は概ね事実であるが、降伏に至るまでの経緯はそう単純なものではない。戦闘の数日前、「ガリレオ・ガリレイ」は英軍艦艇の爆攻撃を受けて損傷しており、その影で発生した塩素ガスのせいで乗員達は体調不良に悩まされ、しかもガスを換気する必要性から長時間の潜行が不可能な状態であった。当日、英航空機に発見された「ガリレオ・ガリレイ」は武装漁船もとい、武装トロール船「ムーンストーン」の爆攻撃を受ける。ガスのせいで潜行不能になった「ガリレオ・ガリレイ」は浮上し決死の戦を挑むが、体調不良のせいで乗員達はまともに戦えず、逆に「ムーンストーン」の弾がに直撃して艦長以下部要員が全滅揮系統を喪失。最後はガスの乗員が甲に這い上がり、シーツを振り回して降伏したという。
    武装漁船という言葉から誤解されがちな「ムーンストーン」だが、実際には排水量600tのトロール船に艦砲や機、爆を搭載した事実上のコルベット(特設艦船)であり、港町で見かけるような漁船とは全く異なるものである。

など、有名なところだけ見てもいかにが多いかわかって頂けるだろう。
これを読んで巷のイタリア軍伝説について疑問を持った方は、是非他の伝説についてもその偽を確認していただきたい。

イタリア軍最強伝説!

第二次世界大戦において、イタリア軍は連合軍を相手に大活躍をしている。
ここでもいくつか具体例をあげさせていただきたい。

  1. アオスタ侯アメデオ2世快速師団 サヴォイア騎兵連隊(東部戦線
    ドン流域に地をしいていたイタリアドイツ連合軍だが、ヒトラースターリングラード攻略作戦のためにドイツ軍は引き抜かれて、イタリア軍やルーマニア軍など、ドイツ軍べると装備の劣った同盟軍だけが残された。
    当然、ソ連がこのような隙を逃すはずもなく、積極的に攻撃を仕掛け、を挟んでの攻防戦となった。騎兵部隊であるサヴォイア騎兵連隊は、機動性を生かすために回り込んで側面を突こうとしたが、同様に浸透攻撃を図ろうとしていたソ連狙撃兵大隊2部隊と遭遇、重迫撃支援を受けたソ連軍と交戦となった。サヴォイアの官はひとつの決定を下した。
    各員、抜して突撃せよ!
    その命に応えて騎兵隊は抜、なんとサーベル突撃で、サブマシンガンライフルで武装した歩兵を蹴散らしたのである。さらに反転して再度突撃、兵士にも軍にも被害を出しながらも、ソ連軍を撃退することに成功した。これは欧州戦線における、最後の成功した騎兵突撃である。
    なお余談であるが、装甲車を装備した機甲部隊としてサヴォイア騎兵連隊は今も残存しており、チェンタウロの1台ごとに、この突撃の際に戦死したの名前をつけている。イタリア兵は心も優しい。
  2. モンテ・チェルヴィーノ山岳スキー大隊(東部戦線
    イタリア軍の北側のは山である。当然、陸軍は山で戦う部隊を専門に育成している。モンテ・チェルヴィーノは、その中でもギリシャ攻撃に参加したものを選抜して作られたエリート部隊だった。
    迷彩を身にまとい、スキーで山岳を縦横尽に駆け巡り、ソ連戦車を足止めし、歩兵を射殺する彼らは、劣勢であったスターリングラード失陥後の戦闘においても奮戦し、ソ連からは『白い悪魔』(イタリア語ではディアヴォロ・ビアンコ)と恐れられたという。

もちろんこの他にも、北アフリカ戦線で活躍したアリエテ戦車師団やフォルゴーレ挺師団、地中海イギリス軍を苦しめた第10MAS部隊など、大活躍した部隊はたくさんある。

なぜ勝てないのか

一言でいえば、装備と物資の不足である。
第一次世界大戦から第二次世界大戦まで、イタリアは度重なる戦争で軍も経済もぼろぼろであった。開戦初期でべれば、日本よりもさらに物資の備蓄や工場の生産は低かったのである。
さらに、輸送においても機械化が不十分で、北アフリカ戦線では港に物資が十分あるにも係わらず、前線に届けることができなかった。

なにを隠そう、イタリアも、根本的な敗戦原因は日本と同じだったのである。

記事がある保有装備の一覧

陸軍

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%BB%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イタリア軍

201 ななしのよっしん
2018/08/09(木) 11:49:13 ID: eW3iwUsAiZ
>>200
ソース>>戦費
技術で言えばイタリアの方が上やろ
当時の日本職人とかの技で欧相手に食らいついてたイメージしかいわ
経済が疲弊してただけで先進国準の技術はあったやろイタリア
202 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 14:08:59 ID: 4QY1E2KTL/
実際ムッソリーニがもう少し慎重だったらどうなるんかね
あの位置にあってスペインみたいにのらりくらりと義勇兵レベルでいられるのは不可能だと思うんだけど
203 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 14:35:45 ID: d1TeG5awhL
いやスペインも参戦する気はあったんだぞ
ただイギリスが敗れる直前くらいのつもりだったから
そうなる前に怪しくなって見切りつけれた
204 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 06:31:02 ID: VEzOfvbzmf
今のイタリア軍ドイツよりかに強くなってるからなぁ。

軍事ランキングだとドイツの方が上だが、ドイツ軍軍事費削減しすぎて戦が半壊状態。
逆にイタリアは維持が高いらしい。
またイタリア兵器の技術もさることながら陸どれも精強……。

陸軍は局地戦はともかく全体だと陸自より強いとも言われてる。(日本で戦えば日本有利だが)
軍もバランス良い編成で、戦海自には負けるけど揚陸や輸送海自より上なくらい。
というか軍隊全体通して補給や維持が滅高い。だから軍全体バランスは凄く良いのが特徴。
205 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 20:49:51 ID: QvzjodHBV0
>>204
イタリアのすぐ南、北アフリカは全部イスラム教
そりゃ、イタリアらしくなく、軍事に取り組むよ

あと、さすがに装備の新旧の差と数の差で今の陸自に勝つのは厳しいと思う
イラクアフガニスタンで実戦経験のある団は優秀だから、歩兵同士だと陸自が不利だろうけれど
10式アリエテだと、奇襲か局地的な数的有利でないと、技術的に10年以上差があるアリエテでは厳しい
206 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 12:23:40 ID: LVOfggOYZz
アリエテMk2C-2アリエテ)がキャンセルされたり、F-35の調達数減らされたりしてるとはいえ
ドイツメルケルみたいな軍縮屋・EU義者がいる訳じゃないからな
207 ななしのよっしん
2019/01/28(月) 13:18:14 ID: mXwMyRo51I
>>201
少なくとも戦備が全く整ってなかったのは事実
陸軍は小銃軍服・軍靴も足りないレベルで使える火器も旧式で、性も今一
軍は燃料備蓄が1年分にも満たなかった
技術と言ってもOTO社の火はまぁ悪くなかった、とか
DBエンジンアルファロメオライセンス生産できた、とかそんなもんだな
ライセンスDBエンジンにしろ50基程度だったと言うので、質はどうあれ生産が壊滅的に足りてない

ちなみに食糧事情も悪かった模様。
砂漠パスタとかとんだデマが流れたが、
実際のアフリカ戦線ではビスケット数枚と不味い缶詰、飲みも不足ってのが実態
この上で軍制も遅れてて何も知らん貴族が将校やってたりしたから当然弱いし、士気は上がらない
208 ななしのよっしん
2019/02/05(火) 08:58:02 ID: VEzOfvbzmf

イタリア軍助けてドイツ!」
ドイツ軍「おま、マジふざけんな」


ドイツ軍助けてイタリア!」
イタリア軍「おま、マジふざけんな」
209 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 01:30:14 ID: +Un1LG+t3H
現状見るに、↑はちょっと違うな

イタリア助けてドイツ!」
ドイツ「おま、マジふざけんな」


ドイツを助ける権利をやろう、今なら商品割引してやる」
イタリア(とかチェコとかポーラン等々)「「「「は?」」」」
210 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 20:08:11 ID: UWTd44agtS
だいたい日丸屋秀和のせい