エドワード・チェンバレン単語

エドワードチェンバレン

エドワード・チェンバレン(Edward Hastings Chamberlin、1899〜1867)とは、アメリカ経済学者である。

概要

ミクロ経済学における「市場の独占」に関して優れた研究成果を残した経済学者

ほぼ一にしてケインズの一般理論にも劣らない名著「独占的競争の理論」においてチェンバレンは「不市場と独占市場は全く別のものである」ということをした。

チェンバレンは、市場の要素(多数の売り手と買い手の存在、自由参入、など)と独占市場の要素(買い手が高い価格を認識した上で買っていく差別化された商品の市場)を結びつける市場構造を示した。彼の分析によって「独占の要素は長期的にみれば売り手にどんな特典も与えないこと」を明した。現在経済学の授業では「独占市場は競争市場よりも高い価格になり、売り手に利潤を与える」と習うのでここでは両者は対照的になっている。

チェンバレンはハーバードの教授として働いていたが、彼の生きたハーバード時代はハンセン、レオンチェフ、メーソン、シュリヒタータウシックなど経済学部生ならもが知っている面々がっていた黄金時代であった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エドワード・チェンバレン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • エドワード・チェンバレンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!