インド映画単語

インドエイガ

インド映画とは、インド製作された映画である。 

概要

かつてイギリス植民地だったからか、インドでは他で類をみないほど積極的に映画制作される傾向にある。また後述のようにインドは多民族・多言・多宗教国家であるため、インド映画は言葉が分からなくても楽しめる作品が多い。

インドは多民族・多言・多宗教国家である。そのため、映画に用いられる言で分類されており、ヒンディー語(Hindi)・タミル語(Tamil)・テルグ語(Telugu)・カンダナ(Kannada)の4言で大別される。日本ではタミル語映画である『ムトゥ 踊るマハラジャ』が、ニコニコ動画では「ゴリマー!」で知られるテルグ語映画ダンスシーンがよく知られている。
この4つ以外にもマラヤーラム(Malayalam)映画といった較的マイナーな言映画もあり、それぞれの地方ごとに吹き替え版やリメイク版が制作される事もしくない。更にドキュメンタリーミニシアター向けや自主制作TV向けやビデオソフト専用タイトル映画でやってしまうのでインドでの映画の年間製作本数は膨大、映画館数も多いのでインド映画とも言えるだろう。あまりにも多いので州によっては多言版の上映館数規制が敷かれたり、人気がないと何年経ってもソフト化されない作品もしくなかったりする。

内容

インドは多民族・多言・多宗教国家である。よって民族・言宗教ネタは通じない恐れがあるため、恋愛・悲劇・笑い・活劇等の言葉が通じなくとも分かりやすい娯楽要素を一本の作品内に圧縮したスタイル映画が多く、それらをして「マサラ(混ぜた)ムービー」とも言う。
つまり、インド映画では見たの分かりやすさを重視している。手で奢な衣装広大なロケ地やセット、雰囲気たっぷりの楽曲や大量のバックダンサー、美男美女といったものも全ては分かりやすさのためであるが、そのしわよせがストーリー面に現れることもしくなく、脚本視の荒唐稽・支離滅裂な展開になったり褄合わせのためにご都合主義丸出しで理矢理ハッピーエンドにしたりすることも多い。

インドは多民族・多言・多宗教国家である。ゆえにそれらが通じずとも楽しめるダンスミュージカルシーンインドでは定番となっている。ダンスシーン抜きで映画を作ろうとしても、上述事情のためにスポンサーが難色を示すことが多いらしい。故にインド映画しか放映されない地域に海外人間が赴くと、毎日TVで放映されるマサラムービーに飽きる、もしくは嫌う人間もいるようである。

インド映画産業

インド映画としては、インド随一の経済都市ムンバイ映画会社が製作するヒンディー(Hindi)映画・通称ボリウッド(Bollywoodボンベ イとハリウッドの合成)が世界的に知られている。あまりにもボリウッドの名が知られているため「インド映画産業(the Indian film industry)」と呼んで欲しいとするインド映画関係者も少なくないようだが、映画会社側もあえてボリウッドと表記し宣伝している為、「ヒンディー語映画=ボリウッド」というのは変わらなさそう。

近年インド移民と在外インド人の増加と最近のインド経済発展により、これまでの流だった「ただのマサラムービー」の他に都市部の若者向けや新中間層に向けた色々なテーマ・題材(人種社会制度・宗教風俗タブー等)を扱った作品やダンスシーンが全くい作品、アンハッピーエンドの作品や海外市場を意識した作品も作られるようになってきている。マルチレックス方式のシネコンが増えてきているのもその一因か。『Roadside Romeo (2008)』でのディズニー社や『Chandni Chowk To China (2009)』でのワーナー社のようにハリウッド映画会社との共同制作された作品や『Dhoom (2004)』『Kambakkht Ishq (2009)』『Blue (2009)』『Hisss (2010)』のようにハリウッド海外俳優アーチスト、人材・スタッフを招聘して制作された作品も出てきている。論、その一方でこれまでのマサラムービーにした作品も数多く製作されている。

余談

インド映画に日本舞台になったり日本人が出演することはあまりないが、ハリウッド等の海外映画と同じくらいの頻度と誤解をもった相撲、芸者、空手忍者漢字のようなもの等が出てくる事はある。中国との区別はあんまりついてないっぽい。

時として日本を題材・舞台にして映画制作することもある。楽曲でも『Shri 420 (1955)』に『Mera joota hai japani (私の靴は日本製)』という題名の曲があったり、下記関連動画Love in Tokyo』の他にも『Japanil Kalyanaraman (1984)』『Aye Meri Bekhudi (ボンベイToナゴヤ (1993))』、06年に『Love in Japan』『SAKURA』などが制作されている。また日本人女優が出演した『The Japanese Wife (2010)』なんて映画もあったりする。でも、中国との区別はあんまりついてないっぽい。

ムトゥ』以降日本ではインド映画は長く冷遇されてはいたが、最近になって僅かではあるが日本ソフトリリースされたり第2回沖縄映画祭で『Rab Ne Bana Di Jodi (2008)』が外国語映画部門で大賞を受賞したりと状況は変わってきているようだ。

さらに2010年代には『きっと、うまくいく』『PK』『バーフバリ 伝説誕生/王の凱旋』などが内でも高い評価を得て小規模ながら劇場開されたりしている。SNSの普及と共にインド映画を知る手段も年々増えつつあるので、興味が湧いたら是非DVDレンタルしてみよう。

関連動画

・ヒンディ(ボリウッド)映画
     
 
 
 
 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E6%98%A0%E7%94%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

インド映画

36 ななしのよっしん
2017/06/24(土) 19:20:24 ID: mVCUuZprQU
ここの記事、すげーいいな。なんというかインド映画ポイントがよく抑えられている。執筆者に敬意を評したい。
37 ななしのよっしん
2017/08/19(土) 14:16:58 ID: YNjIcLg/Ko
ヒンドゥーの倫理観で、一般向け映画におけてはキスすらご法度だから、
男女体的・精的交わりをしいダンスで表現してるんだよな
少しずつそのレーティングに挑戦する作品も出てきてるが

規制的に「やっちゃいけないこと」と、
客ウケ的に「やらなければいけないこと」を踏まえて、
製作役者の「やりたいこと」をてんこ盛りにする姿は、
1960年くらいまでのチャンバラ映画全盛期に似てるかもしれない
38 ななしのよっしん
2018/01/01(月) 12:06:31 ID: hDnAkAqM2a
ラークマール・ヒラ監督
39 ななしのよっしん
2018/02/21(水) 14:25:42 ID: hSbuH2iBzh
バーフバリの1作見たけど、インド映画凄いな…
何というか1クールドラマを2時間半でめた濃厚さなんだけど、眠くならずにサラッと見れてしまう魔があるわ。
40 ななしのよっしん
2018/03/11(日) 19:35:30 ID: oYV1WVLim+
バーフバリはインド映画におけるひとつの節になる映画だな。
あの様式美を詰め込んだエンタメ映像義は、グレンラガンに近いものを感じる
41 ななしのよっしん
2018/04/18(水) 22:31:27 ID: fO7QbLm9Wf
きっと、うまくいく名作過ぎてほんと凄い、インド映画のおバカさを感じさせるノリの一方で容赦のないシリアスも突っ込んでくる
物語自体も中盤で一度大きなどんでん返しがあってそこからの終盤への畳みかけ、爽やか感動のラスト、もう

間違いなくインド映画ナンバー1だと思う
42 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 09:33:53 ID: hSbuH2iBzh
近所のコロナバーフバリやってくれて、ホント嬉しかった。
来週からはダンガルやるし、内でもインド映画の需要増えて欲しいところ
43 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 00:35:26 ID: yp0dvfcAg5
きっと、うまくいくロボットは観た。
それ以外TSUTAYAにあるのかさえ怪しいんだよなぁ・・・。

あと、ハリウッドでも活躍してる
デーヴパテールの存在くらいしか分からない。
44 ななしのよっしん
2019/06/09(日) 20:16:50 ID: 3wPw5/Pgby
バーフバリは前半が肌に合わなすぎて、「こんなのが高評価ってなんかの間違いじゃ…」なんて思いかけた
回想部分に入ってから全部メタクソおもろいでやんのよ
先代の話を全部1でやって2で現在の話すればええやん、ともなったけど
音楽もすげえけど何つっても役者が凄まじさかったね
45 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 23:41:04 ID: JWPf333wU3
グラブルでちょっと前にインド映画パロディやってたなw
基本的に馬鹿馬鹿しくて腹筋に悪いコメディなんだが、意外とストーリーや設定自体は重めだったし迷言も多いが名言も多かった
そういうところも含めてインド映画らしいなと思ったし、ギャグシリアスミックスが上手いのは流石いつものグラブル