エクゾスカル零単語

エクゾスカルゼロ

エクゾスカル零とは、チャンピオンREDにて連載されていた山口由による漫画作品である。全8巻。

概要

文明の崩壊した世界覚めた葉隠覚悟が、守るべき人々や行うべき正義のない世界で自らと同じ「エクゾスカル」の所有者たちと出会い、闘う姿を描いた作品。
洗練された文語調の台詞と独で紡がれる独特の世界、美しく描かれる体・臓物、強化外格エクゾスカルによる苛戦闘を特徴とする。

主人公「葉隠覚悟」を始め「強化外格『』」「零式防衛術」等、同作者による漫画覚悟のススメ』の設定・用を引き継いでいるが、これは作中に登場するエクゾスカル所有者たちがそれぞれ別の時代・作品の主人公であるという設定があるため。
覚悟の性格や武装の外観にも大小の変更が加えられており、両作品にそれ以上の接点はない。

主要登場人物及び武装

葉隠覚悟

最後に覚めたエクゾスカ戦士であり、エクゾスカル零の使用者。本作の主人公
「牙なき人のための」であることを信条とし、崩壊した世界人間ならぬ生物には容赦がない。故に七つの大罪の一つ「傲慢」を持つとされる。
体内には八つの零式鉄球が埋め込まれており、体表面を覆う・断裂した靭帯を復元する・鋭く変形して攻撃に使用する等に用いられる。

主な武装

九十九猛

エクゾスカル霹(ひゃく)の使用者。人造のを連れている。
「生きようと願う者」を守ることを信条とし、過酷な環境に適応した新しい人類を守ろうとしている。その思いは自己を称賛する民衆を心の糧とする裏返しでもあり、七つの大罪の一つ「暴食」を持つとされる。
生まれつき体内にがなく、体内にメタルインという人工格が入れている。そのため成長する度に格を入れ替えるという想像を絶する痛みを経験してきた。
覚める前は「大帝戦記レオクロス」という物語ヒーローであり、野生動物や善良な市民を救済していた。 

主な武装

初夜六花

エクゾスカの使用者。冷凍睡眠中は覚悟の隣に眠っていた。
両手首の内側にチップが埋まっておりそれらを合わせることでエクゾスカルを着装するが、現在右手首のチップを奪われている。
エクゾスカ震電こと動地憐の婚約者であり、また爛漫な振る舞いで覚悟の心を暖める存在でもある。「姦淫」の罪を背負いし乙女とされている。縞パンを着装している。
覚める前は「軍用乙女ユキ」という物語ヒロインであり、予幻獣なる怪物から人々を守る隊を率いていた。

主な武装
  • 潜陸砕氷外殻「」 (ゆき)

動地憐

エクゾスカ震電(しんでん)の使用者。
この世界めさせられた的は正義の実行ではなく、とある命にあると信じ、全ての零式特殊武装を手に入れんとしている。「強欲」の罪を背負っており、当人もそれを自覚している。
の動地とともにヴァーハイト精に居を構え、エクゾスカル零を狙う。
覚める前は「衛府の」という物語ヒーローであり、都の人々を守る衛府として活動していた。ちなみにこの物語の設定は同作者による漫画『蛮勇引』と似通ったものになっている。

主な武装

動地澪

動地憐のにして、震電挺身隊の一人。
の動地憐の計画を遂行するため、震電挺身隊を率いて初六花に連れ戻そうとし襲いかかる。
その体は機械で出来ており、本人のだけが移植されている状態である。 
上記の「衛府の」の中では車椅子で登場している。

主な武装

兵頭伊織

強化外格 霄(しょう)の使用者。
葉隠一族の支流である兵頭の末裔であり、本来ならば覚悟をサポートする立場にある。
しかしながら動地憐の計画に賛同し本家への忠を返上、覚悟の前に敵として立ちはだかる。

主な武装

現人鬼

衛兵「震」(しん)に守られ世界との関わりを一切断った人物。その身体は男でもあり女でもある。「憤怒」の罪とともに覚めたエクゾスカ戦士である。

主な武装

純化零式歩兵

より「」を支援する

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BE%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB%E9%9B%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エクゾスカル零

47 ななしのよっしん
2017/02/19(日) 00:28:19 ID: +esPxqntXW
衛府のの時代にあった機関車ハムコってどんなアニメなんだろう……
「お美いたわ」とか言いながら機関車が人を喰らうアニメなんだろうか?
48 ななしのよっしん
2017/02/28(火) 21:17:42 ID: 5G0mtwBO3z
よく考えたらやってることはデビルマンと一緒だった作品
49 ななしのよっしん
2017/03/01(水) 18:07:11 ID: GJtYwJW3y6
だろうしエクゾスカル零あっての衛府の七忍と言うのは解ってるんだけど、
衛府の用世界観をまんま全部世紀末に置き換えたようなテイストのエクゾは読んでみたかったなあ
→エクゾスカ戦士はもとより、関ケ原→文明を崩壊させた戦争
まつろわぬ民→モヒカンに支配される一般人法→零式みたいに結構置き換えは利きそうだし
もちろん衛府、エクゾの世界観でしか出来ない、出来なかったものもたくさんあるのは解ってる
50 ななしのよっしん
2017/05/28(日) 22:34:38 ID: UDqqJxTpUq
紫電改マキを追加したいけど・・・有名ではナイ・・・カ?
51 ななしのよっしん
2017/05/29(月) 00:25:49 ID: JFaedhpyJm
覚悟のススメは話がガバガバだったけどそれが気にならないくらいにキャラの魅や話の熱があったけどエグゾスカガバがそのままで熱がなくなってっててとにかくつまらなかった。特に酷かったのは震電を倒した時に「に認められた戦士がたかが背を取られただけで戦闘不能になる」シーン覚悟のススメの奮闘を見てないだろと思ったね
52 ななしのよっしん
2017/06/19(月) 01:16:09 ID: aMYUOw/SK3
覚悟や正の守った世界が最後はああなってしまうってのは悲しいものがあるが
さらに時代が進んで悟空世界になると思って自分を納得させてる
53 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 19:50:34 ID: Ka8XwrHZwu
>>52
覚悟は世界を守ったけど正は世間とは異なる己の理想を押し通した結果、世界を壊したテロリストでしょ(若先生も巻末でそう言っている)
むしろ正のせいで絶望しかエクゾスカル零世界が生まれてしまったという可性まである
54 ななしのよっしん
2017/07/24(月) 23:21:36 ID: MGDcMUmHvH
エクゾスカルの世界が崩壊から再生して衛府の七忍につながったという説はアリかしら?
55 ななしのよっしん
2017/08/03(木) 16:40:53 ID: aMYUOw/SK3
>>53
>若先生も巻末でそう言っている
それは穿って見過ぎだろ、単純に奴隷からの解放の物語だよ
56 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 23:34:21 ID: X6VA+qmsTk
シグルイは若先生の人に対する壮大な自殺記で、滅びの美学に満ちていて好きなんだが
これは全ては滅ぶと決まっていても、それでも生きるとなると人は何を糧に寄る辺として生きるのか
その執着の安息に答えを見出せなかった若先生の姿が3.11以後の現代人とダブって突き刺さる
最後にそこだけが惨たらしくも美しく残った、魂の慟哭記。

急上昇ワード