オシャボ単語

オシャボ
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

オシャボとは、ポケモン“オシャレボール”略称・通称である。

概要

ポケモンを捕獲するボールには、最も基本となるのツートーンで有名なモンスターボール以外にも、スーパーボールハイパーボールを始めとした様々な性デザイン・色・登場エフェクトボールが存在する。オシャボにこだわるということは、ポケモンを捕獲する際に「安価な or たくさん持っている or 性の良い or その状況に適したボール」を使うのではなく、

  1. そのポケモンを入れたいデザインや色、または登場エフェクトボール
  2. ゴージャスボールプレミアボールなどの自分の好きなボール

といったオシャレボールを使うという、直接バトルに影を与えない、いわゆるひとつのロマンである。

第5世代(~BW2)までは、タマゴから産まれたポケモンは例外なく全て基本のモンスターボールに入った状態で産まれてきた。その為オシャボはほぼ野生産に限られ、対戦で使うには、

などの理由から、(元々タマゴの産まれない伝説のポケモン以外には)本当にこだわる一部のプレイヤー以外にあまり普及しなかった。
しかし第6世代(XY)で、性別がポケモンが入っているボールマスターボール、プレシャスボールを除く)がタマゴに遺伝するようになってから状況は一変。特にORASで、ネットのレート対戦において過去作産の個体が使用できなくなったことや、教え技が解禁されたことをキッカケに、用のポケモンを入れたいボールで孵化・厳選するトレーナーが急増した。
第7世代以降はボール遺伝の条件がさらに緩くなり(後述)、その傾向に拍がかかっている。

基礎知識

第8世代におけるオシャボ

余談

種類・解説

冗長的になるのを防ぐため、またオシャボ選出の実用性という2つの的のため、以下の記述は第8世代をメインとしている。

通常ボール

ショップで購入でき、ストーリーを進めると購入できる種類が増える。捕獲率の差以外に特別な効果はない。

名称 外観 特徴
モンスター
ボール
水色エフェクトで、環状のと同時に多数の小さく丸いと複数の十字状のが飛び出す。当たり前だが、ビリリダママルマインタマゲタケモロバレルにはよく似合う。通称モンボ。
スーパー
ボール
紫色の環状のと同時に、水色紫色の多数の小さく丸いと複数の紫色の十字状のが飛び出す。ダイブボールの要素がいらない場合のポケモン補になるほか、ドククラゲボーマンダ色違いビリリダママルマインタマゲタケモロバレルによく似合う。
ハイパー
ボール
黄色エフェクトで、環状のに包まれると共に、の筋が9本程度、中心から外側に向かって放射状に拡散。同時に複数の小さく丸いと多数の十字状のが飛び出す。ボールデザインからやや敬遠されがちではあるが十分に煌びやかであり、黄色を基調とした飛行/電気タイプエモンガサンダーを中心に、体色に黄色のものが多い電気タイプとの相性は決して悪くない。
プレミア
ボール
多くの地方で任意のボールを10個買うごとに1個おまけで貰える非売品ボール黄色い環状のと同時に、湾曲した細長いポケモンを囲むように飛び回った後拡散していく。小さく丸いや十字状のも飛び出す。「見ただけ異なり性はモンボと同じ」という意味ではある種公式のオシャボであり、オシャボ勢にも人気ボールその1。特に体色がっぽいポケモンにはよく似合う。細長いのようにも見えるので、飛行タイプっぽさもなくはない。

特殊ボール

特定の種類のポケモンを捕まえやすいなど、様々な効果を持っている。基本的に売られているショップが限られている。

名称 外観 特徴
ゴージャス
ボール
黄色エフェクトで、十字状のひし形一気に飛び出す。オシャボ勢に人気ボールその2。どんなポケモンでも合わせやすいほか、一“懐きやすい”という捕獲後にも継続する効果を備えている為、とりあえず迷ったらこれに入れておく人も多い。特にギラティナ色違いギルガルドブラッキーボールカラーと体色が完全に一致する。通称ゴジャボ。
また、第8世代の色違いエフェクトには形とひし形の2種類あるため、ひし形エフェクトに合わせるのもいいだろう。ただしこの色違いエフェクト、野生産ではほぼひし形なのに対し、孵化などでは1/16の低確率でしかひし形にならない。そのためそこまでこだわろうとするととてつもない労がかかる。
アニメではムサシコジロウのものを奪ってミミッキュに使用。第7世代ゲームアニメでの描写ともにひし形ミミッキュを彷彿とさせるためよく似合っている。
ダイブ
ボール
放射状にが細かく弾けるような水色を放つ。オシャボ勢に人気ボールその3。水タイプや体色のポケモンはこれに入れておけばほぼOKとも言われる。中でも、特に色違いスイクンマリルリシャワーズとの相性はバツグンである。通称ダイボ。
クイック
ボール
横向きのい環状のが縦方向に複数積みあがって竜巻のような形になっており、同時に小さく丸い青色黄色が複数飛び出す。こちらもデザインからやや敬遠されがちではあるがエフェクト普通カッコいい。竜巻状のエフェクトから飛行タイプに似合う。他にもライボルトオトスパス色違いポワルンゆきぐものすがた)とはボールカラーと体色が完全に一致するほか、サメハダーとはベース黄色いXのデザイン特性の加速から考えても非常に合っているといえる。
ダーク
ボール
黒色紫色が混ざったまさしく闇のようなと共に、小さく丸い紫色が複数飛び出す。というスイカみたいな見たと、単純な性で扱いやすいボールであることからやや敬遠されがちではあるが、そのエフェクトも相まって悪・ゴーストとの相性は非常に良い。特に色違いサザンドラボールカラーと体色が完全に一致する。通称ダクボ。
ヒール
ボール
ピンク(あるいは)色の環状のと共にキラキラとしたエフェクトが放射状に拡散しながらき、ピンク色の丸い泡状のが複数残留する。可らしいポケモンイメージの強いポケモンや、ピンク色の多いフェアリータイプにはイメージも含めて較的合わせやすい。特にニンフィアボールカラーと体色が完全に一致する。通称ヒルボ。
ネスト
ボール
緑色の煙と共に、緑色の十字状のが飛び出す。煙のエフェクトの癖はやや強いが、緑色という事で草タイプポケモンに似合う。
ピート
ボール
黄色矢印2つが円を形作り、同時に黄色オレンジ色の小さく丸いが飛び出す。リピート要素である矢印の癖が強いが、体色にオレンジのものが多く、ほかのボールには中々合わせにくい炎タイプのオシャボ補筆頭。他にもグルグルととぐろを巻いているサダイジャや、キョダイサイセイやらリサイクルやらで具を使い回す印の強いカビゴンなどにも似合わなくもない。通称リピボ。
タイマー
ボール
オレンジ色のエフェクトで、環状のと共に小さく丸いが多数飛び出す。それと同時にポケモンの周囲を囲むように、アナログ時計そのままのエフェクトが複数出現する。ボールデザインエフェクト共に中々合うポケモンを探すのが大変なボールオレンジ系統のエフェクトはリピートボールタイマーボールくらいだが、どちらも中々癖が強いのが難しいところ。時計という意味ではディアルガなどに合うかも知れない。
ネット
ボール
網状のと共に、系統のが飛び出す。クモの糸のようなものが若干残留する。とにかく網のエフェクトの癖が強く、バタフリークワガノンなど現実でよく網に捕らえられているモチーフポケモンにはとても似合うが、入れるポケモンを選ぶボールである。

ガンテツボール(通称)

第4世代、それもHGSSでしか通常入手できないボールぼんぐりという木の実を、ガンテツという職人に加工してもらう事で入手する。全7種。第7世代では再び登場したが、1シナリオで各1個しか手に入らないため、オシャボ勢を絶させた。なお、金銀VCから移送してきたポケモンは残念ながら全てモンスターボールになってしまう(その代わりUSUMでは、金銀VC産のポケモンがいるとガンテツボールを各1個ずつ追加で貰える)。
第8世代では一応複数入手は可になったが、先述の通り低確率なので相変わらずオシャボ勢を々とさせている。

6世代では登場エフェクトは共通で、色は黄色のグラデーション。同時に小さく丸い黄色紫色が数個飛び出すと共に、キラキラく。
第7世代以降はそれぞれに登場エフェクトが設定された。

名称 外観 特徴
ムーン
ボール
系のと共に、三日月エフェクトが数個出現する。オシャボ勢に人気ボールその4。“みかづきポケモン”のクレセリア、“げっこうポケモン”のブラッキーという、設定からして似合うであろう2種を長らく入れることができなかったが、第7世代で可となった。通称ムンボ。
ラブラブ
ボール
ピンク色ハートが大量に出てくる分かりやすいエフェクトミミロップクチートサーナイトなど、いわゆる“嫁ポケ”を入れたがる旦那トレーナーは数知れず。そのほか、ハートピンクデザインから、ラッキー系統などの体色がピンクイメージのあるポケモンとの相性が良い。通称ラブボ。
ヘビ
ボール
シルバー六角形が複数飛び出す。鋼タイプ感の強いエフェクトボールデザインイメージなどからも鋼タイプ最有補だが、他にもカビゴンなどの重いイメージのあるポケモンや、他のボールだとやや合わせにくい岩タイプとの相性が良い。通称ヘビボ。
スピード
ボール
(多少)色のエフェクト。放射状に細い線が多数飛び出し、小さく丸いも複数出てくる。名前通り、閃光のようなスピード感のあるエフェクト。素イメージのある飛行タイプなどに似合う。通称スピボ。
アニメではタケシクヌギダマを捕獲する際に使ったが、ゲームではクヌギダマ相手に使ってもあまり効果を発揮できない
フレンド
ボール
緑色エフェクトで、小さめの煙と共に泡状のが多数飛び出す。選択肢の限られやすい草タイプポケモンや、体色がポケモン補になる。特にロズレイド草タイプで体色が、なおかつ懐き度が進化条件(フレンドボールの効果は“捕獲した時点から懐いている”)という所からも非常に合っているといえる。
ルアー
ボール
ダイブボールとほぼ同じエフェクトだが、こちらの方が飛び散るの塊の大小がややハッキリしている。その外観のみならず“釣ったポケモンを捕まえやすい”というルアーボールの効果からも、ギャラドスを入れるのにはピッタリである。通称ルアボ。
アニメではサトシワニノコに、カスミサニーゴに使用。
レベル
ボール
ボール本体の地味カラーリングとは裏に、紫色の環状のと共に、黄色青色などの小さく丸い十字架形のなどが飛び出す。特定の色のイメージカラフルエフェクトだが、それゆえにレベルボールが一番似合うポケモンというのは少ないだろうか。

イベントボール

普段は持ち歩けない、特定の状況下でのみ使用可ボール。存在する世代が限定されている物が多い。
第8世代では(確率も絡むが)全て通常プレイで入手可

名称 外観 特徴
サファリ
ボール
ネストボールのものとほとんど同じだが、こちらの方が若干の色が濃い。第4世代以前のサファリゾーン、もしくはノモセ大湿原で入手出来た。現在ウッウロボを使う事で入手可である。その迷彩の外観やエフェクト、またサファリイメージから色違いガルーラ色違いケンタロスを入れるのにはピッタリである。通称サファボ。
コンペ
ボール
ネットボールのものとほとんど同じだが、こちらは網の色が若干緑色になっている。以前は入手手段がHGSS取り大会のみだったため、必然的に入れることのできるポケモン虫ポケモンのみに限られていた。現在ウッウロボを使う事で入手可であり、入れる事の出来るポケモンも大幅に増えている。
ちなみにドット絵ではない公式絵は「S」の字が付いたモンスターボールになっているが、これは誤りでゲーム中のグラフィックではモンスターボールマークが描かれている。
ドリーム
ボール
ピンク色の煙が大量に出現し、環状のと共に上昇しながら消えていく。入手が『PDW現在は終了した第5世代のネット連動サービス)』or『ARサーチャー(3DSダウンロードソフト)』のみであり、その大半がPDWのため、現在では自での新入手が大変困難なボール…であったが、第8世代では(入手できるのは1個だけだが)ゲーム内での通常入手が可となり、「ねむり状態のポケモンを捕まえやすい」という効果で実装された。エスパーやフェアリーかわいいポケモンと相性がよくエフェクトが個性的で魅的なので人気が高い。特にムシャーナとの相性の良さは言わずもがな。通称ドリボ。
ウルトラ
ボール
ウルトラビーストが登場する際の間が裂けるようなエフェクトで、デザインと合わせてコイルダンバルなどの機械的なポケモンによく似合う。ただしウルトラビースト以外に対しては捕獲率がモンボの1/10と非常に低い。SMでも一応限に入手はできたが、USUMでは普通に購入可に。第8世代では1個は簡単に入手できるが、2個以降は入手しづらい。なお、ガラルではどんなボールでも100%捕獲できるダイマックスアドベンチャー以外ではウルトラビーストが出現しないので、ボールとしてはポケモンを捕まえにくいだけのボールとなっている。

遺伝不可能

名称 外観 特徴
マスター
ボール
紫色エフェクト。環状のが2つ、および直線のが放射状に9本ほど飛び出し、同時に小さく丸いが多数出てくる。そしてキラキラとしたきが残留する。の外観とエフェクト、中央にデザインされた“M”の文字、そして最高性ボールという設定から、登場時点からミュウツー専用ボールとして用されてきた。さらに伝説なのでボール遺伝は関係なくむしろ必ず捕獲出来るという点が捕獲しにくい伝説ポケモンの厳選とも好相性と、璧で非の打ち処がない。余談だがメタモンマタドガスにも似合う。ガラル地方の第三伝説にも似合うが、残念ながら普通に進めていると捕獲イベント時点でマスターボールは入手できていない。通称マスボ。
プレシャス
ボール
が環状・湾曲した細長いもの・放射状に出る直線と様々出る。同時に小さく丸い黄色も多数飛び出す。な外観とエフェクトから、配布限定としての特別感は十分。


関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オシャボ

225 ななしのよっしん
2021/01/30(土) 18:08:51 ID: qpfbPJ3E/Y
>>224
捕まえる前にレポート書いて
気に入らなければリセットすればいいのよ
一応メロメロボディを使えば性別率偏らせる事もできるし
シンクロを使えば性格も固定できる
厳選の覚悟があるのならソレくらいできると思うし
むしろセーブせずに希少ボールポイポイするのは流石に怖い

性格後付はやっぱりポケモンのことを考えず
自分勝手に性格変えてるって感じするしハーブ値変動で慢してってなりそう
226 ななしのよっしん
2021/01/30(土) 23:06:58 ID: STp8rQ7KrN
>>225
出来るところは論してるし、剣盾でもシンクロ効く野生だけならそれで良いんだけど。
NPCからの譲渡やシンボルポケモンシンクロ効化
ダイマックスアドベンチャー
・ふしぎなおくりものの厳選不可能
といった「厳選点を不可逆にする流れ」も一方であるわけで、今後もそれが広がっていきそうな不安がある。
特にダイアドのオシャボ厳選は「ズル(途中リセット)をするのがローリスクで楽」となってしまうのが悲しい。

>性格後付はやっぱりポケモンのことを考えず
>自分勝手に性格変えてるって感じするしハーブ値変動で慢してってなりそう
なんかこの理屈よく聞くけど、例えばSFCドラクエ3みたいな形式ってそんなにダメなのかな?
例えば「頑固親父の本」を与えて性格いじっぱりに変更、とか。
妙なカプセルパッチ特性変えたり、ミント(意味深)でステ傾向変えるようなのより、ずっと現実的でポケモン護(?)にも適っていると思うけど。
227 ななしのよっしん
2021/02/03(水) 02:26:14 ID: qpfbPJ3E/Y
>>226
まあ野生サーナイトを希少ボールに入れるお話に補足しただけなんだけどね
何でもかんでも楽にしたらソレソレでつまらんとは思うよ
実際分かっててコレクターしてる人もいるし

性格は
まあ人間に置き換えればわかりやすいんじゃない?
こいつの性格気に入らないから意地っりから臆病にしてやろうとか
のんびりするのが好きなやつを暴れることを好きにしたりとか
ミントステータスの変動変えるほうがまだいいと思う

まあ強さに関わらないやりこみ要素の1つなんだしこだわりあるならゲームなんだしじっくりやろう
228 ななしのよっしん
2021/02/06(土) 14:26:31 ID: W4H4eK/dTg
>>226
性格そのものの変更ってそれこそミント判明前に(一部ネタ込みで)洗脳だとか言われてたし
何よりもやっと後回しでイメージに合う性格選べるようになったんだから今のままでいい
せっかく冷静ミュウツーとか選べるようになったのに
229 ななしのよっしん
2021/02/13(土) 10:54:57 ID: grc31uO4ps
>>223
モンボの帰巣本ってなに?
ポケモンは自分の意志でボールの外へ出たりトレーナーから離れて戻らなかったりしてるけど
230 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 13:48:42 ID: qpfbPJ3E/Y
>>229
自分の意志で野生に還ろうとしたキュウコン
200年近くモンスターボールに引き寄せられ囚われ続けていた話とか
231 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 18:33:49 ID: grc31uO4ps
>>230
そんな話があったのね
あらすじだけ読んだけど200歳のキュウコンに年代もののボールとなると、
物理的な拘束というよりはトレーナーへの意識な未練があったとかオカルト的な理由になりそう
232 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 19:45:05 ID: nOvv2axeiV
>>231
200年も前のボールだから、現在モンスターボールとはシステムとか全然違うんじゃないかな
仮に現在ボール携帯できる住処程度の扱いなら、200年前のボール洗脳とか首輪をつけてボールから離れないようにしてるとかそういう感じ

オフシャルの設定もボール1925年のオコリザル実験から生まれたことになってるし
200年前の現在モンスターボールと似てるけどまったく別の存在だと思う
233 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 21:05:59 ID: qpfbPJ3E/Y
タケシがすぐにモンボのせいと特定したから現代でもあるのかなって思ったけど
まあ200年前だからそういう設定もあるかなと
無印だし設定も曖昧だしなかったことにもされそう
今のところソレの話以降補足もいし一応そういう効果があるボールもあるってことだろう
234 ななしのよっしん
2021/02/24(水) 23:09:13 ID: 1RSuUXquk0
今更だけどウッウロボマイコンはほぼ必須だよ

急上昇ワード改

2021/06/21(月)01時00分 現在