オオアゴザウルス単語

オオアゴザウルス
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

 オオアゴザウルスとは、オオアゴザウルスである。

概要

Gnathosaur / オオアゴザウルス (4)()()
オオアゴザウルスクリーチャートカゲ
アーティファクトを1つ生け贄にげる:オオアゴザウルスはターン終了時までトランプルを得る。
5/4

ファイレクシアの油に耐えうるミラディン生物にとっては、ごたえのある食べ物が大量に増えただけのことだ。

ローウィンブロックの登場とともに脚を浴びた新カードタイププレインズウォーカー。その魅的なと全く新しいカードタイプの登場にMTGプレイヤーは大いに喜んだ。

そして2011年ミラディン包囲戦でそれは突然現れた。

―オオアゴザウルス

人々(あとタルモゴイフも)は困惑する。これは・・・なんだ?パーマネント?そもそも手札からプレイしていいのかすら分からないの新カードタイプ。既存の破壊では壊せない。右下には意味ありげな数字。

 

オオアゴザウルス・・・・一体何者なんだ・・・

 オオアゴザウルス伝説

 

なんかすごい!使いたい!

ファイレクシア人を噛み砕く快なイラストミラディン次元全体が直面する最大の危機ファイレクシア人も、オオアゴザウルスにとっては「ごたえのある食べ物」でしかないのだ。あなたがそんなオオアゴザウルスの事をとても気に入り、デッキに入れたとしよう。

110.4a 「パーマネント・カードpermanent card」というは、戦場に出ることができるカードのことをす。すなわち、アーティファクトカードクリーチャーカード、エンチャントカード、土地 カードプレインズウォーカーカードのことである。

マジック総合ルールexit(私訳第 6.7.0.0 版)によると、パーマネントは上記のように定義されている。良く見なくても分かるが、「オオアゴザウルス」なんていうはない。つまりあなたが運よく《オオアゴザウルス》を引いてきたとしても、そもそもそれを唱えること自体ができないのだ。あなたの手札にあるのは「オオアゴザウルス」とかいう名前を持った、マナコストが(4)()()であるよく分からない何かでしかない。

 

そんな馬鹿な!俺はどうしても使いたいんだ!

お嘆きのあなた、まだ可性がくなったわけではない。以下に何とかする手段を列挙しよう。

1.英語版の《オオアゴザウルス/Gnathosaur》、あるいは他言版のものを使う。

これが最もシンプルな答えだ。誤植が見られるのは日本語版のカードだけであって、《Gnathosaur》にはちゃんと"Creature - Lizard"と書いてあるので唱えられる。ただ「オオアゴザウルス」のインパクトが相当薄れてしまう感は否めない。

2.対戦相手に頼み込む。

「こいつをクリーチャーってことにしてくれよ!頼むよ!相棒なんだ!」と頼めば、たいていのMTGプレイヤーならば笑って認めてくれるだろう。特にリミテッドではクリーチャーの頭数が重要であり、《オオアゴザウルス》1枚の有で戦局が変わる事もありえなくはいのだ。ただし対戦相手がルールに特別厳しく、一つの例外も許さないお役所のような人物だった場合に断られる可性があるので万の対策とは言えない。

3.正々堂々と出す。

相手に伺いを立てるような、姑息な手段でしか《オオアゴザウルス》を出すことはできないのか。そんなことはない。MTGには1万種をえる膨大なカードがある。その《蓄積した知識》にかかれば造作もい話である。

前提条件:レギレーションレガシー以降であること。場に《Gnathosaur》が出ていること。

この状態で

擬態の仮面/Mask of the Mimic  ()

 インスタント STH, アンコモン

擬態の仮面を唱えるための追加コストとして、クリーチャーを1体生け贄にげる。

トークンでないクリーチャー1体を対とする。あなたのライブラリーから、それと同じ名前のカード1枚を探し、そのカード戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

を唱え、《Gnathosaur》を定すれば、"パーマネントでない"正正銘本物の《オオアゴザウルス》の降臨である。《擬態の仮面/Mask of the Mimic》のかわりに《裂断術/Dichotomancy》や《複写作成/Mimeofacture》でも可だが、手間がかかる。

 

やったね!で、どうなるんだ?

 戦場に出たが最後、《オオアゴザウルス》はMTG史上類を見ない除去耐性を持った存在として君臨する。《の怒り/Wrath of God》《剣を鍬に/Swords to Plowshares》のようなクリーチャー除去程度では涼しい顔でやり過ごされる。そもそもクリーチャーではないからだ。それどころか《名誉回復/Vindicate》《全ては/All Is Dust》すらも回避し、《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》で《Gnathosaur》を定されても生き残り動/Upheaval》《の揺らぎ/Sway of the Stars》のようなリセットにも耐えるのだ。その不動の様はまさにミラディン最大の脅威といえるだろう。

ただしクリーチャーでない以上アタックブロックもできず、パーマネント参照効果にも引っかからないので、結果的にただの置物となってしまうのはご嬌である。

 

余談

似たような存在に第8版の《商人の巻物》がある。

タルモゴイフ/Tarmogoyf》歓喜かと思いきや、そもそも定義されたカードタイプでないため加算されない可性が高い(総合ルール204.2a)。

「点数で見たマナコストが6」「カード」という点は恐らく参照できるので、《うつろ爆発/Erratic Explosion》の効果などとして使える。

そもそもエラッタが出ているので普通クリーチャーとして使える。

Foilカードもやっぱり「オオアゴザウルス」になっている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%82%B6%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オオアゴザウルス

25 ななしのよっしん
2015/08/20(木) 15:12:22 ID: R9RUNWxIrE
>>24
リセット呪文で《R&D's Secret Lair》が戦場くなるから、アタックブロックもできるようになる。

1)《オオアゴザウルス》を戦場に出す。
2)《R&D's Secret Lair》を戦場に出す。
3)《世界火》を唱える。
 ルーリング110.4a より、カードタイプオオアゴザウルス」はパーマネントには該当しないため、《オオアゴザウルス》のみが戦場に残る。
4)《R&D's Secret Lair》が戦場からいなくなるため、《オオアゴザウルス》が通常のクリーチャーになる
5)《オオアゴザウルス》で攻撃!
26 ななしのよっしん
2015/08/20(木) 17:41:26 ID: tV4CZQyXd6
それ結局トカゲに戻ってるじゃん・・・
27 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 01:59:04 ID: qF+gwhHEHO
イクサラン発売に伴って数多くのクリーチャータイプ-トカゲ恐竜に修正されるも、オオアゴザウルス恐竜にならなかった……
やっぱりオオアゴザウルスオオアゴザウルスだな
28 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 19:13:24 ID: d6YfYV5PXw
サブタイプですらないのか…
29 ななしのよっしん
2017/09/08(金) 17:41:11 ID: bKxOowvXQF
恐竜じゃないのか(困惑)

「ザウルス」の部分は命名者の語尾であり、本来の学名は「オオアゴ」だった…?
30 ななしのよっしん
2017/09/18(月) 06:05:12 ID: ENefB9gCCo
イクサラン恐竜とは別物のオオアゴサウル
31 ななしのよっしん
2017/10/04(水) 23:44:31 ID: eQYgEotMDF
公式記事で他の「恐竜かもしれないけど恐竜じゃないクリーチャー」について明が出されたけれどオオアゴザウルスには言及されなかった。オオアゴザウルス恐竜ではなくオオアゴザウルスだったのだ。オオアゴザウルス、まさにただ者ではない・・・。
32 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 14:28:19 ID: eQYgEotMDF
オオアゴザウルス 恐竜」がGoogle検索補に上がってきて思わず笑ってしまった
33 ななしのよっしん
2018/03/19(月) 14:06:03 ID: qF+gwhHEHO
いつのまにかオオアゴザウルス恐竜に変更されてましたね
34 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 07:25:45 ID: bKxOowvXQF
翼竜は厳密に言うと恐竜ではないが、あえて恐竜とする。

オオアゴザウルス恐竜と分ける。