ウンベルト・エーコ単語

ウンベルトエーコ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ウンベルト・エーコ1932~2016)とは、イタリア記号哲学者、小説家である。

概要

アレサンドリアに生まれ、当初は法学をおさめるためにトリノ大学に入ったが、研究対中世哲学文学に転向した。ラジオ放送局のプロデューサーを経た後、トリノ大学ミラ大学、フィレンツェ大学などで教をとり、最終的にはサンマリノ共和国大学コミュニケーション学科創立者、ボローニャ大学大学院文学研究科長、アカデミア・デイ・リンチェイ会員、オックスフォード大学ケロッグ・カレッジ名誉フェローを務めた。
世間的には『薔薇の名前』の作者としての方がおそらく名前が通るだろう。

エーコ理論はこの世界には「開かれた」テクストと「閉じられた」テクストの二つがあるということである。「開かれた」、というのは多様な解釈を許すあいまいなもの、ということではない。両者の違いは、読解はコンテクスト依存的であるという前提から、いかなるコード体系の下に読解されることを想定しているか、しないか、というものなのだ。

ここまでは例えばロラン・バルトといった受容美学・読者反応論者とさほど違いはない。しかしエーコオリジナルの思考としては記号論的アプローチがあげられる。例えばポピュラー・カルチャーと高級文化は同一の記号にまで還元でき、両者の垣根を化することができる、というものである。そのために彼は現代的なヒーローものを原的な物語に還元したり、逆に記号論をベストセラ小説に仕立て上げたりするのである。

エーコはあらゆる文化現を「記号」として扱うことで「ポピュラー」と「高級」の間にある区別を掘り崩す、あるいは具体的な文脈において情報信者による情報コード化と、情報信者による情報の脱コード化=読解の過程に関心を寄せる。彼は、このようにロラン・バルトの思想、あるいはカルチュラル・スタディーズと極めて関係が深い存在なのだ。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウンベルト・エーコ

1 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 00:41:15 ID: Qr8D+lkf86
100分de名著「薔薇の名前」を読んで、イタリア文学、14世紀当時のキリスト教事情、
哲学者や学者や作家達を知ることでより深く楽しめると分かって良かった

おすすめトレンド