編集  

ウォーレン・クロマティ単語

ウォーレンクロマティ

ウォーレン・リビングストンクロマティ(Warren Livingston Cromartie)とは、アメリカロリダ州出身の元プロ野球選手である。かつて読売ジャイアンツなどに所属していた。称「クロウ」。

概要

ウォーレン・クロマティ
Warren Cromartie
基本情報
出身地 アメリカ合衆国
生年 1953年11月29日
身長
体重
183 cm
87 kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 外野手
プロ入り 1973年
引退 1993年
経歴
マイアミ・ティ短期大学
モントリオール・エクスポズ(1974年-1983年)
読売ジャイアンツ(1984年-1990年)
カンザスシティ・ロイヤルズ(1991年)
プロ野球選手テンプレート

1973年エクスポズに入団。4年からレギュラーに定着したが、成績は隔年の傾向があった。1983年オフ巨人に入団。

1年1984年)から打率.280 35本塁打 93打点と活躍。
1985年以降3年連続で打率3割をマークし、1986年には打率.363を記録したが、この年はランディ・バースがそれ以上の成績(打率.389)を残した。
1989年には打率4割をし、96試合まで打率4割を保っていた。最終的に.378に終わったが、首位打者を獲得。リーグ優勝に貢献し、MVPに選ばれた。1990年巨人を退団。巨人史上最強の助っ人として親しまれた。

1991年ロイヤルズに入団しメジャー復帰したが、1993年引退した。

陽気なキャラで、する必要のないヘッドスライディングを行ったり、観客と「万歳三唱」をよく行ったりと、ファンからされた。

2007年からはハッスル・エイドでプロレスに参戦。デビュー戦では、かつて1987年乱闘で殴った元中日ドラゴンズ宮下己も応援に駆けつけていた。必殺技ホームランチョップを炸裂させ、ビバジャイアンツ(スライディンキック)で勝利し、万歳三唱していた。

独特のクラウチング打法が特徴だった。
ただ、素晴らしい打撃とは裏に守備面では肩に弱点があり、1987年西部ライオンズとの日本シリーズでは、彼の送球の低さを突いたライオンズの攻撃が顕著であった。

しかし守備全体で見れば、捕球については高準だったとされる。

魁!!クロマティ高校元ネタとなった人物だが、本人とは一切関係なし。

野球以外の活動

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3
ページ番号: 4759319 リビジョン番号: 1862848
読み:ウォーレンクロマティ
初版作成日: 11/11/07 12:57 ◆ 最終更新日: 13/07/30 22:41
編集内容についての説明/コメント: 守備について追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォーレン・クロマティについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 17:26:00 ID: Zu9iu3OHoJ
!!ウォーレン・クロマティ高校
2 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 03:00:51 ID: 3JfjNuDOdN
ジャイアンツビッグパワー
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス