編集  

イノシシ単語

イノシシ

イノシシ(いのしし/)とは、ウシ(偶蹄)・イノシシ科に分類される動物である。

概要

森林地域に生息する哺乳類で、十二支の12番」としても知られている。アジアヨーロッパを中心に多様な種類がいるが、日本にいるのはニホンイノシシリュウキュウイノシシの2種。

40キロ以上の速度で走る事ができ、人間などに対する攻撃の際にはその勢いのまま体当たりをしてくる。そのさまから周りを見ずにすごい勢いで物事にあたる事を「突猛進」と呼ぶ。

イノシシ縄文時代から食されており、現代でも「牡丹」と呼ばれに料亭や専門の料理店で調理されている。最も有名なイノシシ料理は「ぼたん」。

イノシシ畜用に飼いならすうちに変種していったのがであり、イノシシブタでの交配も可である。イノシシブタの間の子をイノブタと言う。

またイノシシ子供の事を特に「ウリ坊」と呼ぶ。

動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%82%B7
ページ番号: 285497 リビジョン番号: 1370844
読み:イノシシ
初版作成日: 08/06/26 19:34 ◆ 最終更新日: 11/12/05 12:31
編集内容についての説明/コメント: 料理を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


カワイノシシ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イノシシについて語るスレ

24 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 17:29:16 ID: dC2hEoGuAv
なんか音がすると思ったらイノシシがいたでござる
の後ろ歩いていた
25 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 15:07:33 ID: Ky0tA+G3VU
イノシシ敵ってなんぞ?
26 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 15:14:55 ID: 31df0/X0m7
>>25 美輪明宏さん
27 : ななしのよっしん :2016/08/08(月) 19:25:53 ID: zHHuPwXrTv
ヌヒィ
28 : ななしのよっしん :2016/12/30(金) 20:18:15 ID: v7jkHsuOG6
鬼滅の刃とかいうスキーホープ
29 : ななしのよっしん :2017/05/09(火) 21:54:36 ID: Oq8RyU0gb2
>>25
虎・ワニなんかの大
それもイノシシ側が成で先方が未熟な個体だと返り討ちにあう危険が高い

京阪神だとイノシシにとって人間のハンター以外危険な相手がいない
だから六甲山系からのコンクリ伝って町中に普通に降りてくる、護登らないから大事にならんだけで
30 : ななしのよっしん :2017/06/14(水) 09:12:32 ID: CnrmxaxrBE
ほれ、テンプレ加えとけ

 22 名無しさん涙目です。(やわらか銀行)無断転載は禁止 [US] ▼ New! 2017/06/14() 07:07:55.94
しくジョギングをしていた時のことだ。
道路右手むらがガサガサ音を立てたと思ったら数頭のイノシシが走り出てきた。
かなり大きい個体ばかりで、のやや後ろからに出てきてそのままに合流してきた。
で何頭かに追い抜かれて、どうすることも出来ずにはそのまま走り続けるしかなかった。
前に3頭、両側に1頭ずつ、後ろにも3頭、きれいに囲まれてたちは一緒に走った。
あまりに突然の出来事だったので恐怖を感じる暇もなく、特有の匂いが強にして、イノシシって臭いんだなとか妙に冷静に考えてた。
しばらく(と言っても10ほどだと思うが)は確実に群れの一員だった。というか、その時イノシシだった。
だが蜜の時は短いもので、イノシシ達は進行方向を左に変えて道路藪の中にガサガサと消えて行った。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
31 : ななしのよっしん :2018/12/25(火) 22:17:25 ID: a+itAEEmde
うまく食うにもそれなりの技や手間暇がかかってそれもタダじゃないし安定供給も難しいとなると本当にこの味が好きなやつ以外さして需要もなく本当にとしての価値すら低い害獣だな
32 : ななしのよっしん :2019/01/07(月) 23:49:46 ID: unvAo8LvU9
3000万~2000万年前頃までには、ダエオドンとかエンテロドンとか、現生のサイウシぐらいのデカさしたリアル様なイノシシが生息してた。より小かつ俊敏な現生のイノシシ類に淘汰されて絶滅したらしいが。
33 : ななしのよっしん :2019/02/03(日) 20:16:15 ID: kRe/tdPIE5
日本の場合、オオカミがいなくなってもしばらく捕食者として人間がイノシシとってたから増殖はしなかった
皮革がで賄えるようになり、狩猟産業が衰退すると一の捕食者がいなくなったからが物ヅラして歩いてる
それは鹿も一緒
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス