エドワード・ジェラルダイン単語

エドワードジェラルダイン

エドワードジェラダイ、通称エッジとは、ゲームファイナルファンタジーIV』に登場する忍者である。

概要

エッジのドット絵

忍者ブラーナの王子DS版の登場時を除き本名のエドワードで呼ばれることはなく、メニュー画面や解説書を含め通称の「エッジ」で統一されている。本記事でも「エッジ」の呼称を使用する。

調子者・すぐ女の子にちょっかいを出す・熱くなりやすいなど、パーティ均年齢(エッジ加入時点で20歳前後)よりも5歳くらい精年齢が低い言動が立つ。ところがゲームではられていない設定を見るとびっくり、セシルちより5歳以上年上なのである。

それでも臣民からは「若様」と呼ばれ、何だかんだでされている。

能力

FFシリーズ忍者系列の例に漏れず、高い素さを活かしながら二刀流と武器投げで強ダメージ叩き出す。その反面とても打たれ強く、加入時点ではレベルが低いため油断するとすぐに戦闘不能になってしまう。

なげる
エッジの切り札。投げた武器はなくなるが防御視の大ダメージを与える。ファブール製の包丁が投擲専用ながらエクスカリバーラグナロクも上回るFF4最強の武器であることは有名。
ぬすむ
成功確率が低い上に失敗すると反撃されることもあるため使わない人は全く使わないが、やりこみにとってはなくてはならないアビリティアラーム(敵寄せアイテム)の量産に使われる。
DS版では敵の反撃がなくなり、レアアイテムも盗めるようになどの仕様変更が入ったが相変わらず成功率が低い。
にんじゅつ
火遁・遁・・煙玉・影縛り・分身といういかにも術っぽい6つの技を使う。MPを消費し、攻撃技は知性に依存するので事実魔法の一種。DS版では土遁・・氷遁が追加される。

バブイルに潜入するときは抜けの術を披露する。なぜか自分だけでなくパーティメンバー全員の向こうに連れて行く優秀な技なのだがこの場面でしか登場しない。普段からダンジョンで使ってくれよとか、デモンズウォール戦はこれ使えば楽勝じゃんとか言うのは禁句。

ストーリーでの活躍

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

エッジが登場するのはストーリー後半に入ってからであり、それまで彼の存在がほのめかされることすらない。ただ、飛艇で任意に訪れることのできるエブラーでこのモンスターに滅ぼされたことが推察できるのみである。

ブラーナの民は近くの洞窟に逃れており、王と王妃はさらわれてしまっているためエッジが先頭に立ってバブイルの敵勢と戦っている。

初登場シーンは、ゴルベーザ四天王の一人・炎のルビカンテとの一騎打ち。相手が明らかに火属性なのに火遁を放ち「なんだ そのあわれな じゅつは」と呆れられてしまい、オーバーキルの火炎流を喰らって一敗地にまみれる。

倒れたエッジの元に駆けつけたセシルたちは共闘を申し出るが、復讐に燃えるエッジは一人で戦うと言って聞かない。だがヤンとシドが犠牲になるのをの当たりにしてきたリディアが見せた涙に心を動かされてパーティに加わることを決意する。そしてここから長きに渡るリディアとの(ほぼ一方通行な)関係が始まった。直後に回復してくれたローザに「サンキュー ねえちゃん!あんたも かわいいぜ!」とをかけていたのは見逃しておこう。

バブイル深くで両親と再会する。しかし二人はルビカンテの部下ルゲイエによって魔物改造されており、エッジに襲いかかってきた。戦いの中で良心を取り戻しただが、自分たちは生きていてはいけない存在なのだとして「ここを去る」。エッジは子どものように「イヤだっ!」と叫ぶことしかできなかった。

その直後に現れたルビカンテに対して怒りをぶつけるエッジ。「そういった かんじょうに ふりまわされる にんげんでは かんぜんなつよさは てにはいらん」と一蹴されるが……

その にんげんの!
いかりってモンを‥‥

みせてやるぜえ!

怒りによってエッジの潜在が引き出され遁などを習得し、仲間を合わせることによってルビカンテを撃破することに成功する。

FF4では怒りや憎しみによる行動は悲劇しか生まないことを強調するシーン立つのだが、エッジは深刻な方向へ突っ切ることもなく、かと言ってそのおちゃらけた性格で問題を起こすわけでもなく、奇妙なバランスを保ち続けたキャラと言えるかも知れない。「あんたなんかゼムスに利用されなかったのが不思議なくらいよ」とはリディアの言。

ルビカンテ撃破後、黒幕ゴルベーザの存在を聞かされて引き続き世界のためにセシルたちとの冒険を続けることを決意する。エブラーナのことは、後を追いかけてきた爺たちに一旦任せることにした。

以降、ラスボス戦までエッジはパーティメンバーに残り続ける。他の面子べ相対的に活躍期間は短いし、そもそもルビカンテ戦以降は彼がメインとなるエピソードがないのだが、要所要所でガキっぽい言動……いやムードメーカーとして場を明るくするので印に残りやすい。

リディアとの掛け合いが多く、シドからは「に敷かれてる」と言われるほどだが、最後の最後まで二人がくっつく描写はない。

エンディングではエブラーナの王として復に取り組む……はずなのだが爺に「王位継承者としての自覚が足りない」だの「毎日どものなぞ追いかけるな」だの叱られている。そしてそんな最中に彼が考えるのは

でもよ リディア‥‥
こっちの せかいにゃ おめーほど
いいオンナは いねーよ‥‥

彼女のことであった。

ジ・アフター

FF4の続編となるファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-ではアラフォーとなっていて、さすがに一として落ち着いたようだ。ただしまだ独身。つまりリディアとは……

有能な部下の四人衆を引き連れているが、冒険に出ると相変わらずのな行動がに付く。そして四人衆とのバンド技(連携)は中二病全回との評判。

かつての宿敵だったルビカンテが再び彼の前に姿を現す。だが今回は敵味方のを越えたライバルのような関係となっている。

当然今作でもリディアとの関わりが多い。FF4本編よりはが強くなっているようにもうかがえるが、その結果は果たして……

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エドワード・ジェラルダイン

1 ななしのよっしん
2018/02/19(月) 00:46:22 ID: 6JiyHgXP2a
えええウソだろ、続編冒頭でもくっついてなかったのかよ… 今知ったわ


まあエッジらしいと言えばエッジらしいけどな

2 ななしのよっしん
2018/03/08(木) 13:12:38 ID: GIv3EzlhWe
FF4TAだと忍者王となった彼。
にしてもTAだとFF4の数十年後が舞台で年齢下手したら40代に
なっている可性あるのに、公式イラスト見ると
正直まだ20代後半じゃないかと思えるくらいに若いと思う。
3 ななしのよっしん
2018/03/31(土) 13:20:15 ID: NY9yqLRfua
イケメン