ウィンブルドン単語

ウィンブルドン

ウィンブルドンとは、テニス聖地である。

イギリスロンドンの地名だが当地で開かれるウィンブルドン選手権をす場合が多い。本記事でもこの大会を中心に記載する。

概要

ウィンブルドン選手権はテニスの四大大会の一つである。会場はオールイングランドローンテニスアンド・クローケー・クラブ。だが長いからかオールイングランドクラブと略されてることが多いと思う。第1回が開かれたのは実に1877年。現存する中では一番歴史の長い大会であることからか、テニス界で最も権威のある大会として扱われることが多い。以下にあげるような伝統が存在する。

ロイヤルボックスへのお辞儀オールイングランド(略)クラブ会長であるケントの意向で2003年から原則止となったが、女王陛下とその家族に対しては現在継続されている。ミドルサンデーは1990年代以降、試合の消化状況によって何回か破れられている。これについてはロンドン名物ので日程が遅れがちなことを鑑みてセンターコートに開閉式の屋根を設置するなど、先進的なところを見せている。全体的には伝統を守りつつも少しずつ時代に合わせる努をしている様子。しかし一方でウェアについてはロンドン五輪会場として使われたときは各ナショナルカラーを特例として認めたが、近年のウィンブルドン選手権では過剰なまでに厳格化している。昔からの芝の大会を守っているのも伝統と言えるかもしれない。現代のツアーレベルで芝の大会はウィンブルドンとその前戦以外ど残っていない。

大会の特徴としては芝の特性(速くて弾みにくいといわれる)から以前はビッグサーバーとサーブ&ボレーが立つ大会だった。しかし近年は芝の品種変更や用具、技術の発展に伴いベースラインでのラリーが続くようになってきている。芝の禿げ方もベースライン付近がしくなっており、一部では大会終盤になるとどクレーと変わらないという冗談ともつかないも。また他のサーフェスべて滑りやすいため、フットワークが苦手な選手も散見される。による中断が非常に多く、それによって試合の流れが変わるのもよくあること。

際化と共に自イギリス人選手が勝てなくなったことで知られる(ウィンブルドン現という言葉まであるらしい)。男子の優勝は単複とも1930年代が最後だったが、2013年アンディ・マレーが久しぶりの地元優勝者となった。女子1977年バージニア・ウェードがシングルス最後の優勝となっているが、ダブルスの優勝はやはりオープン化前の1950年代まで遡る。現役に有な選手がいないという意味では女子の方が悲観的かもしれない。頑ローラ・ロブソン。実はミックスダブルスでは2007年ジェイミー・マレー(アンディ)がセルビアエレナ・ヤンコビッチと組んで優勝している。こちらは20年ぶりの快挙だった。

これまでの主なトピック

動画市場商品があるものは併せて紹介。

出来事
1877年 記念すべき第1回開催。はじめは男子シングルスのみだった。
1884年 女子シングルスと男子ダブルスが開催される。男子ダブルスは1879年から別会場で実施されていたものが大会公式競技に合流した形。また外国人選手の参加もこの年から始まった。
1886年 ウィリアムレンショー男子シングルス大会記録の6連覇を達成。当時はトーナメントの勝者がディフェンディング・チャンピオンと戦うチャレンジ方式が採られており、前年度優勝者はトーナメントを免除されていた。
1905年 女子シングルスでアメリカメイ・サットンが優勝。外国人選手の優勝は大会初。
1907年 男子シングルスでオーストラリアノーマンブルックスが優勝。男子シングルスでは初の外国人選手の優勝となった。
1913 女子ダブルスとミックスダブルスが公式に加わる。これまでは両部門とも大会非公式で実施されていた。
1915年~1918年 第1次世界大戦の影で中止。
1920年 日本清水善造が男子シングルトーナメント決勝に進出。決勝では伝説ビッグサーバー、ビル・チルデンに敗れている。トーナメントを勝ち上がったチルデンはディフェンディング・チャンピオンジェラルド・パターソンにも勝って優勝した。
1922年 チャーチ・ロードクラブの新しい施設がオープン現在も使用されている施設である。またこの年から前年度優勝者も含めた全員トーナメントを戦う現行方式に変更された。
1932年 日本佐藤次郎が男子シングルスで準決勝進出。現行方式のトーナメント男子シングルス準決勝に進んだ日本人選手は佐藤しかいない。
1933年 佐藤次郎が男子シングルスで2年連続となる準決勝進出。男子ダブルスでは佐藤と布井良助のペアが決勝に進出したがセットカウント3-1で敗れ準優勝に終わった。
1934年 日本三木喜がイギリスドロシー・ラウンドとのペアでミックスダブルス優勝。日本人選手初の四大大会優勝となった。
1936年 イギリスフレッドペリー男子シングルス3連覇。これ以降2013年アンディ・マレーまでイギリス人の男子シングルス優勝は出なかった。
1940年~1945年 第2次世界大戦の影で中止。
1956年 アメリカアリシアギブソン女子ダブルスで初優勝。大会初の人選手の優勝となった。彼女は翌年にはシングルスでも優勝している。
1968年 オープン化によりプロ選手の出場が解禁される。
1975年 男子シングルスでアーサーアッシュが優勝。人選手の優勝は男子シングルスでは彼が一の事例となっている。

また沢和子がアメリカアン清村とのペアで女子ダブルスに優勝している。ウィンブルドンにおける日本人女子の初優勝となった。
1977年 バージニア・ウェードが女子シングルス優勝。現在に至るまで女子シングルスにおけるイギリス人選手最後の優勝となっている。
1980年 男子シングルスでビヨン・ボルグが5連覇を達成。ジョン・マッケンローとの決勝は長くウィンブルドン史上最高の一戦としてられてきた。特に7度のチャンピオンシップポイントをしのいだ末タイブレーク18-16でマッケンローが取った第4セットは今でもになっている。

1981年 男子シングルスはマッケンローが決勝でボルグを下して優勝。ボルグの連覇は止まったが5連覇はオープン化後の男子シングルスタイ記録として今も残る。

1983年 女子シングルスのドロー数が現行の128に拡大される。オープン化後それまでは96ドローで実施されていた。
1985年 ボリス・ベッカーが初優勝。17歳7ヶ男子の大会最年少記録。
1987年 マルチナ・ナブラチロワ女子シングルスで大会記録の6連覇を達成。
1988年 前年準優勝のステフィ・グラフが女子シングルス初優勝、ナブラチロワの連覇を止めた。この年のグラフはソウル五輪を含めた年間ゴールデンラムを達成している。

1990年 ブラチロワが女子シングルスで最後の優勝。シングルス9回の優勝は大会最多記録。
1991年 で日程が遅れたため、ミドルサンデーの伝統が初めて破られる。
1993年 女子シングルス決勝でヤナ・ノボトナがグラフに対して最終セット4-1とリードしながら逆転される。表式でノボトナがケント夫人に慰められるシーン90年代の名場面の一つ。

1995年 男子シングルスで松岡修造が、女子シングルスで伊達公子がそれぞれ準々決勝進出。日本人シングルス準々決勝進出は男子では佐藤以来62年ぶり、女子は史上初の快挙。

1996年 伊達女子シングルスでは日本人初の準決勝進出。敗れたものの日没順延をはさんだグラフとの準決勝は日本テニス界におけるハイライトの一つ。伊達に引っられたのか当時の日本女子テニスは非常に盛り上がっており、この年と翌年のウィンブルドン本選には9人が出場している。しかしこの年限りで当の伊達引退してしまい徐々に萎んでいった。この年、女子ダブルスでは天才少女マルチナ・ヒンギス15歳9ヶで大会ダブルス史上最年少の優勝をあげている。
1997年 女子シングルスでヒンギスが優勝。決勝の相手はノボトナだった。16歳9ヶオープン化後の最年少記録。オープン化前には1887年ロッティ・ドッドの15歳9ヶがある。

またトッド・ウッドブリッジマーク・ウッドフォードのペアが男子ダブルス5連覇を達成。この2人のペアは「ウッディーズ」として知られる。
1998年 男子ダブルスでウッディーズが準優勝に終わり連覇が止まる。女子ダブルスでは前年度シングルス決勝を戦ったヒンギス&ノボトナというペアが優勝している。ノボトナはシングルスでも3回の決勝進出でついに優勝できた。この年のジュニア部門では後に芝の王者として君臨するロジャー・フェデラーが単複同時優勝をあげている。
2000年 ピート・サンプラス男子シングルスタイ記録となる7回の優勝を大会4連覇で達成。

女子ダブルスではジュリーアラール・デキュジスと組んだ杉山愛が決勝に進出したが、ウィリアムズ姉妹に敗れて準優勝に終わった。
2001年 サンプラスシングルス4回戦でフェデラーに敗れ、4連覇でストップ

男子シングルスを制したゴラン・イバニセビッチは4回の決勝で念願の初優勝。彼は故障で大きくランキングを落としており、大会史上初のワイルドカードからの優勝者となった。また当時の彼のランキング125位は大会史上最も低いランキングでの優勝である。敗れたパトリック・ラフターは2年連続の準優勝となった。またイバニセビッチがこの年の大会で奪ったエース213本は大会史上最多となった。

女子ダブルスでは杉山キム・クライシュテルスとのペアで決勝に進んだが、リサレイモンドレネスタブスのダブルス巧者ペアに敗れて2年連続準優勝に終わった。
2002年 前年度男子シングルス決勝を戦ったイバニセビッチとラフターが欠場したため、センターコートでのオープニングマッチを入れるかが議論になった。通常は前年度の男子シングルス優勝者、優勝者不在なら準優勝者の試合が組まれる。結局当時の男子シングルス優勝経験者で最もランキングの高かったアンドレ・アガシの試合が組まれたが、一部女子選手からは男女差別ではないか、前年女子シングルス優勝者であるビーナス・ウィリアムズの試合を入れるべきとの不満が出た。
2003年 女子ダブルスで杉山クライシュテルスとのペアで初優勝。日本人では沢以来の快挙となった。またミックスダブルスではダブルス専門で現役復帰していたナブラチロワがインドダブルス巧者リーンダー・パエスと組んで優勝。御年46歳で大会全部門を通して最年長の優勝記録である。この年のオープニングマッチではディフェンディング・チャンピオンレイトン・ヒューイットイボ・カルロビッチに敗れる波乱があった。オープン化前の1967年スペインのマニュエルサンタナ以来の事となった。
2004年 マリア・シャラポワ女子シングルスで優勝。17歳2ヶはヒンギス以来の年少優勝となった。男子ダブルスではウッドブリッジがヨナスビヨークマンと組んで優勝、自身9回の優勝はドハティ兄弟の8回を抜いて男子ダブルス史上最多記録。杉山女子シングルスで伊達以来の準々決勝進出のほか、女子ダブルスでも南アフリカリーゼル・フーバーと組んで準優勝している。またこの年47歳のナブラチロワがワイルドカードシングルスに出場。2回戦で敗退したが初戦を6-0,6-1という圧倒的なスコアで勝ち上がり周囲を驚かせた。
2005年 女子シングルス決勝のビーナス・ウィリアムズリンゼイ・ダベンポートは試合時間2時間45分で女子決勝として史上最長の試合となった。フルセットビーナスが勝ち、3回の優勝としている。

2007年 男子シングルスでフェデラーオープン化後タイ記録となる5連覇を達成。ラファエル・ナダルとのフルセットの決勝は翌年とのセット伝説の序章とも思える試合となった。

女子ダブルスでは杉山カタリナスレボトニクと組んで決勝進出したが準優勝に終わる。杉山のウィンブルドンでの決勝はこれが最後となった。
2008年 男子シングルス決勝でナダルフェデラーを下して優勝、フェデラーの連覇を止めると同時にスペイン人では1966年サンタナ以来の優勝となった。試合時間4時間48分はシングルス決勝としては史上最長、前年の経緯もあいまってウィンブルドン史上最高の試合に挙げる人も多い現代における伝説的一戦。日本ではNHK総合WOWOWが中継していたが、による遅れや中断もあったため日本時間5時ごろまで試合が続き、NHK総合おはよう日本が始まってしまうため、4時半からラスト1時間ほどNHK教育リレーして中継を続ける事態となった。このためNHK総合を録画して寝てしまった人は翌日阿鼻叫喚な状態に…。

2009年 男子シングルスはフェデラーアンディ・ロディックの決勝で3年連続のフルセットに。試合時間こそ前年度ほどではなかったものの、総ゲーム数ではシングルス決勝史上最多の77に及んだ。最終セット16–14でフェデラーが勝って、大会6回と同時にサンプラスを抜いて最多となる四大大会15回の優勝を飾った。

2010年 男子シングルス1回戦のジョン・イズナーニコラ・マウーの試合時間がテニス史上最長記録となった。2度の日没順延を挿み11時間5分のデスマッチの末、最終セット70-68でイズナーが勝った。イズナー113本、マウー103本のエースは1試合のエース数としてATPの記録が始まって以来1位2位の記録。

ちなみにこの2人、翌年も1回戦で対戦している(このときはストレートでイズナーが勝った)。
2012年 フェデラー男子シングルスで大会タイ記録となる7回の優勝。フェデラーはこの優勝でランキング1位に復帰し、サンプラスランキング1位在位記録に並んだ。

2013年 マレー男子シングルスで優勝。イギリス人の男子シングルス優勝は1936年フレッドペリー以来実に77年ぶりの快挙となった。

2015年 女子シングルスでセリーナ・ウィリアムズが6回の優勝。33歳9ヶオープン化後の大会女子シングルス最年長記録。また彼女はこの優勝で前年度の全オープンから自身2度となる年跨ぎの四大大会4連勝を達成している。 女子ダブルスとミックスダブルスの両部門では、ダブルス専門で復帰したマルチナ・ヒンギスが優勝。女子ダブルスでは1998年以来、実に17年ぶり3回ミックスダブルスでは自身初の優勝となった。
2016年 女子シングルスでセリーナ・ウィリアムズが7回の優勝、自身が前年度に更新したオープン化後の大会女子シングルス最年長優勝記録を34歳9ヶに引き上げた。さらに彼女はこの優勝でグラフの持つオープン化後の四大大会シングルス最多優勝記録22回に並んだ。
2017年 男子シングルスでロジャー・フェデラーが史上単独最多となる8回の優勝、さらにオープン化後の大会男子シングルス最年長優勝記録を35歳11ヶ更新した。

2018年 男子シングルスで錦織圭がウィンブルドンでは自身初のベスト8進出。日本男子では修造以来23年ぶり、オープン化後二人の快挙となった。

スペインフェリシアーノ・ロペスフェデラーの持つ四大大会本戦連続出場記録を更新2002年オープンから16年以上かけて66大会連続の本戦出場となった。

その他の関連動画

オープン化以降の男子シングルスの大まかな流れが判る。

ほかにも多数の動画がある。「ウィンブルドン」でのタグ検索結果はこちらexit_nicovideo

テニス以外の関連動画

ウィンブルドンのも結構な歴史があるようで鉄道動画がいくつか投稿されている。

関連商品

ピックで紹介した以外にも多くの試合や公式映像DVD化されている。市場の検索結果はこちらexit_nicoichiba(「Wimbledon」「ウィンブルドン」でDVD検索)。総合検索をかけるとスニーカーが大量に出てきて収拾が付かなくなるので注意。なおテニスDVDは基本海外製なのでリージョン制限によりプレイヤーでは再生できない場合がある。リージョン情報は商品ページに記載があるはずなのでよく確認すること。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウィンブルドン

1 ななしのよっしん
2013/07/11(木) 20:47:02 ID: PJ/oh3ho5y
降りそうになったらヘリ吹き飛ばすってネタはどこ発祥なんだろう
2 ななしのよっしん
2014/09/06(土) 09:27:29 ID: BsjIL621hw
1932年 日本佐藤次郎が男子シングルスで準決勝進出。現行方式のトーナメント男子シングルス準決勝に進んだ日本人選手は佐藤しかいない。

これ変えた方がいいかもね…って言ってもも見ないかw
3 ななしのよっしん
2014/09/06(土) 14:11:58 ID: pi2Ebc+9bx
修造ベスト8が佐藤以来だったからウィンブルドンの大会としては間違ってないかと