ウルトラ忍法帖単語

ウルトラニンポウチョウ

ウルトラ忍法帖とは、コミックボンボンに連載されていたギャグマンガである。作者は御童カズヒコ。

概要

将軍ウルトラの父が治めるの征を企む党の活動を阻止しようとするウルトラ忍者(ウル忍)の活躍を描いた漫画

ボンボンの中でも中堅的作品で、「疾風 ウルトラ忍法帖」→「ウルトラ忍法帖 寿」→「ウルトラ忍法帖 ウルトラ」とタイトルを変えつつ10年近くに渡って連載された。「」の連載100回記念をもって一旦連載は終了したが、ファンの要望に応えて「ウルトラ忍法帖 フラッシュ」として連載が再開され2005年まで続いた。

基本的にはギャグマンガだが、中盤以降は長編シリアス回も挟まれるようになった。(しかし初めて長編シリアス回を書き終わった際に作中で作者過労死した。)

ちなみにウルトラマンダイナ13話「怪獣工場」にてアスカ・シンが本作を読んで爆笑しているシーンが存在する。

登場人物

マン(ウルトラマン)
本作の主人公
入りのバカであり、自分でも自分の戦い方を「バカ法」と称したりしている。
党がマンを越える程のバカいなため立たないが、実は一人の忍者としてはかなりの実者である。
シリアス編ではまともな性格になり熱い戦いぶりを見せることもあるが、長続きしない。
ネオ党編で党の新しい首領に就任し日本の一歩手前まで追い詰めるという前代未聞の敏腕ぶりを発揮したが後にウル忍に逆転負けし、クビになる。
セブン(ウルトラセブン)
疾風」におけるマンの相方
基本的にはマンに対するツッコミ役だが、ノリの良さからマンのボケにつきあうことも多い。
「寿」に入ると唐突に登場しなくなったが、3巻にて怪を負ったためにウル忍を引退。アミア結婚し、焼き鳥屋を始めたことがられた。
それ以降はちょくちょく登場しているが「仕事が忙しい」と依頼を断る事が多くなった。
ミア(ウルトラマンミア)
疾風」における紅一点くノ一
「女のくせに」という言葉に敏感で、この言葉を聞くとを忘れて暴走する。
一時はレギュラーであったが、エースの初登場直後に登場しなくなった。寿3巻でセブンとともに再登場した。
タロウ(ウルトラマンタロウ)
マンの分的存在。
当初はすぐに泣きわめく幼い性格だったが、話が進むにつれ知的なツッコミ役に落ち着いた。
忍者よりかるから」という理由で医者の勉強をしており、「医術」として戦闘にも使っている。
シリアス編では他者をって傷つくという展開が多い。
エース(ウルトラマンエース)
キャラの中ではしく忍者ではなく、を使う「宿殺法」を扱う渡世人である。
マンに匹敵するほどのアホであり怠け者で、「働きたくないでござる!」に近いことを素で言ってのけた。
しかし戦闘面ではマンに匹敵するほどの実者で、宿殺法によって敵をバラバラにする。流石切断王子
ちなみに給料はウメボシとタクワンの現物支給。
レオ(ウルトラマンレオ)
忍者小学校でのタロウ同級生で、マンの分その2。
ウル忍に入る前は義賊の「ねずみ小僧」として活動しており、盗術を得意としている。
病気で亡くなったがいると言っていたがだった
ティガ(ウルトラマンティガ)
「寿」より登場するショタ要員新米忍者
何故かマンを慕っており、ネオ党の一件でマンが仲間から見放された時も一人だけマンの事を心配していた。
マジックが得意で戦闘にも応用しているが、正直弱い。ダイナには空手も教わっている。
ダイナ(ウルトラマンダイナ)
エース同様キャラの中ではしく忍者ではなく、空手である。宿敵はウルトラマンシャドー。
作中でも結構な実者で、「気孔」を扱う義を修得している。
ガイア(ウルトラマンガイア)
」にて登場した別世界のウル忍。
シリアス編で登場したこともあってな性格で、ギャグ回では空気出番が少ない。
コスモス(ウルトラマンコスモス)
」にて初登場した少年
暴力反対を唱える割にはキレやすい性格で、それを直すために修行している。
21(ウルトラセブン21)
セブンとアミア子供で、まだ赤ちゃん
何故か超能力を使うことができ、事実上ウル忍の最強キャラでもある。
ちなみに原作における相方ウルトラマンネオスは一話限りの登場である。どこで差がついたのか…
お頭(ウルトラマンゾフィー)
ウル忍の頭領で、マン達のまとめ役。
こち亀大原部長ポジションで、好き勝手に行動するマンをよく叱っているが、本質的には似たもの同士であり、捨て子だったマンの親代わりとなっていた。「ゾフィール」という料理店を経営していたが経営難に陥り、ウル忍の給料を使い込んで延命した挙句に潰している。
を剃り、眼帯と外すとマンそっくりの顔になる。

朧党

府羅州烈風斎(メフィラス星人)
ウル忍と敵対する党の党首。
論み、配下のを使って悪巧みを繰り返す。
しかし、性格はというとノリの良い気分屋で、ずる賢くはあるものの詰めが甘く作戦の方向性もかなりいい加減。
時折配下にな命を下す事もあれば、同時に彼らの生活もしっかり考えているというブラックなんだかホワイトなんだかよくわからない人。21が好きだった頃もある。
羅(ササヒラー)
党の幹部で組織の実質的なNo.2
割と常識的な性格で、府羅州の世話係兼ツッコミ役をする事が多い。
シリアスな「虓魔王編」ではレギュラーとして活躍し、その後もレギュラーっている。一度戦死したけど。
マンのウル忍復帰を手伝ったりと、ウル忍と親しくしている描写もある。
沸苦(フック人)
党の科学者で、およびウル忍攻撃のための具開発を担当。
不条理で原理不明なものから、明らか手抜きレベルのものまでなんでも作れる。
怪夢十人衆(ケムール人)
党の戦闘員兼雑用。
当初は出てくるだけの雑魚だったが、後半より明確なキャラ付けがされるようになった。
現在では一郎から十郎までの10人組という事になっている(ただし海底支部には怪夢というのもいる)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E5%BF%8D%E6%B3%95%E5%B8%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウルトラ忍法帖

24 ななしのよっしん
2016/12/05(月) 17:56:37 ID: CVkfMPDWzI
アニメ忍たま乱太郎よりちょっとだけくて、忍者ギャグって点では先見性があったかも。

あと、エースは途中からアホキャラになったけど、最初は硬な渡世人で、ありがちな末キャラ
じゃなかったのには驚いた記憶がある。作者も解説で「びっくりしたでしょ」言ってたような。
25 ななしのよっしん
2017/02/23(木) 01:52:47 ID: SMIvomVnOy
電子書籍完全版が出てたのか
気がつかなかった
26 ななしのよっしん
2017/06/14(水) 01:49:49 ID: IqTLp+oI7X
100話の数話後に唐突に終わって当時は「は?」と思ったが続編出てたのか
ウル忍の後のオリジナル漫画イマイチ地味だったしね…
27 ななしのよっしん
2017/07/03(月) 09:59:00 ID: 9+ICwzrMee
超闘士激伝みたいに復活してほしいな
28 ななしのよっしん
2017/07/24(月) 22:43:07 ID: 6y3aZFbwsw
コスモスを住職として出すのは円谷から反対され、キングを特に問題もなく和尚として出せたのは元ネタにおけるキャラ脇役キャラの違いなんだろうか?
29 ななしのよっしん
2017/08/06(日) 00:18:41 ID: 6y3aZFbwsw
連載当時はザ☆ウルトラマン再放送ソフト化に恵まれない作品だったから、これでエレクとアミアを知った読者は多いんじゃないかと思う
30 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 23:15:49 ID: vc3SIuUTPi
ウルトラマンジードペガッサ星人子供ペガが登場することを、この漫画は先んじてペガッJrを登場させて予言していた……?
31 削除しました
削除しました ID: KILqs2LXeT
削除しました
32 ななしのよっしん
2018/10/19(金) 02:25:28 ID: Lag104gGcK
この作品ジャック帰マン)っていなかったっけ?
33 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 21:14:18 ID: aNfitaUM0x
お頭は僅かなヒントで五行邪法の弱点に気が付いたり、実は頭が良い。