エタリオウ単語

エタリオウ

エタリオウとは、日本競走馬である。
ステイゴールドはホットチャチャCactus Ridge。
トレードマークいメンコと紫色の勝負

概要

名は「得たりおう。うまくしとめたとき、応戦するときに発する言葉」、つまり日本古来からの掛けを元としている。

現役時代はシルバーコレクターとして有名であった偉大なるステイゴールド。29戦もの間「な勝ち阿寒湖特別(900万下)」が続いたというネタは今なおり継がれている。

は偉大なるの晩年の産駒の中で、最も注を集めている1頭である。

何故注されているかと言えば、その戦績である。

(2019年6月23日現在)

主な勝ち鞍

主な2着

2歳(2017年)

デビュー9月の新戦であった。血統的にはそこまで良血という訳でもなく、また同の全が未勝利であった事もあって(は未勝利のまま引退となった)、8頭中4番人気であった。上は福永祐一。同はややテンの脚が付かない所があり、この後にも何度か後ろからの競馬をする事になるが、デビュー戦では流石にの経験がかった為か、最後も伸びきれず4着に終わった。

行き脚付かない癖は10月に走った2戦の未勝利戦でも出てしまう。和田竜二騎手に乗り替わり、4番人気に推された同レース、内較的好スタートを切る中で一頭取り残されて最後方からの競馬となる。3コーナー辺りから進出し4コーナーでは先頭に出るも、一だけ後続のに捲られる。だがオープンクラスまで勝ち?上がるを持つステイゴールド産駒に見られる勝気の強さを同も持っていたからか、二の脚を使って再度突き放して勝利。未勝利を脱出する。

同年最終戦500万下の場の競走。未勝利戦の勝ち方もそこまで鮮イメージではなかった為3番人気となった。レースは好スタートと言う程でもないがまともに決め、番手に控えつつ淡々と進む展開。直線に入って進出してきた外のと並ぶように先頭に並びかけるも、行き脚は外のの方が良く、2着に終わる。

同年は3戦して(1-1-0-1)。走ったレースの事も考えたらど注に値しない地味な1頭という成績であった。

3歳(2018年)

年が明けての初戦は1月末に行われた賞(500万下)。3番人気に推された同レースには後のラジオNIKKEIメイショウテッコンやフローラステークス賞のサトノワキューレがおり、3歳500万下戦としては較的ハイレベルレースであった。レースはまた行く脚が付かず後方からのレースとなるも直線の追い込みメイショウテッコンにハナ差の2着。ただこのレースで斜行をした為に上の和田騎手は前にも制裁を受けていた関係で9日間の騎乗停止となってしまった。

2戦はゆきやなぎ賞(500万下)。前走での鋭い脚を評価されての2番人気に推されたが、1番人気は前走でやや斜行の影を受け3着に終わったと思われるサトノワキューレであった。レーススタートはまずまずで出たもののやや右へ左へフラフラとした走りをしてしまう。3コーナーで仕掛け直線では先頭に立つものの、直線では後から仕掛けたサトノワキューレに差されて2着となった。直線でもやや内にささるような走り方をしており、気性の悪さが若干気になる一戦に思われた。

3戦ダービートライアル青葉賞(G2)。ここで着を拾えばダービー出走ができるという期待は集まるものの、券的には信用に足る成績ではない為、上が石橋脩騎手へ乗り替わった事もあり18頭中の7番人気となる。レースはまずまずのスタートを決める事ができ、中団前でのレースとなる。3コーナー辺りで仕掛け始め、最後の直線では一度先頭に並びかけるも、外から来たゴーフォザサミットの2着に終わる。但し2着に入った同にはダービーへの優先出走権と共に収得賞1100万の加算が与えられた。

4戦日本ダービー(G1)。石橋脩騎手には先約があった為に乗り替わり、H.ウマン騎手になる。2歳チャンピオンのダノンプレミアム皐月賞エポカドーロ、新設G1ホープフルステークスを勝ったタイムフライヤーなどのスターホースが一堂に会するレースでは流石に人気を落として13番人気レース皐月賞エポカドーロが引っる展開で進む中、やはりテンで伸びなかった同は後ろから4頭を追走する形で進む。今回は仕掛けをやや遅めにした為に最後の直線での脚が残っており、最後伸びて4着に入る。1着に入ったワグネリアンとの差はコンマ2であった。

5戦菊花賞トライアル神戸新聞杯(G2)。菊花賞距離が長すぎるとして回避するが多い為、準オープンクラスの収得賞があればほぼ出走できるが、青葉賞にて収得賞を加算したとは言え収得賞1500万の準オープンであった同にとっては今後の運命を大きく変えるレースであった(ここで収得賞を加算する事があれば、次年度からのJRAの降級制度止に伴い、生涯オープンとしての地位が確定する)。上にミルコ・デムーロ騎手を迎えるも、同レースには皐月賞ダービーが出走する為、3番人気となった。レースは相変わらずの出足のさもあり中は最後方からの追走となる。直線に入っても最後方であったが、ゴール前強襲しての2着を確保。菊花賞の出走権と共に収得賞1100万を加算した。

…ここで思い出してほしい。古オープン入りが確定している同のここまでの勝利は2戦の2歳未勝利戦だけであり、次の勝利までの間は「な勝ち:2歳未勝利戦」のままレースを賑わす存在となる事が確定したのである。

6戦菊花賞(G1)。菊花賞に最も直結しているトライアルレースの1着を選択(その後回避)したことと、その時の好走を評価され、1番人気ブラストワンピースと僅差の2番人気となったが、このを本命と推す予想屋も多かった。上は前走に引き続きデムーロ。パドックや本馬場入場、その後の輪乗りでも落ち着いており、良い雰囲気を出していた。レースはエタリオウはスタート直後は後方3番手というかなり後ろを走っていたが、1000mを62台という非常に遅いペースで全く動かない展開を察知してか向こう正面では5番手くらいまで位置を上げ、その後4からのヨーイドン競馬にも大外から襲い掛かり、内を進む先行たちを横に見ながら先頭に立つ。そのままゴール版まで・・・と思われたが、内から伸びてきたフィエールマンに並ばれ、最後はハナ差差されての2着となった。上の仕掛けるタイミングにはミスかったが、スタミナ勝負とならずヨーイドン競馬となってしまった事により切れ味が一番ある中距離が勝った、そんなレースであった。1着を飾り「シルバーコレクター」「最強の1勝」という汚名?を払拭する事はできなかったが、負けてなお強しの印がぼちぼち浸透しつつある、そういう結果となった。

同年は6戦して0-5-0-1、未だ「な勝ち:2歳未勝利」の同にも関わらず重賞2着3回という成績に注が集まり、擬人化漫画の先駆者であるよしだみほの代表作「馬なり1ハロン劇場」内の定番ネタブロコレ楽部」で取り上げられた(「ブロコレ」とはブロンズコレクターの意で、重賞でなかなか勝てず2着3着を繰り返す少し残念なが大好きな作者の定番シリーズ話。同クラブは会員番号1番のナイスネイチャ、2番のロイスアンドロイス、3番のホッカイルソーの3頭により1997年頃に発足、また同クラブの発足回で勧誘された会員番号4番のメジロブライトを含めた4頭が最初期メンバーであった。ちなみにステイゴールドも会員番号5番の初期古参メンバーで、特に2着が多かった事から「シルコ部長」と呼ばれていた)。

4歳(2019年)

年明け初戦は日経賞(G2)。上は引き続きデムーロ。前走から間隔もあいたことで不安視する空気もあったが、菊花賞を2着とは言えハナ差での敗退であったことからの高さを認められ、2.1倍の1番人気に推された。レースは2番人気メイションテッコンが引っるのを4~5番手で眺めつつ進む展開となるが、1週ホームストレッチでも若干行きたがる素振りを見せていた。2週向こう正面で一気に上がっていき3で逃げるメイショウテッコンに並びかけるも、流石にそこでの仕掛けはすぎる為に手綱を絞りなだめ、メイショウテッコンに並ぶように4まで進む。そして直線で一気に・・・メイショウテッコンが突き放し、2番手を行くエタリオウは差を縮める事はできず2着となった。3着以下のに迫られる事もなかったが、気性が影したのか、それとも休み明けの為にがまだ本気でなかったか、いずれにせよ念願の2勝を飾る事はお預けとなった。

2戦天皇賞(G1)。上はデムーロ。登録の中で人気上位の一されていたシャケトラ調教中の故障が原因でレース前週に予後不良と診断される悲しい出来事があった事もあり、小粒なメンバーで頭数も少ない残念なメンバーだという前評判が流れる中で、必然的に前年の菊花賞組が人気を集めた。1番人気は前年の菊花賞フィエールマン、エタリオウはそれに次ぐ2番人気となった。レースは各出遅れる事なくったスタートだったがエタリオウはそっと下げ、最後方からの追走となった。1000m通貨598と3200mとしてはペースだったが(その後大幅にペースが緩んだ事もあって結果的にはスローペースレースになった)、最後方にぽつんと離された追走で大丈夫かという不安もあったが、2週の3で進出していき4まわって直線では5番手くらいに位置取りとなっていた。3位入線はもらったかと思われる伸びを見せたが前を走るフィエールマングローリーヴェイズの影を踏むことはできず、また直線で競っていたパフォープロミスに最後差し返されて4着に終わった。直線で抜け出すと手を抜く性格の為にあえて後方から仕掛け、「2着は要らない、勝つか負けるかだ」という意気込みが感じられる騎乗であったが、今回は実る事がかった。

3戦宝塚記念(G1)。上は横山典弘に乗り替わる。ファン投票では13番の評価を得、獲得上位の6頭が回避表明していた為にファン投票での出走権を確保。出走12頭と少々寂しいが重賞勝ちが9頭、内G1が6頭もいるな顔ぶれとなり、エタリオウは単勝での直前人気は4番手の評価となった。レースは各大きく出遅れる事もかったが、テンで若干もたついたキセキがその後ハナを切るべく進出する横で大外紅一点リスグラシューがこれまでとっていた後方からの競馬ではなく積極的な競馬をした為に場内がざわつく展開となった。エタリオウはスタート直後にやや下げて後方3番手からの追走、向こう正面で順位をあげるべく進出を開始したが阪神内回りコースは向こう正面中盤から4まで下り坂が続く為に全体もスピードアップするので大きく順位は変わらず、4回って後ろから5番という位置取りとなる。直線に入ってどのが大きく順位が変動する事なく、番手を追走していたリスグラシューが直線で捲って2016年マリアライト以来3年ぶりのの優勝、逃げたキセキは2着、中3、4番手を走っていたスワーヴリチャードが3着となり、4着、5着も中で前の方にいたが占める結果となった。これまで掲示板を外したことがかったエタリオウも9着と大きく敗れ、立て直しが必要という意見が見られた。

血統表

ステイゴールド
1994 鹿
サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ
1988 
ディクタス Sanctus
Dronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
Hot Cha Cha()
2006 鹿
FNo.5-f
Cactus Ridge
2001 鹿
Hennessy() Storm Cat
Island Kitty
Double Park Lycius
Just Pretty
Reduced Sentence
2000 鹿
Broad Brush Ack Ack
Hay Patcher
Long Term Private Account
Infinite

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エタリオウ

173 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 18:19:49 ID: sRp4JTfBU2
ステゴ産駒はやっぱり悪がイマイチなのかね
オジュウチョウサンイマイチだったし、ゴルシとオルフェ異端だったのか
174 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 18:30:38 ID: kHA4fCOdGk
ラジにけの解説に
最強の1勝&4歳の代表みたいにいわれてて芝生える
175 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 20:22:37 ID: 1+zs2PT4q+
にぶち当たってしまったのかな
おとなしく1勝クラスから出直すべきなのか
176 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 20:40:38 ID: BV6xXNEU8C
体もまだ成長しきってないってよく言われているし、精面も含めてまだまだこれからなんじゃないかな
今回も、の疲れが残ったままなんとか仕上げたって話らしいし、またからに期待
万全の状態でのノリさんとのコンビはまた見てみたいな
177 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 04:02:56 ID: G/8fZC5QGT
ステゴもなんだかんだに沈んでたことも多いし多少はね?

7歳くらいになったら本気出すでしょ()
178 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 11:25:39 ID: 7Y/RQBqtqD
1勝だけど収得賞があるから
1勝クラスどころか3勝クラスにも出れないんだぞ
れっきとしたオープンだぞ
179 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 14:00:55 ID: K2WtVnFhmq
クラシックに出てきたステゴ産駒って後にG1を獲るようなでも4歳の一時期に低迷する例が結構あってドリームジャーニーレインボーラインウインブライトなんかも二桁順位の惨敗を喫するような時期を乗り越えて勝利を手にしている。フェスタも低迷→覚醒が半年前倒しされた感がある。
反抗期みたいなもんなのか気性の変わりがあって今までのやり方が通用しなくなったり、晩成傾向の強いは4歳でピークを迎える同期やそれを迎え撃つ5歳の強に身体で敵わない。
1勝クラスからはともかく、G1に固執すると危ない時期かもしれんよね。ドリジャは上に池添騎手を迎えてG3を勝って、フェスタに至ってはOP戦からの立て直しを図った訳だし。
一応、オルフェやゴルシもクラシック後に一度二桁着順になったりするけど、あれはきっとまた別種の何か。
180 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 05:25:24 ID: HKznb3JsmW
>>173 ステゴ系は普通悪強いよ むしろオジュウが異端
というかオジュウもそこまで苦手な訳じゃないし
ステゴ系だとパフォープロミスとかがそんなに得意じゃない位かな?
エタリオウスピード馬場に付いていけないから今回の速度の乗った芝の宝塚は最初からキツかった
馬場がズブズブで時計のかかるレース一回も経験してないから分からないけどたぶんそっちの方がまだマシかな
181 ななしのよっしん
2019/07/30(火) 23:01:59 ID: jdhi+WNPls
もしかしてエタリオウ君今年いっぱい「平成」だとおもってへん?
182 ななしのよっしん
2019/08/08(木) 23:40:41 ID: jdhi+WNPls
の分まで頑るんだそ