ウォンバット単語

ウォンバット

 ウォンバットとは、オーストラリアの低木原に生息するカンガルーウォンバット科の哺乳類である。

概要

生態

 褐~黒色の毛深い毛を全身に持つ。体長は約1m程度、体重は20-30kg程度。柴犬のようにピンと伸び、アナグマのようにずんぐりとした体で、手足は短い。なお、尾はほとんど残っていない。鼻はたく、毛が生えている種類とない種類がいる。
 普段はよたよたと歩くスピードが遅いが、本気を出せば自転車を追い抜くほど走り続けることができる。ウォンバットでさえ本気を出せばすごいのにお前らと来たら・・・。おとなしくとても人なつこい性格である。

 植物の葉や根っこを好む食性。
 有袋類であり、カンガルーのように袋の中で赤ん坊を育てる。一頭当たり子供は一頭まで。産まれてから半年くらいたつまで、子供は親の袋の中で生活する。
 鋭いが付いた頑丈な前足でを掘って巣を作る。は巣で、は外に出歩く夜行性である。

敵の撃退方法

 ウォンバットは非常に固く、それを利用した独特の攻撃方法がある。

  1. まず、を敵に向けながら巣に逃げ込みます。敵は後ろについてくるとします。
  2. で巣をふさぎます。
  3. 2で敵が退けばそれで済むが、そうでない場合は体を低くすることでを少しあけ、敵を上部に誘い込みます。
  4. 敵がウォンバットにのりかかるような形になったら、でひたすら敵を天井に打ち付けます。

 以上の行為を、壁ドンならぬ通称ドン[1]相手は死ぬ(こともある)。可愛い顔して凄まじく、敵には慈悲を持たないウォンバット・・・恐ろしい子っ!
 生物によっては頭蓋を砕くこともあるほどの威なので、実際にウォンバットと触れ合う機会がある場合は念のため注意しておこう。(も、前述のようにウォンバットは人に慣れやすいため、危険性は低いと思われるが・・・)

日本の動物園

 オーストラリア生息の生物であるが、僅かながら日本動物園で飼っている場所もある。気になる人は調べて是非現地に足を運んでみよう!

ウォンバットが登場する作品

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *2015/10/18放送「ダーウィンが来た! 433回」より

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォンバット

11 ななしのよっしん
2017/03/20(月) 21:37:28 ID: R2hk9NM0wi
オイオイオイオイオイオイオイオイ
カンガルー哺乳類じゃないとしたら何だと思ってるんだ???
爬虫類鳥類とは思ってないよね
12 ななしのよっしん
2017/04/06(木) 14:00:46 ID: 0n+pE/ZcUL
ウォンバットカンガルー哺乳類の中の有袋類と呼ばれるグループだね
哺乳類には単孔類・有袋類類(有胎盤類)の三つのグループがあって左から順に登場している

単孔類(カモノハシハリモグラ)はを産む原始的な哺乳類鳥類爬虫類と同じような総排出腔を持ち、乳頭もまだない
有袋類は胎内で子供を育てるけど胎盤が未発達なため期間が短い、だから産んだ後しばらくはおの袋(育児嚢という、乳頭はこの中にある)で育てる
そして類はヒトとかイヌとかウシとかの一般的な哺乳類なので説明は不要かな

>>10類を哺乳類と間違えて言ったんじゃない?
13 ななしのよっしん
2017/04/09(日) 02:16:03 ID: PrbpkUhAdg
野生の個体さえ人間にあっさりついてくる駄
14 ななしのよっしん
2017/05/10(水) 14:11:58 ID: ZZF8R3xiX5
まじ?今度オーストラリア行ってこようかな
15 ななしのよっしん
2017/05/14(日) 19:19:31 ID: Qxndj3IG/U
オーストラリア動物園にいたが・・・いや冗談抜きで人懐っこい。
柵向こうにいるのに、こちらに寄って来てリフリ振っていて、移動したらそのまま追いかけて来て振っている。
(と言うか岩山?)に頭突っ込んでいるもずっと振っていてた。
16 ななしのよっしん
2017/05/23(火) 07:00:35 ID: N8wOcezJwH
とにかくとりあえずは振るんだな
17 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 14:44:08 ID: 0Tgsf/1sWF
ブタウサギ
18 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 14:46:28 ID: s5z7jm2FIt
>>11
>>12
「~類」の下にまた「~類」があるの?
19 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 15:12:52 ID: 4e4cz6AJ/M
>>18
「類」というのは分類学的に正確な表現ではない
生物の分類は上から界-門-綱--科-属-種
哺乳類というのは「哺綱」、有袋類というのは「有袋上」にあたる
爬虫類とか両生類とか「類」は「綱」にあたるものが多いけど霊長類は「霊長(サル)」とか例外も多い
20 ななしのよっしん
2018/01/04(木) 00:35:04 ID: 0n+pE/ZcUL
>>19
他にはげ類とかね
似たようなものをまとめて○○類って呼ぶこともある(メダカ類とか)
分かりやすく説明するときなんかは類って表現が多い気がするね

調べたら有袋類たちは下綱(綱との間のさらに細かい分類のひとつ)の時点でヒトなどの類とは違う分類に入るらしい
それほど自分たちとはかけ離れた動物なんだね
(飼育下とはいえ)そういうかけ離れた生き物とスキンシップをとることを好んで、それが減ると鬱病になったりまでするなんてなんか不思議
ウォンバットに限った話じゃないけど遠く離れた分類の生き物同士のコミュニケーションってなんか惹かれるものがある