エラッタ単語

エラッタ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

エラッタ(英:errata)とは、erratumの複数形で、「誤り」「誤字」「誤植」を意味する単である。
また、転じて以下の様にも用いられる。

  1. 文章の誤りを正すために別途作られた「正誤表」のこと。
    かつては書籍にが挟まれていた時代もあったが、インターネットが発達した現在では、コスト削減も兼ねてHP上に掲載されていたりする。

  2. マイクロプロセッサに存在する構造上の欠陥。ソフトウェアでいうところのバグexitに相当する。
    エラッタのある機器は本来の仕様と異なる動作を引き起こすため、エラッタはチップの設計を見直す時などに修正されている。

  3. トレーディングカードゲームにおける「パワーレベルエラッタ」のこと。

 本記事では3.について説明する。

パワーレベルエラッタとは

既に発売されているカードテキストを変更することで、の変更・ゲームバランスの修正・ルール上の矛盾や不都合を修正することをす。そのため上方修正/下方修正両方において用いられる。

なお、テキストが変更される前と後のカードが混在する場合には、当然ながら修正後のテキストに則って処理される。作品によっては「テキスト修正前のカードオフシャル大会では使えない」という場合もあるので要確認。

例1:『遊戯王OCG』の「クリッター」

一番最初に登場した時のテキストはこちら。

このカード墓地におかれた時、
自分のデッキから攻撃1500以下のモンスターを1枚手札に加え、デッキを切り直す。

「自身の戦闘はたいしたことがないが、特殊モンスターのサーチができる」カードである。
このテキストではどこからでも墓地に送りさえすればサーチを発動できるため、あるデッキに利用されて大暴れした。

そこでパワーレベルエラッタがかかり、が下方修正された。その際のテキストがこちら。

このカードフィールド上から墓地に送られた時、
自分のデッキから攻撃1500以下のモンスター1体を選択し、
お互いに確認して手札に加える。その後デッキシャッフルする。

これにより「1回フィールドに出さなければサーチを発動できない」とされた。
しかしそれでもなお強すぎたため、禁止と制限復帰(デッキに1枚だけならOK)を繰り返していた。

現在では再度パワーレベルエラッタによる下方修正がかかり、使用制限が解除されている。
現行のテキストがこちら。

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードフィールドから墓地に送られた場合に発動する。
デッキから攻撃1500以下のモンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

「同名カードによるサーチが使えるのは1ターンに1回だけ」「これでサーチしたカードが使えるのは次のターンから」というさらなる制限が加わった。

例2.『Lycee』の「奇跡」


パワーレベルエラッタにおいて今でもとなっている伝説カード
一番最初のテキストでは以下の効果だった。

自分のゴミ箱カード全てを持ちデッキの一番下に置く。
デッキシャッフルする。
このターン終了時、自分はゲーム敗北する。

Lyceeでは「プレイヤーライフデッキの残り枚数」なので、簡単に言えば
墓地カードを全てデッキに戻してシャッフルライフ回復、ただしこのターンで勝てなければ強制敗北」といった効果である。
本来ならば「土壇場での大逆転」を演出するために作られたのであろうが、同一ターン内の使用回数制限がかったことがケチの始まり。実際には「何度でも奇跡を起こして相手をワンキルする」用途で用いられて大暴れ。その結果下記のパワーレベルエラッタを受けてしまったのだが…。

自分のゴミ箱カード全てを持ちデッキの一番下に置く。
デッキシャッフルする。
自分はゲーム敗北する。

わずか数文字消すだけで「使った者に勝利約束するカード」から一転、「使った間に敗北が確定するカード」になってしまった。
奇跡は起きないから奇跡」とはよく言ったもんである。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エラッタ

12 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 12:57:37 ID: nwKEka90Of
というか奇跡カード、修正前だってどうやって使うのか分かんなくね?
負けたら意味じゃん
13 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 17:45:48 ID: yjcMuExrWp
エラッタ前使い方は奇跡ターン終了時に敗北するのでその前に相手のデッキを削りきって勝つ。

もうちょっと具体的に言うと自分のデッキをドローやらゴミ箱に送るやらで数十枚削って、奇跡ループ、その間に何回も殴りまくって勝利するってデッキだからなぁ。
14 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 17:49:15 ID: 2UGh5fIEOR
負けたら意味なら追加ターンで勝負を決められなかったら自分が負けるボルバルザークも意味だよね(上げ足取り)
15 ななしのよっしん
2017/07/21(金) 12:17:58 ID: sJEnZn2nAh
修正後の奇跡はどうやって使うの?
これ使ったらその時点で負けじゃないの
16 ななしのよっしん
2017/07/21(金) 17:43:53 ID: yjcMuExrWp
>>15

>>2
17 ななしのよっしん
2017/09/11(月) 09:07:13 ID: ErhTblF3EM
エラッタとは違うが、日本翻訳された初期のモノポリーで誤訳によってゲームバランスがだいぶ変わってしまった思い出した。

1:「無料の場所に駒がとまっている時は自分の土地のレンタル料などを取れない」
おそらく「フリーパーキングに止まると何も起こらない」という英語の説明を「停時に何も起きない」ではなく「停中はイベントが発生しない」と解釈した。

2:「(サイコロで)どんなに大きいが出ても前の人を追い越すことはできません」
なぜこうなったのか不明。こっちは発生しやすい分(注)大きくバランスに関わる要素なのだが…

*…例えばプレイ開始直後にバルティックアベニューバルティック通り)に1人が止まると、2人以後は最初の共同基(共同募マスに止まらない限り、全員ここに止まらされる(最初のがここを買っていると全員レンタル料徴収)。
18 ななしのよっしん
2018/08/11(土) 10:46:48 ID: XbXwSfMmE9
エラッタするくらいなら禁止のままのほうがい
本当にが立つ
19 ななしのよっしん
2018/12/11(火) 13:09:19 ID: ywCGm4rqRO
の短エルマエラッタしろ
20 ななしのよっしん
2019/08/14(水) 19:38:28 ID: ErhTblF3EM
エラッタとは違うが、格ゲーなど対戦要素があるゲームでもアップデートされると技などの性が調整されることあるよな。

たまに「明らかぶっちぎり強いは据え置き、テクニックなどを使えば上位になれる(素では弱い)弱体化。」というスタッフの発想が分からんものもあるがw

21 ななしのよっしん
2019/08/14(水) 19:40:18 ID: h8zhyqaiqQ
エラッタラッタ 困ッタ