ウォルター・バジョット単語

ウォルターバジョット

ウォルター・バジョットとは、19世紀に活躍したイギリスジャーナリスト評論家経済学者である。イギリス歴史

概要

現在でも世論に強い影を与えている古参雑誌「エコノミスト」の編集者として内外のさまざまな融・財政問題に関する論文をだした経済学者である。

その名は貨幣経済学者経済学について広く知られており、代表作の「ロンバー」はあらゆる銀行関係文献において最も頻繁に引用される書物の一つである。

バジョットは政治家していたが、名されることもなく、また四回連続で当選することができなかった。しかしながら閣僚達に助言を与えることもしばしばあり、グラッドストンは彼のことを「控えの大蔵大臣」と呼んだこともある。

バジョットにも言えることであるが、思想系の古典を読むといくぶんか退屈になることがある。それは書かれている内容が酷く”当たり前”すぎるからだ。しかしながらよくよく考えてみれば、その々の"当たり前"を作ったのが古典であるのだから、"当たり前"と考えるのは順序が逆と言える。バジョットのロンバーもあるいは多少詳しい人がみれば当たり前すぎることしか書かれていないのかもしれないが、そのようなことを踏まえれば古典としての読む価値が再認識されるだろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォルター・バジョット

1 ななしのよっしん
2014/10/06(月) 02:00:58 ID: 6KaJJjyn46
人生における最大の喜びは、お前できるわけがないと言われたことをやってのけることだ

にとってのバジョット最大の功績は、幾冊の著書でも、幾回の政治活動でもなく、このたった一つの言葉だ

急上昇ワード