ウシュバテソーロ単語

59件
ウシュバテソーロ
1.1万文字の記事
  • 42
  • 0pt
掲示板へ

ウシュバテソーロとは、2017年生まれの競走馬である。鹿毛

な勝ち
2022年: 東京大賞典(GⅠ)
2023年: 川崎記念(JpnⅠ)ドバイワールドカップ(UAEG1)東京大賞典(GⅠ)日本テレビ盃(Jpn)

概要

ウシュバテソーロ
Ushba Tesoro
生年 2017年3月4日
サラブレッド
性・毛色 鹿
生産 日本JPN
生産者 千代田牧場
(北海道新ひだか町)
馬主 了徳寺健二ホールディングス(株)
調教師 高木登 (美)
名意味 山の名+冠名
初出走 2019年8月25日
戦績 34戦11勝[11-3-5-15]
獲得賞 22億1567万8200円
(2024年6月現在
日本歴代最高額、
世界歴代3位)
受賞歴
JRA賞
特別賞 (2023)
NARグランプリ
DG競走特別賞 (2023)
競走馬テンプレート

オルフェーヴルミルフィアタッチキングカメハメハという血統。
は「金色の暴君」といわれた三冠馬種牡馬としてもラッキーライラックエポカドーロなどの活躍を輩出しているが、BCディスタフを勝ったマルシュロレーヌなど特にダートでの産駒の活躍が覚ましい。
は中央で3勝を挙げており重賞ボールドブライアンがいる。
日本初のNHKマイルカップ日本ダービーの変則二冠を達成したで、かしい競走実績以上にリーディングサイアーに二度いた素晴らしい種牡馬成績を誇った。

2017年3月4日、新ひだか町の千代田牧場な生産ニッポーテイオーホエールキャプチャなど)で誕生。2017年セレクトセールにて2500万円(税抜)で落札された(下記動画の一番最初)。

オーナーは「テソーロ」冠名を用いる了徳寺健二ホールディングス(株)。了徳寺健二氏は柔道整復師を経て接院経営者となり、現在学校法人了徳寺大学学長を務める。2015年から馬主を始めており、本の前にはリエノテソーロで全日本2歳優駿を制している。2018年には北海道に自らの牧場「リョーケンファーム」を設立し、オーナーブリーダーとなった。リョーケンファーム生産からもウィルソンテソーロが出ている。
なお冠名「テソーロ」はスペイン語で「宝物」のこと。

所属は美高木登厩舎。同厩にはニシノデイジーなどがいる。
一本輪勝負服黄色メンコ印。

名の由来は「山の名+冠名」。ジョージア(グルジア)にそびえるウシュバ山が由来と思われる。ドバイワールドカップを制した際、駐日ジョージア大使(当時)のティムラズ・レジャバ閣下がこの点に絡めた祝福のツイートexitを寄せている。

お宝求めて怪峰へ

2歳~4歳

2019年8月25日新潟競馬場の芝1800mの2歳新大野拓弥騎手を背にデビューして5番人気5着。3戦からは江田照男騎手に乗り替わりとなった。

その後も勝ち味に遅く、3歳になった2020年は年明けから3戦連続3着を経て、皐月賞もとうに終わってしまった4月26日、7戦東京競馬場芝2400mの未勝利戦を差し切ってようやく初勝利を挙げる。
クラシック戦線へ一縷の望みをかけて出走した東京優駿トライアルプリンシパルステークスを4着に善戦したが、優先出走権内には遠かった。
その後は自己条件に戻るものの3歳の間は1勝クラスを4戦して勝利どころか一度も馬券に絡めず、9月レースを最後に長めの休養に入る。

明けて4歳の2021年3月に半年ぶりの復帰戦で13番人気ながら2着に好走。次戦も3着と成長を見せ、3戦新潟2200mの1勝クラスを大外から突き抜けて勝ち抜け。
また5ヶ休み、2勝クラスは6着→4着としたあと11月福島三陸特別(芝2600m)を勝ち抜け。
3勝クラスでは年末のグレイトフルS(中山・芝2500m)を4着として4歳を終える。

5歳

明けて5歳も引き続き3勝クラスに挑むが、3戦して5着→11着→6着とに突き当たる。

芝ではここで頭打ちかと思ったのか、営は4月30日の4戦に初ダート横浜ステークス東京ダート2100m)を選択。上は前走から続いて横山和生となった。当日の人気は14頭中7番人気
最後方付近から競馬を進め直線に入っても最後方だったが、直線外に持ち出すと、すさまじい脚で一気に前に迫り、坂を上ったあたりで先頭に立つ。なお飽き足らずに後続を引き離し、最後は2着のペプチドナイルに4身差をつける圧勝でオープン入りを果たした。この時の上がり3ハロン2位に1半差をつける34.0芝のレースと言われたら信じてしまうであろう破格のタイムであった。
ちなみに同日の3勝クラスで同じオルフェーヴル産駒のキムケンドリーム3勝クラス勝利、翌日にはアルドーレとラーゴムオープン戦勝利オルフェーヴル産駒ダートいた週であった。

その後は休養に入って、9月18日のOP戦ラジオ日本で戦線復帰。戦を務める横山和生フランスでの空港ストライキを受け帰が間に合わず、急遽木巧也騎手が乗ることになった。ここでは最後方から捲り上がり最速で迫るも、休み明けや急な騎手交代のもあってか大きく出遅れたことに加えて外、直線の短い中山と不利な条件が重なり、止まらない先行を捕まえきれずに3着に敗れた。

続いてダート勝利と同じ舞台であるリステッド競走ブラジルカップに出走。上は引き続き木巧也騎手。ここでは出負けするも上に促されて15頭中10番手あたりを追走。最終コーナーから外に持ち出して直線を迎えると前のたちを交わし去っていき、2身での勝でOP初勝利を挙げた。上がり3ハロンはもちろん最速、2位にコンマ6差をつける355を記録した。

その後は阪神に転戦し、横山和生上に復帰してのOP特別カノープスステークスに出走。ここでも後方に構えるも横をぴったりマークされ、前もと全く仕掛けられない状態となってしまう。しかし、直線入り口で強引に外に持ち出すと一気に前を飲み込んで2身半差で勝した。上がり3ハロンは373とやや遅くなったが、それでも2位にコンマ7差をつけレベルの違いは見せつけた。

そして暮れのダート大一番東京大賞典へ出走。チャンピオンズC組のテーオーケインズジュンライトボルトクラウンプライドって回避したことや、同競走4連覇中だったオメガパフューム引退したこともありやや手薄なメンバー構成であったが、同舞台帝王賞チュウワウィザードオメガパフュームを破ったメイショウハリオ、同舞台ジャパンダートダービー勝利したノットゥルノかしわ記念優勝で同じオルフェーヴル産駒ショウナンナデシコ、前年の川崎記念かしわ記念優勝で一昨年の同競走で2着のカジノフォンテンなどの強が集結。ウシュバテソーロは重賞勝利ながら、ここまで記録した末脚はメンバーということで、メイショウハリオに次ぐ4.3倍の2番人気となった。
レースでは勢いよくショウナンナデシコ逃げ、ウシュバテソーロはスタート直後から中団後方に下げメイショウハリオを見る位置で競馬を進めた。第3コーナー前から捲り上げるが現れ出し、メイショウハリオとウシュバテソーロも外に持ち出し3,4コーナー中間で仕掛けられる。一気に大外を捲ると6番手辺りで直線に突入。またも別格の末脚を繰り出し、ショウナンナデシコなどの先行とそれを捉えようとするメイショウハリオを外からまとめて抜き去り、仕掛けを待って追い上げてきたノットゥルノも引き離していく、最後は1身3/4差をつけてゴールGⅠどころか重賞初挑戦でGⅠ仲間入りを果たした。上がりはまたしても2位をコンマ5上回る372。ダート転向後見せ続けてきた切れ味がGⅠでも通用することを明した。
オルフェーヴル産駒はこの年両方でダートGⅠ級を勝利。初年度産駒デビュー年(ラッキーライラック2017年阪神JF)から6年連続GⅠ勝利となった。上の横山和生GⅠレース3勝で、タイトルホルダーでの有馬記念で不発に終わった悔しさを暮れの大舞台らしてみせた。

6歳

年が明け6歳初戦は川崎記念ドバイ遠征へ向けて始動するテーオーケインズとの初対決となり、単勝2.0倍の同に次ぐ2番人気(2.6倍)に推された。ウシュバテソーロは初の川崎ということで、小回りのコーナーへの対応や、大井より短い直線で自慢の末脚が活きるのか、といった点が焦点という感じとなった。
レースは先行する他の人気勢を見ながら少し離れた中団からスタート。1周スタンド前、戦線で捲り戦法でレースをかき乱すことで知られる紅一点テリオスベル(連闘)がここでも捲ってくる展開となり、ノットゥルノが引っかかったりペイシャエス込みに後退したりと隊列が乱れるが、ウシュバテソーロは動じることなく、テーオーケインズを見るような中団の位置で競馬を進めた。
そのまま3~4でも内ラチ沿いを立ち回り、川崎タイトコーナーを綺麗にコーナリングしながら加速。テーオーケインズを4でかわして直線入口で先に抜け出すと、追いかけてきたテーオーケインズを寄せ付けず半身差、追い込んで3着に上がってきたニューモニュメントには更に4身差をつけて勝。
当然のように上がり最速の395(上がり2位テーオーケインズとはコンマ4差)を出して、4連勝でGⅠ級競走2勝マークし、確固たる実明する結果となった。

この連勝で予備登録していたドバイワールドカップから招待が届き遠征へ。当日は和生が日経賞タイトルホルダーに騎乗するため、上は川田将雅となった。本番はパンサラッサテーオーケインズヴェラアズールカフェファラオジュンライトボルトクラウンプライドジオグリフ日本勢が8頭も出走する中、日本での馬券発売・海外ブックメーカーとも4番人気に支持される。

この30分程前にイクイノックスドバイシーマクラシック恐怖ノーステッキ逃げ切り勝ちを納めた衝撃も醒めやらぬ中、レースは大外パンサラッサハナを取りきれず、内のリモースと2頭で逃げる形に。ウシュバテソーロは1頭ポツンと最後方、中継の画面からも外れるような一番後ろからスタートする。3コーナーあたりでパンサラッサ尽きて沈む一方、ウシュバテソーロは外へ持ち出すと、4コーナーから一気に捲りを開始。直線に入ってその末脚で猛然と追い込みアルジールスを並ぶ間もなくあっさりとかわすと、あとは突き抜ける一方。2と3/4身差をつける圧勝でゴールに飛び込んだ。後に公式ラップタイムexitに掲載された上がりは2位076上回る3787と世界舞台でも末脚は一切変わらなかった。

2011年ヴィクトワールピサ以来2頭ダート開催となってからでは初のドバイワールドカップ制覇。1年前には芝の3勝クラスに突き当たっていたが、ダートグレード競走負けしの勢いのままに、一気に世界ダートの頂点へと駆け上がった。
上の川田将雅日本人ジョッキーによる同レース初制覇。2021年ラヴズオンリーユーと共にブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ海外GⅠを制した名手がでも快挙を達成した。
また、了徳寺オーナーは実は中央重賞勝利。中央重賞より先に交流GⅠに続いて海外ダートGⅠゲットしてしまった。
なおこのレースの約8時間前には戦の和生がタイトルホルダー日経賞を楽勝。の向こうで復活劇を決めた彼にも吉報を届ける事が出来た。
そして2023年1996年レース立から始まった川崎記念ドバイWCの両取りが可な最後の年(2024年より川崎記念4月開催に変更)。ホクトベガから始まり数々のダートわなかった両レース制覇を、ウシュバテソーロは初めて成し遂げた最初で最後のとなった。

後日発表されたロンジンワールドベストレースホースランキングではこのレースレーティング122ポンドを獲得。全体6位タイであり、イクイノックスをはじめとした並居る芝に紛れて現役ダート最高値を叩き出した。普段はあんだけやる気ないのに

そんなウシュバテソーロだが、帰後はの暑さが苦手という事で帝王賞には出走せず、まで休養に入る。そして凱旋門賞という話もあったが、日本テレビ盃をステップに、アメリカダート世界最強決定戦であるブリーダーズカップ・クラシックに挑むことが表明された。日本BCクラシック出走自体、実現すれば2010年エスポワールシチー以来13年ぶりである。今年のブリーダーズカップ西海カリフォルニアサンタアニタパーク競馬場での開催であるため、日本からも参加しやすいのも大きな理由だろう。日テレ盃を回避した3歳デルマソトガケも間に合い、フライトラインが去った後の米国ダートへ2頭で挑む。

始動戦の日本テレビ盃は初の対古となるJDD3着ミトノオーエルムステークスを勝って上り調子の4歳セキフウらとの対決。ウシュバテソーロとミトノオーとの斤量差は4kgだが、逃げ後者をどのように捉えるかが焦点となった。
レースではいつも通りやる気なさげに後方待機かと思いきや発よく前に出ると、3番手追走という今までとは違う競馬を見せる。逃げミトノオーに並び掛けるスワーヴアラミスからやや離れた位置を追走、3コーナーから4コーナー付近では上にガシガシ追われる場面もありながらも直線入口で一気に交わして先頭に立つとそのまま抜け出して2身半差で勝。これで通算6連勝とした。
ちなみに最後流したこともあってか、横浜ステークスより7戦連続で持ち続けてきた上がり最速の座をセキフウに明け渡すことになった(それでもコンマ1差の2位タイとなる372を叩き出しているが)。

かくして事に10月17日頃に検疫入りし、24日にデルマソトガケシャフリヤールら他のBCレース参戦組と共に渡。BCの週は同じ了徳寺オーナー有馬重賞3連勝中のウィルソンテソーロ菅原明良騎手と共にJBCクラシックに挑むことになり、日双方でテソーロ一門がダートの頂点をすことになった。
ブリダーズカップクラシックベルモントSトラヴァーズSを勝ち人気を牽引していた米国の3歳アルカンジェロが直前で回避となったものの、デルマソトガケ含め12頭中4頭が3歳という構図。ウシュバテソーロは一の6歳ということで、競走経験の多いベテランとしての意地を見せたいところである。オッズはJRAでは2.1倍の1番人気アメリカのオッズでも上位人気であった。
レースアレイビアンナイトが逃げホワイトアバリオが3番手、デルマソトガケが4番手となり、ウシュバテソーロは最後方となる。向こう正面で中団に付けて3コーナーから4コーナーにかけて捲り上げて直線に入るも、そこまで脚を使い過ぎたのかあまり伸びずにホワイトアバリオの5着。連勝は6で止まった。それでもBCクラシック日本最先着を2着のデルマソトガケと共に更新ドバイWC覇者、そして3歳ら若いがひしめく大レースで6歳としての意地を見せた。

気を取り直して帰初戦は連覇を狙って東京大賞典に出走。9頭立ての少頭数ながら、敗の南関東三冠ミックファイアや前走JBCクラシックGⅠ級初制覇を果たしたキングズソード、昨年の2着ノットゥルノ、同馬主で前走チャンピオンズカップ2着のウィルソンテソーロ、芝・ダート海外の三ドゥラエレーデなどの面々がった。そんな中でも単勝オッズ1.7倍という圧倒的な1番人気の支持を受けた。
レース逃げ不在ということもあってウィルソンテソーロが果敢に逃げを打つ展開となり、ウシュバテソーロは後方2番手といういつも通りの位置取りでの競馬となる。スローペースの展開の中、向こう正面で少し位置取りを上げて外に持ち出しミックファイアの後ろに付けた。そのままコーナーも大外を回して直線に入ると、その脚を発揮して前のたちを次々と交わし去っていき、最後は逃げウィルソンテソーロゴール前で差し切って半身差で勝利。2着ウィルソンテソーロ以下はほぼ中の隊列通りに入線する全な前残りの展開を大外ブン回しで差し切るという、1頭だけ格の違いを見せ付けるような内容で見事に東京大賞典連覇を果たした。上がりは論最速の370。に変わって時計の掛かる大井ダートで前年よりコンマ2速いという上がりは正に世界の末脚だろう。

結局1年間中央のレースは一度も走らなかったため、同年のJRA賞最優秀ダートホースフェブラリーSチャンピオンズCを制したレモンポップに譲ったが(それでも295票中126票を集め、レモンポップとは40票差だった)、ダートドバイWC初制覇が評価され、JRA賞特別賞を受賞した。また、NARグランプリでもダートグレード競走特別賞を受賞。

7歳

同期テーオーケインズカフェファラオ引退する中、ウシュバテソーロは7歳となる2024年も現役続行。当初は連覇の懸かるドバイWCへ直行予定だったが、状態は問題いという事でサウジカップへの参戦が決定。デルマソトガケクラウンプライドメイショウハリオ(出走取消)に加え、昨年のJRAダートGⅠを制圧したレモンポップも参戦し、現役ダート最強がお互いの適性距離の上限と下限だろう1800mで突するという意味でも注を集めた。当日のJRA馬券発売では、BCクラシック覇者ホワイトアバリオレモンポップに次ぐ3番人気
レースレモンポップが出負けして後方からになり、アメリカサウジクラウン逃げナショナルトレジャーが2番手でそれをマークする展開。いつも通り然と離れた最後方に構えたウシュバテソーロは、3コーナーあたりから徐々に進出すると、先行した2頭が後ろを突き放して直線を迎えた頃には外で集団の後ろに取り付く。そこからトップギアで猛然と追い込み一気に前をみ込んでいく。残り100mでナショナルトレジャーを捕まえ、あとはサウジクラウンをかわすだけ――と思った間、さらに外から強襲してきたのが、ウシュバをぴったりマークしてきたアメリカの6歳GⅠ勝利兵・セニョールバスドール! 2頭でのしい追いべとなり、ゴール手前10メートルサウジクラウンをかわしたが、ゴールを通過した間、わずかにセニョールバスドールにかわされて念の2着ホワイトアバリオ(10着)やデルマソトガケ(5着)への辱こそ果たせたが、最後の一歩で掴みかけた1000ドルはするりとこぼれ落ちていった。いや2着でも350ドル貰えてキタサンブラックえる歴代日本獲得賞ランキング3位に浮上してるんですけど。

続いて予定通りドバイへ転戦、連覇をしてドバイワールドカップに参戦。日本勢でサウジからの転戦は他にデルマソトガケのみで、ドゥラエレーデと同冠のウィルソンテソーロ内から合流した。海外勢は前走に続いてのセニョールバスドールや、アメリカ産でカザフスタンデビューロシアを経由したというUAE地元勢カビールカーンなどが注を集めたが、JRA馬券発売では堂々1番人気海外ブックメーカーでもデルマソトガケに次ぐ2番人気に支持される。
レースはいつも通り然と最後方に構えたウシュバテソーロ。今度はセニョールバスドールを前に置き、あちらが3コーナーから進出を開始するのに合わせて、それを追って進出開始。直線で先に抜け出したセニョールバスドールを残り100mでかわしてクビ差差しきり、見事に前走のリベンジを果たして――逃げローレルリバーに8身半もぶっちぎられての2着。こればっかりは自分でレースを作れるわけではない追い込みの宿命というか、GⅠ2000mも初挑戦の立場で軽快に逃げて4コーナーで後続をちぎり捨てて圧勝したローレルリバーを讃えるしかないレースであった。とはいえ2着賞240万ドル(約3億4000万円)ゲット。、獲得賞22億1567万8200円となり(フランスギャロの発表の公式レート、1ドル≒141.1円換算)イクイノックスを23万円上回って日本歴代1位にのし上がった。なお世界全体に広げるとコックスプレート4連覇のウィンクスの獲得賞なども上回り歴代2位に浮上。それでも歴代1位ゴールデンシックスティとはまだ5億円以上の差があるのだから世界は広い。

こうして中東レースは全て連対、ほんの僅かの差ながらイクイノックスを賞で上回ったウシュバテソーロ。当初チャンピオンズカップ東京大賞典プランだったが、この結果を受け営は前者をブリーダーズカップ・クラシックに変更、始動戦は昨年同様日本テレビ盃となる。色々な可性が今年も見られたが、更なる賞獲得をし再び米国の地へ赴くことになりそうだ。引退前に何処まで勲章を積み重ねられるか。

逆追い切り詐欺

GⅠ制覇を果たした2022年東京大賞典、そのレース前に開された調教の追い切り動画exitでのこと。ウシュバテソーロは2歳の未勝利オウギノカナメと、1勝クラスの3歳デコシオンと3頭で併せをしていた。
その内容はというと、外のなりで先着、ん中のは一杯に追われてなんとか2番手、内のは一杯に追われながら2頭に全に遅れていた。

問題: ウシュバテソーロはこの3頭のうちどのでしょう?
答え: 2歳未勝利と3歳1勝に先着された内のです。

あまりにも追い切りの内容が悪すぎて、なりで先着した外のデコシオン)をウシュバテソーロだと誤解し「追い切りの内容も良い」と間違える馬券師も出る始末。そしてこの追い切りを見てウシュバテソーロを切った馬券師が泣きを見たのは言うまでもない。

このときだけでなく、ダート転向以来ウシュバテソーロは、ブラジルカップでもカノープスSでも調教ではなりの条件相手に一杯に追ってようやく併入という有様なのに、本番になると前述の通り快勝しており、競馬ファンの間では「逆追い切り詐欺」「クソ追い切り芸人」などと言われている。東京大賞典に続いて2023年川崎記念相変わらずやる気の無い追い切りexitからの本番で勝利を決め、「調教VTRが一切アテにならない」という評価を確固たるものにした。
ドバイWCの追い切りexitではしく好タイムを出していたが、タイムを出した最後の1F以外ではいっきりよそ見をしていた。日本競馬情報英語で発信するGraham Pavey氏のツイートexitでも「ウシュバテソーロはよく怠けるが素晴らしい110を出した(原文: USHBA TESORO often a lazy worker an impressive 11.0)」と評されている。

調教のみならず、返し馬ではカニ歩きをする、ゴールするとよりもく減速して歩き始める……と、とにかく底してレース以外ではやる気を見せない。

五冠シンザンの例を引くまでもなく、調教ではさっぱり走らないがレースになると本気を出すというのは実際居る。ウシュバテソーロもを出すべき機会がどこなのかちゃんと解っているのかもしれない。
実際レースぶりにもそんな様子が見て取れ、基本先行有利のダートで差しをしているのも、論それができるだけの強な末脚があるからだが、スタートでは押しても前に行こうとせず、いざハナに立つとソラを使ってしまうがあるように最後の一だけ他をぶち抜けばいいとが理解しているような節がある。
これもまたステゴ一族の血なのであろうか……。

余談

血統表

オルフェーヴル
2008 栗毛
ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ *ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート
1997 栗毛
メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート *ノーザンテースト
*グランマスティーヴンズ
ミルフィアタッチ
2003 鹿毛
FNo.9-f
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
*シジェームサ
1992 鹿毛
Septieme Ciel Seattle Slew
Maximova
Samalex Ela-Mana-Mou
Pampas Miss

クロス:*ノーザンテースト 5×4(9.38%)

関連動画

なぜか未勝利戦から勝ったレースが全てニコニコうpされている。

関連静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

脚注

  1. *刊『優駿2023年5月号より。
  2. *JRA公式YouTubeチャンネル【2023ブリーダーズカップ】関係者インタビュー(ウシュバテソーロ・川田将雅騎手ほか) | JRA公式exit』より。
  3. *スポニチアネックス『【米G1・BCクラシック】高木登師 ウシュバテソーロと挑む米最高峰レース!再び世界を驚かすexit』より。
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 42
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウシュバテソーロ

1042 ななしのよっしん
2024/04/02(火) 16:58:04 ID: D5CL33oNVi
案外ペプチドナイルも出て来るかも
英智厩舎も去年BC遠征いったし 時期的にちょうどいいのは間違いないし
まあ優先出走権持ってるクラシックか 今年は層が薄そうなダートマイルかはわからんが
ツーターンマイルの経験もかしわ記念で積めるしな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1043 ななしのよっしん
2024/04/02(火) 18:36:22 ID: TbnNl00BdP
ウシュバテソーロのDWCラップ推移
2023
14.9-11.5-11.6-11.2-11.4-12.0-12.7-12.8-12.2-12.2

2:03.25 60.6-62.5

2024
15.6-11.7-11.9-11.7-11.5-12.0-12.2-12.3-12.3-12.8

2:03:86 62.4-61.6

ローレルリバーラップ推移
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1044 ななしのよっしん
2024/04/02(火) 21:43:16 ID: yfaYZnhnLf
リベンジの機会があるとしてあと一回?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1045 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 01:29:32 ID: 2IibOMDBiK
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1046 ななしのよっしん
2024/04/09(火) 15:37:52 ID: epmaqP2Z1G
ちなみに香港表記は「奇嶽」らしい
かっこいい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1047 ななしのよっしん
2024/04/10(水) 22:00:04 ID: uVdZN4foLd
>>1043
ゲート出がホントだめ&出足つかないのが……
結局最初の200mの1.6差が埋められなかったレースなんで、ローレルを消耗させる様な何が何でもハナ奪いに行く逃げがいない限りノーチャン
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1048 ななしのよっしん
2024/04/10(水) 22:06:31 ID: EkwzwlGen3
どうせJRAじゃなくて海外レースなんだしテソーロがラビット用意すればよかった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1049 ななしのよっしん
2024/04/17(水) 15:00:55 ID: GlifBns9CZ
今回の賞加算でウィンクス数字も抜いたんだっけか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1050 ななしのよっしん
2024/04/18(木) 04:18:37 ID: Kla4J07QE7
ウインクスはイクイノックスの時点で越えていて、ウシュバは香港ゴルシに次いで歴代2位みたいよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1051 ななしのよっしん
2024/05/04(土) 21:08:00 ID: U9Iw9pvRpD
香港ゴルシ騸馬とはいえ、だいぶ走ってるよなぁ
負けるたびにもう終わりだとか言われ続けて勝ってるし…

営のコメント的にもう一回サウジドバイまで行って引退にするんかな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス