エーリッヒ・フォン・ハルテンベルク単語

エーリッヒフォンハルテンベルク

エーリッヒ・フォン・ハルテンベルクとは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.佐々木功

概要

限に広がる大宇宙、静寂なに満ちた世界ゴールデンバウム朝銀河帝国貴族伯爵若干太いが端整な顔つきで、”サーベルめいた”細い長身の持ち

帝国485年当時、38歳の少壮にして内務警察総局次長の任にある有警察官僚であり、次期の警視総監としてもっとも有視されていた。それだけでなく、警視総監職のつぎには閣僚たる内務尚書職に任じられ、その若さから長期の在任はほぼ確実であろうという噂さえあるなど、将来を嘱望される俊秀であった。

自由惑星同盟から逆亡命した帝国軍人ヘルマン・フォン・リューネブルクは義であり、その妻で佳人と評判だったエリザベートがエーリッヒであった。そして彼はそのエリザベートの手にかかり、将来の栄達と以後の人生とを失うことになったのだった。

妹の婚約者をめぐって

ことはリューネブルクが同盟から亡命してくる以前にさかのぼる。

ある時、エリザベートはカールマチアス・フォン・フォルゲンという男と出会って恋に落ち、双方の親族の反対を押し切るかたちで婚約が成立した。伯爵の四男で放蕩者の軍官僚カールマチアスに対し、エーリッヒ夫婦の生計をいかにたてるつもりか詰問したが、これに対しカールマチアスサイオキシン麻薬の密売に手を染めることで応えてしまったのである。

その秘密を知ったエーリッヒは、最悪の犯罪者となってしまったの婚約者を心底憎んだ。この事態が世に知れれば、不幸になるのはもちろんのこと、エーリッヒ自身も未来を喪い、代わりに不名誉を背負って生きてゆかねばならないのである。かくして、彼は同じ立場にあるフォルゲン伯爵――すなわちカールマチアス――を共謀者とし、カールマチアスを闇に葬る陰謀を企てた。そしてハルテンベルク伯爵とフォルゲン伯爵そろっての秘密裏の圧によりカールマチアス会計士官として前線に送られ、帝国481年が482年にかわるかかわらないかの頃、基地を襲撃され戦死をとげたのである。

婚約者を失ったエリザベートは気落ちし、他の婚も断っていたが、帝国482年頃、同盟から亡命してきたヘルマン・フォン・リューネブルクの婚を受ける。エーリッヒがこれ以上逼塞するのを心配してこの婚を受けるようすすめ、帝国484年頃にようやく婚姻に至った。

しかし、帝国485年、第六次イゼルローン要塞攻防戦に際してリューネブルクが出征しているあいだにエリザベートはカールマチアスの死の相を知った。12月1日エリザベートに招かれたエーリッヒカールマチアスの死の責任を問われてしく口論し、席を蹴って階段を降りようとするその時、背中から突き飛ばされた。物入りのコーヒーを飲まされていたこともあって、エーリッヒは身体を御しえないまま20段をまっさかさまに落ち、あげくに鉢植えが投げ落とされてその顔を原を留めぬ血の塊に変えた。彼はこうして、その閲歴を終えたのである。

人物

警察官僚がたまたま貴族を着ている”などと評価を受ける生の官僚であり、放漫な大貴族とは違い堅実で生な人物。官僚としての実務も高く、利冷な人物であった。貴族として相応に社交界における自身の立場を気にかけ、官僚としても栄達への野心を持つ人物ではあったが、の婚約について計をいかにたてるかカールマチアスを詰問するなどの点から見ても、現実的な見識をも高く持ちあわせていたといえよう。

エリザベートへのとしての情も彼なりにあったらしく、婚約者を喪い廃人状態にあったエリザベートをリューネブルクと結婚させたことについて、のちにウルリッヒ・ケスラーは「憎悪すべきである同盟からの亡命者を夫として与えることで、エリザベートの精活性化を狙ったのではないか」と考察している。結婚後も最悪の場合は自身の面子を捨てても離縁やむなしとリューネブルクに伝えるなど気にかけていたようだが、いっぽうで結婚後はその心情を理解できなくなりつつあった。その義リューネブルクについても本来は好意的な印をもっていたが、のちにはリューネブルクがハルテンベルク伯爵政治的影めあてでエリザベートに婚したのではないかと危惧し、不幸にせぬよう釘を刺している。

その他、宮廷ではなにかと軽侮されがちな子爵リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼンに対しても一定の評価と敬意を持っていたようだが、なにか不吉なものは感じ取りつつも、その価を見通すにはいたらなかった。そして間接的にではあるものの、彼はこの老人によって自らの業に決着をつけさせられることとなったのである。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エーリッヒ・フォン・ハルテンベルク

3 ななしのよっしん
2017/10/17(火) 20:40:16 ID: kGkTTxcCQ9
>自らの業に決着をつけさせられる

なるほど。相手がたとえ麻薬密売人という大悪人であったとは言え、自分の不名誉(というレベルではないが)を恐れて、正規の手続きではなく謀殺という手段を選んだ点で、彼自身も全く非がいわけではないか。

とはいえ、そもそもはがどうしようもない男を婚約者に選んでしまった不運にあるわけで、同情の余地はあるね。
4 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 22:22:23 ID: Z4v4mv1bgy
帝国では麻薬の密売はどれだけの刑罰なるか分らないが恐らく、死刑かそれに近い刑罰が下されただろうし、犯罪者として裁かれて不名誉な死に方するくらいなら戦場で名誉の戦死と遂げた方がマシだと思ったのもあるだろうな(犯罪者の妻になってしまうし)。

と言うか、相を知って婚約者は麻薬の密売と言う重犯罪に手を染めた事に対して幻滅しなかったんだろうか(そもそも、放蕩者で評判の悪いこの男のどこに惚れたんだ)?
そもそも、犯罪者として裁かれて死ぬか謀殺されて死ぬか違いに過ぎないとは考えなかったんだろうか(と立場からすればそうせざるを得なかったし)?

どうせなら結婚させて子供が生まれてから謀殺した方が良かったと思う(婚約者の精子をあらかじめ冷凍保存しておいてから謀殺してから人工授精でも良い)。
子供が生まれて母親になっていればではいられないし、子供がいればたとえ相を知ってもあんな暴走を起こさなかったかもしれない。
5 ななしのよっしん
2017/11/29(水) 08:33:29 ID: 1CWsbPdrXP
そういう機械的合理的な割り切りのできるような話ではないだろうから
6 ななしのよっしん
2018/03/19(月) 12:02:35 ID: 7E4eVMJmO8
キャゼルヌ先輩ユリアンに諭してるが、恋愛数式じゃないからね
「汚名」のカイザーリング男爵バーゼル退役中将らびに同夫人ヨハンナあたりがやや似た感じの関係かな

ついでに「汚名」の諸々からすると、麻薬犯、ことに使用ではなく流通側の場合は事犯クラスであろうことが推察されるのと、
ハルテンベルク伯自身、内務尚書職を狙う立場ということは当然、政敵も居ただろうことを考えると、
出来る限り速に事態を闇から闇へ葬る必要性があったんだろうと思われる

いくらカールマチアス伯爵人間とはいえ四男ともなると、相続の見込みも薄く、また特権階級的な護を受けるよりも、そのスキャンダルは政争のダシに使われる危険性の方がずっと高いだろうし
一方で謀殺の経緯を見ても、フォルゲン・ハルテンベルク両伯爵の当時の影等々が、あからさまな手段に出て揉み消せるほどではなく、前線の計官として放り出して戦死を期待するという遠な方法を取らざるを得なかったんじゃないだろうか

人工授精に関しても、チシャ夫人が
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
7 ななしのよっしん
2018/04/27(金) 17:40:32 ID: Hs8FvDXQ6n
カールマチアスを密かに始末した件について、ひとつ仮説が浮かんだ。
ハルデンベルク伯の息のかかった人が、当時逆亡命を考えていたリューネブルクと接触して、カールマチアスのいた部隊に攻撃して、確実に戦死させるよう依頼した。その見返りに、最初からの逆亡命者(帝国への帰順者)待遇と、ハルデンベルク伯の後ろ約束した、そのこそがエリザベートとの婚姻だったとか。

その辺りの事情が断片的に同盟側に伝わった結果うまれたのが、「リューネブルクは自分が殺した敵兵が持ってたホロ写真君に一惚れして逆亡命しやがった」という噂話だったのかも。
8 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 20:50:59 ID: oCsqlnuxGF
>>4
「あなたとならどんな貧しい生活でも耐えられる」とまで言ってるからな。
さすがに口だけで実際に貧困に耐えられるわけがない、とカールマチアスは考え麻薬密売に走ったわけだが、彼が思ってた以上にエリザベートは本気だったんだろう。どんな形であれどんな手段であれ、一緒にいられるなら幸せになれる、みたいな。
(もちろん、実際に生活してみたらやっぱり理、となるかもしれないが、その辺はジークフリード・キルヒアイスが生きていたら~のごとく可性は可性のままなくなっちゃったから)
9 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 02:17:34 ID: gAQ3vc5Mri
>>6
麻薬密売は確実に事犯ですね。
特にサイオキシン麻薬の密売については、帝国・同盟の麻薬官が極秘に共同戦線をって密売組織の殲滅を図ったと本編中でられている程です。
10 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 20:20:15 ID: Hs8FvDXQ6n
>>9
全にただの想像だけど、その帝国と同盟の捜官が共同戦線をった時の、帝国側の責任者がハルデンベルクだったということはないかな。

というか、この共同戦線が顔を合わせたのはフェザーンなんだろうけど、よくフェザーン自治領地球教が黙ってたもんだな。あるいは、地球教以外の麻薬密売シンジケートが捜だったのか。
11 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 20:25:55 ID: /wQDNwVcJU
>>10
それは原作7巻から数えて「半世紀ほど以前」のことで、かつ「その当時でも二度はこころみられなかった」そうなのでちょっと理があるのでは
12 ななしのよっしん
2018/05/19(土) 21:32:27 ID: Hs8FvDXQ6n
>>11
うーん、半世紀前となると、流石に年齢的に理があるか。責任者としてはもちろん、いち捜官としても。
因縁話としては面いと思ったんだけどなあw