エリック・クラプトン単語

エリッククラプトン

エリック・クラプトン

エリック・クラプトン(Eric Clapton、1945年3月30日-)とは、イギリスサリー州リプリー生まれのギタリストヴォーカリストである。

ジェフ・ベックジミー・ペイジと並ぶ「世界3大ロックギタリスト」に数えられる。
ローリング・ストーン誌が選出した「最も偉大な100人のギタリスト」第2位ヤードバーズクリームソロの名義でそれぞれ『ロック殿堂』に3度き、2015年に『ブルース殿堂』入り。

ブルースからの影が色濃く、ペンタトニック・スケールを多用しながらも、それまでのブルースとは違う、正確且つ的確な運に裏打ちされた流れるような滑らかな演奏で知られる。
手の動きよりも演奏が速く聴こえる」という意味から『スローハンドSlowhand』と形容される。
には諸説あり→スローハンド

概要

略歴

1950年

13歳の頃、ギターを買って貰う。

1960年

1963年ルースターズ”に加入し、本格的に活動開始。

1964年ヤードバーズ”に加入。

1965年1月Five Live Yardbirds』(Yardbirds)リリース
しかし、方向性の違いから同年3月ヤードバーズ脱退、その後”ブルースレイカーズ”に加入する。

1966年7月Breakers With Eric Clapton』(John Mayall &The Blues)をリリース
またこの頃、ジンジャー・ベイカー、ジャックブルースと共に自身のバンドクリーム”を結成、

同年12月Fresh Cream』(Cream)をリリース

1967年11月Disraeli Gears』(Cream)をリリース

1968年6月Wheels Of Fire』(Cream)をリリース

Wheels Of Fire / Cream

White Room」や「Crossroads」等を収録した、2枚組みアルバムDisc-1はスタジオDisk-2はライブという変則仕様Disk-1ではクラシックの影をも感じさせる実験的なつくり、Disk-2では3人の火散るインプロヴィゼーションが堪できる。また、セールス面では全チャートNo.1を獲得している。

1968年11月、親友のジョージ・ハリスンの依頼を受けビートルズ「While My Guitar Gently Weeps」(『White Album』収録)に参加、ギターソロを披露。

1969年クリーム解散、直後ジンジャー・ベイカー、スティーヴィー・ウィンウッド、リック・グレッチと共に”ブラインド・フェイス”結成。

同年7月に『Blind Faith』(Blind Faith)をリリース

1970年代

1970年7月初のソロアルバムEric Claptonリリース

また、このアルバムの参加メンバーであった、ボビー・ホイットロック、ジム・ゴードンカールレイドルの3人にデュアンオールマンを加え、同年11月Layla And Other Assorted Love Songs』(Derek And the Dominos)をリリース
このバンドは”デレク&ドミノス”と名づけられた。

Layla And Other Assorted Love Songs / Derek And the Dominos

人気曲「Layla」を収録。アメリカ南部ワンプ・ロックへの傾倒が伺える。
デュアンオールマンとのギター合戦が聴き所。全チャート16位。

1971年メンバーとの衝突からデレク&ドミノス解散、デュアンオールマンの急死、麻薬アルコール依存症の悪化、満足のいく音楽活動を続けられなくなってしまう。

1974年麻薬から復活し、7月461 Ocean Boulevard』をリリース

461 Ocean Boulevard / Eric Clapton

シングルカットされ全チャート1位を記録した、ボブ・マーリーカヴァー曲「I Shot The Sheriff」収録。レゲエというジャンルボブ・マーリーの名を全世界に知らしめた作品。また、このアルバム自体も全1位を獲得、エリック全復活をアピールした。

これに続いて、さらにレゲエ色を強めた『There's One In Every Crowd』、1975年9月ソロ初のライブアルバムE.C. Was Here』、76年8月レゲエから離れた、アメリカン・ロックアルバムNo Reason To Cry』、7711月Slowhand』をリリース

Slowhand / Eric Clapton

Cocaine」や「Wonderful Tonight」を収録。ギターバトルを繰り広げていた昔のような緊感は全に薄れ、まさにレイドバックな雰囲気漂うが、レイドバックゆえの緊感?も味わえる一作。

78年11月さらにレイドバックな『Backless』をリリース

1980年代

81年2月Another Ticket』、832月ライ・クーダーも参加した『Money And Cigarettes』、853月コンテンポラリーな方向性『Behind The Sun』、86年11月さらにコンテンポラリーな『August』、8911月Journeyman』 をリリース

Journeyman / Eric Clapton

Bad Love」、「Old Love」等を収録。ブルースロックバックグラウンドに時にはハードに、時にはキャッチーに、時にはバラードにと、幅広くバラエティに富んだアルバムギターももちろんだが、ヴォーカルもよくクローズアップされる作品。

1990年代

91年、息子コナー(4歳)がアパート53階から誤って転落死するという悲劇に見舞われる。最息子の死にショックを受けたクラトンだったが、その後コナーげる曲を作る事で悲しみを乗り越えて復活を果たす。その曲が『Tears in Heaven』である。

同年10月24 Night』、921月Rush』と、数々の優れた作品を発表。そして1992年8月MTV番組内での演奏を収録した『Unplugged』をリリース、驚異的なヒットを記録する。

Unplugged / Eric Clapton

MTV人気番組アンプラグドに出演した時の演奏を収録したアルバム
番組で演奏した「Tears In Heaven」が話題となり、大ヒットを記録する。

 

1994年9月ブルースカヴァーアルバムFrom The Cradle』、そして967月シングルChange The World』をリリース

Change The World / Eric Clapton】(シングル)

カントリー歌手、ウィノナ・ジャッドの曲をベイビーフェイス編曲の下カヴァーした作品。ジョントラボルタ演の映画フェノミナン」の題歌として話題になり、97年にグラミー賞を4部門受賞した。

983月Pilgrim』、99年10月Clapton Chronicles : The Best Of Eric Claptonリリース

Pilgrim / Eric Clapton

これまでの作品とべるとさはないが、渋みの効いたアコースティックな作品。アルバムジャケットクラトン本人がファンだと言する”新世紀エヴァンゲリオン”のキャラクターデザインでおなじみ貞本義行氏が手掛けている。

2000年代

2000年6月Riding' With The King』、2001年3月Reptile』、02年11月One More Car, One More Rider

One More Car, One More Rider / Eric Clapton

アルバムReptile』のツアーの様子を収めたライブアルバム。「Change The World」、「Over The Rainbow」を収録。ギターだけでなく、ヴォーカルバンドサウンドを含めた、ミュージシャンとしてのクラトンの集大成的なライブ作品。

exit_nicovideo
Somewhere over the rainbow
exit_nicovideo
Change The World(live)

04年3月Me & Mr.Johnson』、05年1月Session For Robert J』をリリース

2005年クリーム再結成。

2005年8月Back Home』、07年10月Complete Clapton』をリリース

近年

2018年1月に聴覚障について明かし、ギターを弾くのが難しい状態にあると報道された。だが7月にはロンドンハイドパークでの演が予定されている。

日本との関係

1974年以来、コンスタントに来日演を行っている。直近では2016年に通算21となる来日演を行った。
日本でも知名度・人気は非常に高く、クラトンに憧れてギターを始めた人も少なくない。

関連静画

関連項目 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エリック・クラプトン

30 mokichi
2013/08/29(木) 21:02:38 ID: 7HYWDlgiZq
シンガーソングライターが一番かっこいい

ギターもうまいし 歌もうまい
31 ななしのよっしん
2013/11/21(木) 13:01:44 ID: hbbnJsTt/A
中学生の時、この人のクロスロードを聞いて、自分のギター人生の全てが始まった。
今ではイングヴェイやらポールギルバートやら弾いてるようなメタラー(笑)になってしまったけれど、自分のギターの核なる部分には、未だにこの人が残っている。
32 ななしのよっしん
2013/11/29(金) 04:35:32 ID: hzJkqkpfEW
プライベート:カスカスカスカスクズ

ギターゴッド
33 ななしのよっしん
2013/12/18(水) 23:54:27 ID: xHd+Jh0AR7
三代ギタリストだとか色々言われてるけど実際はこの人とジミヘンだけが本当に別格の存在だと思う
34 ななしのよっしん
2013/12/31(火) 01:21:06 ID: uJFl4CM3qO
>>33
流石にそれはい。三大ギタリストほかの二人も
ジミー・ペイジイントロリフメイカー/サウンドメイカーとして天才的だし
意味の分からなさでジェフ・ベックはジミヘンとは別の頂に立ってると思う
35 ななしのよっしん
2015/07/16(木) 04:05:16 ID: NH/pLfezne

19:30
21:00 クラトンを教えて/WOWOWぷらすと
http://live.nicovideo.jp/watch/lv225962299?ref=qtimetable&zroute=indexexit_nicolive
36 ななしのよっしん
2017/07/01(土) 08:36:51 ID: 4y1D7EaR3i
最近は神経ギターを弾くのが困難らしいが、大丈夫なんだろうか...
車椅子で移動する動画もあったし。
37 sage
2018/08/13(月) 05:43:00 ID: XQQQVWcHbf
7月ライブはちゃんと弾けてたんだろうか?
もう正式な引退だとしたら日本にくることもないのかなあ
38 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 08:57:35 ID: uJFl4CM3qO
全に終活モードだなぁ
39 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 00:03:01 ID: tQukwzs+f4
と思いきや、2019年の来日演はめちゃくちゃ良かったぞ
プレーも健在だし、もしっかり出てた
何よりギターを弾く姿が抜群にカッコよかった

急上昇ワード