イヴェルカーナ単語

イヴェルカーナ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

イヴェルカーナとは、『モンスターハンターシリーズに登場するモンスターである。

概要

モンスターハンターワールド:アイスボーン』(以下MHW:I)にて初登場した古の1体で、本作のメインモンスターを務めパッケージを飾っている。

全身をく甲殻が身を包み、その上から霜の様な氷をモンスタークシャルダオラとほぼ同じ格と頭身で、複数のが冠の様に頭部を飾り、首からはと交差する様に1対の突起が生えている。長くしなやかな尻尾の先端は鋭利な状になっているのが特徴。
としてので冷気を自在に操り万物を凍てつかせる古とされている。別名(ひょうりゅう)。
大陸北西の近で発見された陸地に存在する寒冷地「渡りの凍て地」を根にしている。

MHW:Iの物語は新大陸の調を続行したプレイヤーがある日、受付嬢と共に古代の異変調に出かけ、そこで新大陸からの彼方へ渡るレイギエナの群れと、その中を飛び回る飛竜(後にイヴェルカーナと判明)を発見。彼らの行く先に新たな影を確認する所から始まる。

レイギエナが「珊瑚の台地」を遠く離れるという事態は過去に例がく、調団はその異変の原因を調べるべく「渡りの凍て地」を調を開始、その過程で伝承にのみ存在が記されたイヴェルカーナと相対する事になる。イヴェルカーナの行動は後に新大陸に生きるもの全てを巻き込んだ生存競争へと発展していく。

存在自体が災と表現される古の例に漏れずその冷気を操るは強大で、イヴェルカーナが居座るだけでその地は寒冷化していき、極低温のブレスは小モンスターなら時に氷像にしてしまう程である。

イヴェルカーナが作り出す氷の正体は所謂「過冷却」であり、体からい甲殻部分に向かって染み出た過冷却凍結するする事で氷をっている。また、ブレスにも過冷却が含まれており、後述のブレス攻撃から発生する氷も過冷却凍結した物であるとされている。
その過冷却を制御する維持の為に「結晶の地」を訪れることがあり、かの地を流れる溶岩を身体に塗り付け急速冷却する事で甲殻と一体化させる習性を持つ。イヴェルカーナの体表のく甲殻はこの習性で付いた鉱石であり、イヴェルカーナの巣に屹立する似たような色合いの岩も同じ物質で出来ている。

戦闘ではブレスメインに鋭利な尻尾による近接攻撃をサブに戦うが、自身の冷気で体表に氷のを身にう「い状態」になると段階的に戦闘力が増し、特にブレスやそこから生する技の威や範囲が強化されていく。「い状態」は最大になるとその冷気でフィールド全体が少しみがかる演出がある。
レスバリエーションは非常に豊富で、直線や横なぎは論のこと、地面に放てば凍結させ、上を歩いたハンターの動きを鈍くしたり、氷柱の波濤や波紋を発生させる。
また、フィールドの地面や中に冷気をったを発生させ、それにブレスが当たると地面からは氷のがそそり立ち、中からは氷の塊が降り注ぐ。地面から生えた氷のは障物として機するが、武器やスリンガー松明弾の攻撃によって折れた氷柱ジャンプ用の足場として利用でき、較的武器を選ばずどこでもジャンプ攻撃が可になっている。

尻尾による攻撃はブレスべてバリエーションこそ少ないが、尻尾だけで胴体の全長をえる為非常に射程が長く極めて正確に狙った突きを連続で繰り出す。射程を短くしようと尻尾を部位破壊しても、切断された部分を氷の結晶で補ってしまうので射程はほとんど変わらない。ちなみに尻尾を部位破壊すると鋭い先端部分がり落とされてディノバルド尻尾の様に地面に突き立って残る。
テオ・テスカトルの「スーパーノヴァ」の様な必殺技アブリュートゼロ」を持ち、周囲に極低温ブレスを撒き散らしながら飛び上がった後、地面に向かってブレスを吐き続けることで最大範囲の氷柱波紋を発生させ、全ての冷気を解放して「い状態」を解除する。「スーパーノヴァ」と違い本体にクラッチクローでしがみつけば至近距離でも回避出来る(その場合スタミナ勝負になるが)。前述の回避方法も含めてクラッチクローを用いた戦術に対して較的優しく調整されている節があり、ブレス中の頭部にしがみついてもダメージを受けずにしがみつき続けることができる為、傷つけやぶっ飛ばしが容易になっている。

装備

イヴェルカーナの素材から作れる防具はその姿を反映し、霜が降りたようなキラキラレースや精緻な装飾の施されたい甲冑()とドレス)になっている。また、オトモ装備はほぼ正統派西洋甲冑の様なデザインである。
ハンターの頭防具は冠の様になっており、ハンターオトモの装備をえるとさしずめ氷のの王と女王、そしてそれを守護する騎士といった装いとなる。

武器はベリオロスクシャルダオラの武器と違い会心率は0%だが、氷属性と基本攻撃が高い準でまとまっており、スロット【4】が付いているので高性スキルを積みやすく、によるれ味上昇分は全てゲージであるのが特徴。

防具の「ラヴィーナシリーズシリーズスキル」は装備部位の数に応じて「会心撃【属性」(2部位)と、う氷が強化される毎に戦闘力を増していくイヴェルカーナをイメージした「気錬成」(4部位)が発動する。「気錬成」は納中に専用ゲージがチャージされ、その分武器の攻撃が上昇し、武器攻撃がヒットする度にゲージが減少していく。
更に「術【技】」を筆頭に大剣と相性の良いスキルっており、特に大剣の抜会心りをとする戦術で価を発揮する。『モンスターハンター:ワールド』では・溜めの影に隠れがちだった戦術だが、この装備により十分として活躍出来るレベルとなった。
その他、イヴェルカーナ初討伐時の段階では「EXラヴィーナα」のみが保有するスキル災禍転福」は、状態異常を解除した時に一定時アップする。見たに違わず火属性の耐性が低い為、多少対策はしておいた方が良いが、火属性やられを前転で消火しても「災禍転福」は発動出来る。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イヴェルカーナ

1 削除しました
削除しました ID: 0hexXili4j
削除しました
2 ななしのよっしん
2019/11/12(火) 21:36:19 ID: S2cND06JiF
ラギアクルス二世
3 ななしのよっしん
2019/11/13(水) 12:12:08 ID: sKOLGnF84a
PV出た時点ではクシャ並みの遅延行為の達人かと勝手に危惧してた
正直カーナ様にはすまんかったと思っている
4 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 00:17:03 ID: d2ubv3NbWG
ラヴィーナシリーズの色を系に変更すると、
如何にも「魔王」といった印に。

急上昇ワード

2019/12/11(水)09時更新