エルフ単語

エルフ

エルフelf)とは、以下のことを表す。

  1. ヨーロッパの伝承に登場する妖精の一種。
  2. 1.から着想を得て創作された架の種族。
  3. かつてあったアダルトゲームメーカーの「株式会社エルフélf)」。
  4. いすゞ自動車が生産・販売している小トラックシリーズの名称。→いすゞ・エルフ
  5. ロニー・ジェイムス・ディオ1970年代に在籍していたロックバンド。ELF(アメリカバンド
  6. 2000年代に活動していた日本バンド。ELF(日本バンド
  7. 際石油資本のスーパーメジャーのひとつトタルの製造・販売するエンジンオイルブランド。elf(エルフ)。
  8. ドイツ語自然数の「11」を意味する単
  9. スクウェア・エニックスコンピュータRPGドラゴンクエストシリーズに登場する種族。→エルフ(ドラゴンクエスト)

ここでは2.の項について説明する。

概要

ファンタジー物の小説ゲームなどによく登場する種族であり、古くはトールキンの「指輪物語」などに登場する。
どの媒体においても「が長くっていて、外見が美しく、不老不死あるいは長命」というのが共通事項である。
それに加えて体的に弱いが、賢くて魔法矢が得意などといった特徴が加わる。 

エルフの耳について

左が西洋エルフの                  右がアジアのエルフの

指輪物語風エルフのイメージ画

エルフの特徴であるったエルフ耳もしくは単にと呼ばれ、っていればエルフでなくともエルフ耳と呼ばれることが多い。
指輪物語などの西洋ファンタジーにおけるエルフのは少しっている程度(上記左図)だが、日本周辺のアジア区域におけるエルフのアンテナのようにぴんと長く描かれる(上記右図)ことが大半である。

ディードリット

アンテナタイプエルフ耳に関しては「ロードス島戦記」の挿絵で出渕裕の描いたエルフのディードリット(上記画像)のが長く書かれているため、この影を受けているのではないかと言われているが定かではない。しかし、日本におけるファンタジー作品のエルフはロードス島戦記発表後、アンテナタイプ爆発的に増えることになった。

尚、エロゲ等のネタでは性感帯で有ることが甘く噛んだりで摘んで擦ったりすると可愛い反応が期待できる、こらそこ!反転までして見てるって事は確信犯だな!バケツを持って廊下に立ってなさい!

エルフの外見・特性について

また、イラストゲームなどで見たエロスを多分に含んだエルフはエロフと呼ばれることがある。

ゲーム漫画でよく見るエルフの特徴としては「魔法をよく使うが人間べて弱く、愛し金属製の具を嫌う」等の性質が挙げられる。
しかし、これらのうちほとんどの設定は日本に輸入されてから作られたものであり、特に和製RPGにおいて他の種族との差別化を図るために盛り込まれたものが多い。
原典というべきトールキンの作品に登場するエルフは魔法だけでなく人間以上によく使いも強く、また鍛冶の腕前もドワーフと同等かそれ以上に巧みである。
ぶっちゃけ厨性能と呼ぶのがふさわしいほど万無敵の存在であり、彼らが作った具は「エルフの手による」というだけで悪しきオーク等の敵に対する強を手にするほどにその存在は人間とかけ離れて強い。
こんなのがRPG世界に登場してしまうとバランスブレイカーもいいところであり、人間ドワーフの面は丸つぶれであるため、ゲーム等の物語に登場するにあたってマイルドな調整を受けたのが現在要なエルフ像であると言える。

エロゲネタではわりかし金髪巨乳が多い、メイドから姫騎士まで様々な職業をやってのけその人の性癖に答えることも可という万さ、貴族などの階級が有るものでは貧民層のエルフは胸も小さく裕福な貴族には巨乳が多い、こらそこ!また反転したな!頭にバケツを追加だ!

関連動画

「エルフ」で検索すると大半が3.のゲームプレイ動画が引っかかる。
エルフ耳当てで検索すると涙目になること請け合いである(エルフ耳キャラが出てくる作品もあることにはあるが)。

4.はもっと絶望的である。というか「いすゞ」で検索したほうがい。

2.関連の動画

3.関連の動画

4.関連の動画

 

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エルフ

224 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 08:22:25 ID: iKNSZi3IWs
>>216
元々北欧伝説でもアールヴ(エルフ)はは「」)、ドヴェルグ(ドワーフ)は闇(地下生活)の要素があって対になるイメージだったのかもな。
225 ななしのよっしん
2019/07/03(水) 23:57:26 ID: g5STa/02Le
>>223
というより例の指輪が強過ぎる気がするんだけどね
アレの誘惑に耐えられる存在は稀だし、誘惑に長期間抗えたホビット変数すぎる
226 ななしのよっしん
2019/07/10(水) 12:13:36 ID: lMF6E6EeJR
>>223
ガンダルフですら「自分が指輪を持てば堕落する」と確信していた通り、指輪の影は本来強な存在に対するほど強いんですよ
だからそれをもってエルフポンコツと呼ぶのは妥当な評価とはいえない

それはそれとして、(ホビットを含む)人間イルーヴァタールの第二子として、創世の音楽を越えて新たな世界と自身を作り出す役割、いわば可性を与えられた存在であって、個体としてが低いのも不老不死でないのもいわばその副作用
はじめに生まれて世界を美しく整える役割を担ったイルーヴァタールの長子エルフとは最初から種族の役割が違うのであって、人間が種族としてエルフに劣っているというわけではない
227 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 11:53:03 ID: fGm/ZqOg40
エルフについて考えるほど、に住む霊長類、オランウータンの同類にしか思えない。
228 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 12:00:34 ID: 5f2gdxyV5z
攻撃魔法詠唱してくるオランウータンとか怖すぎんよ~
229 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 12:06:36 ID: 5MRkdR6Y+5
魔法で攻撃してくるオランウータン想像して草生えた
230 ななしのよっしん
2019/09/12(木) 05:10:29 ID: WDkS/AV6oM
しかもオランウータンの項見に行ったら性的な話しかしてない
231 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 09:09:40 ID: V97Fnw8crB
Elvesに関する情報、それはあまりに多方面から提供されている為整理に難渋していますが、東アジアでは及び驢馬エルフとして表現していませんか?族がを長く持つ、これはファンタジー作品でも度々にしますが
彼等の表現するElves及びElves、これはBunniesとPoniesですか?
Catsは較的猫耳としてそのまま表現されているようですが…
何か違いますか?
彼等の間に何故北欧神話が流通するか、しかし物語は異なるストーリーで組まれていますね、
Jewsとの関係も疑われますがELとはセムの、しかしセム族にElvesの物語ありませんね?Ashkenazi JewsによってElvesの物語組まれましたか?ShakespeareのAuberon、これもElvesですね?
トールキンは彼の影受けていますか、TolkienがShakespeareから受けた影について詳しくご存知の方いませんか?

232 ななしのよっしん
2019/09/18(水) 05:07:00 ID: WDkS/AV6oM
>>231
この記事にも説明がありますが、東アジア、というか日本においては
日本の作品である)「ロードス島戦記」のエルフが現代エルフ像の実質的な始祖だと思われます
Tolkienも一部の好事が読んでただけで、アメリカなどのほど広くヒットした訳ではありませんし、
TRPGも同様にごく一部のオタクしかプレイせず、RPGといえばCRPGすのが普通です
北欧神話も知らない人が圧倒的多数であり、理論ルーツではあっても現代エルフ像との関連性は低いと思います
Shakespeare等も同様です、日本は西洋文化を体としたではありませんから、一般教養にもなりません
そもそも西洋的エルフなんて存在しなかったなんです

日本エルフが極端に長いのも、ロードス島戦記エルフが極端に長いから、という理由が大きいです
また他の創作にも堅固に受け継がれる理由として他に、大きな外見的特徴をつけられるから、という実利もあるでしょう
ダークエルフロードス島戦記肌で登場するから、それが受け継がれているに過ぎません
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
233 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 19:04:15 ID: V97Fnw8crB
それらは確かなように思えませんが…
日本ではorcsに描きます、そしてorcsとelves近縁種という設定ありますね
ツングースとはpigsを意味する言葉に由来しますが彼等はこのようにを描きますか?
それは非常に欺瞞的表現でしょう

Jews何考えてるでしょうか、ちょっとBritishの者達の発想に不可解な所多いですがいずれにしてもTolkienがShakespeareから受けた影について詳しくご存知の方いませんか?それは文学的に興味深い所ではありそうです
ですがその部分についての研究を知りません。Shakespeareの研究文学中でも非常に大勢いると存じますが…
ElvesはどのようにTolkienがShakespeareの描くそれを自らのfantasyに組み込んだか、どういった技法によるものでしょうか
それが最も気になる部分です



急上昇ワード

2019/10/14(月)09時更新