ウエストひかり単語

ウエストヒカリ

ウエストひかりとは、JR西日本山陽新幹線に投入していたひかりである。

概要

国鉄時代及び民営化直後の山陽新幹線東海道新幹線の延長線という位置づけで、ダイヤ東京基点となっていた。この為山陽新幹線の需要に必ずしも一致しているとは言えなかった。
また、山陽新幹線では「ひかり」であっても各に停まる場合もあり、「ひかり」が「ひかり」を追い抜く事もしくはかった。
これらを受けて民営化後のJR西日本伊丹福岡に代表される路との競争がしい山陽新幹線の向上を図るべく山陽新幹線の需要に合った「ひかり」を導入する事となったのである。

1988年3月13日0系「ウエストひかり」が山陽新幹線へ投入された。塗装100系同様の子持ちラインとなり、従来の0系と区別されている。また、ドア横には「ウエストひかり」を表す「W」をかたどったマークが貼り付けられていた。

その後も阪神・淡路大震災もあったが順調に運転されていく。
が、300系500系700系といった高速車両の導入に伴い東海道・山陽新幹線の速達列車270km/h以上と高速化した。老朽化した0系では220km/h以上の速度向上が見込めない為に新車両による「ウエストひかり」の高速化を行う事となり、2000年3月11日に後継となる700系7000番台ひかりレールスター」が登場。同年4月21日に「ウエストひかり」はその役を終えた。

シネマカー

1988年4月1日サービスが開始されたもので、7号に設定されていた。定員は38名。

カーテンにスクリーンに専用プロジェクタースピーカーと本格的なものだったのだが人気があまり出なかった為に1994年3月サービスは終了。シネマカーはその後普通車へと改造された。

「ウエストひかり」データ

ちなみに

  • 「ウエストひかり」が100系ではなく0系なのは、民営化時に当時営業運転に入っていた100系JR東海が全て継承した為。この為JR西日本には0系しかなく、その中から状態のいい車両を選んで延命工事を施した上で「ウエストひかり」に投入した。
  • 山陽新幹線の需要に合わせた0系の短編成化自体は国鉄末期小倉博多間で行われていた。
    なお、この0系短編成化が2008年まで0系を第一線で活躍させる事が出来た要因の一つでもある。
  • 運用終了後はSk編成は編成を解除されているが、元々国鉄から継承した0系の中から選りすぐられた状態の良い車両である為「こだま」用WR編成へと組み替えられた。
    2008年引退まで活躍したのはこの時に組まれた編成である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウエストひかり

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ウエストひかりについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード