イロゴトシ単語

19件
イロゴトシ
4.6千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ
イロゴトシ
Irogotoshi
生年 2017年03月07日
サラブレッド
性・毛色 鹿毛
生産 日本JPN
生産者 本田 土寿(熊本県
馬主 内田 玄祥
調教師 牧田 和弥(東)
名意味 色事師
初出走 2019年07月27日
入障日 2023年01月15日
抹消 ----年----日
戦績 31戦6勝 [6-1-4-20]
(うち地25戦3勝)
2024年4月現在
獲得賞 2億609万円(中央) /240万円(地方)(2024年4月現在
な勝
2019年:ひまわり賞(OP)
2023年:中山グランドジャンプ(J・GI)
2024年:中山グランドジャンプ(J・GI)
競走馬テンプレート

イロゴトシとは、2017年生まれの日本競走馬である。鹿毛

黒岩ジョッキーによる称は「ゴッチ」「ゴッちゃん」など。

概要

ヴァンンヌロジカケ、クロフネという血統。

七冠ディープインパクトと短距離GI2勝のフラワーパークを両に持つ良血で、現役時代はGIII東京新聞杯を勝ち、GI安田記念モーリスのクビ差2着に迫った。種牡馬としてはGIII1勝ながら格安の種付け料もあってかそれなりの人気を集めており、OPも輩出している。は未勝利で近にも活躍は多くない。は芝ダートを問わず活躍した米国で、としてもクロノジェネシスノームコアを送り出している。

イロゴトシを生産したのは熊本県熊本市本田土寿牧場九州産は日本全体の1%に過ぎず、その中でも熊本県は特に規模が小さい。そんな中でも場長の本田土寿氏は奮闘しており、熊本初のJRA重賞ウィナーであるヨカヨカなどを世に送り出している。

名の由来は読んで字のごとく「色事師」。ロジカケにあやかり、もイロエンピツやイロメガネなど「イロ」が頭につく名が並んでいる。オーナー内田玄祥氏はこの「イロ」一家のほか、アナゴサン号、カイアワセ号などを擁するいわゆる「珍名馬」の馬主であり、時事ネタやちょっとキワドイ感じのネーミング立つ傾向にある。

なお九州産馬であるのはイロゴトシと一つ下の半イロエンピツのみであり、それ以降の産駒北海道である。

飛越の得意な色事師

デビュー前

2017年3月7日熊本県本田土寿牧場にて生まれる。牧場名(幼名)は「サンシャイン」。くような強いに・・・という意味ではなくサンシャイン池崎元ネタであるようだ。そっちかい

生まれたときから太で体高もあり、牧場からも期待されていた。馬場で走り回ったり泥んこになって遊びをしたりするのが大好きであったようだ。時代の性格はシャイでの後ろに隠れあまり近寄ってこなかったという。また割と素直で手こずることもなかったとも本田土寿氏は話している。

ロジカケはヴァンンヌを種付けした状態で熊本にやってきた。イロゴトシは本田牧場には2ヶほどおり、次の種付けへ行くとともに北海道に渡りそれからは北海道で育成された。

2歳~5歳

2歳8月小倉1200mでデビュー。このレースは4着に敗れたが中1週で未勝利戦を勝ち上がり、小倉名物である九州産馬限定の2歳OP競走ひまわり賞へ出走。先行策から直線で外を突き、本田土寿牧場同期で断然人気ローランダーを叩き合いで完封し快勝。OPへ昇格する。

しかしその後はにぶち当たり、ダートにも挑戦したが掲示板にも乗れない結果が続いた。3歳時に出走した京都新聞杯では5着に食い込み、佐賀JRA交流競走でハナ差2着にはなったがクラシックシーズンの見せ場はここまで。あと2戦は走して3歳を終える。

4歳初戦も5着に敗れたが、中に遠征した2戦で3着に好走。そして同条件の揖特別で後方待機から直線で最内を突く強気なレース運びで1年9ヶぶりの勝利を挙げる。小倉に転戦した3勝クラス初戦も3着と希望を抱かせたが、その後は4着・5着こそあるが勝ちきれないレースが続く。5歳頃からは掲示板にも届かなくなり、いよいよ進退が窮まりつつあった。

6歳

6歳になり、ここで営は障害競走を切り、小倉障害未勝利戦へ出走。上にはベテラン黒岩騎手を迎える。稍重馬場と初障害としては若干厳しい条件であったが、中団からよく追い上げ2身半差の3着に好走。障害に適性を見出すと、2戦め先頭から々と押し切り5身差の快勝。しかし続く障害OPペガサスジャンプSはタフ中山に変わった上にで重馬場、あげく行き足がつかず後方からの競馬と苦しい状況に追い込まれたが、最後の直線で先行の間を突いて末脚を伸ばし3着に食い込んだ。

続いてJ・GI中山グランドジャンプへ出走。本命は前年中山大障害を勝ったニシノデイジー。イロゴトシは10頭立てで単勝6番人気評価。

2戦連続でが降りしきり重馬場となった中山競馬場。22番からスタートしたイロゴトシは中団に下げ、中で4番手に押し上げる競馬。安定した飛越でポジションを落とさず、最後の向こう正面でめに進出を開始。3コーナー上の黒岩々にゴーサインを出すとここから一気に後続を突き放していく。直線で全に独走となってもなお差を広げていき、最終的に2着に3.1記録的な大差をつけてゴールイン。自身初の重賞制覇でGIへ登り詰めた。3.1差は障害グレード導入後のJ-GIレースでは最大着差となる(導入以前はシンボリクリエンス1992年中山大障害(春)で2着に8.6差を付けている)。

上の黒岩は21年にして初のGIタイトル。「キタサンブラック調教パートナー」として競馬ファンには有名であったが、騎手としては2年連続0勝を経験するなどどん底を味わってきた苦労人が悲願の栄冠を掴んだ。佐賀重賞を2勝している内田オーナーヴァンンヌ産駒としてもGIどころかJRA重賞初制覇である。牧田調教師コリアカップを2勝しているがこちらもJRAGI初制覇。

そしてイロゴトシは熊本どころか、九州産馬史上初のGI勝利を達成。一世一代の大舞台歴史にその名を刻んだ。なお発走約10分前に行われたアーリントンカップでは同じ熊本初の重賞ウィナー・ヨカヨカを所有する浩二オーナーオオバンブルマイ優勝SNSのトレンドにはヨカヨカ名前も連なり、彼女の縁が繋いだ2頭の勝利となった。

その後、に備えて全休するかと思われたが、6月20日に開催された九州1歳市場でイロゴトシの関係者が表を受けた際、管理する牧田調教師が調整が順調に進めば、小倉サマージャンプに出走する予定であることを表明した。
くしくも小倉サマージャンプが行われる日には、イロゴトシが勝ったひまわり賞も開催される。
もしもひまわり賞が行われる日に九州産J・GIの凱旋が実った場合、その日の小倉競馬場は熱く盛り上がるであろう。

だが、結局復帰は10月のJ・GII東京ハイジャンプまでずれ込み、1着のマイネルグロンから3遅れる6着に沈む。その後は年内休養となった。なお、年末の中山大障害はそのマイネルグロンが制した。

後に牧田調教師によると「負けが尾を引いて」しまっていたとのこと。その後もあまり調子が戻らなかったとっている。

7歳

7歳初戦は阪神スプリングジャンプなどの前戦には行かず、まさかの地競走に戻ってのスピカS(4歳以上3勝クラス中山1800m、定量)となった。結果から言うと、後方から伸びを欠き先頭から0.9差の13着という結果に終わった。

次戦は中山グランドジャンプ。イロゴトシは単勝2倍人気(12.2倍)に支持されたものの、前走で圧勝したマイネルグロンが単勝1.1倍の圧倒的1番人気で大きく離されていた。

しかし、イロゴトシは行きっぷりの悪いマイネルグロンに残り1000mで逃げニシノデイジーを捕捉し、一緒に上がってきたビレッジイーグルを残り600mから振り落とすとそのまま1着で入線。2着のジューンベロティに3身差をつけ、中山グランドジャンプ連覇を達成した(の王者マイネルグロンは伸びを欠き6着。その後右前肢跛行を発症したと発表された。3着はおととしの覇者ニシノデイジー)。このレースの連覇を達成したのは、ゴーカイ(00・01)、*カラジ(05・06・07)、オジュウチョウサン(16から20の5連覇)に次いで4頭である。もちろん、九州産馬GI連覇は史上初である。

前走地からの中山グランドジャンプ制覇・直系ディープインパクト孫によるG1級2勝も史上初となった。

なお、レース直前の4月10日藤岡康太騎手が落事故で亡くなっており、イロゴトシに騎乗した黒岩騎手ゴール直前に「康太!康太勝ったぞ!」と叫んだことがジョッキーカメラから判明している。勝利インタビューでも黒岩騎手は康太騎手に対する思いをり、客席から温かい拍手と「お疲れ様」の援が贈られた。

は全休し、の大一番・中山大障害に向けて調整してくようだ。

余談

血統表

ヴァンンヌ
2009 鹿毛
ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
フラワーパーク
1992 鹿毛
ニホンピロウイナー ティーハート
ニホンピロバー
ノーザンフラワー *ノーザンテースト
ファイアフラワー
ロジカケ
2012 鹿毛
FNo.26
*クロフネ
1998 芦毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
*ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
*リッジロー
2004 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Fig Tree Drive Miswaki
Rose O'Riley
競走馬の4代血統表

クロスNorthern Dancer 5×4(9.38%)

関連動画

   

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: は に わ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イロゴトシ

58 ななしのよっしん
2024/04/13(土) 23:23:04 ID: i+ix14OTmf
は色の季節
👍
高評価
7
👎
低評価
0
59 ななしのよっしん
2024/04/14(日) 00:22:38 ID: 1pSy8v+woW
>>55
後から知ったけど黒岩騎手田辺騎手らの18期生は井西騎手竹本騎手2人も現役中に亡くなられてるから思う所あったんだろうね…
👍
高評価
7
👎
低評価
0
60 ななしのよっしん
2024/04/14(日) 03:21:17 ID: 0tUTDML43K
親父ヴァンンヌも好きなだし、なんとか種付け増やしてやってくれないだろうか…
👍
高評価
2
👎
低評価
0
61 ななしのよっしん
2024/04/14(日) 08:13:00 ID: akjc1lHOhD
去年の勝ちが決してフロックじゃないって事をしっかり明したね〜。上も渾身の騎乗だった
👍
高評価
3
👎
低評価
1
62 ななしのよっしん
2024/04/14(日) 12:43:43 ID: ibv4Sb/qyp
ジョッキーカメラでビレッジイーグルに寄られた時の「おい、!」で不覚にも笑ってしまった
👍
高評価
3
👎
低評価
0
63 ななしのよっしん
2024/04/16(火) 15:33:17 ID: PcUvHOndTG
>>62
よし行け!だと思ってたわ
聞き返したらおい!だった
👍
高評価
4
👎
低評価
0
64 ななしのよっしん
2024/04/16(火) 17:47:31 ID: 3bnQtRcxB9
👍
高評価
4
👎
低評価
0
65 ななしのよっしん
2024/04/18(木) 23:16:43 ID: AsMVWrEA6I
せっかくなら佐賀九州グランプリに出てほしい気持ち
問題は中央が出られるとしても条件次第で出られないこと
👍
高評価
0
👎
低評価
0
66 ななしのよっしん
2024/05/10(金) 15:39:58 ID: DygnwOx48J
>>65 霧島賞のことなら理(中央2勝クラス条件、こいつ3勝クラス)
👍
高評価
1
👎
低評価
0
67 ななしのよっしん
2024/05/19(日) 05:47:33 ID: yjjpRHc0Bk
桜花賞のくだり追記されててワロタ
後輩ヨカヨカひまわり賞勝って桜花賞出走を果たしたのを含めて考えるとより味わい深い
👍
高評価
0
👎
低評価
0