ウォーズマン単語

ウォーズマン
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ウォーズマンとは、ゆでたまご漫画キン肉マン』及び『キン肉マンII世』に登場する人である。

概要

ウォーズマン

機械人のハーフロボ人。旧ソ連出身。正式なリングネームは、「ザ・ウォーズマン」。尽くめの体に、機械のような素顔を隠すためのマスクを付けているのが特徴。無口な性格で、普段は「コーホー」という呼吸音を発している。
人強度は100万パワー、当時の正義人の中では最も高い数値である。
残酷なファイトを好む残虐人だったが、後に正義人に替えする。通称「ファイティング・コンピューター」。

得意技は、手の甲に仕込まれたベアクローを使い、相手に回転しながら襲いかかる“スクリュードライバー”と、背後から相手にのしかかり相手の両腕を締め上げる“パロ・スペシャル”。
当時、ウォーズマンに影されてパロ・スペシャル真似する子供が多かったため、単行本や学校会にて「危ないからパロ・スペシャルごっこをするな」という注意が飛んだ。尚、実在の(正調)パロ・スペシャルとは、掛け方が前後逆になっている為、実際のプロレスの試合でこれを掛ける場合は、“ウォーズマン式”として区別されている。

生い立ち

永遠の強さを機械人となった父親ミハイルマン(本名ミハイル・ボルコフ)と人間母親ナターシャの間に生まれたロボ人・ニコライとして誕生。ミハイルマンが機械人に改造されてから誕生したため、ロボ人として生まれることとなった。ロボ人としての出自や醜い素顔のため、周囲からは虐められ、疎遠にされていた。その後、ミハイルマンは試合中の暴走が原因で自殺と二人で貧しい生活を送っていたが、やがてナターシャも病死し、孤児となる。

10年が経ち青年となったとき、機械人としてのをつけたソ連人育成組織「SKGB」にスカウトされる。そこでマスクベアクロープロクターを受け取り、「ザ・ウォーズマン」というリングネームが与えられる。SKGBでの日々は、過酷な訓練の毎日であったが、暖かい毛布で寝られ、飢えることもなく訓練に打ち込める生活に喜びを感じていた。しかし、SKGB的は戦争用のロボ兵士の量産であり、自分はロボ兵士実験台でしかないという事実を知ってしまう。

SKGBの幹部たちを倒して脱走を企てたウォーズマンは、行く手を阻んできた訓練仲間であるロボ人・カマーンダスと戦うことになり、パロ・スペシャルによって撃破する。その際、一部始終を見て、アドバイスを送っていたバラクーダことロビンマスク子入りすることとなり、強人への第一歩を踏む。

テレビアニメでは、ロビンマスクと会うまでは、やられ専門レスラー養成機関」にいたが、闘う本が負けることを許せず相手を打ちのめし脱走したという経歴を持っている。

残虐超人時代

21オリンピック編より登場。初登場こそさりげなく名前や顔が出た程度であり、人未開の地とされたソ連の代表だったため当初は全くのノーマークであったが、最終予選の50km耐久ローラゲーム1位通過。本戦に入ると1回戦でスクリュードライバーによりティーパックマンを惨殺、2回戦では、ペンタゴンをもぎ取り、ベアクローによる残虐な攻撃でもってあっさり破り、注を集めるようになる。

準決勝においては、かつて同じ残虐人だったラーメンマンリングでの棺桶デスマッチで対戦。ラーメンマンの攻撃を全て読んだうえでかわしてしまうファイティング・コンピューターの本領を発揮。不屈の人魂を持つ強を相手に全く寄せ付けず、ベアークロ―によって惨にも切り裂いていき、最後は再起不能まで追い込み圧勝。この時、とどめ技となったスクリュードライバーを抉ったために、ラーメンマンはその後長く植物状態となってしまい、古傷とトラウマに悩まされることになる。

決勝を前に、師匠バラクーダの正体が前回のオリンピック決勝でキン肉マンに敗れたロビンマスクであることが発覚。打倒キン肉マンのために復讐となったロビンは、自らの格闘テクニックと冷酷・冷・冷血の「氷の精」を叩き込んでいた。ただし、自身は全に感情を捨て去っていたわけではなく、本来の優しさが顔を覗かせることがあり、ビビンバはこれに気付いていた。

決勝戦は、キン肉マンとの覆面剥ぎデスマッチとなる。序盤は、ロビンマスクコピー技を使用していたため、キン肉マンに技が読まれてしまう。しかし、ロビンマスクコピーではない本来のを見せ始めると、苛な攻撃によってキン肉マンを大流血に追い込んでいく。その後、キン肉マンクリーンファイトに触発され、ロビン示に反してベアクローを自ら外し、クリーンファイト覚めたことで才がさらに開闘の末、必殺技のパロ・スペシャルによってギブアップ寸前にまで追い詰めるが、30分以上戦うと体がショートしてしまう弱点があったために、キン肉バスターによる逆転負けを喫してしまう。試合後、マスクを外して素顔をし、初めての場で言葉を発すると、ロボ人としての悲しい生い立ちを告白する。
敗れはしたものの、ウォーズマンはキン肉マンとの戦いを通し、クリーンファイトの素らしさに覚めることとなった。以後、キン肉マンたちと友情で結ばれるようになり、アイドル人軍団の一員となる。

ここで終わっていれば、キン肉マンの良き好敵手という印だったのだろうが…。

栄光からの転落

オリンピック以降のウォーズマンは転落人生を歩むこととなった。

<7人の悪魔超人編>
<黄金のマスク編>
<夢の超人タッグ編>
<キン肉星王位争奪編>

…等、ほとんどかませ犬的な役割を担うようになり、王位争奪編でザ・マンリキに勝ったくらいで特に立つ活躍を見せることはなかった。

スクラップ三太夫でのウォーズマン

ゆでたまご黒歴史漫画スクラップ三太夫』は時系列的に『キン肉マン』の未来世界にあたるのだが、そのラスト付近でウォーズマンが登場している。
みんなが宇宙に出た中で一人だけ地球に残り警察官になったが、孤独さのあまりヤケになって飲んだくれているという悲惨な設定になっている。キン肉マンたち正義人の功績を讃える博物館を襲撃しようとした強盗ロボットを三太夫と共に迎え撃ち、三太夫とのツープラトン技で討ち果たす。

後に「マッスル・リターンズ」やII世」や「無量大数軍編」などの続編が描かれてくると、このスクラップ三太夫に続く可性は小さくなってしまったと思われるが、これはこれでなかなか感動ものの話なのだ。一見の価値あり。

II世でのウォーズマン

クロエキン肉マン』の続編である『キン肉マンII世』の第1回人気投票にてII世に出演してないのに人気投票3位」という快挙を成し遂げる(正確にはII世の読切版や回想シーンでわずかに出ているが、直接のストーリーには絡んでいなかった)。

作者であるゆでたまごはこの結果に対し「こんなに人気があるならもっと活躍させればよかった」的な発言をぬけぬけとしている。ウォーズマンはスクリュードライバー作者を攻撃、積年の恨みをらした。ギャアアア

その発言通り、その後のII世において

<超人オリンピック編>

ケビンマスクコーチ兼セコンド・クロエとして登場。祖国ロシア旧ソ連)を捨てて、師であるロビンマスク息子ケビンマスクに“OLAP”、“マッハパルバライザー”など数多くの戦術を教え込み、オリンピック優勝に導く。
天使のように細心に、悪魔のように大胆に」
(ここからウォーズマンの着ぐるみ人生は始まった)

<悪魔の種子(デーモンシード)編>

富士の山中での特訓中に倒れたケビン師に扮して介抱し、間接的に打倒ボルトマンのヒントを授ける。

…など、ウォーズマンに多くの活躍の場が与えられるようになった。

第4回人気投票では3連続1位ケビンマスクを抑え、とうとう1位の座にく。

あれ…II世の役って誰だっけ…?

<究極の超人タッグ編>

過去舞台とする究極のタッグ編では、未来から21世紀ウォーズマンが20世紀にやってくる。長年の戦闘経験とバージョンアップされた機械の体、そして原作最終話までの知識を全部知っているという強みを活かして自らの子でもあるケビンマスクの救出と時間人打倒を狙う。
だが正体を隠すためクマ着ぐるみ着て玩系なを装うとかやり過ぎな点が立つ。「クゥーン・・・。」

これまた正体を隠した「マイケル」とのクマ着ぐるみコンビヘルズ・ベアーズ」を結成。自らは「ベルモンド」と名乗り、究極のタッグに参加。予選バトルロイヤルでは、らしい貌から特に女性ファンを中心に人気を集めるが、ジャングルブックスを間引き、ネプチューンマンの攻撃からキン万太郎を救うなど、実の片りんを見せる。

1回戦で同じ旧ソ連出身のチームコースマススプーニックマン、メテオマン)と対戦。序盤はコースマスの連携技に攻められる時間が続いていたが、少しずつ実を見せ始めるにつれてその正体が明らかになっていく。そして、ついに着ぐるみを破ってウォーズマンとしての姿を見せると、ツープラントンテディー・クラッシュコースマスを撃破する。

2回戦では、前回のタッグ戦で勝てなかったネプチューンマンに対してのリベンジセイウチンを元の正義人に戻すという的からヘル・イクスパンションズ(ネプチューンマンセイウチン)との対戦を選ぶ。上野動物園での試合は、「アニマルチェンバーデスマッチ」でおこなわれ、試合の中でパートナーマイケルの正体が性と知性を併せ持つマンモスマンであることが発覚。口笛によってマンモスマン性を抑え、正義人として戦うようコントロールしていた。そして、説得によってセイウチンの洗脳は解かれ、正義人としての再生のためにパロ・スペシャルで制裁を加えKOすることで1つ的を果たす。一方、将来敵として現れるものの、この時点ではまだ未発見であったマンモスマン先手を打って味方に付けておくという作戦を見せるが正義教育に失敗。マンモスマン悪魔の心を抑えられずネプチューンマンに寝返ってしまい、かつて自分が倒された人2人と1人で戦うというなかなか鬼畜シチュエーションに立たされる。セイウチンが自らを犠牲にしてったのもむなしく新ヘル・イクスパンションズの地獄氷結落としによって敗北。長年のメンテナンスの賜物で命を失うまでには至らなかったが、緊急の治療を要すために担架で運ばれて入院することになり、 またしてもマンモスマンにやられるという悲惨な末路を辿った。ヒューゴー

TS平行世界キン肉マンレディー)で、はわわわ~なドジっ子アンドロイドな女人なのが納得いったよ。

<完璧・無量大数軍編>

…と、ここまでは底的にいじめ抜かれたウォーズマンだったが、無量大数軍編でついにその待遇が変わる。

メディカル・サスペンションによる体治療から開放された後、ロビンたちアイドル人と共に第2ラウンドから参戦。ピラミッドリング迷路トラブルもあり、無量大数軍第二との戦いの最終戦で姿を見せる。
正義人のリーダーロビンマスク完璧超人の重要人物ネメシスとの大将対決の後、大トリを務める重大な場面である。しかもこの試合で命を落としたロビンから正義人軍団のリーダーに任命された直後の試合である。
対戦相手はいかにもマンモスマンを彷彿とさせる系大ポーラマン。この時点で「ああ、また負けか」と多くのファンは諦めていた

それでもビッグタスクやパワフルノーズがいぶんだけマンモスマンよりはまだマシかなーと希望的観測はあったものの、ポーラマンの怪力は想像を絶しており、ベアクローはほとんど叩き折られ、ヘルメットはひしゃげ、全身ヒビだらけで漏電&煙を噴くというダメージを負ってしまう。

……だが今回のウォーズマンはウギャアしなかった!!
ポーラマンの手足にダメージを蓄積させ、マンモスマン戦では全く役に立たなかったウォーズマンスマイルを使っての回避、「ござーい」ではいちゃんとしたウォーズレッグブリカー、いつもマスクを狩られて負けるところを素顔でも勇敢に戦い続ける、30分経ったら負ける定番の展開を「友情モード」で逆転、怪力キャラに強引に外されるのがお約束だったパロ・スペシャル全にKO勝ち……と、これまでバカにされつづけてきた要素をひとつひとつ丁寧に打破。最後は「人はツラで勝負しているわけではない」というセリフと共にパロ・スペシャル・ジ・エンドに持ち込み、強ポーラマン相手に勝する。
これでもかと言うほど念入りにネタキャラ扱いを粉砕したのだった。(そのため試合はやたら長くかかった)この戦いでロビンの意志を継いだことでメンタルが飛躍的に強化され、これまでのトラウマを払拭しての勝利といえる。

さらに続く完璧超人始祖との戦いでは対戦の機会がいまま完結
ロビンマスク死亡テリーマンは片足を失い、ラーメンマンブロッケンJr.敗北で終わった中で、を付けられずにシリーズを終えることができた。あやうくネメシスに突っ込んでやられるところだったがラーメンマンが代わりに負けてくれた

<大魔王サタン編>

新たに地球侵略に来た大魔王サタンによって、他のアイドル人たちと共にキンのマッスルガム殿に封印されてしまう。

地球ではウルフマンたちが防衛戦を展開し、さらにキン肉マンスーパー・フェニックスら運命の王子たちが現れ、アイドル人たちの出番は当分の間さそうである。

プロフィール

ウォーズマン理論

“7人の悪魔人編”において、バッファローマンとの戦いで追い詰められたウォーズマンは、起死回生の策として

ベアクローを両手につけて)100万パワー+100万パワー200万パワー!!
いつもの2倍のジャンプが加わり、200万×2の400万パワー!!
そして、いつもの3倍の回転を加えれば、400万×3の
バッファローマンお前をうわまわる1200万パワーだーっ!!

…というトンデモ理論によっての矢となり、バッファローマンめがけて捨身の攻撃を行なった。
しかし、この攻撃はバッファローマンの左を折っただけに終わり、を使い果たしたウォーズマンはとどめを刺され、敗北した。

↓参考動画

この理論ウォーズマン理論と呼ばれトンデモ理論の多いゆで理論の一つとして今日に伝えられる。

II世」では若い人が学ぶ学校でこの理論が教えられており、作中では本当にこの計算式で正しいらしい……。

オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ=友情

…と、かなり長いことかませ犬扱いが続いていたウォーズマンだが、

このように正義人になってからは他の人以上に仲間の為に命を投げ出す場面が多く、氷の精を持った残虐人や感情のロボ人というイメージとは裏に、実は正義人の中で一番友情に厚い男かもしれない。

迷言名言集

(おかしなフォントは太字にしてます)

「コーホー」
その必要はないキン肉マン
キン肉マンとやる前に おれとやりな」
「みんな、地獄で会おうぜ」
「こ…こわい…」(オイ…)
「逃げは勝利への糸口にならん」
「実戦で明してみな!」(バッファローマンに対しての命知らず発言)
お前友情は見せかけだったのか!?
「アワワ…」
「笑うな…笑うなー!!」
「これぞウォーズ・レッグブリカーでござーい!!」
「そうら泣け わめけ 叫べ 氷の精持つオレさまにはいいメロディに聞こえるぜ」
「こ・・・ここはどこだ?わたしはいったい!?」(←残虐ファイトしたのをを覚えてない・・・)
キーンーマーン」
「ウギャア キンマーン!!」

その他のネタ

おもな必殺技

<シングル技>
スクリュードライバー
ウォーズマンの代名詞とも言える技。片手のベアクローを突き出し、錐揉み回転しながら相手に突っ込み刺し貫く。ラーメンマンに突き刺し、植物人間にしてしまった技としても有名。
バッファローマン戦では、前述のとんでも理論による二刀流ベアクローによって1200万パワーの矢となったパワーアップバージョンを披露。
パロ・スペシャル
ウォーズマンを代表するもう一つの技。「アリ地獄ホールド」「ツンドラの墓石」とも表現される。
相手の背後から両足を内側から引っ掛け、両手をチキンウイングで絞り上げる関節技。もがけばもがくほど技が深みにはまり、その態勢から相手を地面に叩きつけることにより、「パロ・スペシャル ジ・エンド」に移行する。
幻の技とも言われ、脱出不可能とされていた・・・はずだったが、後にバッファローマンネプチューンマンに外されている。しかし、これはウォーズマンの心の中に迷いがあったために技の価を100%発揮できなかったからであり、ポーラマンと対決した際は数々の迷い・トラウマを振り切った璧な形をかけている。
ロビンマスクはこの技を見てウォーズマンをスカウトしたはずだが、後になぜかロビンがウォーズマンに伝授した技ということになっている。
元は実在プロレス技で、プロレスラージャッキー・パロが考案したものだが、かける側の身体が前後逆。ロビン息子であるケビンマスクOLAPが本来の形である。
「究極のタッグ編」で21世紀ウォーズマンが使用したものは、自分から相手にかける技ではなく、相手のを利用する技へと昇したことにより、ロビンマスクから「地にたどりついた」と賞賛されている。
ウォーズ・ピストンエルボー
相手の上に肩車の形で乗り、そのまま頭部へと肘打ちの連打を叩き込む技。相手のの下に自分の足を差し込み、両腕の動きも封じている。
ウォーズ・レッグ・ブリカー
仰向けにした相手の両脚を垂直に上げさせ、そこに自分の足を絡ませ体重を掛けて相手の両脚をへし折る関節技。
クロー・ウォール(
ベアクローの隙間を合わせるように交差する、防御法。
ロケット
ロビンマスクと同じく人間ロケットの要領で頭から突撃する。
<タッグ技>
タッグフォーメーションA
人師コンビのツープラトンロビンマスクタワーブリッジによって身体をしながらせ、その反動で相手に飛びかかってローリングベアクローで切りつける。
テディー・クラッシャー
ヘルズ・ベアーズのツープラトン。片方の相手をベアハッグにかけ、もう一人をマイケルマンモスマン)が中で、両脚と胴を自分のと股で挟み込むようにクラッチしたツームストーン・パイルドラバーで落下、相手の同士を突させる。
アイスバーグ・アバランチャー
ヘルズ・ベアーズのツープラトン。相手をダブルアーム・スープレックスで投げ、飛び上がったところをマンモスマンが共に飛び上がり、ウォーズマンの両脚をマンモスマンの大腿部に乗せ、ウォーズマンごとそのまま相手を投げる。
<その他>
ウォーズマンスマイル
残虐時代のウォーズマンを徴する不気味笑顔。戦いにおいての実者と向き合ったとき浮かび上がる。キン肉マンと戦うまではこれを見て生きて帰れたものはいなかった。正義人入りしてからは封印していたが、王位争奪編で一時的に記憶を失っていたことから見せている。マンモスマンポーラマンと戦ったときは防御方法として出現させている。
友情スーパーユウジョウ)モード
ポーラマン戦で発動させた新たな。これまで試合開始から30分を過ぎると体がショートして戦えなくなるという弱点をもっていたが、「オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ」に「シンジルココロ」をインプットすることで「友情」がバージョンアップ。これにより活動限界を5分伸ばすことが可となり、さらに10倍のパワーも得られる。

声優

キャラクターソング

悲しみのベアクロー
歌:Woo、こおろぎ'73 / セリフ堀秀行 / 作森雪之丞 / 作曲明 / 編曲慶一

関連動画

ウォーズマンを中心とした動画はそれほどいが、格闘ツクールで作られたキン肉マン格闘ゲームマッスルファイト」の動画漫画アニメシーン再現されたりしている。

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォーズマン

143 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 15:39:06 ID: i/PvXESO4t
メタ的に言えばウォーズマンの欠点は残虐ファイト封印後の戦闘スタイルがあまり確立できてないことだと思う
良くも悪くも必殺技の印が強過ぎるというか
144 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 09:36:05 ID: FSb1syc0bF
機械の体が遺伝、「両足が極まりやがてはヘシ折られる」→両腕がもげる、とビギンズでもゆで理論サービスだったな。
145 ななしのよっしん
2018/08/12(日) 23:57:23 ID: IhViGEBZMU
>>143
手な必殺技がないテリーマンの戦い方が地味とかよく言われるけど
ウォーズマンの戦い方って確かにあんまり印にないよね
ベアクローとパロスペシャルの印が強すぎて他にプロレス的なことやってるイメージがない(あえて言うならウォーズレックブリカーでござーい)
ポーラマン戦はそこらへん色々気にして描いてた印を受ける
146 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 07:55:14 ID: jdDcc0FEOe
始祖編のウォーズはもう一戦やらせるつもりで残したけどタイミング逃して結局何もしないまま終わった感がある
とはいえもう一戦やったところでネメシスか武道ボコられるだけだろうから今のままがベストだった感もあるけど
147 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 12:52:08 ID: XyNTw8+esk
そういえばなんで一期のアニメ中に声優が後退してるの?王位争奪戦で変わるのは分かるんだけど
148 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 13:05:27 ID: Py4S3nJcyI
>>147
昔のアニメでの声優交替は正直特にたいした理由がない場合も多いからなぁ...w
149 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 22:19:04 ID: +66TXDKEgz
でも初代の人ウォーズマン以外もちょこちょこやってたのに、復活してからいきなり交代したのはやっぱだな
150 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 16:25:03 ID: x41dUWOfcC
半分ロボとは言いながらも、全編通して一番情に厚くて良いだった思い出
と言うか師匠ロビンがうすのろ発言抜きにしてもバラクーダ時代が酷すぎる
151 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 21:04:08 ID: D4PbTeL9kY
多分サタンロビンを復活させて操る展開が来ると思うんだけど、その時はアイドル人で一ほぼ全快のウォーズに戦ってほしい

人師対決も見たいし、かつてウォーズが復活したときに記憶を失ったウォーズのためにバラクーダに(モップで)戻るロビンへのお返しとか
152 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 01:56:07 ID: XWZ+YDMsci
ウォーズがリーダーっぽいとこ今回やるのかな。

正直、正義人のリーダーではなく、自分の軍団を持った方が良い気がするな。
ロビンが復活したら元になるんだし。

ペンタゴンマンモスマンネプチューンマン辺りを誘ってみてはどうか