エンバーミング単語

エンバーミング
3.7千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

エンバーミング(embalming)とは、

  1. 遺体を長期保存するために防腐処理を施すこと。日本語では「遺体衛生保全」「死体防腐処理」など。
  2. 雨宮早希による小説EM(エンバーミング)』およびそれを原作とした映画『エンバーミング 遺体処置』。
  3. 和月伸宏による漫画作品『エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-』。

本記事では3.について解説する。


エンバーミングとは、和月伸宏による漫画である。正式名称は『エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-』。『るろうに剣心 -キネマ版-』執筆のための休載などを挟みつつ、『ジャンプスクエア』誌上で創刊号である2007年12月号から2015年5月号まで連載されていた。

概要

19世紀末欧州舞台とした、若き異天才・ヴィクトル=フランケンシュタイン物語150年ほど前に創造法を編み出した、人間死体を元に造りだされる人造人間フランケンシュタイン)にまつわる物語

ジャンプスクエア2007年12月号(創刊号)から連載が開始され、同号の表を飾った。なお『ジャンプスクエア』における連載より前にプロトタイプといえる読切作品が2つ発表されている(次項)。

連載時および単行本掲載時の両方において、本編の後に「エンバーミング博物誌」というコラムが設けられている。作中の登場人物が19世紀末当時における文物・慣習などの時代背景について会話するという形式の解説コーナーで、文章は小説家で和の妻・黒崎、監修はフリーライター村上リコ

作中における人造人間フランケンシュタイン)は単一の死体から造られるもの、複数の死体を組み合わせて造られるもの、動物死体を用いたキメラタイプなど様々なものが存在し、その人間え多様である。一の共通点は身体のどこかに起動用の電極があること。ただし人造人間死者蘇生の手段でも永遠の命の法でもなく、決して人間に戻ることはない。たとえ姿かたちが生前のままであっても記憶崩壊や人格異常など、精に何らかの異常をきたしたものとして描かれている。

読切版エンバーミング

エンバーミング -DEAD BODY and BRIDE-

週刊少年ジャンプ特別増刊『ジャンプ the REVOLUTION!2005』(2005年9月発売)に掲載。『武装錬金』10巻に収録された。

人造人間ジョン=ドゥとその相棒を務めるリトル=ロゼ、人造人間専門の壊し屋をしながらをする二人を描く短編読切作品。

のちの連載を意識して描かれたパイロット作品。また作者和月伸宏にとって初めて「少年漫画」のを敢えて外して描いた作品で、それまでの和作品とべるとやや異色な設定・描写が見られる。このあたりは次の読切、および連載作品にも継承されている。

な登場人物であるジョン=ドゥおよびリトル=ロゼは連載版には未登場だが、いずれ登場の予定。ジョン=ドゥのみ登場、リトル=ロゼは登場しない。

エンバーミングII -DEAD BODY and LOVER-

週刊少年ジャンプ特別増刊『ジャンプ the REVOLUTION!2006』(2006年9月発売)に掲載。単行本には未収録。

連載版の登場人物であるエルムアシヒトが登場。副題の「-DEAD BODY and LOVER-」はそのまま彼らが登場する連載第2エピソード副題としても使われており、連載版のプレストーリーとしての位置づけである。

登場人物

※本項は内容についての若干ネタバレを含みます。 →次項(関連動画)まで飛ぶ

主要登場人物

ヒューリー=フラットライナー
本作の主人公の一人。ボサボサの長身と、見たはいかついうえ言動も荒いが、その実子供好きで面倒見のいい田舎ちゃん。
5年前に両を惨殺したを討とうとして相討ちになり、通りがかったDr.ピーベリーによって「人造人間を斃すための人造人間」へと改造された。ヒューリー本人も人造人間への強い怒りを抱え、全ての人造人間を破壊することを的とするようになった。ある事件の後はDr.ピーベリー行動をともにし、倫敦へと向かう。
Dr.ピーベリー
ポニーテールにくわえタバコが特徴の女医。人造人間研究者で、ヒューリーを人造人間改造し、人造人間について教えた。ヒューリーとはまた違った形で人造人間を憎んでおり、ある的のためにヒューリーを改造した。
エルム=L=レネゲイ
本作の主人公の一人。人造人間少女。没年齢は13歳。人造人間になって10年経つので年齢は23歳と本人はしているが、その言動はまんまアホの子で、まわりを振り回すこともしばしば。好きなものはアシヒトと甘いお菓子ぬいぐるみ。ある的のために、アシヒトとともにをしている。
アシヒトリヒター
人造人間の調整を専門とする男性長身、端正な顔立ちに眼鏡をかけ、スーツをきっちり着こなしている。人造人間研究の名門リヒターの子息でありながら、人造人間の整備・解体を請け負いながらエルムとともに欧州各地を回っている。
レイス=アレン
ヒューリーの相棒。容姿は茶髪の優男といったてい。ヒューリーと同じく5年前に両を惨殺されるが、その両からは虐待を受けていた。当初は自ら死を選ぼうとするがヒューリーに説得され、ともにワイス卿に保護される。その後は事件の犯人の正体を知ることを的とし、ヒューリーの復讐サポート。ついに犯人とまみえるも返り討ちにあい死亡したとみられたが、人造人間として復活。生前の記憶を残しながらも性格は変貌しており、一種のヤンデレともいえる。

サブキャラクター

DEAD BODY and REVENGER(単行本1巻)

エーデル=ワイ
色の瞳をした少女。ヒューリー、レイスとともに5年前の惨殺事件の場に居合わせ、ワイス卿にとして引き取られた。ただし本人はそのときの高熱が原因でそれまでの記憶をなくしている。
シェイド=ジェイソン
ワイス卿の使用人で、ヒューリーとレイスの上。元猟場番で、現在はエーデルのボディガード
ロバートワイ
英国ハイランドに屋敷を構える子爵で、元大学教授。惨殺事件の生き残りであるヒューリー、レイス、エーデルを引き取った。離婚あり。

DEAD BODY and LOVER(単行本2巻)

フィリップウィルキンソン
リバプール運商のお坊ちゃん長身、端正な顔立ちに眼鏡をかけた温和な青年アザレアとともに駆け落ちし、身分違いでも合法に結婚できるグレトナ・グリーンす。
アザレア=ミレー
リバプールにある大衆場の女給。フィリップ婚され、駆け落ちしてともに身分違いでも合法に結婚できるグレトナ・グリーンす。
カタヴェリック=スパスム
皮膚強化人造人間創造された際に創造死亡した野良人造人間である。

DEADBODIES in LONDON(単行本3巻~)

マイクロフト
英国政府の高官で、「さる高女性」に仕える壮年の男性。本職は会計。常にパイプを持っている。「さる高女性」の命によりアシヒト仕事依頼する。モデルシャーロック・ホームズマイクロフト・ホームズ
フレデリックアバライン
英国スコットランドヤードの警部で、切り裂きジャック事件の捜責任者。だがどこか嬌のある性格。モデルは同名の実在の人物で、貌・経歴等ほぼそのまま。
エーデル=ヴァイオレット=ケリー
倫敦貧民街イーストエンドで泥ひばりをして仲間達とともに暮らす少女母親切り裂きジャックに殺され、母親の借のカタに館で働かされていたが脱走した。
メアリジェーン=ケリー
ヴァイオレット母親切り裂きジャックに殺されたのち、言を得るために人造人間にされるが創造を殺して逃亡した。生前は婦。
タイガーリリィ=コフィン
フランケンシュタインの怪物と意志を継ぐ会「稲妻の兄弟ブリッツ・ブルーダー)」に所属する人造人間少女。感覚機特化ん中分けのい長というなんかきっちりしてそうな容姿。額に第三のを持つほか最大24個の遠隔操作玉で離れた場所の色を見ることが出来る。
リッパー=ホッパー
ブリッツ・ブルーダーに所属する呼吸機特化人造人間切り裂きジャックの正体であり、その性格は相当狂っている。

読切版「DEAD BODY and BRIDE」登場人物

ジョン=ドゥ
読切版「DEAD BODY and BRIDE」の主人公。胸部に大きな十字の腑分け傷を持つ人造人間リトル=ロゼとともに人造人間専門の壊し屋をしながらをしている。報酬として若く美しい女の体の部位を集めて回り、それにより自分のを作るのが的。
リトル=ロゼ
ジョン=ドゥの相棒。援護と整備を担当する自称博士」。和装のボクっ娘で、その容姿と一人称から掲載時は多くの読者女性だと気づかなかったとか。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エンバーミング

34 ななしのよっしん
2015/04/21(火) 14:37:29 ID: 0T/FONFzUj
なんだかんだで綺麗にまとまったな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
35 ななしのよっしん
2015/05/16(土) 17:44:51 ID: tL+H+nyX4C
最終巻読んだ。話は面かったしフランケン達はキモカコイイしで読んでてよかったわ
最後のジュビロは笑ったけどwwいいコラボだったな

惜しむらくはアバ刑事とかが善い人すぎて「フランケンシュタインに関わる者は悪人狂人かのどちらかだけ」てのが途中で薄くなったことかなー
初期のダークな雰囲気そのままな結末も見てみたかった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2015/05/26(火) 21:33:24 ID: YcNPfqd6lT
>>35
「進んで」関わるのは・・・だから(震え声)
まあ結局は善いか悪いかって々に結論出しちゃったのがなー
中盤以降ヒューリーの不在もあってただのバトルになっちゃった感はあった

個人的に残念なのはジョン・ドゥ起動事故回想とかで具体的に明かされなかったのとリヒターネタキャラ化かな
顔半分吹っ飛んで「これからする事の代償と思えば~」とかあのキャラじゃ言えないだろ・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
37 ななしのよっしん
2015/07/22(水) 08:51:55 ID: uCqQ8est7d
リトルロゼのキャラは凄い好きだったから、
なんとか再登場させて欲しかったなあ(まあ、終盤もうこれは登場むりだなあとおもったけどw

次作はリトルロゼリメイク主人公ダーク仕置人物とかやろうぜ!(理)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
38 ななしのよっしん
2015/10/01(木) 17:46:07 ID: /sOsYUMKC1
今日やっと最終巻まで読んだ。本当、筋少好きだな作者w
👍
高評価
0
👎
低評価
0
39 ななしのよっしん
2015/11/27(金) 19:39:26 ID: +oon7F2Umy
武装錬金からのファンだから個人的にはリアルタイムで見たまひろによく似た邪気なエーデルが無惨な最期を遂げる様は正直見ていてちょっと来るものがあった

…まあ後にたまたま立ち読みしたタイガーリリィ戦でのアバラインの活躍を見て
「ああ武装錬金の頃のノリだ」
と安心して単行本で読み始めたけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
40 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 14:16:29 ID: +2rk/X/GQR
最近気分が落ち込んだので、原点(10代)の気持ちに還ろうと和作品を読み返しているが
エンバではエルムエピソードの結末が切なすぎて泣くしかねぇ
悲しいけど、何か心が浄化されていく感覚がある
👍
高評価
0
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 00:38:57 ID: FG3u7y8/eC
先生の作品でエンバーミングが一番好き
アバライン悪人でも狂人でもなかったのは主人公達等のフランケンシュタインに彼らを人間として接してたからなのかなーとか思ったりするけどイマイチ根拠とかは言えねえなぁw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
42 ななしのよっしん
2021/10/03(日) 11:21:50 ID: +oon7F2Umy
しかしニコニコ大百科の『エンバーミング』関連記事、要人物ってすっ飛ばしてなぜかカタヴェリック=スパスムだけあるって一体どうなってるんだよ……w
武装錬金』で例えたらカズキパピヨンの記事がないのにホムンクルス太と細辺りの記事だけあるみたいなモンだろwww
👍
高評価
0
👎
低評価
0
43 ななしのよっしん
2022/07/03(日) 00:09:11 ID: RvyovDQs1o
キム・ニューマンの「ドラキュラ紀元シリーズ元ネタであろう
👍
高評価
0
👎
低評価
0