ウインバリアシオン単語

35件
ウインバリアシオン
4.3千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ウインバリアシオンとは、2008年生まれの日本の元競走馬現在種牡馬である。

な勝ち
2011年:青葉賞(GII)
2014年:日経賞(GII)

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
ウインバリアシオン(ウマ娘)を参照してください。

概要

ハーツクライ
スーパーバレリーナ(:Storm Bird)

ハーツクライ(な勝ちドバイシーマクラシック有馬記念)は、内で三冠馬ディープインパクトを打倒したであり、ウインバリアシオンはその初年度産駒である。ちなみに管理する松永調教師は、有馬記念3年連続3着という記録を持つナイスネイチャの元騎手

名の由来はウイン(冠名2ch的にはウインガーで有名)+バリアシオン(バレエの演からの連想)。
デビュー2010年8月新馬戦を3身で快勝、その後のオープン戦野路菊Sも快勝してハーツクライ産駒ポテンシャルの高さを見せつけたが、年末のラジオNIKKEI杯2歳Sダノンバラードの4着に敗れる。

明けて3歳初戦。きさらぎ賞でもまたしても4着(ちなみに3着はオルフェーヴル)。皐月賞出走のかかった弥生賞では7着と伸び悩むレースが続いた。
営は標をダービー一本に絞り、ダービートライアル青葉賞に出走。6番人気と決して評価は高くなかったものの、ハーツクライを髣髴させる強追い込みが決まり、重賞初制覇、ダービー出走権を手に入れた。
続く日本ダービーではトライアル優勝としては異例の10番人気という低評価(青葉賞組がダービーを制覇した例が一度もない事、青葉賞出走が低レベルと見なされた事が理由に挙げられる)を受けた。しかしレースでは余十分に最終コーナーを回り、最後の直線でごちゃつくオルフェーヴルに大外から追いつかんばかりの大健闘を見せる。結局群から抜け出したオルフェーヴルには勝てなかったが、3着以下には7身差。十分に強さを発揮しての2着となった。
(余談であるが、ハーツクライダービートライアル優勝からのダービー2着を経験しており、この結果に競馬ファンからはハーツ産駒らしいとのが挙がった)

その後放牧を挟んで緒戦は神戸新聞杯から始動。オルフェーヴルとの二度対決となる。ダービーでの2着が評価され、打倒オルフェーヴルの急先鋒として2番人気となったが、またしてもオルフェーヴルの2着に敗れる。
続くクラシック三冠菊花賞でも2番人気となり、三冠阻止の期待が高まった。安藤勝己騎手は最後方からの直線一気という奇策を選択。最後の直線では群を捌きつつ上がり最速で駆け上がったが、4コーナーから進出して独走状態となった勝ちには届かず、三度オルフェーヴルの2着という結果に終わった。
(さらに余談であるが、菊花賞の前週の秋華賞でもハーツ産駒キョウジャンヌアヴェンチュラの2着になっており、同一年の牝馬三冠の6レースのうち、3レースハーツ産駒が2着という少ししい記録が達成された)

青葉賞から菊花賞までオルフェーヴル以外のに先着されたことがなく、一部の競馬ファンの間ではこのオルフェーヴルの関係をメイショウドトウテイエムオペラオーになぞらえられたりもしている。
また、その勝ちきれない姿はある意味で直オルフェーヴルよりもステイゴールドっぽいとも言えるかもしれない。

菊花賞後はジャパンカップに出走して5着。しかし外スローペースを嫌った上の判断により、12のハロン棒を通過したところで大マクリに打って出るという、またも大胆な作戦で観客を驚かせた。

明け4歳は京都記念から始動。中々のメンツがう中、2番人気に支持されるも4で脚を滑らしたのがいて6着。続く日経賞で、ネコパンチ大逃げを捉えられずの2着。そして、オルフェーヴルとの4度の対戦となる天皇賞(春)では、11着に沈んだオルフェーヴルに初めて先着するも、結果はビートブラックトーセンジョーダンに続く3着。そして、の最終戦宝塚記念ではオルフェーヴルが見事復活する中、伸びを欠いての4着と相変わらずの勝ち切れなさが続く。それでもオルフェーヴル欧州へ向かい、留守となるならばG1制覇のチャンスありとされていたが、調整中に屈腱炎を発症。長期に渡る戦線離脱を余儀なくされてしまう。

時は流れて1年半、2013年金鯱賞にて復帰を果たす。屈腱炎からの長期休養明け、大幅な体重増が懸念されて8番人気低評価であったが、3着と好走し健在を明。ちなみに同日に行われたステイヤーズステークスでは、11歳のトウカイトリックが3着に入り、両レースとも勝ちよりも3着の方が話題を集めた。金鯱賞の好走を受けて営は、有馬記念への出走を決断。キズナエイシンフラッシュといった有が回避したことにより、4番人気に支持される。レースでは最初中団に位置取るが、徐々に下げて3コーナー手前ではオルフェーヴルと同じ位置。3コーナーオルフェーヴル捲りを仕掛けるとこれについて行こうとするが、一気に引き離されゴールまでに8身の大差をつけられた。しかし、ゴールドシップを抑えて3度となるGI2着を確保し、同期ライバルとして意地を見せる感慨深い復帰劇となった。

そして・・・2014年初戦として選択したのは、2年ぶりの出走となる日経賞
離されはしたものの、復帰2戦ながら有馬記念で2着になったことが評価され、天皇賞フェノーメノ重賞う中で一番人気に支持された。いざ始まったレーススローで流れ、上の岩田騎手は押さえながら後方待機。そして3コーナーを過ぎたあたりで促されると、一気に加速して大外をぶん回し、全をひと飲みにして圧勝した。
気が付けば、2011年青葉賞勝利から実に3年近く。ライバルや故障に泣かされ続けた日々を乗り越え、鮮やかな復活勝利となった。

続いて天皇賞(春)で7度GIに挑むことになったが、前週のレース岩田騎手が斜行で騎乗停止処分を食らい出場できなくなってしまう。代わってシュタル騎手上をつとめるはずであったところ、こともあろうに当日に落負傷。急遽武幸四郎騎手が乗り替わりとなった。
幸四郎騎手代打代打ながら巧みにレースを運び、後方から仕掛けて直線の叩き合いに持ち込む。しかし春天2連覇の快挙がかかっていたフェノーメノりにクビ差及ばず。またしても悔しをのんだ。

次走は上に岩田騎手が戻って宝塚記念。ここでウインバリアシオンは単勝3.0倍の2番人気に推される。1番人気ライバルゴールドシップ(2.7倍)に迫る支持で、天皇賞での健闘が期待を集めた形である。
しかし結果はゴールドシップ横綱相撲の前に7着と敗。さらに直後に再び屈腱炎が発覚。今度は軽症であったものの半年の休養を余儀なくされることとなった。

前回の故障時同様に金鯱賞を復帰戦に選び、騎手も同じく藤岡康太。故障明けで前走+12kgという体重増であったものの、前年も同じような状況で好走したこともふまえてか3番人気であった。しかし15着の惨敗。前年と同じくそのまま有馬記念にも挑んだがいいところなく12着。悪い流れを断ち切れないまま2014年を終えた。

google先生に「ウインバリアシオン 引退」とサジェストされるなど、一部諦めムードも漂い始める中、2015年最初のレースは前年快勝した日経賞で、4年ぶりにかつての騎手福永祐一とのコンビとなった。レースそのものはアドマイヤデウス(上は前年の日経賞でウインバリアシオンを勝たせた岩田騎手であった)の圧勝と言える内容だったものの、ウインバリアシオンはホッコーブレーヴをアタマ差おさえての2着に入り復調をアピール。5番人気に支持したファンを安堵させた。

しかし、本番の天皇賞(春)では最後の直線で故障を発生。浅屈腱不全断裂で競争喪失の診断が下り、引退が発表された。傷だらけの競争生活であったが、最後もやはり故障によって競争生命が絶たれてしまった。ただ、一歩間違えれば命にかかわる故障であっただけに、せめて命があっただけでも喜ぶべきだろう。

生涯成績はGIレースを勝つことが出来ず、2着が4回。いわゆるシルバーコレクターの一員と言えるが、ウインバリアシオンのGI勝利を阻んだのが同じシルバーコレクターであったステイゴールドに持つオルフェーヴルフェノーメノといったたちであったことは、なんとも皮なことである。そしてGI2着が4度あるとは言え、勝ち重賞2つ。しかも、評価され難い長距離レースのみのため引退発表後に種牡馬入りとのニュースが流れたものの、当初の予想通り故郷のノーザンファームにて乗となることが発表された。

が、その後に、青森県スプリングファームで種牡馬入りすることが正式に決定し、種牡馬になることが決定。二転三転したが、彼の血が引き継がれていくのは非常に嬉しいことである。種付け数は毎年30~50頭ほどで、産の中心地とは言えない青森での数字と考えると十分だろう。初年度産駒のドスハーツオープンにまで勝ち上がっている。現役時代は色の三冠馬オルフェーヴルに一歩及ばず、ダービー菊花賞クラシックを制覇出来なかったが種牡馬として頑って是非、現役時代の屈辱をらしてもらいたいものだ。

血統表

ハーツクライ
2001 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス
1990 鹿毛
*トニービン カンパラ
Severn Bridge
*ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
*スーパーバレリーナ
1994 鹿毛
FNo.19-c
Storm Bird
1978 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
South Ocean New Providence
Shining Sun
*カウントオンアチェンジ
1987 栗毛
Time for a Change Damascus
Resolver
Count On Kathy Dancing Count
War Exchange

クロスNorthern Dancer 5×3×5(18.75%)、Almahmoud 5×5(6.25)

関連動画


関連コミュニティ

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウインバリアシオン

106 ななしのよっしん
2023/10/09(月) 23:57:41 ID: g/DMTe4oC6
>>104
このメイショウドトウにやヴィルシーナあたりは
王者とはまた別の「強さ」を感じる
👍
高評価
9
👎
低評価
2
107 ななしのよっしん
2023/11/29(水) 18:06:45 ID: 5k5tmkGaU0
言いたいことは分かるんだが好きなを褒めるためにわざわざヴェロックスを出汁にしないでくれ
👍
高評価
4
👎
低評価
1
108 ななしのよっしん
2023/12/02(土) 22:01:38 ID: Z8ggRqyqNe
ついに産駒が芝で初勝利!!
👍
高評価
3
👎
低評価
0
109 ななしのよっしん
2023/12/29(金) 23:26:26 ID: yCsc8LmdXP
👍
高評価
0
👎
低評価
0
110 ななしのよっしん
2024/01/17(水) 16:13:15 ID: 4/PGoJOuwo
京成杯4着.....うんこれからや
👍
高評価
0
👎
低評価
0
111 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 00:00:55 ID: 4/PGoJOuwo
ウマ娘実装しおった!
👍
高評価
4
👎
低評価
0
112 ななしのよっしん
2024/02/26(月) 06:16:35 ID: sKdfmGa1/i
https://uma-furi.com/win-variation-2/exit
>フジキセキカネヒキリを輩出したのだって、7世代のこと。イスラボニータを輩出したのなんて、16世ですからね。ウインバリアシオンのバネを受け継いだGⅠを制してくれるのを、楽しみにしていますよ!

ウインバリアシオンの16世2033年生になるが、長いで見てもらえるならドデカい一発が有るかもしれませんよ?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
113 ななしのよっしん
2024/03/11(月) 12:04:07 ID: lasQS3y4E8
ウインバリアシオンの使命は数世代かけて青森県を底上げすることだからな
種付け数は少ないので直で活躍が出なかったとしても孫やその先の時代で結果を出せればそれで良い
👍
高評価
4
👎
低評価
0
114 ななしのよっしん
2024/04/01(月) 21:43:05 ID: RVK9DStALc
ウインバリアシオンダービー人気がなかったのは
不良馬場が確定的で営に泣きが入ったからで
馬場なら5番人気ぐらいだった
この競馬オルフェーヴルが直線の不利に耐えて
強い内容。ウインバリアシオンはすべてがうまくいって
善戦できたとか言われることが多いが、全くの間違いで
不良馬場での中のコーナーや下り坂に苦しんでとても
競馬どころではなかった。
コーナーオルフェーヴルと重なって入っていったのに
その後、群から離されて行って3コーナーで足を使うものの、直線にはいるまで差を詰められなかったのが拠。
安藤騎手も「池添がもたもたしていたから追った」
などとコメントしており、勝負をする上ではどうしようもないグダグダ中だったのだ。
はっきり言って、良馬場なら勝てたと私は思っている。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
115 ななしのよっしん
2024/04/02(火) 23:10:34 ID: RVK9DStALc
種牡馬の経緯も少しおかしい、現オーナースプリングファームの代表がウインバリアシオン関連動画コメントしているが、ウインバリアシオン引退直後内外から複数以上のオファーがあり、特にオーストラリアからもあり、
アドマイヤラクティの替わりに欲しかったと思われる。
当然、北海道からもあったのだけど、最後のレースでの
故障故障の日だちが悪く、とても長ができる状態では
く、酷いことに、もう片足も故障していたのだという
有様で、乗という選択肢しかなくなったということ。
そこで手を挙げたのが青森スプリングファームで、
青森ならたどり着けるのでは?と手を挙げて、苦労の末
青森での種牡馬入りになったのです。
しかし…。長距離実績しかいので種牡馬入りできなかったとか、浅はかな決めつけにも程があると思うのですが。
この、短距離血統なんだけどね。
👍
高評価
1
👎
低評価
0

急上昇ワード改

2024/05/22(水)18時00分 現在