イトウ単語

イトウ

イトウとは、日本最大の淡である。絶滅危惧種

保全状態評価

環境省定では、絶滅危惧IB類(EN)定されている。絶滅危惧種としては3段階中の2段階にあたる。
自然保護連合(IUCN)のレッドリストではさらに上、野生絶滅していない種の中では最も高い絶滅危惧IA類(CR)定されており、深刻な絶滅危機している種とされている。

概要

イトウとは、サケサケ科の淡で、体長は1~1.5mと淡としては日本最大級の大きさである。記録に残る最大の個体は2.1mほどであったという。

現在北海道および樺太千島の一部にのみ分布。
個体数が減少しており、釣り人の間では幻のとも呼ばれているが、それがかえって人気に拍をかけてしまっているのだからタチが悪い。
かつては青森岩手にも生息していたが絶滅北海道でも多くの系で姿を消した。
減少の要因はダムや堰などの開発や、イトウにとって生育に必要な氾濫原が農地化されて消えていること、成熟するのが遅く産卵までの間が長いこと、産卵場所までがまた遠いことなどが挙げられる。

このように絶滅危惧種として著名なイトウであるが、その対策は異様なほど遅れており、あろうことか全体的な禁漁期さえ設定されておらず、産卵期だろうがお構いなしに年がら年中釣ることができてしまう。しかもしばしば身を翻すことで地上からでも容易に姿を捉えられるため格好のターゲットになってしまっている。なんとかしろよ……
なお野生では絶滅危機しているが、養殖には成功しており放流も行なわれている。とは言えこのままの状態が続けば、将来的に野生絶滅の可性が高いことも事実である。

漢字では「富」と書く。(伊藤ではない)
もともとはサケ類としては細い体から「糸」という意味だったらしい。

釣るにはルアーフライ、泳がせなどがメインだが、キャッチアンリリースが望ましい。というか下手に釣らないであげてほしい。禁漁期がない以上、釣り人のモラルが問われるである。

が旬で、薄紅色。加熱しても硬くならないのが特徴。
生でも焼いても煮てもうまい。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イトウ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • イトウについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!