インドメタシン単語

インドメタシン
医学記事 ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

インドメタシン(Indometacin)とは、抗炎症である。ゲームポケモンシリーズアイテムとしても知られる。

概要

有機化合物
インドメタシン
インドメタシンの構造式
基本情報
英名 Indometacin
化学 C19H16ClNO4
分子量 357.79
テンプレートボックス

インドメタシンは、NSAID非ステロイド性抗炎症薬)であり、インドール誘導体の一つである。NSAIDsに共通する作用として、抗炎症作用、解熱作用、鎮痛作用がある。

NSAIDsは、アラキドンカスケードに係わる酵素シクロオキシゲナーゼ(COX)を競合的に阻する。アラキドンカスケードとは、脂肪酸のアラキドンをもとに、プロタグランジンE2などの炎症を惹起する生理活性物質を合成する代謝経路。この反応を抑えることで、抗炎症作用などを示す。

インドメタシンは、関節リウマチなどの炎症性疾患、変形性関節症、痛風、術後の炎症などに使用される。また、販の湿布や塗りにも配合されている。副作用として、強い消化管障、造血障などがあるため、消化性潰瘍、血液の異常、肝障、腎障などをもつ患者への投与は禁忌。また、以前にNSAIDsを投与して気管支喘息を発症したことのある患者や、インドメタシンに対し過敏症の既往歴のある患者への投与も禁忌。副作用低減のため、インドメタシンファルネシル、アセメシンなどのプロドラッグ(体内でインドメタシンに変換される物)も開発されている。

アメリカメルク社(別名はMSDで、ドイツの製企業メルク社とはルーツを同じくする別企業)により開発され、1963年にインドメタシンの名称とともに有用性が広く表された。

インドに関連していそうな名前だが、化学構造にインドール環を含むための名称と考えられ[1]インドはほぼ関係ない。だがインドールの名前の由来となった染料のインディゴ、そしてそのインディゴの名の由来まで遡れば一応インドに行きつく。

アイテム

インドメタシンは、ゲームポケモンシリーズでは栄養ドリンクドーピングアイテム)として登場する。ポケモンステータスの一つ、「すばやさ(素さ)」の基礎ポイント努力値)を10上げる効果があり、なつき度も上昇する。ただし、「すばやさ」の基礎ポイント100えているか、基礎ポイントの合計が上限の510に達している場合、使うことができない(第三世代以降[2])。値段は9,800円(第七世代では10,000円)と高価だが、簡単にポケモンを強化できるアイテムとして重宝される。また、ゲームポケモン不思議のダンジョンシリーズにもアイテムとして登場する。「すばやさ」を上げるほか、「おなか(満腹度)」を回復させる効果がある。

英語版の『ポケモンシリーズでは、このアイテムにCarbos炭水化物)という名称が充てられている。ほかのいくつかの諸外国語版でも、炭素ないし炭水化物を意味するが充てられているが、韓国語版ではアルカロイド(多くは植物由来の基性物質のこと)、中国語版ではそのまま速度増強剤と呼ばれている。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *インドとインドメタシンのどうでもいい話 - 有機化学美術館・分館exit
  2. *第一世代では、「すばやさ」の基礎ポイントを2,560上昇させ、第二世代ではさらになつき度も上げる。第一世代と第二世代では、「すばやさ」の基礎ポイント25,600をえている場合、使うことができない。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

インドメタシン

1 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 09:05:55 ID: Mtj/X4A2lV
第七世代でSの個体値をおうかんでV相当にできるので
Sにも努力値を振るようになった。