エドウィン・セリグマン単語

エドウィンセリグマン

エドウィン・セリグマン(Edwin Robert Anderson Seligman、1861〜1939)とは、アメリカ経済学者である。

概要

エドウィン・セリグマンは財政学の大、その他にも数の税制委員会、有名な経済史学者、そしてアメリカ経済学を専門職化した重要人物である。

税制に関する多数の著書の中でも「理論と実践に関する累進課税(1894)」、「所得税(1911)」は、当時はかなり新なものであり、所得に課す直接税の分析の応用例として現在でも読む価値のあるものである。セリグマンは限界効用理論が課税の説にとって重要であることを考えだした一人である、その店に関してエッジワースと論争を繰り広げたこともあった。しかし大抵エッジワースが勝った。

セリグマンは1885年イリーがアメリカ経済学会を設立することに手を貸し、イリーの後を継いでその会長を務めた。またアメリカ大学教授教会AAUP)の設立にも協し、後に会長にもなる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エドウィン・セリグマン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • エドウィン・セリグマンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード