ウエーブレース64単語

ウエーブレースロクジュウヨン
1.8千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ウエーブレース64とは、任天堂により開発・販売されたレースゲームである。

概要

ウエーブレース64
基本情報
ジャンル レースゲーム
対応機種 NINTENDO64
開発元 任天堂
発売元 任天堂
発売日 1996年9月27日
(通常版)
1997年7月18日
振動パック対応版)
価格
(税別)
9,800円(通常版)
6,800円振動パック対応版)
年齢 CERO:-
通信
  • なし
その他
ゲームソフトテンプレート

NINTENDO64の性を遺憾なく発揮したの表現、リアル再現された波の表現に加え、独特の水上スキーの操作感…と、64初期の作品ながらよく練られている作品。

よく間違えられるが、タイトルは「ウーブレース64」ではなく「ウーブレース64」。なお、続編の方は「ウーブレース ブルーストーム」である。

通常版が発売されたのちに振動パック対応版が発売された。後者バージョンでは振動パックに対応しただけでなく、ゴーストの追加や収録楽曲の一部変更などの相違点がある(ただしゴーストを使うには別売りのコントローラパックが必要)。2007年7月31日よりバーチャルコンソールでの配信もスタートVCでは振動パック対応版が配信されている。

シリーズ作品としては2作であり、前作に海外でのみ発売されたゲームボーイソフトWave Race」が、続編にゲームキューブソフトウェーブレース ブルーストーム」がある。

全8コースコースの数自体はあまり多くないものの、位が変化したりルートブイ(後述)の位置が変わったりといった工夫で長く楽しめるように作られている。

ゲームモード

チャンピオンシップ
プレイヤー他3名のライダーと順位を競い、入賞をモード
ノーマルハードエキスパートリバースの4段階に分かれており、ノーマルでのみウォーミングアップと称して専用の"ドルフィンパーク"にて自由に動き回ることが出来る。まずはここで操作に慣れよう。
基本的にはオーソドックスなレースゲームと同じく3周して上位をシステムだが、このゲーム特有のシステムとしての「ルートブイ」がコース上に配置されている。ルートブイは右側、ルートブイは左側をそれぞれ通過する際に通らなければならない。ルートブイを通過する度にパワーメーターが1つ増加し、最高速度が少し上がる(最高で5つ)。正しく通過出来なかった場合にはペナルティとしてパワーメーターが0に戻されてしまう。更に、合計5回ミスするとそのラウンドは失格となってしまう。
タイムアタック
タイムを縮めることを的としたモード
スコアアタック
制限時間内に、コースを一周しながら配置されているリングをくぐったり様々なアクロバット技(後述)を決めてベストスコアモード
2Pバトル
2人対戦用のモード。上下に分割された画面でプレーヤー同士で競い合う。

アクロバット

このゲームの特徴の一つ。通常のレースで決めると歓が上がり、スコアアタックモードではスコアが加算される。

サブマリン
水中に潜るアクロバットジャンプ台である程度の高さまで上がった後にスティックを上に倒す。
ループ
縦回転。ジャンプ台で飛び上がった後にスティックを上→下に素く倒す。
ツイスト
横回転。ジャンプ台で飛び上がった後にスティックを左→右(逆も可)に素く倒す。
ハンドスタンド
逆立ち。アクセルを離し、スティックを下→上に素く倒す。
バックワード
後ろ乗り。アクセルを離してスティック時計回りに一回転させて下に倒し続ける。
スタンディング/サマーソルト
立ち乗り。アクセルを離してスティックを反時計回りに一回転させて上に倒し続ける。
その状態からスティックを下に倒すとサマーソルトに繋がる。
時計回りに回転させてそのまま下に倒し続けると簡単。

プレイヤーキャラクター

R.HAYAMI (速水太)
標準的な性。迷ったら彼を選ぼう。
A.STEWART (Ayumi Stewart)
最高速度や重量は劣るものの、加速やハンドリングの面で強い。初心者向け
M.JETER (Miles Jeter)
ハンドリング特化。中級者向け
D.MARINER (David Mariner)
加速・ハンドリングが劣るが、4人の中で最もスピードを誇る。重量があるので安定性もバッチリ上級者向け

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B964
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウエーブレース64

5 ななしのよっしん
2016/11/19(土) 23:42:08 ID: zg3gVf+gPZ
64初期の、本当に名作であった…マリオ64からマリオカート64の繋ぎ的立場に
見られがちな気もするのは残念だが

任天堂の表現は素晴らしいとよく言われるが、そのへのこだわりの元祖だと思うんだよね
6 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 11:28:52 ID: OvsxZJXB9u
2人対戦だとブイの突起がなくなってただのボールみたいになるからとっさにどっちを通ればいいのかわからなくなるんだよな…。
7 ななしのよっしん
2020/10/14(水) 11:56:42 ID: nAmV19rxD5
新作出してくれ!!!!!
8 ななしのよっしん
2021/11/27(土) 13:32:25 ID: UruRcJrrH+
近いジャンルで出来が良いのがRiptideGP系くらいしかいのがな…
9 ななしのよっしん
2022/08/16(火) 19:15:26 ID: FU7HO8Us8b
>>5
この波の表現は当時の他社ハードでは理だったので、デモソフト的な位置付けでもあったんだ
ただ弊として常時処理落ちしてて、1カウントするのに1.2位かかってるww
あと2-4プレイだと波の半透明処理が省略されるので対戦だと(見せたいのは)コレジャナイってなったな
10 ななしのよっしん
2022/08/16(火) 22:42:21 ID: EPGkAFczoq
最初に買った64ソフトが確かこれ。

自分はミルキーレイク霧の湖)とノーマルのポートパイレーツ(港での周りをまわる、ハード以上では大幅にコースが変更されるので嫌い)が好きなコースだった。

あと、一部のコースに「機」という物騒なギミックがあるのだが、必ず不発なので流木やごみと変わらないという見掛け倒しだったのが笑えた。
11 ななしのよっしん
2022/08/17(水) 04:25:06 ID: jtQGStKTKi
キャッスルシティ(英語版だとTwilight City)がBGMが好きでよく走ってた記憶
ただコースハードから追加されるコースだけあって終盤の走りにくさが立つコースだったっけな
12 ななしのよっしん
2022/08/18(木) 23:02:02 ID: EPGkAFczoq
調べなおさずに各コース記憶を思い返したが、ステージ1の印が薄いと言いきれた。(ここだけ名前思い出せんw)

0:ドルフィンパークレースではなくチュートリアルコースイルカが先導する。
1:(????):本土から少し離れた極端に細長い小判を回るコース。これ以外覚えてない。
2:サンセットベイ:夕焼けで「く」みたいなの周りを周回する。夕日がまぶしかった。
3:ミルキーレイク霧の湖(ただし最後の周回は晴れる)で丸みを帯びた正方形のようなコース。ここだけなめらかで穏やかなBGMだった。
4:マリンフォートレス:↓のポートパイレーツとごっちゃ気味だが確かこっちは。分岐ルート門があった。
5:ポートパイレーツ:大きなが止まるコンクリートの港でこれらを周回。ハード以上では港部分のマップが大きく違う。
6:キャッスルシティハードで解禁。夜景美しい沿いの町を周回。何故か機が。
7:クールウェーブエキスパートで解禁。氷のコースで障物に流氷がある。
8:サザン
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
13 ななしのよっしん
2022/09/14(水) 02:22:00 ID: +g/xz7JPGe
64本体と一緒に買ったソフトマリオとこれだったわめっちゃ懐かしい。マイケルだけが2回転出来たってのもあってかレースよりもスコアアタックにハマってたっけ。
得点を得る直前にスタート押してメニュー開くとキャンセル出来て、別の技をやるかゴールした時にとんでもない量の得点が入る小ワザ(バグ技?)があったと思うけど、配信版はその辺修正されてるんかな
14 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 06:05:19 ID: d2kO5/qjm5
いざやってみて思うのが意外とトリックがむずいな。
説明を読んでも何が何だか、