ウェスパシアヌス単語

ウェスパシアヌス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ウェスパシアヌス / インペラトル・カエサル・ウェスパシアヌス・アウグストゥス(9年~79年)とは、ローマ皇帝フラウィウスの初代皇帝である。

概要

貴族ではなく中流階級の出身で、属州や軍隊で経験を積んだ新しいタイプ皇帝である。ガルバオトウィテリウスが乱立したネロ死後の混乱を抑え、フラウィウスを打ち立てた。

前半生と69年の即位

ファラクリナエでティトゥスフラウィウス・ウェスパシアヌスとして生まれ、方の祖に育てられる。ティベリウスのもとでトラキア官などを務め、カリグラの代には法務官にも就任した。さらにブリタニア戦争では第2軍団「アウグスタ」を率い、勇名をはせた。51年には執政官に任じられ、さらにはアフリカ属州総督の地位にもあったのである。

また39年にフラウィア・リベラリス・ドミティラと結婚したが、彼女ローマ市民ではなく、以前はトリポリタニア騎士階級ローマ人の愛人だった。とはいえ彼女との間にはドミティラ、ティトゥスドミティアヌスの三子を設けている。

ネロの時代にはネロの友人であり、一度不を買ったものの、反乱鎮圧に必要とされユダヤ属州総督に任じられ軍団3個を与えられる。そしてこの状況でネロの死が訪れたのであった。

ウェスパシアヌスはこの時、まだ反乱鎮圧を続けている最中であった。そこで反乱鎮圧を息子ティトゥスに任せ、自身は穀物の供給を断つためにエジプトに移動する。この状態でウィテリウスに講和を強いるためであった。当時シリア属州総督ムキアヌス位を狙いローマに向かっていた最中であったが、ドナウ方面軍がウェスパシアヌスを皇帝と宣言し、独ローマ制圧を成し遂げる。

さらにローマにまだいた息子ドミティアヌスが、ムキアヌスとともに混乱するローマの統治を始める。導権はムキアヌスが握り、ウィテリウス息子アシティクスらが処刑されたが、帝国北部の秩序は次第に回復されていった。

そして70年、エルサレムの陥落を見届けると、ウェスパシアヌスはティトゥスと共にローマに凱旋。ブリタニアの侵攻やコンマゲネ王の併合などはあったが、久しぶりに平和な時代になったのであった。

皇帝ウェスパシアヌス

ウェスパシアヌスはローマに入したものの、パラテヌス丘の宮殿ではなく、サルティウスが築いた庭園「ホルティサルスティアニ」に好んで居住した。さらにユリウス・クラウディウス皇帝が苦労した後継者問題は、ティトゥスドミティアヌスの二子にカエサル称号を与え、難なくクリアする。

さらにネロ以来の財政の枯渇はいまだ解決していなかった。そのためウェスパシアヌスは尿にまで税をかけたと言われるほど、財政回復に努め、強欲との評判が定着してしまった。しかし機知に富みで冗談を好んだ人柄は、ローマ市民の評判を高めていった。

そしてウェスパシアヌスは69歳という高齢になり、湯治中に亡くなった。最期の言葉は「皇帝は立って死ぬべきだ」だったという。没後格化されるなど、久しぶりに平和の中で死んだ、そんな皇帝であった。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウェスパシアヌス

1 ななしのよっしん
2020/01/10(金) 22:48:12 ID: n4P8l8dXav
憎めない逸話が多くて愉快なおっさん感ある人