ウグイ単語

ウグイ

ウグイとは、コイコイ科の淡である。

概要

ウグイ
Logo
コイ
コイ
学名 Tribolodon hakonensis
英名 Japanese dace

沖縄を除く日本に生息している。

全長約3050センチメートル。全体にこげ色で側面に1本のい筋がある。になると体の色が雌雄ともに鮮やかな3本の朱色の条線を持つ婚姻色へ変化。普段はの上流域から下流域に幅広く生息しており、産卵する時は浅く流れの緩やかな礫質の場所を選び、からにかけて集団で産卵する。食性は雑食性であり、小さなコケ水中昆虫などを食べる。

アカウオ」や「サクラウグイ」と呼ばれることもある。

雑食性のためどんな餌でも釣ることができる。それどころかうどんや魚肉ソーセージご飯などでも釣れる。人間お前は。餌釣りだけでなくフライフィッシングでもルアーフィッシングでも釣れる。
仕掛けを選ばない上に体が大きく育ち引きが強いため、遊び相手として親しまれている。しかし、仕掛けを選ばないということはどうあがいても避けることができないということでもあり、渓流釣り師からは概ね嫌われている。

旬はから初にかけて。小が多いが焼きや甘露煮などで食べられる。例によって生食は避けよう。
に生息していることから、ウグイは古くは重なタンパクであった。そのため食用として地域の文化に根差した存在であり、様々な工夫を凝らした数多くの郷土料理が存在するのもまた特徴。釣れた時は落ち込まずに郷土料理を作ってみるのも一かもしれない。
しかしウグイは鮮度の落ちが非常にいため、ほとんど漁獲されたその地域でしか賞味できない。それもあってか一部地域を除いて全く流通していないので、料理してみたい人は釣った方が手っ取りいだろう。
あるいはそこら辺の渓流釣り師にを掛ければたぶんもらえるが、リリースしている人が多いと思われる。

なお、初を過ぎたのウグイは恐ろしくまずいも食わないとされるレベル。冷や汁にして賞味する地域もあるが、焼きなどの一般的な調理法で食べるのはまずやめておいた方が良い

近縁種

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウグイ

1 ななしのよっしん
2014/01/02(木) 15:17:54 ID: WTOy/5K4en
コイで数少ないに行く種
チウグイはアブラハヤに近いんだっけ
2 ななしのよっしん
2016/04/27(水) 18:13:56 ID: 5ZS/iXdMDi
河口域でよく釣った覚えがある
ハゼやボラ、クサフグクロダイ、ガザミなどの生物が釣れる場所でもしっかり食いついてくる
ある時、内臓を取り除き姿のまま網で焼いていると、死んでいるはずなのに暴れたことがあった
3 ななしのよっしん
2017/04/20(木) 23:15:37 ID: DXmnAm4WXq
意外とルアーでも釣れるみたいだよ。スプーンとかスピナートラウト用ミノーで狙ってみると面いかもしれない