インシテミル単語

インシテミル
1.4千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

警告
この先では、不穏当かつ非倫理的な出来事が発生し得ます。
それでも良いという方のみ、この先にお進みください。

概要

インシテミル』とは、米澤穂信による推理小説である。
いわゆる館モノであり、作者の代表作である『さよなら妖精』や『〈古典部〉シリーズ』とは趣を異にする。
このミステリーがすごい!2008年版第10位、「本格ミステリ・ベスト102008年版第4位。
2010年に『インシテミル 7日間のデスゲーム』として映画化。

ハードカバー版は2007年8月発売。
価格を抑えるために、表の三色刷りや厚を抑えるなどの工夫がなされており、原稿用1000にしてその価格1600円(税別)はマジックとも。

現在文庫化され、文文庫より発売中。 

あらすじ

実験の被験者」になるだけで破格の時給がもらえる人に応募した十二人の男女
とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕した。それは「多くの報酬を得るために参加者同士が殺し合う犯人当てゲーム」だった。
七日間黙っていても時給は発生するので、殺し合いをする理はないと参加者たちは結論付けるが、一人の犠牲者が出てしまう……。 

モニター募集

映画版

2010年10月16日開。ホリプロ50周年記念作品。監督は『リング』の中田秀夫。演は藤原竜也綾瀬はるか
究極の心理戦」をキャッチコピーに、キャストで大々的に宣伝された。しかし……。

というように、ミステリ要素や心理戦要素がどこにも見当たらないパニックホラー映画となってしまった。

原作ファンはもちろん、映画ファンからの評判もあまり良くなく、各映画レビューサイトでは評価が軒並み低い。そのため、映画版は「駄作」「地雷」扱いされている。原作者のブログでも映画版の話題は一切触れられていない。

バトル・ロワイアル』や『カイジ』で有名な、藤原竜也オーバーアクションは本作でも遺憾なく発揮されているので、それを見たい方はどうぞ。ただし、重な107分を駄にするかもしれないが…。

暗鬼館への招待状

単行本の発売に合わせて配られたフリーペーパー
12店舗で配布され、全部で4種類の書き下ろし小説が1つずつ掲載されている。
編のタイトルはそれぞれ、
・殴殺
・撃殺
刺殺

となっていて、実験に使用するための器を選ぶ様子が描かれている。

関連商品

原作

映画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

インシテミル

49 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 01:45:21 ID: oS4S3lgMpE
普通に面かったけどな
👍
高評価
1
👎
低評価
0
50 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 01:47:24 ID: pTnXmGwQY+
最近は、普通に面白いって言葉すら揚げ足とったりつもりでバカにするいるから
個人的な感想をちゃんと書いとくとええで
👍
高評価
1
👎
低評価
0
51 ななしのよっしん
2017/10/21(土) 13:52:19 ID: 52KfJ2SAfx
>>48
wowowで今やってたから見たけど酷かったよ
原作きなことすら知らなかったけどケータイ小説かなんかを映画化したのかと思ったくらい
元は面いらしいってきいて余計になんじゃこれ状態
👍
高評価
0
👎
低評価
0
52 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 20:51:11 ID: kp4pIG03NO
初めて真剣に読んだミステリーがこれだったけど、衝撃的だった
後で映画も観てみたけど、終始ポカーン状態
👍
高評価
0
👎
低評価
0
53 ななしのよっしん
2019/08/03(土) 07:48:45 ID: glrJjWtuSE
木は、他殺体を見るのは初めてじゃないとの事だけど、その中で最低でも一度は自ら殺人に手を染めた経験があるんだろうと思う

岩井は、その因果の連鎖に巻き込まれてしまったから、エピローグの後で轢殺されるんだろうと…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
54 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 23:58:46 ID: FDXO6b4sOO
最近読んだんだが、エピローグであの人がナイフを持ち出したのって何だったのかな?
最初は自殺の為かと思ったけど自殺ナイフってあまり使わないし、参加者のかを恨んだりもしてないだろうから殺しに行ったとも考えにくい
かといって『機関』への報復にナイフ1本で乗り込むのも謀過ぎるから、バイトとは関係の「大が必要な理由」関連かな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
55 ななしのよっしん
2022/12/22(木) 16:31:34 ID: 6GYO1CBwXC
原作を知らずに、映画を見た感想
カイジくんがまた騙されてクソゲーに参加してる……
ミステリー? そんなものはなかった
って感じ、たぶん映画作った人もそれくらいしか考えてなさそう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
56 ななしのよっしん
2023/02/22(水) 18:24:59 ID: FDXO6b4sOO
映画を楽しみたいなら「原作ミステリー小説である」ということを全に忘れるのが吉
シークレットゲームみたいなデスゲームものとして見るべき
👍
高評価
1
👎
低評価
0
57 ななしのよっしん
2023/09/01(金) 17:10:01 ID: FzDHR2T/+H
ある意味いちばん重たいのは渕さん(原作版)。
物語の結末が、ではなくて

隠し通路探し(2日めに手分けして探してた)、
おもちゃ開示
間巡回






ここの項の冒頭(原作小説で出てくる警告文)、項付随の掲示板を見た後だと全く別の意味に見えてくるので笑えない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
58 ななしのよっしん
2023/09/01(金) 17:19:58 ID: FzDHR2T/+H
>>53

木は別件(実験)の参加者か警察署勤務(『元』かも・仕事中とは限らない)のどちらかだと思ってた。
👍
高評価
0
👎
低評価
0