編集  

オカダ・カズチカ単語

オカダカズチカ

オカダ・カズチカとは、新日本プロレス所属のプロレスラーである。
本名は岡田ウルティモ・ドラゴン校長による闘門出身者で最も成功した選手の一人。 

身長191cm・体重107kg。キャッチフレーズは「レインメーカー
新日本プロレス40年の歴史で初めて出たホンモノ」「史上最強インベーダー」など。お供に外道がいる。
くれぐれも"外道さんが本体"などと言ってはならない。 

外道「レインメーカーの概要だぞ!お前らよく見とけ」

闘龍門デビュー~ヤングライオン時代

1987年11月8日生まれ。愛知県安城市出身。中学卒業後、闘門13期生として入学
当初のリングネーム岡田かずちか。
同期生には後にハッスル、SMASHWNC等で活躍する大原はじめ、大阪プロレス松山勘十郎、タッグチーム"スピードオブ・サウンズ(SOS)"で活動するツトム・オースギヘラクレス千賀らがいた。 
門の校長ウルティモ・ドラゴンは、オカダを「飛べるG馬場」をプロデュースしようとしていた。

初任給のファイトマネーが交通費込みで50ペソ(当時の500円)で、そんな生活が1年続いた。
そんな中、ミル・マスカラスとの対戦のチャンスを貰ったり、当時の先生の一人であるネグロ・ナバー
「10年もしないでビッグスターになっているだろう」と評され、更に第9回ヤングドラゴン杯優勝と評価が高まっていく。 

2007年7月22日に行われたウルティモ・ドラゴン20周年記念行にて、闘門の卒業及び新日本プロレスへの
入団を発表。石狩太一(現・タイチ)を相手にヤングライオンとして再デビューを果たす。
2009年にはNOAHへの対抗戦に抜。四つんばいになった相手の頭に蹴りを入れるなど、その闘志あふれるファイトに評価は高かったものの結果は残せなかった。
2010年2月からTNAへ武者修行立つ。

2011年1月4日東京ドームにて後藤洋央紀タッグを組み、杉浦貴(NOAH)&高山善廣を相手に凱旋試合をするが
善戦及ばず敗北。再びTNAへ。
5月13日~15日に新日本初の単独アメリカ遠征が開催、初日の初代IWGPインターコンチネンタル王座決定トーナメントに出場。
結果は優勝補の元WWEスーパースターMVPの前に一回戦負け。15日の8人タッグでは中邑真輔のボマイェで敗北

レインメーカーとして

2012年1月4日東京ドームで、”を降らす男=レインメーカーオカダ・カズチカ変身し凱旋。メキシコ遠征から帰したYOSHI-HASHIとのダブル凱旋試合でインパクトが残せず、知名度の低さも相まり、メイン後のIWGP王座挑戦のアピールではブーイングを受けてしまう。

だが、その後のシリーズから本来の実を発揮し、棚橋を苦しめる戦いを展開。前戦でもCHAOSの面々とタッグを組み結果を残すと、2月大阪大会で棚橋弘至からまさかの王座奪取。中邑真輔に次ぐ若さでのIWGPヘビー級王者となる。3月4日の旗揚げ記念日、後楽園ホール大会では内藤哲也戦で王座初防衛。
旗揚げ40周年を迎えた新日本における新世代選手同士によるIWGP戦を制し、レインメーカーの地位を確立した。
この時ばら撒かれたオカダの肖像画が描かれた”レインメーカードル札"(通称「オカダドル」)は、入場時の定番アイテムとなり現在に至る。 

続く5月福岡でNewJapanCup覇者後藤洋央紀の挑戦を退け、オカダ時代の到来を決定づけたと思われたが、
6月に前王者・棚橋との防衛戦で王座陥落。王座を奪った大阪で、リベンジを果たされる形となる。

王座陥落で勢いを失う事はなく、G1 CLIMAX前の練習国立競技場を貸切、50メートル走に挑戦。
運動靴ながら594という脅威の記録をマークし、G1優勝に視界良好である事を猛アピール。(中学時代は陸上部)
公式戦では以前防衛戦で降した内藤後藤・注の同門対決となった中邑真輔に敗れるもBブロック首位で通過。
Aブロックを勝ち上がったカールアンダーソンとの死闘を制し、史上最年少での初参戦初優勝という快挙を達成。

G1覇者は次期シリーズでのIWGP挑戦が通例となっていたが、マネージャー外道ドームでの挑戦をブチ上げ、
団体側も挑戦権を防衛する事を条件に了承し、史上始めて挑戦権利書を賭けて試合が行われる事態となる。
以降、G1決勝で戦ったアンダーソンG1公式戦とタッグで敗れた後藤洋央紀を相手に権利書の防衛に成功し、
"レインメーカーに相応しい舞台"東京ドームでのIWGP挑戦が正式決定。王者・棚橋との決着戦が行われる事となる。

2012年プロレス大賞でMVPベストバウトの二冠にくなど、時代は全にオカダのモノと思われたが、
史上最大の世代闘争と銘打たれたドーム決戦棚橋敗北し、時代と王座を死守されてしまう。
続く2月広島では、CHAOS鈴木軍の本格抗争の開戦をきっかけに、鈴木みのるとの一騎打ちが実現するが惨敗。
さらに旗揚げ記念日でのイリミネーション戦でも鈴木の策略に敗れ、一気にスランプへと突入してしまう。

この1.4での敗戦からはじまったスランプを「己の慢心」と「ハングリーの欠如」と判断したオカダは、
スランプ脱出を図るべく、なんと世田谷への引越し、具の総買い替え、高級の購入など
総額一千万円に及ぶ浪費を敢行。自身のプロレス人生の原点である「一文」に自らを追い詰め、
(虚実はともかく)ある意味レベルの違いすぎる独自の調整法で中卒デビューで培ったハングリーを取り戻した。
この後の復調を受けて、散財による調整法がYahoo!スポーツニュース(13年4月9日分)で取り上げられる事となる。

迎えた3月春の祭典NewJapanCupに新技レッドインク(=赤字)を引っさげての初参戦。
初戦で鈴木ランスアーチャー、二回戦ではカールアンダーソンを降して順調に最終戦後楽園に駒を進め、
準決勝では同門・矢野通を、決勝で過去3度優勝している後藤を撃破し、G1に続いての最年少初参戦初優勝
わずか三ヶでの異例の王座再挑戦が決まり、4月での棚橋との王座戦へと漕ぎ着ける。

4月の両で「人類の想像をえた史上最強インベーダー(外道談)」となったオカダが死闘の末に棚橋辱。
二度IWGP戴冠を成し遂げた。試合後は、アナウンサーマイクに涙を見せる場面もあったが、
バックステージインタビューでは、「歴史が変わりましたー」と外道と陽気に杯、余裕の表情を取り戻した。
5月3日レスリングどんたく2013では、自ら名した挑戦者・鈴木みのるを相手に30分もの闘を展開。
予告通りの"スペシャルな決め方"で初防衛を果たした。
6月22日DOMINION6.22では、鈴木戦後名乗り出た真壁刀義を相手に二度の防衛戦。
自らを"ホンモノのプロレス"と称し、オカダを絶対に認めないという真壁の意地を打ち砕き前回と並ぶV2を達成した。
真壁を破った直後に挑戦表明をしたのは、BEST OF THE SUPER JrIWGPJr王者として全勝優勝、
さらにはエース棚橋を降した外国人軍団BULLET CLUB率いるプリンス・デヴィット
オカダはIWGPJr王座外道が挑む事を条件に挑戦を受諾、7月5日シリーズ開幕戦でデヴィットvs外道が実現。
しかしBULLET CLUBの介入で外道王座奪取は失敗、また戦場北海道に移しての前戦においても
イリミネーション形式での全面対抗戦に敗、さらに外道リンチに遭う等、不安を残してタイトル戦を迎える事に。
だが7月20日終戦では、デヴィットと介入するBULLET CLUB相手に快勝。外道討ちに成功した。
前年覇者として最年少での連覇がかかったG1CLIMAXでは、同門で盟友の石井や、
異色対決となった柴田勝頼との試合などで勝利を収めるも、ライバル棚橋相手にドロー。
開幕からの連敗や、最終戦での小島聡戦で喫した敗がき決勝進出すらわなかった。

G1終戦で敗れた小島を挑戦者に迎えた9月DESTRUCTIONでは、
「絶対にレインメーカーは当たらない」とした小島に対して意地のレインメーカーで防衛。
直後に挑戦に名乗りを上げた棚橋弘至とは戦績が五分ということもあり、
負けた方がIWGP戦線から撤退というハードな条件での全決着戦となった。
執拗な右腕破壊、徹底したレインメーカー対策、足の負傷を模した三味線殺法と形振り構わぬ棚橋に苦しめられるも、
最後は背中合わせに片腕をフックしてからのレインメーカーで防衛に成功。棚橋IWGP戦線からの追放に成功した。
11月には年内最後の防衛戦をカールアンダーソンと行い、BULLET CLUBの介入に苦しむが快勝。
直後にドームでの対戦が決定しているG1覇者内藤が登場、「役は」をする内藤
「知ったこっちゃない。役なんてくれてやるが王者はだ」と強気の切り返しを見せた。
1.4東京ドームメインで確定と思われていたオカダvs内藤であったが、
会場やネット上での内藤への不安感を受けてか、中vs棚橋IC王座戦との投票による試合順争いが決定。
ダブルスコア近い票差を付けてIC王座戦が圧勝、年に一度の大舞台でセミファイナルに甘んじる事となった。
(名義上はダブルメインイベントとなっている)

それでも各プロレスメディア2013年MVPを総なめにするなど、支持率の高さをアピールすると、
(東京スポーツ制定プロレス大賞MVP連覇は天龍源一郎以来となる25年ぶりの快挙)
勢いそのままに2014年1月4日東京ドームでは内藤哲也の夢を打ち砕いて7度の防衛に成功した。
ドーム翌日の後楽園大会で後藤洋央紀が挑戦表明するが、復帰間もない後藤の挑戦を疑問視するオカダは拒否。
会社側が2月11日大阪での後藤とのタイトルマッチを決定。オカダは不快感を露わにし「再びアゴを砕く」と宣言。
の違いを見せつけ勝を収めるが、 後藤のセコンドに付いた盟友・柴田勝頼がオカダにつっかかり抗争を示唆。
続く3月6日の旗揚げ記念日では、IWGPジュニアヘビー級王者の飯伏幸太メインイベント一騎打ち
新日本プロレス旗揚げの地・大田区体育館で、42年前の旗揚げ戦でのカールゴッチを意識したのか
ジャーマンスープレックスまで繰り出しての完全勝利レベルの違いを見せつけた。

挑戦者決定戦に位置づけられていたNewJapanCup2014は同門・中邑真輔が優勝、IC王者・棚橋への挑戦を表明。
また抗争を示唆した柴田タッグ戦線へと移行した為、オカダは挑戦者不在のまま4月の両大会を迎える事に。
4月6日「INVASION ATTACK」ではYOSHI-HASHIと組み、BULLET CLUBのバッドラック・ファレ&タマトンガに快勝。
しかし試合直後に予てより参戦が噂されていた大物AJスタイルズの襲撃を受け倒。
AJは 「TNAで若僧だったお前のベルトを奪う」と王座奪取を宣言。これを受けてAJとのタイトル戦が決定。
迎えた5月3日レスリングどんたく2014」では、プリンス・デヴィットを追放し、新リーダーとなったAJを援護するBULLET CLUBの再三の介入に苦戦。高橋裕二郎がCHAOSを裏切りオカダを奇襲したのが決定打となり、最後はAJブラデサンデースタイルクラッシュの波状攻撃で一年一ヶに渡る長期政権にピリオドが打たれた。
マッチ権利のが実り、5月25日の(団体としては11年ぶりとなる)横浜アリーナ大会でIWGP再挑戦が決定したが
直前のアメリカで開催されたROHとの合同行では、対戦予定だったセドリックアレキサンダーが負傷欠場、
それを受けて、メインイベントでのAJマイケルエルガンのIWGP戦に急遽二人の挑戦者として参戦。
しかしエルガンがAJに敗れ王座奪還ならず。続く横浜大会でも敗を喫しIWGP戦線から一歩後退する事となった。
 
を打開したいオカダはG1直前に特殊なマスクを用いてのトレーニングを敢行、G1全勝優勝を宣言。
"史上前の"と銘打たれたG1CLIMAX24、宿敵AJと同ブロックに編入され、7月21日の開幕戦での突が決定。
連敗続きのAJ相手にジャーマンスープレックスからのレインメーカーで勝利し、借りを返すことに成功。
前年度王者・内藤哲也、曲者カールアンダーソンに敗れ全勝はならずも勝ち点16で決勝進出。
史上初の西武ドームでの開催となった決勝戦(8月10日)では、中邑真輔と"禁断のCHAOS同門"対戦が実現。
ボマイェ乱打に苦しめられるが、前代未聞のレインメーカー三連発で中を降し二年ぶり二度の優勝。
1.4東京ドームでのIWGP奪取と日本マット界にを降らせると自らのマイク強く宣言した。

ここ最近ではリング外での活動も多く、特にブシロードが発売するカードゲームバディファイト」のCMにも出演するなど、イメージキャラクターとして活躍。そのため、小学生を中心とした低年齢層にもオカダ人気が広がっている。 

ちなみに現在キャプテン・ニュージャパン変身した平澤光秀新日本内で同期の関係にあたる。
スーパーヒーローとして活躍する彼とIWGP王者になったオカダは逆の出世を果たした二人と言えよう。

外道「コレが金の雨を降らすレインメーカーの得意技だ!」

身長191cm日本人レスラーの中では長身の部類に入るオカダであるが、
門出身ならではのジャベ(=メキシコ式関節技)や、性のバネからくる跳躍を活かした技が得意。
シンプルなものからオリジナリティ溢れるものまで、まさにレベルの違うオカダの得意技を以下に紹介。

必殺技
 
2012年1.4東京ドーム大会で行われた凱旋帰試合から現在まで使用している、オカダの代名詞であり最大の必殺技
相手の右腕を掴みつつ背後を取り、腕を引いた反動で相手が振り向いた所に
アックスボンバー気味のラリアットを当てる、変ショートレンジラリアット
腕を広げるレインメーカーポーズから狙う事が多いが、その際の成功率はビッグマッチになる程低くなる。
ドロップキックや、ツームストンパイルドラバーから繋げるパターンでの成功率は非常に高く、
また棚橋弘至を筆頭とするトップ選手との試合では、技の切り返しの攻防の中で狙う事も多く、汎用性は高い。
変形の逆さ押さえ込みからラリアットへ移行する新も開発された。
初披露されたYoshi-Hashi戦では、ラリアットではなくフライングネックブリカーの形であった。
 
2013年3月の旗揚げ記念日に行われたCHAOS鈴木軍のイリミネーション戦で初披露された新必殺技
仰向けの相手の足に自らの足を絡めて理やりうつ伏せにし、さらに顔面を手首で締める複合関節技。
当初は変キャメルクラッチや変STF等と紹介されていたが、後日レッドインク(=赤字)と命名された。
"赤字"という言葉がし示す通り、出せば(試合が)終わってしまうという意味が込められており、
オカダ本人が「もうレインメーカーは使わなくてもいいかも」と自信を持ってするほどの威を持つ。
 
プロレス技の代名詞とも言われる、いわゆる反り投げの一つ。
レインメーカーへと変貌する以前の「岡田かずちか」時代に得意としていたが、現在は一切使用しない。
・・・はずだったが2014年の旗揚げ記念日での飯伏幸太戦でまさかの解禁。
身長も相成って高度かつ高高度のため、高山善廣のエベレスジャーマンばりのフォームが特徴的。
得意技
 
棚橋弘至の持つIWGPヘビーに照準を定めたオカダが、棚橋の負傷箇所である首を痛めつける為に使用を開始した技。
正面から相手を上下逆さまになるように抱えて、首から落とす危険技であり、メキシコでは禁止技扱い。
オカダが日本で初披露したのはメキシコCMLL勢が大挙参戦する大会であり、ある意味タブーを犯しているとも言える。
現在は、ビッグマッチでのレインメーカーへの繋ぎ技として使われる事が多い。
な使い手はジ・アンダーテイカーワイルドペガサス(故人)などが挙げられる。
スペシャル上位互換ゴッチ式ツームストンパイルドラバーが存在するが、オカダく「二度と使わない」との事。
・・・のはずだったが、2014年8月8日G1CLIMAX公式戦でまたも鈴木に敢行。
 
最もポピュラープロレス技とも言える、両脚をえて放つ飛び蹴り。
だが驚異的な身体長身を有するオカダが繰り出すドロップキックは、高さ・滞時間・フォーム全てが規格外であり、
繰り出された間に会場に大歓が沸き起こる。まさに"ゼニが取れる"ドロップキックなのである。
コーナー上に座らせた相手に向けて出す脅威の雪崩式(?)、走った相手へのカウンターと、用途は幅広い。
2014年内藤戦では、身体を活かした三飛び式のドロップキックまで披露した。
後頭部へのドロップキック~ツームストンパイルドラバーレインメーカー最上位のフィニッシュパターンであり、
試合を決定づける起点となる為、オカダの試合の中で重要なウェイトを占める技である。
 
DID
仰向けの相手の両腕を脚で固め、いた両腕で相手の首を締め上げる複雑なジャベで、
門時代に身につけたオカダの数にあるジャベの引き出しの一つ。
似たようで全く違うジャベを仕掛けることも多く、アナウンサーも困惑する実況泣かせな技である。
因みにDIDとは、DEEP IN DEBT(意訳:借で首が回らない)の略称
 
正面から相手の太腿辺りを抱えて、顔面から叩き落とす荒技。
アメリカマットではポピュラーな技だが、日本では使い手が少なくファン染みも薄い。
ほぼカウンター限定で使用される技で、オカダの長身も相俟って相手はとてつもない高さから叩き落される事になる。
技後にハンドプリングで立ち上がり、余裕を見せるのも定番となっている。
 
飛行機投げの容量で抱え上げた相手を、ブレーンバスターのように快に叩きつける投げ技。
2012年2月12日棚橋とのIWGP戦で初披露し、何故かアナウンサーが「オリジナルレインメーカー」と紹介していた。なお心はまないようだ。
 
相手の懐に頭から潜り込み、相手を背中越しに逆さりになるよう抱え上げ、
そこから相手の頭を手で押さえて後頭部を膝に叩きつける危険技。
初披露時はDragonGateのCIMAが得意とするシュバインのような形で使用していた。
最近はパワーボムで切り返されるなど、試合の導権を奪われる事態に陥りやすい技となっている。
 
コーナー最上段から寝ている相手に肘を落とす飛び技。
時間が長く且つダイナミックフォームで繰り出され、命中後のレインメーカーポーズお約束
因みにポーズの後のレインメーカーはほぼ未遂で終わる。
 
セントーン・アトミコ
リング上で倒れた相手に対して、エプロンからロープを利用して体を前に捻りつつ浴びせる技。
長身の選手ではあるが、美しくダイナミックフォームが特徴。
この技の名手としてはディック東郷(引退)が挙げられる。(東郷はシルバーレットという技名で使用していた)
 

外道「コレがホンモノのタイトル歴だ!」

新日本プロレス

2012年2月12日「NewBeginning」において棚橋弘至から奪取。2322 レインメーカー→片エビ固め
3月4日「旗揚げ記念日」で内藤哲也を相手に初防衛に成功。2850 レインメーカー→片エビ固め
5月3日レスリングどんたく2012」で後藤洋央紀を相手にV2。24分55 レインメーカー→片エビ固め
6月16日DOMINION6.16」で前王者・棚橋に敗れて陥落。28分06 ハイフライフロー→片エビ固め

2013年4月7日「INVASION ATTACK」で棚橋弘至から奪取。3141 レインメーカー→片エビ固め
5月3日レスリングどんたく2013」で鈴木みのるを相手にV13049 レインメーカー→片エビ固め
6月22日DOMINION6.22」で真壁刀義を相手にV225分04 レインメーカー→片エビ固め
7月20日「KIZUNA ROAD 2013」でプリンス・デヴィットを相手にV3。19分14 レインメーカー→片エビ固め
9月29日DESTRUCTION」で小島聡を相手にV4。24分44 レインメーカー→片エビ固め
10月14日KING OF PRO-WRESTLING」で棚橋を降しV53517 レインメーカー→片エビ固め
11月9日POWER STRUGGLE」でカールアンダーソンを相手にV62249 レインメーカー→片エビ固め
2014年1月4日「WRESTLE KINGDOM8」で内藤哲也を相手にV7。3058 レインメーカー→片エビ固め
2月11日「THE NEW BEGINNING in OSAKA」で後藤洋央紀を相手にV8戦。2251 レインメーカー→片エビ固め
5月3日レスリングどんたく2014」でAJスタイルズに敗れて陥落。24分31 スタイルクラッシュエビ固め

2012年8月13日外道ドームでの挑戦を要9月6日直樹社長が防衛戦を行う事を条件に了承し、獲得。
10月8日KING OF PROWRESTLING」でカールアンダーソンを相手に防衛。16分26 レインメーカー→片エビ固め
11月11日POWER STRUGGLE」で後藤洋央紀を相手に防衛。15分43 レインメーカー→片エビ固め

闘龍門MEXICO
東京スポーツ制定プロレス大賞
日刊バトル大賞 プロレス部門
週刊プロレス プロレスグランプリ(読者投票)
Wrestling Observer Newsletter(海外)

外道「つまんねえこときいてんじゃねえぞ!ルェベルの違う名言集だ!」

オカダ「テーマ曲の感想?普通です」

外道「ニコニコ市場によぉ、カネの雨が降るぞ!」(関連商品)

外道「ニコニコの歴史が変わるぞ!」(関連チャンネル)

オカダ「関連動画ですか?特にありません」

外道「つまんねえ事聞くな!テメエで探せコノヤロー!」タグ検索レインメーカー or オカダ・カズチカ

オカダ「オカダさんの関連項目、な」

関連人物・項目
関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%81%E3%82%AB
ページ番号: 4873341 リビジョン番号: 2406139
読み:オカダカズチカ
初版作成日: 12/04/24 09:30 ◆ 最終更新日: 16/09/15 21:21
編集内容についての説明/コメント: 名言集に「CHAOS入ったらどうですか?」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オカダ・カズチカについて語るスレ

61 : ななしのよっしん :2017/04/10(月) 10:51:27 ID: iSHjCzw5ue
今年は1.4からホイホイ30分越えの試合をビッグマッチでこなしまくってるな。
じっくりたっぷり見れるのは良いが他の試合が割り喰い過ぎないか心配になってくる
62 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 18:15:55 ID: hjM1jkNws5
バディファイトDAIGOに取られたと思ったら
ヴァンガード侵略してて
63 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 13:32:25 ID: 2lkuHlq/iZ
オカダ・カズチカに新人 人気声優三森すずこ真剣交際5か
https://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/884977/

スター選手ってすごいなあと思う(率直)
64 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 14:06:16 ID: L/kk3XsdQm
オカダのことだし、いつか凄い人と熱とか予想してたが
まさか声優とはなあ
65 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 17:51:49 ID: IhQ/rMHhHR
良いみそめたね。
66 : ななしのよっしん :2018/01/14(日) 00:20:49 ID: iSHjCzw5ue
リングアナと結婚して自身はプロレスラーになった清水愛という先輩がいますし…(汗)
67 : ななしのよっしん :2018/01/14(日) 00:26:52 ID: w6S5uTYBXC
高い跳躍から繰り出されるドロップキックはいつ見ても凄い
68 : ななしのよっしん :2018/01/16(火) 11:53:43 ID: HRLxzjlaGK
レスリーキー写真撮らせてくれねぇかな
サツマイモ級を見てみたい
69 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 14:16:58 ID: 77XKKH8kGX
同じ事思ってる人いて安心した。
90cm代の長身てだけで萌えなのにサツマイモ級なんて言われたらねぇ・・・
もう純に試合を見れない(*/ω\*)
70 : ななしのよっしん :2018/03/11(日) 01:56:34 ID: kQwn4zlM6Z
オカダさん、あんたクソアニメに出てましたぞ・・・・
しかもあなたのアニメでのライバルであった棚橋が六つ子アニメ
ヨガマスターしていましたよ・・・・・
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス