インブリード単語

インブリード
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

インブリードとは

  1. 近親交配全般のこと、血縁関係がある者同士を掛け合わせること。
  2. 競馬において血縁関係があるサラブレッド同士を交配する近親交配のこと、クロスとも呼ばれる。特に子供から数えて5代前までにが共通の祖先を持つ交配のことをすことが多い。対義アウトブリード。

ここでは2について解説する。

概要

サラブレッド歴史は「良質な遺伝子の継承」の歴史であることから、優れた遺伝子を持つの子孫同士との交配は古くから行われており、近親交配とは切っても切れない関係がある。何せ良質な遺伝子を残すためには少しでも競走実績や見せたパフォーマンスが良いや産駒がよく走る、すなわち優秀な遺伝子を持つと考えられる種に多くの良質な繁殖があてがわれるというのは今も昔も変わらないのである。その結果、同じや祖、曾祖系を持ったが量産され、そういった同士が交配されるという歴史競馬は歩んできた。その為、競馬明期から現代に至るまでインブリードは競馬の最も基本的な血統理論の一つであり、世界中の生産界で日常的に行われている。

その効果と原理

よくインブリードは「共通の祖先の遺伝子的特性をより引き立たせる」「突然変異が起きやすくなる」「が虚弱になりやすい」など様々な説明がなされているが、「どうして?」と聞かれると回答に困ってしまうこともあるだろう。

中学高校生物の授業を受けていた人は「優性遺伝子」や「劣性遺伝子」という言葉を聞いたことはないだろうか。遺伝子を持つ生物は両親から要素ごとに1つずつ遺伝子を受け取るのだが、その遺伝子には発現しやすい「優性遺伝子」と、発現しにくい「劣性遺伝子」が存在している。仮に優性遺伝子と劣性遺伝子が遺伝した要素がある場合、例外なく優性遺伝子の方が発現する。これがかの有名なメンデルの優性の法則である。

その為、劣性遺伝子は遺伝子情報として継承こそされるが発現することは非常に稀である。ではその劣性遺伝子を高い確率で発現させるにはどうすればいいのか。答えは簡単。特定の要素において同じ劣性遺伝子以外を遺伝しないように交配を誘導すればいいのである。近親同士であれば共通の祖先から同じ要素に関する劣性遺伝子を受け継いでいる可性が高いため、その近親同士で交配をすればそこから誕生する子供にはある要素において同じ劣性遺伝子のみが遺伝され、その要素において特定の劣性遺伝子が発現する可性が高くなる。そしてスピードやスタミナ、や勝負根性を大きく向上させる劣性遺伝子を近親交配によって発現させる可性を高めようというのがインブリードの的であり、その結果として共通の祖先の優れた劣性遺伝子が発現したり、今まで発現しなかった劣性遺伝子が発現し突然変異を起こしたりするというわけである。

しかし、劣性遺伝子は発現しにくいため、発現すると子孫繁栄に不利益をもたらす遺伝子が自然淘汰されず継承されやすいという大きな欠点がある。これがインブリードによって発現すると虚弱体質になったり気性が荒くなったり繁殖として受胎率が低下するなどの悪影が生じるというわけである。 さらに、ここまでの劣性遺伝に関する話を聞けばわかるかもしれないが、仮に競走を大きく向上させる劣性遺伝子が発現し、競走馬としてかしい成績を残したとしても、そのを裏付ける遺伝子は劣性遺伝子である為、子孫にそのが遺伝しにくくなるという欠点も存在する。

つまりどういうことなのよ

簡単に説明するとこういう解釈で問題ない。

的と効果

  • 普段は発現しにくい劣性遺伝子を近親交配で発現しやすくする。

メリット

  • 優れた劣性遺伝子が発現することで競走の向上が狙える。

デメリット

  • 身体面や繫殖面で不利益をもたらす劣性遺伝子が発現しやすくなる。
  • 子孫に受け継がれる遺伝子も劣性になるから子孫に競走が伝わりにくい。

具体例:スペシャルウィーク×ビワハイジの交配

スペシャルウィーク
1995 鹿
サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
キャンペンガール
1987 鹿
マルゼンスキー Nijinsky II
シル
レディーシラオキ セントクレスピン
ミスアシヤガワ
ビワハイジ
1993 鹿
Caerleon
1980 鹿
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer Round Table
Regal Gleam
アグサン
1985 
Lord Gayle Sir Gayload
Sticky Case
Santa Luciana Luciano
Suleika

この血統表を見るとスペシャルウィークの祖ビワハイジの祖が共通の祖先であるNijinskyⅡである。

NijinskyⅡが何らかの優性遺伝子Aとスピードを大きく向上させる劣性遺伝子Bを持っていると仮定する。スペシャルウィークであるマルゼンスキーには50%確率で劣性遺伝子Bを遺伝し、更にスペシャルウィークキャンペンガールには25スペシャルウィーク自身には12.5確率で劣性遺伝子Bが遺伝。ビワハイジCaerleonには50%、そのであるビワハイジには25確率で劣性遺伝子B<が遺伝する。

その結果、スペシャルウィークビワハイジとの間に生まれたは約0.78確率で劣性遺伝子Bが双方から遺伝して、遂にスピードを大きく向上させる劣性遺伝子Bが発現するということになるのである。

インブリードに関する用語

(馬名)の〇×〇のインブリード

交配におけるインブリードの濃さをすときの一般的表記、(名)の所には同一の祖先になっているの名前が、〇の部分には子供から数えて同一の祖先に至るまで世代を遡った回数と同一の数値が入る。例えば先程例に挙げたスペシャルウィーク×ビワハイジの配合で2006年に誕生したブエナビスタの祖(4代前)、そしての祖(3代前)が同じNijinskyⅡなので「NijinskyⅡ4×3のインブリード」と表記する。

数値を入れる順番に関しては基本的に血統表の上から順番、つまり方へ遡った回数を先に入れるのが通例である。

奇跡の血量

共通の祖先の血量が18.75になるインブリードのことをす。競走馬の血を構成する血量は2代前なら各25、3代前なら各12.5、4代前なら各6.25となるので18.75のインブリードで最も多いのは3×4または4×3のインブリードである。(3×5×5や4×4×4などといった組み合わせでの奇跡の血量も少数ながら存在している)

この血量を持つに名が多いことからこのインブリードは世界中に広まり、未だに生産界でも意識されるほどの影を有するが、実は科学的根拠には乏しい。日本ではThe Tetrarch3×4のインブリードを持ち「幻の」とも呼ばれたトキノミノル日本ダービーを制した1951年に広く認知されるようになったとされている。トウショウボーイHyperionの3×4)や先程例に挙げたブエナビスタNijinskyⅡの4×3)やオルフェーヴルノーザンテースト3×4)、FrankelNorthern Dancerの3×4)といった歴史に残る名達もこの血量を持っている。

またこれ以上濃いインブリードは体質面へのリスクが大きいともいわれており、しばしば危険なインブリードの界線としても使われるが、これも科学的根拠には乏しい。

アウトブリード

インブリードの対義、異系交配とも言う。競馬においては5代前までに同一の祖先が存在しない交配のことをす。もっとも、サラブレッドの成り立ちや性質上全に血縁関係がないということはないのだが、較的に血量の偏りが少なく多様な遺伝子を取り込めることから体質を弱くしてしまう劣性遺伝子などが発現する確率は低く、丈夫なが誕生しやすいといわれている。

代表的な濃いインブリードの馬

Coronation V(コロネーション)

伝説的生産者にしてインブリード生産者の大家マルセル・ブサックの狂気の極致ともいえるTourbillonの2×2(血量50%)という狂気のインブリード。競走馬としては凱旋門賞を制すなど々しい活躍を見せたが、あまりに濃いインブリードにし過ぎたためか気性難、大幅な受胎率低下を招く。特に受胎率の低さは彼女の晩年に暗い影を落とし、牧場を追われ消息不明という悲しい最期を迎えた。

詳しくは当該記事を参照

Flying Fox(フライングフォックス)

Galopin(ガロビン)の2×3、Vedetteの3×4×5、Stockwellの5×5という非常に濃いクロスを含む複数のインブリード。但しこのインブリードは狙ったものではなく、の気性が非常に荒かったために他所有者の種を傷つけてしまうのを恐れて仕方なく自と配合したものとされる。気性は非常に荒かったが体質面の問題もなく英国三冠を達成した名。種としても大成功し、米国三冠馬Gallant Fox世界中その系を広げたLa Troienneが直系子孫におり、現代の競馬にも影を与えている。

詳しくは当該記事を参照

エルコンドルパサー

Northern Dancerの3×4、Native Dancerの4×5、Specialの4×4という「クロスの宝庫」、「リアルダビスタ」とも評される血統を持つ。競走馬としても種としても非常に優秀であったが7歳の若さ折。

詳しくは当該記事を参照

Enable(エネイブル)

最近までヨーロッパ最強として君臨していた歴史的名であるが。Sadler's Wellsの2×3、Nearcticの4×5×5、Hail to Reasonの5×5という非常に濃いクロスを含む複数のインブリードの競走馬という一面も持つ。

詳しくは当該記事を参照

ラムタラ

Northern Dancerの2×4というインブリード。競走馬としてはわずか4戦でイギリスダービーキングジョージ凱旋門賞を制した歴史的名であるが、種としてはノーザンダンサー系の流行が去った後の日本に輸入されたことから過度なインブリードを忌避され良質な繫殖相手が集まらず大失敗に終わった。日本におけるインブリードの影失敗したの代表格。

詳しくは当該記事を参照

創作作品におけるインブリード

ダービースタリオンシリーズ

インブリードをるうえで外せないのはダービースタリオンであろう。特にダービースタリオン3においてはインブリードの効果が加算式であったために多重にインブリードを掛けることでインブリードによる補正を何回も発生させることができた。さらにインブリードのデメリットである体質の悪化もBCにおいては関係ないし、気性難も去勢すれば善できるし、配合によってはメリットとして歓迎されてしまう始末であった。その為当時のダビスタ廃人たちはこぞって現実世界では考えられない多重かつ強なインブリードを行った(通称:外道配合)

それ以降の作品ではインブリードの調整や面い配合等の強な新配合理論の登場により異常な近親交配はそこまで見られなくなった。 

ウイニングポストシリーズ

ウイニングポストシリーズでもインブリードは配合理論として登場する。しかしダビスタ程対人戦が盛んでないこと、ダビスタのように現実ではありえないような近親交配は出来ないこと、異系配合の配合理論(に血脈活性化配合やメールライン活性配合)が強なこと、インブリードのデメリットダビスタ以上に大きい(特に成長や競走寿命の低下が大きい)等の理由で最強生産の際にはあまり使われない。

関連動画

インブリードに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

インブリードに関するニコニコ静画イラストマンガを紹介してください。

関連商品

インブリードに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

インブリード

1 ななしのよっしん
2021/03/01(月) 22:15:37 ID: lJYVSLyiOt
具体例のところ、Nijinskyは遺伝子ペアABを持っている(発現する形質は優勢のA)と仮定してるけど、BBを使えれば確率は4倍になるよね

実績ある競走馬を親にする理由は、そのの形質を引き継ぎたいからで、Nijinskyから引き継がせたい形質は既に発現済みのもの、つまりBBとするのが自然ではないかな

それでも「奇跡の血量」で親と同じ形質が発現する可性って3%しかないのか……と少し驚く

おすすめトレンド