ウイニングチケット単語

ウイニングチケット

93年、日本ダービー

きさえ許さない、3つのプライド突。

熱狂の2分25

最後の直線を制した、そのの名は…

 2012年日本ダービーCMより

ウイニングチケットとは、1990年まれの競走

柴田政人ダービーを勝たせたである。

以上。

概要

・・・だめ?そうだよなぁ。

トニービン パワフルレディ マルゼンスキースターロッチから繋がる日本有数の名系であり、も名東京専用新進気鋭の名種素晴らしい良血である。ちなみに、半サンデーサイレンス)に万年二着で有名なロイヤルタッチがいる。

生まれた時には鹿みたいな体だったというウイニングチケット。ところが、時折、超能力を使う事で有名な伊藤雄二調教師は、生まれたばかりのウイニングチケットを見るなり例によってシックスセンスを発動、東にとんぼ返りして再びやってきた時にはすっかり彼を迎え入れる準備を終えていたという。どうやって才を見抜いたのだろうか。

伊藤調教師がデビュー前からダービーを意識していたというウィニングチケット。伊藤調教師はデビュー戦に柴田政人騎手を上に迎えた。当然、この時から「マサトダービーを」と考えていたのである。ところが、柴田騎手が乗ったデビュー戦を5着に負けてしまう。折り返しの新横山典弘騎手が乗って圧勝。

こうなると義理堅い柴田騎手は乗りたがらない。自分が負けさせてしまい、横山騎手が勝たせた素質横山騎手から奪う形になるのを嫌ったのだ。柴田騎手は若い頃、アローエクスプレスクラシック直前で奪われるという経験をしていた。なので自分が同じ事をするのを極端に嫌っていたのである。

しかし、伊藤調教師は柴田騎手が乗り易いようにというだけでレースを選ぶ事までした。そこまでやられては柴田騎手も応えないわけには行かない。ホープフルステークス上に戻り、以降、その年のクラシックをウイニングチケットと共に戦う事になる。

弥生賞。後方からぶんまくってぶっちぎるという手なレースっぷりで圧勝。これはすげぇ、とファンは騒然となった。そして迎えた皐月賞。ここには初対決となるくて顔のでかいビワハヤヒデがいた。もちろん顔がでかいだけではなくて分厚い先行を持つ強敵である。ウイニングチケットは一番人気。

ところがこのレースビワハヤヒデと並んで仕掛けながら伸びずに、しかも外から弥生賞で負かしたナリタタイシンにも差されて5位入線4着に敗れてしまう。正直、理由が良く分からない敗戦であった。トニービンの産駒はよくそういう理由の良く分からない負け方をしやがるのである。

この敗戦で、もともと「ダービーの大本命」と言われ続けていたウイニングチケットの評価が下がり、第60回ダービは「BWN」対決だと言われるようになった。この三強、だが、騎手も「騎手からの乗り代わりだったという事情があり、クラシック獲得が義務だった岡部幸雄騎手」「ダービーに勝ったら騎手を辞めても良いと言い切るほどダービーを切望していた柴田政人騎手」「若き天才としてダービージョッキー称号は是が非でも欲しい武豊騎手」というそれぞれ負けられない事情を抱えていたのである。特に岡部騎手と柴田騎手は同期であり、岡部騎手は既にダービーに勝っている。

年齢的にもこれがラストチャンスかもしれない柴田騎手の思いは並々ならぬものがあった。彼はにでも丁重で、記者たちにも親切な男であったのだが、このダービー前だけは取材を全て断ったという。

そして迎えた東京優駿日本ダービー。三強は全て順調にこの日を迎えていた。一番人気はウイニングチケット。これはの実を評価した事もあるが「マサトダービーを!」と願う人々の願いが支持になって現れたのだと言われている。この年、柴田騎手は45歳。いわゆる団塊の世代であり、既に騎手としては高齢でありながら頑る姿は同世代のとなっていた。彼に希望を託す同世代のファンが祈るように見つめる中、ダービーゲートは開いた。

翌年のダービージョッキー出落ちをかましたのは軽くスルーして大歓の中全一斉に第一コーナーへ。ウイニングチケットはビワハヤヒデマーク。それを更に後方からナリタタイシンが狙うという展開。ペースは速く、群はばらけ、どこからでも行ける状態。ビワハヤヒデはウイニングチケットのプレッシャーからかジリジリと前へ出て行く。

ペースが上がった大けやきの向こう側で、ウイニングチケットがビワハヤヒデの内に並び掛けた。これによってビワハヤヒデコース中央にを出さざるを得なくなり、内ラチ一杯を回ったウイニングチケットに一身引き離された。しかもハヤヒデの前には群が。この間「おお!やった!」とチケットの券を持っていたファンは叫んだ。

しかし、流石はビワハヤヒデ岡部騎手。あっさり群を抜け出すと先頭に立ちつつあったウイニングチケットに猛然と襲い掛かった。こうなると追われる方は苦しい。外によれたチケットの内からビワハヤヒデ。更に外からナリタタイシン

悲鳴と怒号が交錯する中、るウイニングチケットに並びかけ、交わし掛けるビワハヤヒデ。ああ、駄だ。もう駄だ。マサト勝利を祈るファン涙目。チケット軸の券を握り締める連中は「せめて二着に残ってくれ!」と叫んだ。残り1ハロン。ビワハヤヒデが首を伸ばし、確かに先頭に立ったかに見えた。

ところがここからなんとウイニングチケットがもう一度伸びる伸びる。どおおお!と大歓が上がる。顔も上げずにウイニングチケットの首を押し込む柴田政人騎手。その姿は正に人馬一体と言うに相応しかった。

ビワハヤヒデに半身。ナリタタイシンに更に一身の差をつけて、ウイニングチケットはゴール版を駆け抜けた。「やったマサト!」思わずファンガッツポーズ。しかし柴田騎手はうつむいて勝利の味をかみ締めているようだった。柴田騎手はこれが実に19回ダービー挑戦。正に「悲願のダービー制覇」だった。

府中き渡る「マサトコール柴田騎手は「世界中のホースマンに、私が第60日本ダービーに勝った柴田政人だと伝えたい」と胸をった。ウイニングチケットは「柴田政人に届いたダービーへの『勝利への切符』」となり、伊藤調教師は「マサトダービープレゼントできた事が嬉しい」とった。正に大団円競馬史上稀に見る、美しい物語完成であった。

・・・

・・・じゃねーよ。

いやいや。ウイニングチケットはこれで引退したわけでもない。当時のファンが「マサトってダービー勝ったら辞めるんだって?」と心配したように、柴田騎手が引退してしまったわけでもかった。

しかし、なんというか、あれほど美しい物語が出来上がってしまった時、登場人物のその後はどうしても付け足しみたいな物になってしまうのかもしれない。

柴田騎手はこの後、翌年4月に落事故を起こし、それが原因で引退した。その年も絶好調であったので、落ければまだまだ乗っていたと思われる。惜しまれる引退であった。が、ファンはどうしても「ダービーを獲って、安心してしまったのかな」と思ってしまったのだった。

ウイニングチケットは京都新聞杯、勝つには勝ったがなんか理やりな勝ち方であった。菊花賞ではビワハヤヒデに一番人気を譲り、に鍛えられてムキムキになっていたハヤヒデにちぎられるという屈辱を味わう。

続けてジャパンカップに出走するも、レガシーワールドゴール版を間違えたコタシャーンの前に3着。有馬記念ではトウカイテイオー奇跡の復活にまれて11着に沈没。

翌年は復帰に手間取り、その間に柴田政人騎手は落。甥の柴田善臣騎手が乗っての復帰戦高松宮杯はナイスネイチャに離されるというあり得ない5着。おいおいダービー

オールカマーでは武豊騎手が手綱を取ってビワハヤヒデの二着に入ったが、もうなんだかハヤヒデとはレベルの違いを感じさせる敗。

そして天皇賞ビワハヤヒデとウイニングチケットの連は鉄板だと言われ、府中でもあるし、もが久々ライバル同士の名勝負が見られる、と、思ったのだが・・・。

なんと二頭して群に沈んでしまう。えー・・・。見ていたお客さんは呆然。ウイニングチケットは8着。ハヤヒデは5着。二頭してレース中に屈腱炎を発症したのだそうである。

結局その故障が原因でウイニングチケットは引退した。「マサトの後を追うように」なんて言われたが、なんだかすぼみな感じの寂しい引退であった。

とにかく「マサトダービーを獲らせるために、から使わされた」とまで言われたくらい、ウイニングチケット=柴田政人悲願のダービー制覇の公式が出来上がってしまっているである。

だがなんつうか、それ以外がまるっきりられないというのはどうなのよ、という感じもある。担当の厩務員と武豊騎手が「同級生騎手から乗り変わったには勝たせない」と燃えていたとか、柴田騎手がダービーで使っていたは、職人三代目鈴木高志氏が二代の死の際に作り上げただったとか。ウイニングチケットはレース後に蕁麻を出す繊細なだったとか、調教が嫌いだったとか、かわいい顔をしてるとか色々エピソードが多いなのであるが。

まぁ、ダービー勝っても「あ、そう」みたいな盛り上がらない、後で何も思い出されないだっているので、あの美しい物語の立役者であるだけウイニングチケットは幸せだと言えるかもしれない。もっと走って、ハヤヒデナリタブライアンの敵役にでもなれれば違う物語が始まったのかもしれないが・・・。

入り後、トニービンの後継として期待されたのであるが、同世代のBN同様パッとしなかった。中央重賞がたった一頭というのでは・・・。血統は悪くないのになぁ。現在去勢されてうらかわ優駿ビレッジAERUにいるそうである。

2010年函館競馬場でお披露され、ビワハヤヒデと再会したそうである。二頭してあの伝説ダービーの思い出話でもしたのだろうか。

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

ウイニングチケットに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウイニングチケット

1 ななしのよっしん
2012/04/11(水) 14:45:37 ID: +PfVqVqJpC
書いた人です

ダービー勝っても「あ、そう」みたいな盛り上がらない、
>後で何も思い出されないだっているので

たしかに。最近は多いよなあんなこんな
2 ななしのよっしん
2013/06/26(水) 14:56:40 ID: QQdT4DsrT5
当時の事よく覚えてるけど
ビワの浜田師とチケットの伊藤師の対
素晴らしいんだよ。
3 ななしのよっしん
2017/03/31(金) 12:22:54 ID: CdcStCEyun
CMで「その戦いで、燃え尽きてしまうがいる」って言ってたけどさ
このとかワンアンさんとか見てると確かにそんな気がしてくるわ
4 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 15:51:53 ID: AoUJRVAecK
ミドリマキバオー配合
5 ななしのよっしん
2018/11/30(金) 21:59:56 ID: nQignmmezb
最近のは記録には残っても記憶には残らない
量産型ばっかりだもんね
6 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 03:02:13 ID: zv17TtcmNT
>>5 今年のドラマたっぷりのダービーの年にそのコメントしてる地点でかなりアレ 
言っておくけどBNWだって血統的には全員量産型ナスルーラ系の集まりにすぎないし競馬ドラマなんてぶっちゃけ人間側が勝手に押し付けてるだけだからなぁ・・・
もちろんドラマを否定する訳ではなくはBNWも今年も記憶に残ってる いいダービーだった
7 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 01:15:37 ID: rrWKDQluoK
たまに名がすごくマッチする競走が存在しますよね。
個性的なところでは逃げツインターボや、短距離サクラバクシンオー
悲しいところでは、サイレンススズカ予後不良となったで勝ったオフサイドトラップなど。
ウイニングチケット柴田政人騎手の「美しい物語」として完成されてしまう感があるのは、やっぱり名によるところも大きいと思います。よりも焦がれたダービーへの切符を欲した・渡したかった・届いた。
柴田政人騎手の人格もあると思いますが、それだけで胸熱に思えてくるんですよ。

競馬の魅は人とと世代の物語かなって思っています。