ウムラウト単語

ウムラウト
  • 1
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 この記事は曖昧さ回避です

ウムラウトとは、以下のことを表す。

  1. 音交替現の1つ。アクセントのある音が、後続の前舌音の発音に引きずられ[e]に近い発音になるもので、ゲルマンにおいて、起こった現す。
  2. 上記の現が発生した、ラテン文字音の上部に付けられる、2点「¨」のこと。ウムラウト記号とも。同形の記号にトレマが有るが、本来は別物である。
  3. 実況動画や、やってみた動画などを作成しているグループである。→コミュニティexit_nicocommunity

1の解説

アクセントのある音が後続の/i/,/e/などの前舌音や/j/などの子音に引きずられて、eの音に近くなる現(正確にはiの音に近づくが共時的に見たときにはeとして置いた方が何かと都合が良い。例えば、ドイツ語のウムラウト記号はeの省略形である)。例としては、mouse(単)-mice(複)など。

ゲルマンの段階にあっては、アクセントにかかわらず/e/が後ろの/i/によって/i/となった後、後ろの/i/は脱落した。

i-ウムラウトは、紀元500年頃に北海周辺で発生し、西ゲルマン語群と北ゲルマン群の全域に波及した。古英語と古ノルドで特に傾向が強いが、ドイツ語オランダ語でも一般的に見られる。

たとえば、英語においてfootの複数形はfeetだが、これは文献時代(古英語)以前には、ゲルマンで単数*fōt、複数*fōtizだった物が、

tiz>fōti>fœ̄ti>fœ̄t>fēt

と変化した為とされる。この内、二番の変化がウムラウトである。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%88
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウムラウト

1 ナンプレたん
◆lNQvK9PV.. 2011/08/05(金) 00:45:43 ID: 4xaZK+RXuD
あれ、英字の上につける2つの点の記事じゃない…しかもこの人達知らん。
2 ななしのよっしん
2011/08/06(土) 01:11:35 ID: K3QWEZ0ARL
動画探しても出て来ないし、作り変えちゃっていいんじゃないかな
3 ななしのよっしん
2011/08/06(土) 10:52:22 ID: 5U5xZhAU+X
動画の編集中でうpできてないです(泣)
フラゲサーセンw
4 ななしのよっしん
2014/09/23(火) 14:42:21 ID: RgUxXyeMbr
箇条書きの行頭が「・」だと、どれが1の解説か分かりにくいから
行頭を数字にしてほしい。