オビ=ワン・ケノービ単語

オビワンケノービ

オビ=ワン・ケノービ(通称 オビワン、ベン)とは、映画スター・ウォーズシリーズに登場するジェダイマスターにしてジェダイの究極義「ブラ=サガリ」の使い手である。

ニコニコ動画タグでは「オビワン」が使われることも多い。→「オビワン」でタグ検索exit_nicovideo

曖昧さ回避

概要

演:EP4~6 アレック・ギネス EP1~3 ユアン・マクレガー

ジェダイマスター クワイ=ガン・ジンに育てられたジェダイナイトにしてクローン大戦の英雄クローン大戦中にジェダイマスターへ昇進し、ジェダイ評議会のメンバーに加わっている。アナキン・スカイウォーカーおよびルーク・スカイウォーカーフォースの師であり、親子2代にわたって導してきた偉大なジェダイアナキン・スカイウォーカー=ダース・ベイダーとともに旧3部作・新3部作通して登場する数少ない人物である。

人物像

実で穏やかな人柄で対話による交渉に長けている。常に冷静沈着で落ち着いており、緊急事態に対しての危機回避・順応性が高い。「最も狡猾にして洞察のある、最もり強いジェダイマスター」と言われ、職者の外交官としての性格が強いジェダイ騎士団のなかでも特に交渉事に長けており、「交渉人」という2つ名も付けられていた。また、交渉決裂時の「荒っぽい交渉」も得意。

冷静で理知的な面と大胆で謀な面を併せ持っている。

破天荒な師と何かと楯突く子に振り回されてきたためか、皮屋で飄々とした性格。本人はジェダイとしての模範的な行動を心掛け大切にしているが、護衛を任務としていながら暗殺犯追跡に向かう・ジェダイ情報よりも裏世界情報屋の情報を信じるなど、確実に2人の影を受けている事が垣間見える。

「嫌な予感がする」と言うと大抵良くない事が起こるのは、シリーズお約束である。

戦闘能力

銀河の調停者たる交渉耐・精・頭の回転を備えているが、数々の実戦を経験しているため戦闘力も極めて高い。マイントリックの達人であり、EP4ではストームトルーパーを簡単に支配・操作していた。

ライトセーバー戦においても高い実を持ち、生半可なジェダイでは敵わない強さを持つマグナガードをあっさり倒すほどである。得意フォームはEP1ではフォーム4「アタル」、EP2以降はフォーム3「ソレス」。特にジェダイの精を体現しているフォーム3の腕前はジェダイでもトップクラスであり、防御で右に出る者はいない。ジェダイ1の技を備えているメイスウィンドゥからは「ザ・マスター」と呼ばれ賞賛されていた。

有事の際にブラスターを使用した事があり、グリーヴァス将軍もこれで仕留めた。ただし、本人はブラスターを「野蛮な武器」とし、ライトセーバーを「洗練された武器」とっている。その割にはよく戦闘中ライトセーバーを落としている。

戦闘機の操縦もピカイチだが、操縦は嫌いらしい。

そして、ジェダイを究めた者のみが習得出来る究極義「ブラ=サガリ」を全に習得した一の人物であり、この義で多くの強敵を倒してきた。

活躍

エピソード1以前

他の多くのジェダイ補生と同様に赤ん坊のうちにジェダイテンプルに連れてこられ、そこで育つ。

しかし、本来ジェダイの本格的な修行を始める時期になっても師となる人物にめぐり合えず、一度はジェダイを絶たれ農場でのな生活のに行きかけるが、クワイ=ガンに出会いジェダイを歩むことになった。

エピソード1

クワイ=ガン・ジンのパダワン(子)として登場。誤ってライトセーバーショートさせてしまうなどの未熟な面も見られるが、師からはすでに一人前のジェダイナイトとしての実を持つと認められている。

師であるクワイ=ガン・ジンに従い通商連合に封鎖された惑星ナブー」に赴くが交渉は決裂。ナブー女王パドメ・アミダラらとともにナブーを脱出する。脱出後は宇宙船の故障を直すために砂漠惑星タトゥイーン」に降り立つが、オビ=ワンはそこで運命の子であるアナキンと出会うことになる。

宇宙船の修理を終え、シス卿ダース・モールの襲撃をしのぎ、アナキンを加えたオビワン一行は銀河首都コルサントへ向かう。ジェダイ評議会は強フォースを持つもののジェダイとして訓練するには年齢が高すぎるアナキンの取り扱いに困惑するが、クワイ=ガンはアナキンを新たなパダワンにすることを決め、入れ替わりにオビ=ワンはパダワンとしての修行を終えることを告げられた。その一方、通商連合と共和の交渉は再度決裂、ナブーへ戻り戦うことを決めたパドメたちにオビ=ワンたちも同行することになる。

オビ=ワンはナブーで再びダース・モールの襲撃を受け、師であるクワイ=ガン・ジンを失ってしまう。しかし、ブラ=サガリによってダース・モールを打ち倒し、オビ=ワンは見事師の敵をとった。その戦いの間にナブーはパドメたちにより解放され、この功績を以ってジェダイ・ナイトへと昇格したオビ=ワンは師の遺言に従いアナキンへの導をはじめることになる。

エピソード2

エピソード1の10年後、オビ=ワンはなにかと反抗的なアナキンに手を焼きつつも、二人はいいコンビとして銀河の各地で活躍していた。

しかし、通商連合を含む分離義者により共和は分裂・戦争危機に陥っていた。その危機を救うための法案に関する投票をするために「コルサント」を訪れたパドメが暗殺者に襲われる事態に至り、オビ=ワンはパドメの護衛にアナキンを残しその黒幕を探して銀河各地を飛び回ることになる。

惑星「カミーノ」にてパドメの暗殺未遂の黒幕に繋がる賞稼ぎのジャンゴ・フェット、およびのジェダイからの命によりジャンゴを基にしたクローンの軍勢が作られていることを発見したオビ=ワンは相を知るためにジャンゴと接触。しかし、ジャンゴはオビ=ワンとのしい戦闘後に逃走。オビ=ワンはジャンゴをさらに追いかけ惑星「ジオノーシス」に至り分離義者たちの戦闘ドロイドの工場を発見するものの、そこで元ジェダイマスタークワイ=ガン・ジン師匠でありながら現在は分離義者たちの導者であるドゥークー伯爵に捕らえられてしまう。

助けに来たアナキンとパドメも捕らえられ、三人は闘技場で猛獣により公開処刑されることになってしまう。しかし、そのタイミングで多くのジェダイ、そしてクローントルーパーの増援を受け、ここにクローン大戦が勃発するのだった。この戦いの中オビワンはアナキンとともにドゥークー伯爵を追撃するが、またも返り討ちにあってしまう。

クローン大戦最初の戦いであるこの「ジオノーシスの戦い」はクローントルーパーの活躍により共和側の勝利に終わるものの、そこで失われたジェダイの数も多かった。また、これ以降のクローン大戦ではジェダイが戦闘の指揮官もかねることになり、オビ=ワンもまた、戦争に身を投じることになるのであった。

クローン大戦

アニメなどで展開されるクローン対戦においてはオビ=ワンはクローントルーパーを率いて分離義者たちとの戦いを続けている。この際、クローントルーパーの防護を着ていることも多く、戦争で変わらざるを得なかったジェダイ徴といえる。この戦いの間にオビ=ワンは揮下のクローントルーパーのコーディとの間に上下関係をえた信頼を得ることに成功した。

また、ドゥークー伯爵導を受けたダークサイドフォースの使い手アサージ・ヴェントレスサイボーグ将軍グリーヴァスとの衝突も何度も起こっている。

エピソード3

エピソード2の2年後、分離義者たちとの戦いはいまだ続いており、共和軍は分離義者による首都コルサントへの奇襲を許してしまう。奇襲の指揮官であるグリーヴァス将軍パルパティーン元老院議長を誘拐し、自らの旗艦へと連れ去った。

遠征をしていたオビ=ワンおよびアナキンは奇襲の中の「コルサント」に帰還。議長が宇宙かなたへ連れ去られるのを防ぐためグリーヴァスの乗艦に突入し、そこにいたドゥークー伯爵と戦闘になる。が、この師の師に当たる人物とはよほど相性が悪いのか、またしてもオビ=ワンはドゥークーに破れ、戦線を離脱。ドゥークーはアナキンによって倒されるものの、結果的にアナキンは戦闘を失った者を殺してしまいダークサイドに近づくことになってしまう。

パルパティーン議長を奪還し、分離義者たちのリーダーであるドゥークー伯爵も倒した共和軍。オビ=ワンはコルサントの戦いから離脱した残り少ない危険人物であるグリーヴァス将軍の追撃に向かい、辺惑星「ウータパウ」にて接触。グリーヴァスは単独で潜入してきたオビ=ワンと1対1の決闘を繰り広げるが、オビ=ワンによって4本のライトセーバーを振り回す腕は切り落とされ、待機していたクローントルーパーの攻撃が始まると同時に逃走する。しかし、オビ=ワンはなおも彼を追撃し、最後にはオビ=ワンの得意とするブラ=サガリによりグリーヴァス将軍は倒されるのだった。

その直後のクローントルーパーによるジェダイ粛清から逃れたオビ=ワンは同じく生き残ったヨーダとともにシス卿の暗殺を試みる。オビ=ワンはダークサイドに堕ちたかつてのアナキン・スカイウォーカー=ダース・ベイダーとの戦うため溶岩の流れる惑星ムスタファー」に赴いた。全に悪に堕ちシスの暗卿となったかつての子と対峙したオビ=ワンはジェダイの使命を果たすべく、アナキンに戦いを挑む。熾を極めた1人のジェダイとシスの戦いは、オビ=ワンがブラ=サガリえる秘奥義チノ=リ」によりアナキンの片腕両足を同時に切り落とすという荒業を見せ、決着が着いた。機械化された右手以外の四肢を失い流れる溶岩のほとりに落ちてなお憎悪の表情を見せる子に「選ばれし者だったのに!」と心を吐露した。溶岩に全身を焼かれ苦しむ子アナキントドメを刺せず、なくムスタファーから去るのであった。

その後、強大な皇帝に対抗する新たなジェダイを育てるため、パドメとアナキンの間に生まれた双子皇帝の手の届かない場所に隠すことに同意し、双子の一方をベイルオーガナに託し、自らはもう一人をアナキンの義理の兄弟であるタトゥイーンのオーウェン・ラーズの元に届け、その成長を見守ることになる。この双子こそ、後のルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナである。

エピソード3~エピソード4の間

砂漠惑星タトゥイーンで隠棲生活を送り、名前もベンと変える。しかし、肝心のルーク教育に関してはオーウェンの協を得られず遠くから見守ることしかできなかった。

また、かつて溶岩に叩き落したダース・ベイダーサイボーグとなって復活し、帝国の重要人物になったことも知ったがどうすることもできず、オビ=ワンが歴史の表舞台に戻るにはルークが成長しレイアからの助けをめられるエピソード4まで待つことになる。

エピソード4

レイア・オーガナからのSOSメッセージを持ったドロイドとともにルーク・スカイウォーカーが尋ねてくるところからオビ=ワンの時間は再び流れ始める。

オビ=ワンはレイアを助けに向かうためにハン・ソロを雇い、ルークとともに「銀河系最速のガラクタミレニアム・ファルコンタトゥイーンを出発。その中でルークに対してかつての子アナキンのことをり、フォースの使い方を教え始める。しかし、助けに向かった先の惑星オルデランはデススターの攻撃によりすでに消滅しており、ミレニアムファルコンデススタートラクタービーム(命中した相手を引っ兵器)により捕らえられてしまう。

ファルコン号の隠し倉庫で船内の捜索から逃れたルークたちだが、トラクタービームがある以上脱出は不可能である。そこでオビ=ワンはトラクタービームの解除に一人向かった。トラクタービームの解除には成功したものの、ファルコン号に戻る途中、オビ=ワンはかつての子の成れの果てであるダース・ベイダーと遭遇してしまう。再びかつての子と戦うことになったオビ=ワンだが、このまま戦っていてはルークたちが脱出できなくなると判断。ジェダイの最終義「シンダ=フリ」によりダース・ベイダーにやられたと見せかけて高次元の霊体へと転生し、ルークに脱出を促した。

その後、デススターへ攻撃を仕掛けるルークに霊体のまま「フォースを使え」と助言を与え、ルークは見事デススター熱口にミサイルを撃ち込みデススターを吹き飛ばすことに成功するのだった。

エピソード5以降

カノン
レジェンズ

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%93%3D%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オビ=ワン・ケノービ

136 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 00:51:03 ID: IgkqHg1KEb
やっぱりアナキン自身にも迷いがあって手加減してたんじゃない?
シディアスから殺命を受けてかつパドメ々でブチ切れた直後ですら「本当はあなたを殺したくないから帝国側についてくれ」って頼むぐらいにはオビワンに情が残ってたわけだし
137 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 10:22:44 ID: SaegvkOB3p
アナキンもガキだが、オビ=ワンの駄だったところは表に出すのは愚痴や皮ばっかで本心をアナキンにあまり言わなかったところだろうなぁと小説版読んで感じたわ。アナキンのことをもっと労ってやれば良かったのにな。
クローン・ウォーズでは性格が大分マイルドになったのが救いか。
138 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 17:23:53 ID: 3rTqhRUf2p
P3小説じゃ滅労ってなかったか?
共に戦いたいジェダイは君だけとか君は何が有ってもへこたれない寛大で勇敢な若者だ、君は大きなことを成し遂げてきた誇らしいよとか言ってたぞ
139 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 18:13:31 ID: rCqejoTAJv
ルークブチ切れたのは「お前がこっち来ないならにするわ」って言われたからで
レイアを守りたいという的が有ったから強かったんでしょ
オビ戦のアナキンに拒否られ敵はともとも慕った師匠
冷静でないのは論守るべきも喪失して自暴自棄なだけ
怒りによってダークサイド覚めつつも倒れたオビワンを守るために戦ったドゥークー戦は冷静さも失わず強かだった
140 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 21:57:51 ID: wq7lKmu+nq
あの対決時にオビワンが先にライトセーバー起動させたのは違和感あるんだよなあ アナキンが先に起動させてそこで説得を諦めて応戦する方が自然だと思う
そう考えるとアナキンは最後までためらってたという説も説得感じるようになってきた
141 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 16:25:04 ID: IgkqHg1KEb
>>140
あそこオビワンさや責任感の強さが出た部分なんじゃないかな
基本的に仕事熱心な上、アナキンを導かなければならない立場だったわけだし
142 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 21:19:57 ID: kfGPvyY9eg
>>141
その通りだと思うわ
こうなってしまった以上せめて師としての責任は果たそうと心を押し殺して戦った
それでもジェダイの掟でもあるけどとどめを刺すことだけはできなった
143 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 21:41:38 ID: BxeVhCT4NW
クソステガン待ち戦法好き
144 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 12:07:51 ID: PdER+FGg6H
TCWでサティーンには似合わないって言われて普通ショック受けるオビワン好き
145 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 07:33:07 ID: +sY55AbXwk
>>127-131
アナキン100もある自分の実を怒りといから8割しか出せなかった
オビワン90しかない自分の実を感情に左右されずちゃんと10割出しきれた
だからオビワンが勝ったとかじゃない?