エマニュエル・トッド単語

エマニュエルトッド
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

エマニュエル・トッド(1951~)とは、20世紀末から21世紀にかけて活動している歴史学者・人類学者である。

概要

フランス歴史人口学・家族人類学の大家であり、現代社会に関する提言から歴史学者の中では割合知られた人物である。また作家ポール・ニザンの孫である。

歴史学者としては、世界中の家族の在り方を分類し、家族形態の差異が社会に大きく影を与えること、ローランサガールの研究を踏まえてこうした家族形態には一定の傾向があること、などを明らかにし、一躍脚を浴びた。

しかし一般的には、エマニュエル・トッドは現代社会の行く末に対して予言じみた提言を行い、ここで仮説を立てた未来図が実際に実現する、ということを何度も繰り返し、思想として割合知られた存在である。トッドは社会歴史的な変化をもたらす要因を、識字化と出生率とみなす。識字化=革命=出生率低下というシークエンスが、一定の留保をつけつつも、おおよそ標準的であるとするのだ。

この結果ソ連崩壊、アメリカの衰退、イスラーム社会の転換を的中させ続け、時代の寵児となっているのである。

近年はかつてほど大きなはしていないが、グローバル化止めをかけ、「保護貿易」義へとを切るべき、という提言を行っている。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エマニュエル・トッド

1 ななしのよっしん
2020/09/15(火) 13:27:56 ID: NpPeKUWKap
ひろゆきが気軽に対談をお願い出来たくらいフットワークの軽い、
会いに行けるアイドルならぬ会いに来る歴史学者。
アメリカ合衆国に対する冷静で鋭い批判中国内部の権争いに詳しいナイスガイ