ウイスキー単語

ウイスキー
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ウイスキーウィスキーとは蒸留の一種である。

「洋」のカテゴリに位置づけられる蒸留の中ではブランデー、ジンウォッカテキーラなどと共に特に著名なものである。

概要

大麦トウモロコシ等の穀物類を糖化・発酵後に蒸留し、で熟成させて作られる。

ウイスキーの起は、麦から作られた醸造であるビールであり、ビールに対して当時の錬金術の技術であった蒸留をおこなうことで蒸留がつくられた。

そのようにして作られた蒸留から酒税を取ろうとした役人のから逃れるために蒸留に詰めて隠しておいた。後になって隠しておいた蒸留を取り出してみると、熟成が進み、琥珀色に色付き、すばらしい味のへと変化していた。

スコットランドスコッチウイスキー)では上記のような逸話が伝えられているが、あくまで伝承であり、どこまで真実っているかは不明である。ウイスキーの発祥は15世紀のアイルランドアイリッシュウイスキー)とされており、シェリーなど他ので先駆けて熟成が行われていたため、スコットランドそれらも真似たというのが実際のところではないかとも言われている。

ウイスキーのアイルランド語の「命の」(イシュケ・バーハ)だと言われている。

製法

製法は原材料などによっても違いがあるが一例として書いておく。

大麦を発芽させて麦芽とし、ピート(泥炭)の煙で燻して成長を止める。麦芽の酵素によって糖化させてから濾過して麦汁を生成。それを蒸留器で蒸留して透明の蒸留液とする。これをオーク等のに詰めて熟成させることで味が付き、琥珀色の原となる。

一般に売られているモルト・ウイスキーはこの原に加したもので、ブレンデッド・ウイスキーは複数の原を混合・加して作られる。

分類

ウイスキーの種類を大別すると以下のようになる。

生産地

ウイスキーの生産地として有名なのは、スコットランドアイルランドアメリカカナダの4である。
日本のウイスキーも際的知名度は高まっており、また近年ではインドオーストラリア台湾のウイスキーが注されつつある。

スコットランド産のスコッチ・ウイスキーと、アメリカ産のバーボン・ウイスキーが特にメジャーバーボン較的グレーンが多く使われる傾向にあり、コーンやライ麦をメインにしたものもある。 

日本産ウイスキーはハイボール水割り用の大衆としても親しまれてきたが、近年では各種のシングルモルトウイスキーが際的にも高い評価を得ている(ジャパニーズ・ウイスキー)。

ウイスキーの生産地別分類

日本の主なウイスキー製造メーカー

ジャパニーズウイスキーの一覧」の記事も参照のこと。

酒税による分類

日本では1953年に制定された酒税法で、アルコール度数による分類を行い、それぞれの税率を決めていた。

そのために、スコッチウイスキーや内の本格的なウイスキーは高嶺のとなり、昭和時代の一般サラリーマンは二級の味の落ちるウイスキーくらいしか口にできなかった。

しかし1989年に等級分類が止されてアルコール度数に例した税が課せられることとなり、特級に分類されていたウイスキーは大幅に値下がりした。
さらに1997年にさらに税率が下げられ、かつて高嶺のと言われた銘柄やシングルモルトウイスキーも手ごろな値段で買えるようになった。 

飲み方

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウイスキー

181 ななしのよっしん
2019/08/27(火) 22:41:27 ID: BiHDXW1y4U
数年ぶりに覗いてみたら海外厨みたいなのいっぱい沸いてて何があったの…?ってなってる以前運営通報した書き込みも消えてないし…
182 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 17:38:52 ID: gJ9QLW0jZ/
海外厨々他人を罵る前に、ウイスキーブームが始まる前と昨今のサントリーニッカラインナップを見べるだけで、ジャパニーズウイスキーに何があったのかわかりそうなもんだ
ジョニは今も変わらず12年で2000円位かつ美味しいが、あの素らしかったニッカの8年は終売して久しく、代わりの新発売はノンエイジばかり。いいウイスキー海外でも人気だし、投資の対にもなってて、値段が高騰してるからコスパが酷い。
日本ウイスキースコッチが同じクオリティなら日本ウイスキー飲むけど、2019年現在では残念ながらコスパが違いすぎる
183 削除しました
削除しました ID: 4IXd8xsZDP
削除しました
184 削除しました
削除しました ID: ldoCEjliI3
削除しました
185 ななしのよっしん
2019/10/30(水) 17:12:18 ID: lozNVrm95S
高い価格帯の物は別だけど、安いものは海外に負けまくってるのは事実だし海外のほうが~的な意見が出るのは普通に分かる。
例えば角瓶なんかは居酒屋メニューを食べながらハイボールにして飲むと癖が全然ないから料理の邪魔をせずにゴクゴクいけるけど、ウイスキーとしては同じ価格帯の海外系の物のほうがきちんとウイスキーしているしね。
(そもそも日本ウイスキーの定義が未だに曖昧なままだから売った物勝ちみたいになってるのが問題)
論、角瓶が大好きな人がいても全然いいと思うし自由だけど、世界で評価されるようになった日本ウイスキー文化をきちんとした基準で守り続けていってほしいとは思うよ。
それに大半の人はそれほど高い物を飲まずに安い物からウイスキーにふれるだろうから、そういう価格帯の物でも最低限の味わいがするように作ってほしい。
186 ななしのよっしん
2019/11/15(金) 02:05:47 ID: 7uVcC3Cl3g
同じ年数でべたら日本のはとても良いけど、値段考えるとなーって思いがち
山崎12が好きだから定価の8500円で買えたら嬉しいんだけどそうもいかないし、スペイサイドの12~18あたりをフラフラしてる
バルヴェニー12年ダブルウッドおいしいです
187 ななしのよっしん
2019/11/23(土) 14:38:26 ID: a7Kx0RZ6nr
やっぱ原不足ってのが色々キツイ。表記の年数以上のブレンドに使ったりするし、もう何十年かしないとジャパニーズウィスキーを手軽に飲める日は来なさそう。
80年代の時代と言われてたけど、ある意味では今もの時代
188 ななしのよっしん
2019/11/23(土) 14:45:48 ID: a7Kx0RZ6nr
趣向が変わるけど、ウェストバージニアとかあの辺で作られたムーンシャインって分類的にはウィスキーなんだろうか?
189 削除しました
削除しました ID: IURl3qoP6E
削除しました
190 ななしのよっしん
2020/01/16(木) 11:34:56 ID: SSPRs/goWw
がついにノンエイジのみになってしまったぞ。
ブランドとして最初に売り出した12年はとっくになく、今度は172125年も終売だ。

急上昇ワード

2020/06/06(土)04時更新

おすすめトレンド