ウィンストン・チャーチル単語

ウィンストンチャーチル
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ウィンストン・チャーチル(1874~1965)とは、大英帝国政治家のひとりである。正式な名前はサー・ウィントンレナードスペンサーチャーチル政治家であると同時に作家としても頭を現した稀有な人物である。また、画としての才も持ち得ていた。

概要

植民地戦争の従軍記者戦闘も自分で行ったことがある)から政治家に転身、第一次世界大戦においての海軍大臣、第二次世界大戦においての海軍大臣・首相を務めるなど、とにかく戦争の時代における政治家としての活動がに付く人物である。

第一次世界大戦時に「塹壕の間の90m~180mおよび条網を突破するために、農業トラクターに防弾鋼機関銃を搭載した兵器が有効である」と提案したのが彼であり、このアイデア現在まで「戦車」と呼ばれる兵器となった。この世界大戦は、現代戦と近代戦の転換点且つ、全欧州を焦土にしてしまった戦争であり、戦後チャーチルは「戦争からきらめきと魔術的な美が奪い取られてしまった。人類は自らを絶滅させることの出来る具を手に入れた」と彼らしい言葉で評している。

この大戦でチャーチルは対オスマン帝国ガリポリ上陸作戦失敗の責任を取り海軍大臣を辞任している。敗北の原因の一つはオスマン帝国側で当時名だったムスタファ・ケマル、後にトルコ共和国を建し初代大統領となるケマル・アタテュルクが大活躍した事だった。

第二次世界大戦において、彼が最も衝撃を受けた時、それは戦艦プリンス・オブ・ウェールズを中核とする東洋艦隊が日本海軍航空隊(一式陸攻など)によって撃滅された時であったという。

彼は本大戦中ドイツとの戦いを強に推し進める一方、自身が強な反共義者であることもあってソ連の動きを警し、事前に勢確保のための裏取引(バルカン取引)をモスクワで行い、その一方でポーランド戦後処理についてはスターリンとまっこうから対立した。「大掃除にはもう少し時間がかかるが、ドイツはもはや負けだ。これからの問題はソ連だ。口をすっぱくして説明しても、アメリカ人にはこのことがわかってもらえないのだ

戦後1946年チャーチルは「バルトのシュテッテンからアドリア海のトリエステまで、カーテンが下ろされた」という演説を行い、スターリンはこれに対して「チャーチル戦争屋だ、チャーチルとその友人不思議なほどヒトラー一味に似通っている」と猛然と反論する。冷戦構造の本格化を示す歴史的な一幕となった。

以上が戦争導者としてのチャーチルの大まかな一面。いっぽう文筆としては1953年に「第二次世界大戦回顧録」でノーベル文学賞を受賞。このほか、英国プロパガンダを「こんなものをプロパガンダと呼んでいるのか」と馬鹿にしていたドイツの宣伝相ゲッベルスからも「彼の文筆としての明らかだ」と戦争中に高い評価を受けているということも見逃せない。

彼と葉巻

大きい葉巻をくわえながらVサインをしている写真は特に有名であり、ロメオ・イ・フリスタロミオとジュリエット)、タバカレラ飲していた。彼が吸い始めたのは軍事顧問としてキューバに行ったときと言われている。

ダンヒルダビドフなどの高級たばこ店から購入しており、ドイツ軍爆撃を食らった時にダンヒルからは「あなたの葉巻大丈夫です」と電話が来るほどであった。

長さ178ミリ、直径18.65ミリ以上の葉巻チャーチルサイズと呼ばれている。

くわえているだけが大半であまり煙を吸わずに半分になったら消すという吸い方であった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウィンストン・チャーチル

80 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 17:30:24 ID: B8KdRfr10+
>>78
イギリス単独ではドイツには勝てても日本には勝てないからな
アメリカを連れてこない限り、連合日本を倒すことはできない
81 ななしのよっしん
2020/08/07(金) 19:36:52 ID: 49Wmi87M4k
>>80

毎回アメリカを敵にまわしたことが事が致命傷で敗戦するドイツ無能
82 ななしのよっしん
2020/08/26(水) 18:37:08 ID: f13KjLw5m1
短期的には戦時経済に移行遅れた分イギリスのが不利だが、消耗戦になったらドイツのほうが崩壊いんじゃね
独ソ開戦がなかったとしても拡大政策が行き詰まった時点で、拡大ありきで組まれてる国家の構造上ドイツは詰んでるはず
>>78 >>80
日本イギリスを攻撃した時点でアメリカがついてくる、即ちアメリカとの交戦抜きで日英が衝突することはないのだからその仮定は意味では…
83 ななしのよっしん
2020/12/18(金) 15:08:57 ID: 08S/3UhvCJ
>>82
言えてるね現実見直しましょう
84 ななしのよっしん
2020/12/18(金) 18:58:01 ID: 49Wmi87M4k
逆に考えるとあいつらを仲違いさせれば……
85 ななしのよっしん
2020/12/18(金) 20:15:55 ID: IECt+80IDw
アメリカの参戦や独ソ戦くても単独でイギリスドイツを押し返せたぞ

オーストラリアカナダインドアフリカからほぼ限に人的資の補給が出来るイギリスヨーロッパしかく略奪に頼った戦時経済ドイツじゃの差がありすぎる
86 ななしのよっしん
2021/01/02(土) 21:15:20 ID: DODOdpZJyv
自分も最初チャーチルに好意的だったけれど、A・C・ウェデマイヤー 著の「第二次大戦に勝者なし ウェデマイヤー回想録」、繁 著「そのとき、空母はいなかった」などの存在を知ってから見方が一変してしまった。
ここやニコニコを利用する人たち自体が読んでいないのかな。
とても今は好意的にはなれない。
87 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 05:26:47 ID: MRRzUup3XI
強硬なナショナリストかつ帝国論者ってのはみんな知ってる
でもそれだけじゃなくて共産主義はその理念ではなく革命闘争によって世を混乱に貶めるからという理由を胸に反共を唱えてたり大戦期の総力戦への移りを予見してたりって部分もあるし
清濁併せ持った人物だとは思ってる
88 ななしのよっしん
2021/02/08(月) 01:26:12 ID: xCAji2Dg1F
チャーチルはその頑固な政治思想よりも、軍事関連での門外ぶりとそのくせ介入したがりだったところがどうにもな。周りにいた軍人からの評は英問わず基本的に文句たらたらだし、そのへんの書籍を読んで好きから嫌いに印変わる人は多いと思う。
ただ、今でこそいろんな情報からドイツ相手に戦い続けるのは難しくなかったってわかるけど、ノルウェーで惨敗するわフランスは落ちるわで当時の絶望感はもう相当だったはずで。その中で折れずに徹底抗戦を貫き、かつ民の士気を維持し続けた功績はガリポリやその後の諸々を差し引いても偉大すぎる。
89 ななしのよっしん
2021/02/08(月) 01:51:59 ID: 49Wmi87M4k
プーチン「このハゲは実に尊敬するに値する立な男だ。」