エクステンドTV単語

エクステンドテレビ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

この記事の掲示板ゲームプレイプレイヤー推奨です!
ゲームプレイの方はネタバレにご注意下さい。

エクステンドTVとは、ノンストップ残機サバイバルRPGザンキゼロ』に登場するアニメ番組である。

概要

ゲーム舞台となるガレキや漂流廃墟の各所に複数置いてあるレトロテレビ、そこから映し出されるアニメ番組であり、いわゆる「劇中劇」に入る。

人類が滅亡し文明も崩壊した本作において一の生き残りであるクローン人間主人公達8人のサバイバル生活をサポートする内容なのだが、一体がどんな的で製作したのかがわからない、テレビには電すら繋がっていない。
どこかから電波を受信しているのか、はたまた別の方法なのか、その正体は一切不明である。

その上、番組はいつでも視聴ができるという物でもなく、毎回狙ったかのようなタイミングテレビの画面上に番組が映し出されるので胡散臭さMAX

主人公達に標を提示するのはこのアニメ番組であり、冒険の舞台となる漂流廃墟では番組を見る事でシナリオも進んでいく。
番組名にある「エクステンド」も主人公達の死と再生を繰り返しながらするサバイバル生活にちなんだ物であると見られ、番組は作中の鍵ともなる重要な要素である。

番組内容

基本的に番組アシスタントMCであるアニメキャラクター2人による、クローン人間(主人公達8人)に対してのナビゲーションが行われる。

何故かレトロチックな作であり、画面は白黒ブラウン管テレビ特有の走査線も合わさってかなり時代を感じさせる代物となっている。
ただし、かなりの低予算で製作されているのかキャラもほぼ動かない、アニメというよりほぼ電子紙芝居なのだが…。正直このアニメに匹敵するレベル

番組の開始はアニメキャラクターによるよいこのみんな!エクステンドTVの時間だよー!!」の掛けによって必ず行われる。
番組の終了は「人類の明るいミライを照らしましょう!バイバーイ!」の掛けによってほぼ行われる。(これに当てはまらないパターンもある)

原理は不明だがアニメキャラクター主人公達8人の存在を認知している上に彼らを煽るような言動を繰り返すため、主人公達にとってかなり気味の悪い存在となっている………が、同時に下ネタネットスラング含む細かすぎるパロネタ普通(?)の日常会話からコロシアイといった、ただの漫才繰り広げられるためプレイヤーは楽しめるはず…多分…。

なお、番組が映し出される場所によって内容が細かく変わるため、後述する。

ガレキ島では

クローン人間である主人公達8人の拠点となるガレキ中央のガレージ、そこに配置されているテレビに映し出される番組内容は毎回細かく異なる。

「人類が滅亡し文明も崩壊した世界の現状やそれを打破するための解説がアニメキャラクターによって行われ、それに伴った主人公達へのミッションを課すといった物。
(例:文明を持った人間として最低限の生活をするためにトイレを拠点に設置するetc…)

また、クローン人間再生のために造られたエクステンドマシン、その機を拡できるパーツを探すミッションを課す事がある。
なお、パーツはガレキ周辺に何故か漂流してくる各廃墟の最深部まで行かないと手に入らない。

廃墟の探索を終え入手したパーツエクステンドマシンに組み込む事で、新たな漂流廃墟が出現し、再び番組がそれに伴う新たなミッションを課す、という大まかな流れを繰り返す。そうな内容に見えるがやってる事はただの漫才なのは変わらない。

漂流廃墟では

冒険の舞台となる漂流廃墟では各エリアテレビが複数配置してあり、主人公達が近づく事で番組が始まる。上述した通り番組を順番に見る事でゲームシナリオが進む。

番組の開始と終了はガレキの物とほぼ同じようにアニメキャラクターによる漫才が繰り広げられる事が多い。
相違点としては彼らが「頑って発掘した」という設定で主人公クローン人間過去を映したビデオテープ映像(通称"攻略ビデオ")をパート分けし、一コーナーとして流す点がある。
(主人公の一人である日暮ハルトの場合、「"怠惰"の編集者」という肩書に合わせて「怠惰その1 初めての...」というタイトルが最初に付けられる)

攻略ビデオ映像は打って変わって白黒からカラーとなり、切り絵による劇メーションチック映像が展開される。
映像内の物語は全て主人公達の過去の忌まわしき事実再現した物で、いずれもトラウマを抉ったり、仲間同士の不信感を強めるような物ばかり。

しかし物語自体はその漂流廃墟最深部にいるボスの正体や攻略に繋がるヒントにもなっており、主人公達が過去の因縁とどう向き合い、如何にボスに立ち向かうかという部分にも繋がってくるため、それもこのゲームの見所である。バトルシステム的には知ってても知らなくても難易度は変わらないから攻略ビデオとして機してるかは怪しいけど。

かなりエグい物語であると同時に主人公達の内面を深掘りする内容でもあるため、一見の価値あり。

主な登場キャラクター

攻略ビデオの登場キャラを含めるとキリがないので、エクステンドTVに登場するメインキャラのみ記載。

CVには、ベテラン声優である中尾隆聖&野沢雅子という『ドラゴンボール』を意識したかのような組み合わせが採用されており、低予算アニメなのに非常にである。要するに同スタッフによる『ダンガンロンパシリーズ』のモノクマポジション

テラシマ ショウ

CV中尾隆聖

番組のアシスタントを務める小学生少年ビジュアルのギャップが凄まじい。ていうかどこかで見たビジュアルだが関連性は不明。

アシスタントとは言うものの、ボケ役にしているのでほとんど活躍できていない。
さらに攻略ビデオムフフなビデオと勘違いして勝手に舞い上がったり、下ネタトークを頻繁にするのでむしろ番組の進行を妨げている。ちなみに会話内容から熟女物が好みだと思われる、小…学生…?

ただし、番組内でたまに飛んでくるギロチンを分身して回避したりするので中の人繋がり戦闘力は高いのかもしれない。なお、そのを持ってミライを助ける事は別にない。

番組のキャッチコピーである「人類の明るいミライ"照らしましょう"」とかけた名前だと思われるが実は…?

ミライ

CV野沢雅子

番組のMCを務めるマスコットの雌。「クローン」が重要な要素となる本作であるため、世界初の哺乳類の体細胞クローンが雌だという事実モチーフにしたのだと思われる。ビデオテープの発掘や中の人相方モチーフ(キチアニメ)繋がりでコイツとの関連性も噂されているが推測の域を出ない。

相方と違い、番組の旨に沿って丁寧に主人公達をサポートしてくれる。「だメェ~(駄~)」が口癖。

ただし、ショウボケに振り回されたり、ギロチンで毎回首を飛ばされるなどツッコミ役として苦労が絶えない。クローン人間である主人公達と同じようにペケキーを付けているようなので、死んでも一応復活はできるが…。

名前は番組のキャッチコピーである「人類の明るい"ミライ"を照らしましょう」から取られていると思われる。

関連動画

関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%89tv

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エクステンドTV

1 ななしのよっしん
2018/09/12(水) 00:18:53 ID: elnJPZ+247
記事作成、ステキダワー!
大御所によるくだらないやりとりが面かった