オスカー・フォン・ロイエンタール単語

オスカーフォンロイエンタール

オスカー・フォン・ロイエンタール(Oskar Von Reuenthal)とは、銀河英雄伝説キャラクターである。

近年では数少なくなった、若本規夫な演技と美声を聞くことが出来るキャラといわれている。  

概要

CV若本規夫石黒監督版)、中村悠一Die Neue These)。座乗艦はトリスタン。に近いブラウン、逞しい長身金銀妖瞳ヘテロクロミア)のを持つ。ミッターマイヤーとは二の親友で、ラインハルトキルヒアイスとは盟友である。

ミッターマイヤーが、ブラウンシュヴァイクに連なる貴族将校を軍紀違反で処刑したことで逆に収監されてしまい、この窮地を救うべくラインハルトに援助を頼んだことから彼の知己を得る。この出来事の後、ミッターマイヤーと共に「ゴールデンバウ打倒」というラインハルトの思惑を聞かされる。ラインハルトキルヒアイス外の人間に思惑を披したのは初めてのことで、よって信頼も厚かった。以後、ラインハルト営の重鎮としてミッターマイヤーと共に「双璧」と呼ばれ、特にキルヒアイスの死後はその役割の重要性が増していく。

ラインハルトアスターテ会戦で同盟軍を破り元帥に任じられ、彼の元帥府が設置されるとそこへ所属する。同盟軍の帝国領侵攻作戦への対応、リップシュタット戦役で活躍。同盟領侵攻作戦神々の黄昏」では、当初はイゼルローン方面に同盟のを引きつける囮役を担う。本隊がフェザーンを突破して同盟領へ入った時は、ヒルダの提案でミッターマイヤーと共に同盟首都ハイネセンを急襲。同盟政府を降伏に追い込みラインハルトを救う。

ローエンラム成立後は元帥昇格と同時に統帥本部総長に就任し、同盟領再侵攻に携わる。ヤン暗殺後に旧自由惑星同盟領「新領土(ノイエラント)」を統治する新領土総督に就任。総督は各の尚書と対等で、皇帝に対してのみ責任を負うものとされた。新領土には新領土治安軍が駐留し、総督はその官も兼ねた。 

帝国2年、地球教の策謀により起こされたウルヴァシー事件によって、皇帝暗殺未遂の嫌疑をかけられる。当然本人に覚えのないことであったが、地球教の陰謀とは知らず、ラング内務次官とオーベルシュタイン軍務尚書によるを想起した彼は、冤罪によって屈辱を味わうよりは自ら反逆者の汚名を着ることを選んだ。同年、戦闘中の負傷によりハイネセンポリスの総督府執務室で死亡。「遅いじゃないか、ミッターマイヤー……」「卿が来るまで生きているつもりだったのに、まにあわないじゃないか。疾風ウォルフなどという、たいそうなあだ名に恥ずかしいだろう」とくなど、デスクの向かいで笑うミッターマイヤーの事を想いながらこの世を去った。
その遺体を見たミッターマイヤーは、執務室にあった金獅子旗をかけ親友の死を弔った。反乱鎮圧後帰途につくベイオウルフでの、バイエルライン大将の言葉がこの出来事の重大さをよく表わしている。

は一生このを忘れられないだろう。ウォルフ・デァ・シュトルムが泣いてるぜ・・・」

尚、ロイエンタールの死の直前、ラインハルトを侮辱したヨブ・トリューニヒト殺している(敢えて地球教を利用したと発言したものだったが、制度でも"カイザー"でも利用すると発言し、「未熟な金髪坊やだからさ」と余計な事まで言ってしまった為、「貴様如きに侮辱される人間にお仕えしていたのではないし、叛いたのでもない」と吐き捨てられ敢えあの世へ。なお、ロイエンタールは死ぬ前に実質武器を持たない人間を殺した事を嘆いていた)。 

帝国宰相リヒテンラーの親族であるエルフリーデ・フォン・コールウシュとの間に男子がいる。この子は遺言により、ロイエンタールの死後ミッターマイヤーに引き取られ、フェリックスの名をつけられて養育を受けることになった。

人物・能力

兵戦ではワルター・フォン・シェーンコップと対等で、艦隊揮においてはミッターマイヤーやヤンなどと同等のを持ち、ノイエラント統治においては柔軟で寛容、な治世を行うなど、様々な面において優秀である。当時の歴史を作った人々の中では、あらゆる面でバランスの取れた優れた人物と言えるだろう。
ヤンは軍人の資質が疑わしいほど兵戦はなく、格闘戦はもとより標に当てることもままならない。シェーンコップは艦隊はないと思われる。政治背景が違うとは言え、民衆を尊重する姿勢は自由惑星同盟政治家駕している。これらとの較を考えても、ロイエンタールがいかに優れているかが良く分かる。

メックリンガーは、智と勇の均衡という点では当時最高の人物という評価をしている。ロイエンタールにべればラインハルトミッターマイヤーは勇に偏り、ヤンは智に偏っているとのこと。

 特に統治にいては、その優れたや人物像がよく表れている。
同盟併前のレンネンカンプ高等弁務官が軍人のに嵌りすぎていたのに対し、不敬罪を除いて言論の自由を保障し、帝国批判ヤン・ウェンリー賛美のを弾圧せず、その自由を認めていた。全体的に見てもを心がけ、不正を正し、ほぼ民衆を擁護する立場を取るなど高い柔軟性を持つ。グエン・キム・ホア広場事件では、地球教と思われる者による策謀から暴動に発展し帝国兵が発するに到ったが、この事についても「武器も持たぬ民衆に発するとは、は良い部下を持ったものだ」と痛な皮を述べた。
但し、これらのことは言論の自由も民衆擁護も、今日で言うところの権利の尊重とは異なる。飽くまでロイエンタール個人の器量に依存したものであり、社会構造としてそれらを尊重するものではないという点で注意を要す。事実、ロイエンタール亡き後はオーベルシュタイン軍務尚書による俗に言う「オーベルシュタイン刈り」が行われ、不穏分子の弾圧が行われた。これはユリアンらイゼルローン共和政府を潰す意図があった一方で皇帝及び各提督とも、政治弾圧に対しては否定的な態度を示しており、ローエンラムにおいて自由の尊重を重視する視点が全くないわけではない。これは前王政治弾圧に対し、ローエンラム麾下の諸提督らが苦い思いを抱いていたことあったと思われる(前王政治弾圧に関しては、ウルリッヒ・ケスラーの項も参照)。

私生活は荒んでいた。原因は彼の幼少期の環境と、それによって醸成された彼の人格にある。
ロイエンタールは下級貴族ながら事業で成功しは裕福であったが、実家経済的に助ける為に結婚した伯爵は若い愛人不倫をしていた。ロイエンタールく、この結婚不幸であったという。年と身分の離れた妻に対し夫は品で情を示すしかなく、妻は愛人に走ったと。は、自分と夫がであるのに片ヘテロクロミア赤子を見たとき、愛人の子ではないかと疑いロイエンタールを殺しようとしたものの未遂に終わる。この事を気に病んで彼女自殺し、幼少の頃は「お前は生まれてくるべきではなかった」という嗟のを子守唄にして育つ。この経験から「女は男を裏切る為に生きている」という強い女性不信を抱いており、 女性には好かれたものの終始冷たい態度をとっていた。漁色としてもつとに有名で、女性関係は手であった。エルフリーデとの関係も破滅的と知りながら続けたこと、ウルヴァシー事件をと気付きつつも反逆者のを歩むなど、自己破滅的な考え方は最期まで続いた。
余談だがヘテロクロミア虹彩異色症exit)は遺伝子疾患などで現れるものであり、異なるの色のの遺伝として表れるというわけではない。

人々からの人物評は概ね良好であった。そのの高さとさから部下からの信頼は厚く、これは上席者たるラインハルトも同様である。一方で、ヒルダは彼の気質は謀叛に向かうのではないかと以前から懸念しており、法尚書ブルックドルフは漁色ぶりを快く思っていないなど、彼の気質や生活態度を快く思わない人々もいた。ラング会議で罵倒されたことから深く恨んでいたが、これは単なる逆恨みに過ぎない。

ロイエンタールが叛乱した時、多くの人は驚きながらも納得する部分もあった。彼のプライドは、人類史にラインハルト向かうに足ると思われたからだ。これは人物が高く買われていた左であろう。

ウルヴァシー事件

ロイエンタール元帥叛逆事件に直接繋がるきっかけとなった、惑星ウルヴァシーにおける皇帝暗殺未遂事件。ロイエンタール麾下の治安部隊が叛逆した。

帝国2年10月7日。ノイエラント視察へ向かう途上にあった皇帝一向は、宿泊の為に惑星ウルヴァシーに立ち寄った。深夜、随行員のルッツミュラー両上級大将治安部隊の不穏な気配を察知し、地上車に分乗して皇帝の旗艦ブリュンヒルトと合流の為に宿泊所を出発。キスリング親衛隊長が運転する地上車ルッツミュラー皇帝、従卒のエミール・フォン・ゼッレが乗り、他の随行員は別の地上車に乗った。移動中に叛乱部隊に遭遇し攻撃を受ける。キスリング隊長は、グレーサーZやセリカXXを操るように地上車を巧みに操縦し、これを強行突破。しかし他の随行員が乗した地上車は攻撃を受け破壊される。
途中で車両を放棄し、ブリュンヒルトと合流する為にを徒歩で移動。の中で皇帝副官のリュッケ大尉と合流したものの、叛乱部隊の追っ手と遭遇し銃撃戦になる。 これを辛くもいだものの追っ手は絶えず、 ルッツが足止め役を引き受けた。皇帝らは事にブリュンヒルトに乗り込み脱出したが、ルッツは叛乱部隊の撃により殉職する。またミュラーは被弾により腕を負傷した。 ウルヴァシーを脱出したブリュンヒルトは追撃を逃れる為に通信を封鎖しフェザーン方面へ撤退し、事に本隊と合流することができた。 

この事件は地球教、潜伏中のアドリアン・ルビンスキー、ロイエンタールをに嵌めたい内務次官ラングの策謀によって起こされた。しかし三者が同一の的を持っていたかというと、そうではない。地球教は復の為に双璧の一人をラインハルトと分離し、不穏な情勢を作り出す的があった。歴代のフェザーン自治領地球教徒深い関係があり、ルビンスキーもそうであったが、彼は自身が再び返り咲くという的を有していた。ルビンスキーにとっては政治犯であり、ラングはこれを追う立場にあったものの、彼はロイエンタールに対する私ルビンスキーに利用されて加担した。
ロイエンタールは事件が自分を貶める為のものだと察した時、ラングと軍務尚書の思惑を疑った。しかし実際には軍務尚書は事件の発生に一切関係がく、一方で地球教のことは思いも寄らなかった。 

またこの事件にはそこに至る経緯があった。
皇帝のノイエラント視察に先立って、ルビンスキーフェザーンに残っていた元同盟特使のオーデッツを言葉巧みに誘い、ロイエンタール謀叛の噂を井に流布させた。これは上記に記した思惑を実行する前の準備段階であり、総督と皇帝の気質を利用してノイエラント視察を確実に実行させ、その上で治安部隊の叛乱により「噂が事実であった」と人々に思わせる効果を狙ったものである。
両者の気質とは何か。ロイエンタールにしてみれば事実根の噂であるから、臆することなく堂々と視察を要請するだろう。一方のラインハルトにしても、ロイエンタールは盟友であるから噂に怯むことなく彼への信頼に基づき、視察を実施しようとするだろう、と。この見込みは正しく、視察は実施され、三者の思惑通りに事は進んだ。
さらに遡れば、エルフリーデとの関係が周囲に発覚したことで謀叛の意図を疑われたこともルビンスキーの意図であり、彼と手を組んだラング法尚書を利用した結果である。

事件がロイエンタール謀叛に到った要因として、グリルパルツァー大将の故意による怠慢も重要である。彼は事件調の為に総督命によって現地へ派遣された際に、地球教徒が何らかの形で関わっていることを知るに到ったものの、総督に対する報告を故意に怠り調結果を隠蔽した。その意図はロイエンタールを反逆に到らせ、彼の首を取ることで昇進の機会を得ようとしたもの。意図を達成する為に、ロイエンタールに一度は恭順の姿勢を見せ、後に裏切った。ロイエンタールが死に到る傷を負ったのも、グリルパルツァー艦隊の攻撃によるものである。この経緯は事件を再調したメックリンガー上級大将が知るところとなり、グリルパルツァーは自裁させられた。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オスカー・フォン・ロイエンタール

243 ななしのよっしん
2018/11/19(月) 00:16:34 ID: 4D/wxYtFfS
ラインハルトは名が高まりすぎて自縄自縛に陥ったような気はする
提督だった頃は必要なら後退したり撤退したりもしたんだが
244 ななしのよっしん
2018/11/19(月) 06:02:32 ID: wlSzLxUAcy
まあ、常勝皇帝が負けたり退いたりすることはあってはならないからな。単にプライドの問題というだけでなく、兵の士気や皇帝の名、ひいては統治の安定性にまでかかわる。
だからこそみんな、「イゼルローン軍や同盟軍の残党ごときに皇帝自らが出て来るのはいかがなものか(戦わなきゃ負けないんだから出しゃばんなよ)」って諫めるわけで。


ただ、それはロイエンタールも同じじゃないかなぁ……ラインハルトが戦術面で選べる選択肢減らしてるのに対して、ロイエンタールは戦略面で選択肢縛ってるみたいな。
ロイエンタール反逆事件を「こうすれば勝てた」説、そこから生するであろう「ロイエンタール愚将説」は、後世で一定の地位を保ってるように思う。
245 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 22:39:18 ID: +F0QMoH9cB
ロイエンタールは戦略面じゃなくて心理面だな
ウルヴァシーの時に便乗してラインハルト殺すれば成功するし
ミュラーより先に見つけられるかは運ゲーだが間に合わなくても探してましたと言い訳もできる、少なくとも当初は探す気はあった
ルッツが死んでもうオワタになってからはほぼ玉砕モード
246 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 22:29:11 ID: Vl4tFMMzPy
>>241
シュミレーションでもやったら僅差でロイエンタールが勝つと思う
でも実戦になったら何故かラインハルトがいつも勝つ様な気がする

感覚的にとても頷ける。2人を名将たらしめる資質の違いと思う。

ロイエンタールは諦めているから強い。冷め切ったで棋譜を眺めるから、
私欲にまれ「見たい現実しか見ない」輩を転がせる。
ラインハルトの強さは絶対的信念(を取り戻す)に集約される。

「お上品な」シミュレーションでは、冷静な諦念が勝つ。
「泥まみれの」実戦では、虚無を抱える相手に対し、信念が勝つのだと思う。
247 ななしのよっしん
2019/01/28(月) 23:37:33 ID: HClvQQQmSF
>>245
心理面という言葉で、ロイエンタールにとっての第2次ランテマリオ会戦の意味が違って見えてきた。
あの戦いはロイエンタールにとって「現実逃避」だった。用兵として全を尽くさなければならない状態に身を置くことで、事の起こりからの自分の過ちや、確定した破局からを背けていた。
そういうことだったのかもなあ。

>>246
確かに実戦指揮官としてのラインハルトは、必要とあれば泥臭く敵軍や困難に食らいつく野獣のようなタフさがある。
ロイエンタールには多分そのタフさはなさそうだけど、それはミッターマイヤーに任せていたのかな。
248 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 21:10:08 ID: LSwHT0tvfm
後世のロイエンタールには「首領(仮)殺し」なるものでられているかもしれぬ。

偶然とはいえ旧帝国宰相や正当政府務宰相に引導を渡す役を担い、旧同盟元議長に至っては自らの持に基づいて私刑を行ったし。
249 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 22:06:34 ID: C0kM/IuwVv
ふと思ったのが軍人生活自体、ロイエンタールにとっては現実逃避だったのではないか。
彼にとって軍務にしてる時だけが自分が忌子で親からされなかったという
トラウマを忘れられたんじゃないだろうか。(彼が自分のトラウマを認めるとは思えないが)
だから過酷な環境での軍務も顔色一つ変えずにする事が出来たんじゃないだろうか。
250 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 22:41:25 ID: sxNfrmTbRB
現実逃避と言うか、自己肯定感が低くて自己保身よりも刹那的な刺める傾向が強いんじゃないかなって思う

だから、エルフリーゼを一時的に自分のに住ませたり、ラインハルトに反旗を翻したりしたんじゃないかな
まぁ、叛乱に関しては途中から自暴自棄になってた部分もあるが
251 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 15:14:12 ID: 1Rl51jhUjZ
長くなるので連投失礼する。

そもそもロイエンタールは本来野心じゃなかったように見える。彼の精構造は、幼少期のトラウマからくる破滅・自罰願望と、人間本来の自尊心のせめぎ合いによって成り立っていたんじゃないか。

生まれてすぐ母親に殺されかけた上に当人が自殺し、父親には「お前は生まれるべきではなかった」と罵り続けられる。当然まともな情など一片たりとも与えられず、自殺してもおかしくないほどの精的外傷を負わされたはず。
そうして「死にたい、自分は生きる価値がない、罰せられるべきだ」という願望を持つようになる一方で、意識に自分の存在を容認する方法を探した結果、極端な成果義者になったんだと思う。
「自分にはがあり、疑いようのない明確な結果を出している」という言い訳でどうにか精の均衡を保てるようになったんじゃないか。そしてある意味が結果に直結し、なおかつ死に最も近い場所として、軍隊にを選んだ。
252 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 15:19:11 ID: 1Rl51jhUjZ
そう考えると、ロイエンタールは生来の野心どころか、野心そのものが存在しなかったんじゃないか。軍隊で上をしたのは、『昇格』というに見える結果で自滅願望を抑える鎮静剤のようなもので、ラインハルトのような明確な的に欠けていたように思える。ユリアンが評したように、本来の人格は安定期向きの人だったんじゃないか。

そしてだからこそ、ウルヴァシー事件で誤解を解く努々に諦めてしまったのだと思う。他者に貶められる、すなわちがないのなら生きる価値もないのだから。ここまで来たら、皇帝を倒して自ら覇者になるか、戦いで死ぬか。ロイエンタール個人にとって、その二択しか存在しなかったんだろう。