オイ車単語

オイシャ

オイ車とは、大日本帝国陸軍が開発していた試作戦車である。オイ車の由来は「大戦車イ号」の略である。また、三菱重工東京機器製作所で開発された為、その略を当てはめミト車とも呼ばれた。

俗説と新説について

100t120があり一般的にオイ車と呼ばれていたのは1944年から開発された120戦車であるが、実際に計画・設計されていたオイ車150のみであり
105加農ではなく九六式15榴弾を予定していた)
従来説の120(または140t)及び100は極秘に開発されていたがゆえに噂や言に尾ひれがついたものである。
ここでは従来説とその補足について解説する。

概要

モンハン事件での戦訓やソ連T-35重戦車や対戦車地に対抗する為に陸軍軍事課長、岩畔雄大佐の独断で秘密裏に開発させた戦車
当初は単純に多砲塔戦車であった九五式重戦車の寸法を2倍にしたものを作るよう命したとされる。完成版の武装は96式15cm榴弾改造とし、の前に設置された二つの副に新チハと同じ47mmを後方に設置された副には連装機関銃を搭載する予定だった。

(九六式十五榴弾徹甲弾を用いた場合約914m先にある約104mmの垂直装甲を貫通させることが出来、成形炸薬弾を用いれば距離にかかわらず150~180mm垂直装甲を撃ち抜けた。47mm1000mで約50mmの垂直装甲を貫した。)

開発は極秘に陸軍技術本部で行なわれ、1943年の半ば頃に三菱重工の丸子工場で試験体が完成し丸子工場と相模造兵で走行試験したという。(相模造兵へは分解されて輸送されたらしい。)

なお、試験に立ち会った機甲科の重役や創始者たちのはあまり良いものではなかったという。まぁ、日本戦車部隊の戦術教義から外れたものであるから当然であるが。)
走行試験の結果、重量が重すぎて地面に埋まって進めない等まともに使い物にならなかった為に放置され、1944年に試作バーナーで解体し計画は破棄された。
実際に作られたのは試験用体である故には最初からつくられておらず装甲も試作であるのにも関わらず、軟鋼ではなく30~35mm防弾鋼を組み合わせたもので費用が嵩んだそうな(最終的な仕様は不明である)。
また、この開発のため多くの研究員と決して少なくない資材と時間を浪費した為、既存の兵器開発の計画が大きく狂ったといわれる。予定重量は上述の通り150tであり、未曾有の大重量のため分解して輸送できるように設計されていたと言われる。

オイ車120t/140t型(従来説)


終戦間際に試作完成し、相模陸軍造兵で試験が行われた。全備重量は120tとも140tともいわれ、を九二式十加農砲改造とした。
その後は満州に送るため分解された状態で保管され、終戦を迎えたとされていたが
計画設計されていたのは150戦車一種のみでありこちらは実際には製作どころか計画すらされていない。つまるところ情報の錯綜から生まれた兵器である。

性能

  オイ車(新説) オイ車(従来説) マウス(参考)
全長 10 m 11 m 10.085 m
全幅 4.2 m 4.2 m 3.67 m
全高

2.5 m

(体のみ)

4 m 3.63 m
重量

100 t(体)

150t(全備予定重量)

120 t または140 187.998 t
最高
速度
32km/h(予定) 25km/h 13km/h(不整地)20km/h(整地)
最大
装甲厚

150mm

いは

200mm

200mm 240mm
エンジン

川崎BMW改造
冷V12気筒
ガソリンエンジン
550) ×2

川崎BMW改造
冷V12気筒
ガソリンエンジン
550) ×2
1号ダイムラーベンツ MB509
ガソリンエンジン1080
2号ダイムラーベンツ MB517
ディーゼルエンジン1200

電気駆動(モーター×2)
武装 - 九六式十五榴弾改造×1
- 一式四十七戦車?×2
九七式車載機関銃
(口径7.7 mm)×2
- 九二式十加農
105mm加農
- 一式四十七戦車(口径47mm)
九七式車載機関銃 ×3
(口径7.7 mm)
- Pak44 50口径128mm
- KwK44 36.5口径75mm
MG34機関銃(口径7.92mm)
乗員 11名 11名 6名

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%82%A4%E8%BB%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オイ車

4 ななしのよっしん
2015/10/23(金) 13:03:41 ID: gZGReZ5kE7
オイ車の設計図が見つかったそうな。朝日新聞なのがなんとやらだが…
http://www.asahi.com/articles/ASHBQ36V3HBQPTIL003.htmlexit
5 ななしのよっしん
2015/11/04(水) 19:35:20 ID: RDvCi9SaM7
>>4
>>図面や仕様書、試作の報告書や作業日誌が近年、古書市場に出た。軍用車両の研究で知られる精密模型メーカーファインモールド」(愛知県豊橋市社長鈴木さん(57)が入手し、復元模型づくりを進めている。
>>azB014F9MP90exit_nicoichiba


社長グッジョブ!
6 ななしのよっしん
2016/01/26(火) 16:29:42 ID: 5v6nelUMZs
あの幻の日本戦車オイ車プラモデルがついに出た・・・!
と思ったら、なんかイメージしていたのとかなり違ったw

画像検索などでよく出てくる長身の
現代戦車に通ずるスマートな見たじゃなくて
なんというか・・・な外観なんだなww
7 ななしのよっしん
2016/02/27(土) 14:37:03 ID: /U7jbilaBZ
かっこいい!
8 ななしのよっしん
2016/03/13(日) 22:52:15 ID: QYIJim07px
>>6
個人的にはあの古臭い感じが旧世界の怪物的な感じ(?)があってかっこいいと思う
キングギドラ的な印を与えてる…のかもしれない
9 ななしのよっしん
2017/01/15(日) 13:05:43 ID: RGDbRqn4Bi
ガルパンに出ないかな、これ。終戦間際に試作完成しているのなら、戦車道に出られるだし。
10 ななしのよっしん
2017/01/15(日) 15:01:55 ID: LELTVNrzov
体側面35mmなのでマウスT28と違って回り込まれるとオワタ式なんだよなぁ
11 ななしのよっしん
2017/05/04(木) 19:15:16 ID: 2278Y5q6kA
オイ車
12 ななしのよっしん
2017/06/03(土) 15:43:34 ID: +b+NkC4CNW
WOTのオッスオッスお化け
13 ななしのよっしん
2017/11/18(土) 20:59:12 ID: lojwDLJCDr
>>10
側面は35mmの上にさらに35mmの増加装甲をつけて実質70mmらしいで