イャンクック単語

イャンクック
4.5千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 この記事では、教官として新人ハンター育成につとめるクック先生についてのみ書かれています。
現役時代のクック先生については全盛期のイャンクック伝説をお読み下さい。

イャンクックとは、ゲームモンスターハンターシリーズに出ているピンク色飛竜である。

種に属する大モンスターで別名「怪鳥」。名前の由来は英語を意味する「イヤー」と、雄を意味する「クック」を合わせたものと思われる。

概要

本家及び分モンスターハンターシリーズにおいて、ほぼ全てのハンターが最初に相対するであろう大モンスターである。

体毛がほとんどなく、顔面には巨大なクチバシ、後頭部にはエリマキトカゲのようなをもつなど、独特でユニークな外見をしている。

亜種として青色のイャンクックが存在する(別名・青怪鳥)。イャンガルルガという黒色飛竜も近い外見をもつことから亜種として扱われるが、同じ種に属する別のモンスターである。 [1]

他に種に属する大モンスターとしてはゲリョスヒプノックなどがいる。

多くのハンター戦闘経験、策、素材収集とさまざまな形でお世話になる存在であるため、ハンターたちからは「先生」「クック先生」と呼ばれしまれている(その関係か、100匹倒すと称号で「先生」が入手できる)。

いわゆるキモカワイイ部類のモンスターであり、ハンターたちの間では狩猟生活におけるマスコット的存在の一つである。

戦闘

クック先生

戦闘方法は極めてスタンダードで、ほとんどの大モンスターが持つであろう基本的なアクションを備えている。対飛竜戦の基礎を学ぶにはうってつけのモンスターであり、これをソロで倒すことが出来てこそ新米ハンターから1ランクアップしたと言えるだろう。

大きなは、集音性に優れていることが災いしてか高音に弱く、頭への攻撃で部位破壊可である。音爆弾タル爆弾などの爆発アイテムを使うと気絶状態となりしばらくスキだらけになるが、正気に戻ると怒り状態となってしまい、怒りが治まるまでは爆発アイテムによる気絶効果も効かなくなってしまう。

  • 回転尻尾攻撃
  • しっぽは短いが、飛竜としては体が小さく近接武器ハンターが近寄って来るため、地味に当たる。
  • 突進
  • 走り出しが速く前触れも小さい。敵がの前にいる場合は探すモーションをせずに突進してくる。特に怒り状態の時は全てのアクションまるため、馬鹿にしているとハメで呆気なくハンター返り討ちにされてしまうこともある。
  • ブレス
  • 口から可燃性の液体を放つ。リオレウスガノトトスの様な一回り大飛竜べると、威は弱く射程も短いが、発射前後のスキは小さく次の行動に移るまでがいため、ハンターの攻撃は長く続けられない。
  • 乗り切るには、効【小】以上や特定武器モーションなど、されない状態が必要になる。
  • 怒り状態
  • 全体のステータスが上がり、各モーションが速くなる
    (一定以上のダメージ、または爆発アイテムによる気絶状態の後で発生)。
  • 睡眠
  • 巣に戻って体回復を行う。足を引きずるようになったあたりから行う。
  • ついばみ
  • 種に多い攻撃。相手に駆けよると同時にくちばしで複数回攻撃をしてくる。これをまともにガードするとスタミナをゴッソリもっていかれ、くちばしに当たるとダメージと共に吹き飛ばされ、避けても足に当たるとこける。

その他

MHF

原種亜種共にMH2続投組。

原種

基本的に他シリーズと変わらないがレジェンドラスタからクッキーと呼ぶ場合もある。

また、MHFでは公式サイトガイドでプレイマナーを守らないプレイヤー返り討ちにしていたりする。

MHF-Gが始まるG1アップデート2013/4/17)と共にG級対応。
しかしながらクッキー・ポカラ丼オンラインと呼ばれる黒歴史の一を担うこととなってしまった。
難易度1。
G級最初期に登壇したモンスターなので追加要素は爆発付きのついばみをすることぐらいである。
ちなみに、口から粉をこぼすのが予備動作。

メガ個体

2016年エイプリルフールイベント「ミズキとメガ個体調!」に登場。
クエスト名は「発見!メガ個体!」

防具貸与の闘技場クエストであり、ターゲットメガ個体の討伐。エリアインすると件のメガ個体がいるのだが、メガと言ってもメガシンカしたクックではなくメガネをかけたイャンクックである。
更にその見たに面喰っているとメガネが集まっていき、どこに逃げようが避けられないレーザービームが放たれて即死、クエスト失敗になってしまう。

そこでMHFエイプリルフールクエストではお染みである依頼文の縦読みをすると、「メガねガほんたい?=メガネが本体?」となっており、ボックスにメガネに置かれている音爆弾クックに使うと、通常個体同様に怯んでメガネが分離する。
ここで依頼文を思い出メガネを攻撃すると一撃で破壊されクエストクリアとなる。つまり正確にはメガ個体とはメガネそのもの。ちなみにメガネを分離させたまま放っておくとやはりが集まっていき大爆発してクエスト失敗になる。また、イャンクックは防御率0らしく殴っても1ダメージも与えられないのである意味最強個体である。

亜種

余り存在感がないが装飾品の素材クエストなどでお世話になる。

そんなクック亜種もG9.1(2016/2/24)にてようやくG級対応。難易度2。
G初期に実装された原種と違って全新規行動が2つ追加されている。一つは数回飛び跳ねた後左右のを交互に振って真空波を起こす技。
フレーム回避はそこまで難しくないが複数回判定があるようでSAがあると大ダメージを喰らうことも。
もう一つは嘴で地面を掘り岩を飛ばすというもの。
は高めだがこちらも気を付けていれば当たらないだろう。
実装された時期の関係で武器防具共に2とは思えないほどの高性
ちなみに武器はなんと炎属性(火+)である。

特異個体

MHFにおいて出現する特異個体

原種

シーズン8.0(2010/4/21)実装
ブレスが直線上に伸びる火柱になっており、バックジャンプブレスを使用してくる。また、ぐるぐる円を描いて走り回る攻撃は予備動作が少ない割に高威でありかなり危険。

そして特筆すべきは先生の変種(P2GにおけるG級相当)についてだろう。
特異個体による攻撃補正が変種補正のさらに3.30倍、怒り時には本来の補正に加え追加補正1.40倍、ノーマル個体の変種と特異個体の変種では怒り時の攻撃4.62倍もの差が生まれる。

これがどの様な事態を生むかというと…

  • ガンナーはとりあえず先生に触ると即死
  • 予備動作が少ない走り回り攻撃は防御781以下では即死
  • 怒り時の飛び跳ねで足元でSA付与のモーションで攻撃していた剣士火事場が発動
  • (捕獲する事はまずいが)シビレにかかった先生を捕獲した時の倒れこみで剣士の体半分

という感じであり、実際に足踏みでハンターをBC送りにしたり尻尾振りで複数ハンターを貫いたりもしているなど、MHFでは前述の全盛期先生の強さ(の片鱗)を垣間見ることができた。

なお、現在フォワード4.にて追加されたコンテンツ「マイミッション」の秘伝書育成の効果「被ダメージ軽減」により、そこまで高い防御でなくても即死はしなくなった。(それでも少しでも体が削られているとる事が多々あるが)

亜種

フォワード.2(2011/9/28)実装ケツアゴ先生
原種特異個体のモーションに加え、ブレスミートボール化したり落とし穴を設置してきたりする。
奇種の攻撃悪さも同様。

グなんとかさんよろしく、突き刺し→しゃくりあげもおこなってくるが勢い余ってコケる。かわいい

地面にクチバシを突き刺す攻撃によって地面にがあき、ハンターがそれに触れるとにハマって一定時防備(かつSA付与)になるので非常に危険。

落とし穴には通常下半身からハマるが、スタミナが極端に少ない状態でを踏むとババコンガのように頭からに突っ込んでしまう。スカート系装備の女性ハンターがそんな落ち方をしてしまった矢先には…確かみてみろ!

そして…

2014年6月25日
モンスターハンター史上初となる、「アーケードカードゲーム」として「モンスターハンタースピリッツ 01弾 き衣を」が稼働開始。初プレイとなるハンターが登録を済ませた時…なんと、初プレイレンタルトモとして「怪鳥イャンクック 幼体」が現れる!

詳しい世界観の説明に関しては該当記事を参照するとして、わかりやすく言うと、モンスターハンターのペアで狩りに行くなか、最初のペアとなってくれるというだ。

トモとして戦うときの特殊技は「火炎ばら撒き走り」。おそらく上記の「ブレス」の上位技に当たる。

ストーリーズ

MHSTMHST2でもオトモンとして一緒に冒険することが出来るのだが、ブラキディオス程ではないが「技」がネタである。

通常種、亜種共通で「リバースボール」という名称が付いているが、その内容は、好物のクンチュウを見つけ満悦になっているところをライダーに殴られクンチュウ放出して攻撃するというもの。
通常は火属性なので吐き出されたクンチュウは火の玉と化しているが、MHSTでは属性を変えていると放出されるクンチュウの状態も変化する。

関連動画

立ち回り・練習

実験台

関連商品

関連静画

関連項目

脚注

  1. *ゲームイャンガルルガ説明には「イャンクックの亜種」という記述があり、正確には、ディアブロスモノブロスの関係と同じく一系統として独立しているものと思われる

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AF
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イャンクック

344 ななしのよっしん
2020/09/24(木) 18:59:05 ID: mCM1wf21Hr
属性で扇っぽい尻尾をもつクルペッコ
属性っぽい恐竜で扇っぽい背びれをもつアンジャナフ
属性で扇っぽいトサカをもつアケノシルム
受け継がれる火扇、たぶんアケノシルム初心者の壁ポジションだね
345 ななしのよっしん
2020/12/16(水) 09:52:10 ID: ZGb5SPI91L
元祖先生ポジだけどアケノシルムがいるから今回も復活厳しいかな
346 ななしのよっしん
2021/01/17(日) 08:26:33 ID: oZ2Rgr60/C
意外と欠席多い
347 匿名あ
2021/02/07(日) 04:50:47 ID: P8+/S0ERab
ノーモーション突進がよく言われるけど尻尾回転が一番やっかいだと思うんだ、獰猛とか回転しまくってて手に負えない
348 ななしのよっしん
2021/04/03(土) 06:30:54 ID: Lbm8bhNIoi
のっぺらぼうフルフルみたいなわかりやすい妖怪要素ないしなあ
349 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 21:01:29 ID: PMPks1Qx2I
後輩レウスレイアみたいにブレスぶっぱなしたり飛びながら火炎弾ばらまいてたが三連ブレスや飛行火炎弾は先生にはできない芸当だっけ?
350 ななしのよっしん
2021/04/20(火) 22:49:52 ID: k0D9rkxe/a
トカゲっぽいエリマキ
オウムっぽいクチバシ
爬虫類っぽい鱗
パーツバラしてみると実際にいる生物が持ってそうな要素なんだけど、全部まとめてイャンクックにすると「なんだこの変な生物」ってなる絶妙な見たしてると思う。
351 ななしのよっしん
2021/04/28(水) 18:10:03 ID: PMPks1Qx2I
カモノハシってマジで色んな生き物DNAゴチャ混ぜ状態な天然キメラ生物らしいが、モンハンモンスターDNA調べて見たら、あらゆる生物遺伝子ゴチャマゼなんだろか?
352 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 07:56:11 ID: WZ1vzAX61E
ぶっちゃけイャンクックってもう先生とは呼ばないんじゃいかなぁ。昔はモンスターに共通のモーションが多かったからその練習とかになったけどアケノシルムは専用モーションの攻撃多いしリオレウスも1番強い技の火炎放射ブレス練習にはならないし。というかレウス格の新モンスター無印、X、Worldにしかいから相対的に練習の対になるモンスターが減ってきてる
353 ななしのよっしん
2021/12/12(日) 11:01:12 ID: VsUPrnZ6BH
登場作品では大モンスとしてはだいたい一番ぐらいで出てくるから、
被弾上等のごり押しが通じないボス格の敵の入門的な意味では今でも先生と言えるんじゃないかな
アシラやドスは体や攻撃低いから猪突猛進でもまだギリギリなんとかなるけど、
イャンクックぐらいからはそれだと絶対に勝てなくなるし