オグリキャップ単語

オグリキャップ
  • 18
  • 0pt
掲示板へ
90年 有馬記念
オグリキャップ復活、ラストラン
神はいる。そう思った。

2011年有馬記念CMより 

オグリキャップとは、日本の元競走馬、元種である。競走馬としての通算成績は32戦22勝(中央20戦12勝、地方12戦10勝)、な勝ち有馬記念安田記念マイルCS

1988年に最優秀四歳1990年に年度代表及び最優秀五歳以上1991年顕彰馬に選出されている。

1985年3月27日北海道の三石町(現在の新ひだか町)稲葉牧場で生まれる。ダンシングキャップホワイトルビー1994年桜花賞オグリローマンは半

地方競馬出身、第二次競馬ブームの立役者として、同じく地方競馬出身で第一次競馬ブームの立役者となったハイセイコー較されることが多い。称は「オグリ」「オグリン」「芦毛の怪物」等。

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘については
オグリキャップ(ウマ娘)」を参照して下さい。

概要

※本稿では当が活躍した時期に合わせて齢を旧表記(現表記+1歳)としてあります。

笠松競馬場時代

1987年5月19日笠松競馬場デビューし、デビュー戦と4戦マーチウショウに敗れたものの、5戦から翌881月10日ゴールドジュニアまで8連勝(うち重賞5勝)を達成。この間8戦の時に地方開催の中京競馬場での芝1200mの中盃の勝利もある。
その後多少のごたごたはあったものの、地方通算12戦10勝の実績を掲げて中央競馬へと乗り込んだ。

四歳時のオグリキャップ

トレーニングセンター瀬戸口勉厩舎に所属し、騎手には関西トップ騎手である河内洋馬主の意向で選ばれた。中央移籍初戦のペガサスステークスを制すと、その勢いで次走・毎日杯優勝。本来ならば皐月賞に出走する流れなのだが、オグリキャップはクラシック出走登録(中央競馬クラシックレースに出走するために必要な登録)をしていなかったため、皐月賞ダービー菊花賞への出走は不可能だった。

なお、この時にオグリキャップがクラシックレースに出走できなかったことに加え、毎日杯でオグリキャップに敗れたヤエノムテキ皐月賞を制していることから大橋巨泉らからクラシック登録制度に対する抗議が上がり、後に追加登録料を払えば追加登録可となった(オグリキャップ自身は恩恵に与れなかったものの、1999年テイエムオペラオーがこの制度を使って皐月賞に出走、優勝を果たした)

結局皐月賞ダービーに出走のわなかったオグリキャップだが、京都四歳特別、ニュージーランドトロフィー四歳ステークスと四歳限定重賞ペガサスステークスから数えて4連勝。さらに高松宮杯毎日王冠と古を相手に連勝し、当時日本タイ記録だった重賞6連勝を達成。

その後、一歳年上の天皇賞タマモクロスとの芦毛対決として注された天皇賞(秋)ではタマモクロスに届かず中央移籍後初敗北を喫する。続くジャパンカップタマモクロスともどもアメリカから参戦したペイザバトラーの後を拝して3着に終わるものの、最後の対決となった有馬記念では、ここに執念を燃やす馬主の強い意向で「1度だけ」という条件で名手・岡部幸雄上に迎え(河内はもう一頭のお手であったサッカーボーイに騎乗)、このレースで初めてタマモクロスに先着し優勝。見事にGI初制覇を果たすとともに、中央競馬最強の座をタマモクロスから受け継いだ。

五歳時のオグリキャップ

馬主が交代するゴタゴタがあったうえ、大阪杯から始動というプランも繋靭帯炎を発症し断念。シーズンは全休。

シーズンは昨年のライバルタマモクロス騎手であった南井克巳上に迎え、産経オールカマーレコード勝ちで復帰を果たす。その後、当初はオールカマーから天皇賞(秋)へ直行の予定も、あまりに旺盛な食欲から太め残りが懸念され、間に毎日王冠はさむことが決定。その毎日王冠では、同じ地方大井競馬場)出身の天皇賞イナリワン突。イナリワンとの火の出るようなデットヒートハナ差制し天皇賞へ向かうことになった。

次走・天皇賞(秋)では同い年の菊花賞スーパークリークと対戦。勝負どころでヤエノムテキに進路をカットされ、猛然と追い込むもののクビ差の二着に敗退。レース後、優勝したスーパークリーク上の武豊を睨みつけたまま南井から促されても帰ろうとしなかったエピソードは、よしだみほの『馬なり1ハロン劇場』でもネタにされた。

続くマイルチャンピオンシップでは久しぶりのマイルの流れに戸惑うものの、先行逃げ切りを図る安田記念バンブーメモリーを猛然と追い込みハナ差交わしたところがゴールという大接戦を制して優勝杉本清アナの「負けられない南井己、譲れない武豊!」の名実況は、このレースにおける両者両の立場をこれ以上なく鮮明に描写している。

次走は南井の「借りはまだ半分しか返していない。ジャパンカップでは倍にして返してみせます」の言葉通り、連闘でジャパンカップへ向かうこととなった。このジャパンカップではイギリスイブンベイの繰り出したハイペース1800m及び2200m通過タイムが当時の1800m、2200m競走日本レコードを上回っていた)の中で四番手を追走。普通ハイペースレースでは差し追い込みが有利」とされるものだが、この常識や人智をえたハイペースは追走するだけでもやっとのもので、差し・追い込み勢にとてもポジションを入れ替えるほどの余は残らない(前年の優勝ペイザバトラーが3着に届いたのがむしろ例外だった)。東京競馬場の長い直線はの精限界を試すものとなった。こらえきれなくなったたちが一頭、また一頭と脱落している中、先行したオグリキャップは崩れない。どころか豪腕・南井の40連発とも言われるステッキの連打に応えて加速さえする。だが同じくこのハイペースに崩れることのなかったただ一頭のニュージーランド代表のホーリックスにはどうしても届かない。最後はクビ差敗れたものの、走破タイムは勝ったホーリックスと同じく2.22.2で、これは1999年更新されるまで世界レコードだった。

その後、堂々のファン投票1位有馬記念へ進むものの、連戦の疲れが出たのかイナリワンスーパークリークの後を拝し5着に敗退。南井とのコンビはこれが最後となった。

六歳時のオグリキャップ

9月米国遠征(GIアーリントンミリオン)を見据え、安田記念からの始動。宿敵・スーパークリークパートナーである武豊上に招かれ、中央競馬でも群を抜くスターの共演に競馬界をえた注が集まった。一方で武は『笑っていいとも!』に出演した際タモリからオグリキャップの印を聞かれて「嫌いです!」と答えていたこともあり、オグリファンの一部にはしい反発を示す者もいた。レースは「オグリキャップの生涯でも最高のパフォーマンス」とも称されるほどのもので、東京1600mのレコードタイムで快勝、全復活をアピールする。だが宝塚記念では、武がスーパークリークに騎乗するため関西ホープ岡潤一郎が手綱を取るも、中の順調さを欠きオサイチジョージの2着に敗退。さらにレース後に脚部不安(右飛節軟種)を発症し、遠征計画は白紙に戻されてしまう。

ここから歯車が狂ったのか、調整不足のうえぶっつけで出走した天皇賞秋は初めて掲示板を外す6着、調子の上がらないまま出走したジャパンカップでは生涯一の二桁着順である11着に敗れてしまう。の2戦は大ベテランの増沢末夫が迎えられていたが、に気合を乗せてやる気を引き出させる増沢の技術と、とにかくに全で走るオグリとでは、お互いの長所が打ち消されてしまう結果となってしまった。だが、それが細な要素と言えるほどに、オグリキャップの状態自体が落ち込んでいたのである。

オグリキャップは終わった。もがそう思い、このまま引退すべきだというが多数上がり、「オグリキャップの有馬記念出走を取り消さなければ馬主の自宅及び競馬場爆弾を仕掛ける」という脅迫状が送られてくるという事態にまで発展した。

だが、営はオグリキャップの引退レースとして有馬記念出走を決意。

上には、スーパークリーク引退したことで騎乗がいなくなった武豊が再度迎えられた。スローペースの中終始中団を進んだオグリキャップは直線で先頭に立ち、追撃してくるメジロライアンホワイトストーンを抑えて優勝

もが「ない」と思っていた、勝利で飾った引退。「はいる、そう思った」という後のJRAコマーシャルコピーは、決して誇ではない。「最後のオグリキャップの走りを見たい」と集まった、中山競馬場の収容限界とも言える18万人の観衆が、どよめく。揺れる。そしてどこからともなく発生した「オグリオグリ!」のがすぐに満場の連呼となり、ウイニングランを行うオグリキャップを包んだ。

この「オグリコールは、同年のダービーにおける「ナカノコールと並んで、GI優勝優勝騎手に対するコールさきがけとされる。ちなみに、関連動画ゴール前のシーン解説大川慶次郎氏が叫んでいる「ライアン!」は2着メジロライアンのこと。

引退後は種となり、産駒の活躍が期待されたが立った成績を上げることは出来ず、2007年に種引退

そして2010年7月3日、転倒による複雑骨折により、安楽死
「芦毛の怪物」は天国のGIへと立った。

オグリキャップブーム

中央競馬より劣るとされる地方競馬出身のうえ三流血統でありながら中央競馬の強たちを打ち倒し、さらにタマモクロススーパークリークイナリワンら強ライバルと数々の名勝負を演じたオグリキャップの姿は当時のバブル景気との相乗効果で第二次競馬ブームを巻き起こし、オグリギャルと呼ばれた女性ファンを獲得、関連グッズとして販売されたオグリキャップぬいぐるみ爆発的な売上を記録した。

その影は、「普段は競馬に縁のない芸人がオグリの名前を口にし、競馬興味を持たない主婦オグリの名前は知っている」とされたほど。

現在全盛期べて人気は衰えたものの、それでもオグリキャップの知名度は高く、競走馬人気ランキングでは常に上位にランクインする、関連書籍が出版される、パチンコの題材になる、NHKドキュメンタリー番組[1]では競走馬はおろか人間以外で一取り上げられる等未だ人気サラブレッドとしての地位は揺らいでいない。

血統表

*ダンシングキャップ
1968 芦毛
Native Dancer
1950 芦毛
Polynesian Unbreakable
Black Polly
Geisha Discovery
Miyako
Merry Madcap
1962 黒鹿毛
Grey Sovereign Nasrullah
Kong
Croft Lady Golden Cloud
Land of Hope
ホワイトルビー
1974 芦毛
FNo.7-d
*シルバーシャーク
1963 芦毛
Buisson Ardent Relic
Rose o'Lynn
Palsaka Palestine
Masaka
ヴァールビー
1969 黒鹿毛
*ネヴァービート Never Say Die
Bride Elect
センジュウ *ガーサント
スタールビー

クロスNasrullah 4×5、Nearco 5×5

ダンシングキャップイギリスフランスで20戦5勝だが重賞では成績を残していない。日本では種としてオグリキャップ以外にもそこそこの成績を挙げ、またダートでも走ることから地方でも好成績を上げた。
ホワイトルビーで8戦4勝。産駒は地方中心だが15頭すべてが勝利を挙げるという優秀な繁殖だった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *「プロフェッショナル仕事の流儀」2017年2月13日放送回よりexit

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オグリキャップ

228 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 00:05:37 ID: /nDIScj1lB
>>216
あちらさんのスタッフアニメ1期を作る際に主人公としてっ先にオグリの名前が出たけど元々の話の内容が濃すぎるから尺に収まらないって理由でお蔵入りだったって話だからな…。

根本的に史実のオグリの話は物語として完成され過ぎてるし、順番的に時代は序章になってしまうのとライバル差や尺考えるとどうしても省略されがちになるんだよな。
229 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 20:36:18 ID: llPonT0XzM
オグリの頑健さが産駒に継承されなかったのは辛い
どんな名も怪してしまうと厳しいのよ
230 ななしのよっしん
2021/07/26(月) 11:42:08 ID: xj65msKNf8
長男オグリワン109戦して現在も在命だから
頑健さに関しては割りと受け継いでる方だと思う
231 ななしのよっしん
2021/07/29(木) 04:02:45 ID: fIUZYXIN7s
>>227
「気づいてなかったんです~」→「いや気づいてないとおかしいだろ」→「マスコミが非常識だった!それが全て!」
いやいやいや
232 ななしのよっしん
2021/07/29(木) 11:21:59 ID: xj65msKNf8
言いたいことあるならハッキリ言ってくれ
まわりくどい
233 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 21:45:26 ID: GMjT+90tcn
マスコミの非常識行動に気がつかないはずがないというだが、後から問いただして判明したってこともあるのではないか?
234 ななしのよっしん
2021/08/04(水) 19:15:03 ID: kDfnSQ8InK
血統ってそれほど悪くなかったの?
本当に名な血統じゃないとか言ってる人もいたし、あのシンザンドキュメンタリーとかで「まずまずの血統」扱いされてたが、「良血統」って言ってる人もいたからな。

おやじかお袋はダメでも、じいさんかばあさん、先祖を辿れば強いの血が入ってれば良血統なのかな・・・?
235 ななしのよっしん
2021/08/04(水) 19:35:24 ID: mZE1nCUHr7
>>234
自体は競走馬としては実績残してないけど
系はかなり優秀な部類
父親オグリ誕生以前の1983年にリーディング15位になっていて言われるほど悪くはないって感じ
236 ななしのよっしん
2021/08/04(水) 19:43:04 ID: 98TYJn0Gfd
一応爺さん方)は米国で「グレイゴースト」と呼ばれた名だったりする。
そもそもオグリに限らず孫世代が活躍してたので隔世遺伝での期待値はあった
237 ななしのよっしん
2021/08/05(木) 21:33:34 ID: 9vPifHxwya
何より数年もの間「勝てないはそのまま死ね、勝つやつは頭以上に種付けしろ」
という修羅の国を続けてきた競走馬世界だから、いい加減な血統なんてものは、ほぼ存在しないと言っても良いと思う

急上昇ワード改