エドゥアルド・スエンソン単語

エドゥアルドスエンソン

エドゥアルド・スエンソン(Edouard Suenson)とは、19世紀のデンマーク軍士官である。

概要

1842年コペンハーゲンに生まれる。は同名のデンマーク軍将校。

フランス軍の軍士官からデンマーク軍大臣の副官を経て、デンマーク電気通信事業会社であるグレートノーザン・テレグラフ社(大北電信会社)の社長となり、海底電信線の敷設など近代日本の通信事業に深く関わる。その功績が評価され、明治政府より勲三等日中綬賞や勲二等瑞宝章を授賞している。1921年没。満79歳。

スエンソンは日本滞在中、社会制度や庶民の生活全般に渡って批評・感想を記録し、帰後『日本素描』と題して出版した。現在は『江戸幕末滞在記』として講談社学術文庫から出版されている。

関連リンク先で『江戸幕末滞在記』の一部を読むことが出来る。

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エドゥアルド・スエンソン

1 ななしのよっしん
2011/12/12(月) 00:31:17 ID: LS24HiSFmE
なんでこんな記事があるんだw

急上昇ワード